Hatena::ブログ(Diary)

water voice

2018-01-14

第23回夜空杯ベスト8「対面式カバグロス」

第23回夜空杯(24名) 4-1抜け→ベスト8

f:id:cloudia220:20150223060651g:imagef:id:cloudia220:20170321010709g:imagef:id:cloudia220:20140521173847g:imagef:id:cloudia220:20141124052114g:imagef:id:cloudia220:20161227233726g:imagef:id:cloudia220:20161217214219g:image


カバルドン地震炎の牙氷の牙身代り地面Z陽気砂起こし
メタグロスアイアンヘッド地震冷凍パンチ高速移動メタグロスナイト陽気クリアボディ→固いツメ
霊獣ボルトロスボルトチェンジめざめるパワー草結び挑発ゴツゴツメット図太い蓄電
ロトムハイドロポンプボルトチェンジ鬼火身代りイアのみ図太い浮遊
カプ・テテフサイコキネシスサイコショックムーンフォース10万ボルト拘りスカーフ臆病サイコメイカー
ミミッキュじゃれつくシャドークロー影打ち剣の舞命の珠意地っ張り化けの皮

前回、前々回に夜空杯に出場したときに、周りで削って高速アタッカーで〆るという戦術が強力だったのでその形式で構築した。

始めはバンドリで考えていたが、ミラーすることが想定できたので別案を探していた所高速移動という技に着目。

そこで高い数値を持ち運勝ちを押し付けることができるメガメタグロスに持たせることにした。

しかし、高速移動を採用することで(今回は)雷パンチを採用できず、対水タイプやテッカグヤへの打点がなくなってしまったので、周りでそれらを削る工夫が必要になった。

結果として電気タイプを2体採用して、初見殺しのカバルドンを採用することでそれらを解決した。

以下個別解説。

1.メタグロス メタグロスナイト 陽気
アイアンヘッド 地震 冷凍パンチ 高速移動
H155 A197(252) B170 D131(4) S178(252)
AS

メガボーマンダが66ではトップメタと言われていたので冷凍パンチは切れず、雷パンチを切ることにした。

しかし雷パンチが欲しい場面が多々あったので、技は検討の余地があると思う。

高速移動はバシャーモ対面で積んだり、天候が切れたときのドリュウズ対面でバンギ引きのタイミングで積んだりする。

2.カバルドン ジメンZ 陽気
地震 氷の牙 炎の牙 身代り
H183 A164(252) B138 D93(4) S108(252)
AS

HBドヒドイデライジングランドオーバーで確定1
HBシャワーズ地震+砂ダメ×2+ライジングランドオーバーで確定2
HBベトベトン(A)をライジングランドオーバーで確定1
HBナットレイに対して炎の牙×2で168〜200

216メガボーマンダの[スキン]捨て身タックル 〜151

初見殺し、66でKPの多いこれらを削る枠。耐久値はほとんど無いので怠けるを切って3ウエポン+身代りとした。
ナットレイテッカグヤの宿り木に対して身代りを貼れると美味しい。

3.霊獣ボルトロス ゴツゴツメット 図太い
ボルトチェンジ めざめるパワー氷 草結び 挑発
H186(252) B134(252) C165 D101(4) S121
ステロダメ+233メガバシャーモフレアドライブ耐え

クッション1、電気の一貫を切りたかったので霊獣での採用。またゴツメ+挑発によってナットレイに解答を持つ。
範囲重視で10万ではなく草結びを採用している、ラグラージマンムーにも突っ張れるのはよかったが、ステロで削られたくないのに電気技を打たざるをえない場面があったのが辛かった。

4.ロトム水 イアのみ 図太い
ハイドロポンプ ボルトチェンジ 鬼火 身代り
H157(252) B173(244) C125 D127 S108(12)
S=カバルドン(S判定をするため)
残りHB

クッション2、水の一貫を切りたかったのでウォッシュフォルムでの採用、ハイドロポンプボルトチェンジは確定で、イアが発動しないのが嫌だったので身代りを採用、交代先に広く刺さりナットレイのごまかしとなる鬼火を採用。

5.カプ・テテフ 拘りスカーフ 臆病
サイコキネシス サイコショック ムーンフォース 10万ボルト
H147 B96(4) C182(252) D135 S161(252)
CS

メタグロスだけでは高速アタッカー不足なのでスカーフ全抜き要因として採用。
鋼を無理やり削ったあとの抜き性能がとても高く、メタグロスよりも活躍した本日のMVP1。

6.ミミッキュ 命の珠 意地っ張り
じゃれつく シャドークロー 影打ち 剣の舞
H131(4) A156(252) B100 D125 S148(252)
AS

本日のMVP2。
序盤で相手をまんべんなく削る→中盤でミミッキュを出して[+2]珠シャドークローで鋼を削る→テテフの一貫を作る動きがシンプルにとても強力だった。
63と違ってターン数が長いので、瞬間火力よりも継続的に火力が保障される珠が合っていたように思う。



解説は以上です。


シングル66は運要素が少なくプレイングの実力が反映されやすい神ゲーだと思ってるので、オンライン大会含め機会があったらこれからも出場していこうと思っています。

今回はこの辺で・。・

2017-01-22

第20回夜空杯ベスト4構築「スカーフゲンガー軸スタンダード」

第20回夜空杯(シングル66のオフ)に参加してきました。結果は

7-1 2位抜け→ベスト4

でした。

直前に参加を決定したので準備不足の面が大きかったですが、勝ててよかったです。

使用構築は以下のようになります。

f:id:cloudia220:20150223060152g:imagef:id:cloudia220:20150126223353g:imagef:id:cloudia220:20161217214220g:imagef:id:cloudia220:20161217214218g:imagef:id:cloudia220:20140518114454g:imagef:id:cloudia220:20140813051406g:image


ボーマンダ流星群捨て身タックル大文字羽休めボーマンダナイト無邪気威嚇→スカイスキン
マンムー地震氷柱落とし氷の礫ステルスロック気合の襷意地っ張り鈍感
カプ・コケコ10万ボルトマジカルシャインボルトチェンジ毒毒フェアリー臆病エレキメイカー
ナマコブシ水浸し毒毒自己再生バトンタッチゴツゴツメット呑気天然
ゲンガーシャドーボールヘドロ爆弾祟り目めざめるパワー拘りスカーフ控え目呪われボディ
ギルガルドシャドーボール毒毒身代りキングシールド残飯控え目バトルスイッチ

7世代シーズン1はカプを筆頭にフェアリーのKPが非常に高いことからスカーフ毒or鋼が強いと考え、その中でも初見殺し要素と数値を備えたポケモンとしてゲンガーを採用した。
具体的にはH振りカプ・テテフを倒せるCと、鋼に一貫するゴースト技をタイプ一致で打てることが強いと感じた。

これを軸に、ボルトチェンジやバトンタッチによって高速アタッカー無償降臨すること、毒毒持ちを多く採用して数値の高い祟り目を使用できる機会を増やすことをコンセプトに残りの面子を採用した。

基本的にテンプレートの型が多いが、カプ・コケコはKPの高そうなミラー・マンムー・マンダのメタとしてフェアリーZを採用。マンムーテッカグヤに対する削りを意識して氷柱針でなく氷柱落としを採用している。

ぶっぱ配分がほとんどなので、個別解説は今回は省略します。


今回のオフで初めて7世代のシングル66形式で対戦したわけだが、シングル66はZ持ちとメガシンカが1体づつしか採用できないので、シングル63程パワーインフレしていないことが対戦していて魅力的であった。シングル63も楽しいが66も同じくらい流行していっていい形式だと感じた。

短いですがこんかいはこの辺で・。・

2015-10-12

第16回夜空杯使用構築「邪王心眼雨」(シングル66)

第16回夜空杯(51名)に参加してきました。

いつもの夜空杯の面子に加えシーズン5スペレでよくマッチングした方々も来るということで、いつも以上に気合を入れて構築を準備してきました。

結果としては6-0でブロック1位通過からの2落ちでベスト8でした。優勝する気でいたのでとても残念ですが、それ以上に楽しいオフ会だったので本当に行ってよかったと思いました。

構築の解説は以下のようになります。

f:id:cloudia220:20140521172622g:imagef:id:cloudia220:20140609104446g:imagef:id:cloudia220:20150126223353g:imagef:id:cloudia220:20140701085556g:imagef:id:cloudia220:20140818025242g:imagef:id:cloudia220:20151007204233g:image


ニョロトノ熱湯毒毒アンコール黒い霧脱出ボタン図太い雨降らし
キングドラハイドロポンプ波乗り流星群龍の波動拘り眼鏡控えめすいすい
マンムー地震氷柱氷の礫ステルスロック気合の襷陽気厚い脂肪
化身ボルトロスボルトチェンジ草結び電磁波雨乞いオボンのみ穏やか悪戯心
ゲンガーシャドーボールヘドロ爆弾めざめるパワー道連れゲンガナイト臆病浮遊→影踏み
ブラッキーイカサマ癒しの鈴月の光挑発ゴツゴツメット図太い精神力

シングル66では何よりもSが重要となってくるので、深く愛着のあるニョログドラを使用することにした。すいすいアタッカーはオムスターなど他にもいるが、66ではスカーフ100〜110族がいる可能性が非常に高いので、ある程度のS種族値のあるキングドラを採用した。

そして66では過去の経験上、手持ちを温存するというよりもいらない駒を上手く切っていって高速アタッカーでタテる状況を作ることが重要だと感じていた。そこで、キングドラの一貫を作れるように残りのポケモンは徹底的に補助に徹する構築を作成した。そうすればキングドラさえ大事に扱っていれば他の駒は比較的雑に扱うことができ、立ち回りに余裕ができる。

そしてその取り巻きだが

ステルスロック要因として、他のステロ撒きに強く、トップメタであるボーマンダに刺さる先制技を持っているマンムーを採用。
・状態異常技(主に電磁波)をくらっても回復できるよう癒しの鈴要因としてブラッキーを採用。
・ニョロトノが2回しか繰り出せず、雨ターンが足りないことが予想されたので雨乞い要因として化身ボルトロスを採用。
・これらで対応しづらい相手をキャッチして倒す役割や、2体目のエースの役割を果たすメガゲンガーを採用。

という風に決定した。

以下個別解説。

.縫腑蹈肇痢|出ボタン
熱湯 毒毒 アンコール 黒い霧
H183(140) B139(252) C110 D120 S105(116)
ステロ+194メガガルーラの捨身タックル高乱数耐え
ステロ+216メガマンダの捨身タックル最高乱数以外耐え
H8n-1
Bぶっぱ
残りS

雨ターンを無駄なく使えるように、そしてキングドラを円滑に場に出すために持ち物は脱出ボタン。ステロ+攻撃を一回耐えればいいと思ったので耐久を最低限まで抑えてSに多めに割いた、これによってゴチルゼルやスイクンなどに先制でアンコールを打てるようになる。
攻撃技は熱湯のみで、残りの技は影踏みにキャッチされたときに展開されないことを意識した技構成とした。具体的にはソーナンスに打つ毒毒と、ハメ型のゴチルゼルをハメ返す黒い霧アンコールを採用。滅びの歌がこの枠に入るのが普通だが、66では相手のラス1に対して滅びの歌を打って勝つという63の常套手段が発生しにくいと感じたので、黒い霧の方が優先度が高いと感じた。
ボルトロスが雨乞いを覚えていることからニョロトノを無理に温存する必要がなく、場に2回繰り出して(2回雨を降らせて)倒されれば十分役割終了と言える。

▲ングドラ 拘り眼鏡 控えめ
ハイドロポンプ 波乗り 流星群 竜の波動
H151(4) B115 C161(252) D115 S137(252)
CSぶっぱ
すいすい時[+2]準速バシャーモ抜き

テンプレートのキングドラで特筆することが無い。スカーフ110族あたりまで抜きたかったので準速、これで構築全体で重いバシャーモに2加速までなら先制できる。
ステロが必須とも言える66ではファイアローのKPは非常に低いので、耐久に振ってないキングドラが非常に動きやすかった。
ハイドロポンプは今回のオフでは一回も打ってないが、波乗りで足りない機会は絶対いつかあると思うのでこの技は外せない。

2戎ボルトロス オボンのみ 穏やか
ボルトチェンジ 草結び 電磁波 雨乞い
H185(244) B90 C145 D145(252) S133(12)
準速マンムー抜き
残りHD

雨乞いを打つには悪戯心が一番適しているということから採用、また水タイプに繰り出してボルトチェンジで蓄積させる動きが非常に強かった。他の技として構築全体できついバシャーモに打つ電磁波、そしてマンムーに打つ草結びを採用した。
めざ氷と草結びは選択だが、ステロ撒きであるマンムーに対して交代を余儀なくされることはステロ2倍のボルトロスにとって致命的だと判断したので、突っ張れるように草結びを選択。
またスイクン、ゲンガーなどに後出しすることが想定されたのでHD振り。

ぅ屮薀奪ー ゴツゴツメット 図太い
イカサマ 月の光 癒しの鈴 挑発
H202(252) B178(252) D151(4) S85
HBぶっぱ

癒しの鈴要因、また鋼がいないのでスカーフ竜などに後出しする役割もある。そしてスイクンが零度を覚えブラッキーで見れなくなったので配分はHB一択。
イカサマ、月の光、癒しの鈴までは確定枠として、4枠目は挑発を採用。これによってナットレイに後出しから完封できる駒となる。
癒しの鈴によってキングドラが電磁波を被弾することが怖くないので、水ロトムナットレイ、化身ボルトにキングドラが突っ張ることができる。

マンムー 気合の襷 陽気
地震 氷の礫 氷柱針 ステルスロック
H185 A182(252) B101(4) D80 S145(252)
ASぶっぱ

バンギラス、ガブリアスなどの66で多いステロ撒きに強い。水ロトムに打点を持てるようフリーズドライを持たせる型と迷ったが、構築全体で相手の特殊竜(ラティ、サザン)への打点に乏しかったのでそれらに高い打点となるつららばりを採用。また上記のようなやんちゃ両刀のマンムーが多いと考えこちらは陽気最速。
基本的に初手に出して削りとステロを撒くことが役割、初手が多いことからステロ環境の66でも襷が機能しやすい。しかしバシャーモに対するストッパーとして温存する立ち回りもしたりする。

ゲンガー ナイト 臆病
シャドーボール ヘドロ爆弾 めざめるパワー氷 道連れ 
H135 B100 C222(252) D116(4) S200(252)
CSぶっぱ
[+1]準速バシャーモ抜き
155-81バシャーモをヘドロ爆弾+珠ダメで超高乱数1

削れた相手に繰り出して逃がさずに上から倒す、倒せない場合は道連れで11する。また相手の攻撃を受ける想定をしないのでCSで技範囲を広げた。
シャドーボールとヘドロ爆弾と道連れは確定、ラス枠はボーマンダに打てる氷技にしたいと思ったが、相手のSを下げたい状況が特になかったので命中重視のめざ氷を採用した。
また66ではボーマンダメタのうっかりやめざ氷バシャが多いと考えられたので、1加速しかできないバシャーモに対して抜ける可能性が高い。また雨状態では抜かれていても有利対面となる。

個別解説は以上です。

●弱点
バシャーモ
・・構築全体できついので型一点読みやハイリスクな行動を挟む必要がある。
ラッキー
ハピナス
フシギバナ
・・特殊受けが突破できないので、マンムーと対面させて交代際の蓄積で〜という崩し方をする。

●雑感
したいことを徹底的に押し付ける構築だったのではまらなければ全敗もありえたが、当日は上手くはまる試合が多かった。キングドラの波乗りでほとんどの相手を倒すことができ使っていて気持ちよかったが、相手のギミックパに弱いという弱点をつかれ決勝トナメでは見事に敗退してしまった。


解説は以上となります。


今回は会ってみたかった多くの人と知り合うことができ、またポケモンも飲み会も楽しめていつもより一層充実したオフ会でした。主催のくろばさんとスタッフの方々は本当にありがとうございました。

また本業の63の方も今回以上に頑張っていきたいです。

では今回はこのへんで



f:id:cloudia220:20151012204014j:image

2014-09-09

竜舞キングドラ(Season5スペシャル)

シーズン5のスペシャルレート(持ち物なしシングル66)で使用した構築です。

結果は最高1919(10位),最終1828(45位)でした。一度でも1ページ目に入ることが出来てとても満足です。

f:id:cloudia220:20140830230440j:image:w360

それでは解説に入っていきます。

f:id:cloudia220:20140521172622g:imagef:id:cloudia220:20140826183130g:imagef:id:cloudia220:20140623204642g:imagef:id:cloudia220:20140826183131g:imagef:id:cloudia220:20140517004357g:imagef:id:cloudia220:20140521172746g:image


ニョロトノハイドロポンプ熱湯眠る寝言控えめ雨降らし
キングドラ滝登り逆鱗身代わり竜の舞意地っ張りすいすい
ラティオス流星群サイコショック草結び瞑想臆病浮遊
ジバコイルボルトチェンジラスターカノンめざめるパワー電磁波控えめ磁力
バンギラスストーンエッジ追い討ちステルスロック吠える意地っ張り砂起こし
キノガッサキノコの胞子種マシンガンマッハパンチ威張る意地っ張りテクニシャン

シングル66は普段のシングルよりもSの高さが重要視されると考えました。しかも今回は持ち物なしという特殊ルールなのでスカーフが存在せず純粋な種族値としてのSの高さが求められます。

そこでニョログドラが強いのではと考えました、また持ち物なしということから自身で決定力を上げることができる竜舞キングドラを使用しようと考え構築を組みました。

またこのレートでは零度スイクン、ハピナス、ゴチルゼル等の受けよりの構築が流行ってるということなのでそれらにこのキングドラが刺さるとも考えました。

次にキングドラにとって一番障害になるであろうナットレイの処理のために磁力めざ炎ジバコイルを採用。

地面の一貫を消せて受けループに強い特殊エースとなる瞑想ラティオスを採用。

特殊が多くバンギラス、ハピナスが辛いので、それらに強くてかつゲッコウガを上から縛れるキノガッサを採用。

最後にステロ要因として、相手のラティオス、ファイアローが辛いことからバンギラスを採用しました。

コンセプトとしてはバンギ、ジバコで苦手な相手をキャッチして処理してからラティやグドラで抜いていくといった単純な形です。
受け嗜好の強いスペシャルルールで攻め主体の構築を組めたのでとても満足です。

以下個別解説。

1.ニョロトノ 控えめ
ハイドロポンプ 熱湯 眠る 寝言
H197(252) B95 C156(252) D121(4) S90
HCぶっぱ

雨乞い要因ということで場もちをよくしたいということや、TODがしやすくなるようにねむねご型。

はじめは図太いで使っていましたが、耐久に努力値を割いたところで数値の低さからほとんど変わらないと感じて控えめに変更。

技構成は最高打点のポンプと軸のねむねごは確定で、最後は波乗りと迷いましたが66では試行回数が多く追加効果持ちが強いと考え熱湯を採用しました。

基本は熱湯を打ちながら、相手があと1発熱湯を耐えるだろうと油断したところにポンプを打ち込んだりします。

脱出ボタンを持っていないので、基本的な動きとしてはトノがある程度仕事をして体力が削れた状態にしてから後ろに引き、グドラを出したいときにトノをクッションにして死に出しでキングドラを無償降臨させます。

2.キングドラ 意地っ張り
滝登り 逆鱗 身代わり 竜の舞
H151(4) A161(252) B115 D115 S137(252)
ASぶっぱ

世代からずっと愛用していた物理キングドラ、耐久水などを起点に舞って全抜きします。時には非雨下でゲッコウガ等に繰り出して起点に積むこともありました。

6世代では全然みないせいか物理グドラの身代わりを警戒する人が少なく、グドラ対面で鬼火や電磁波を頻繁に打たれました。

アロー対策で耐久に振りたいですが、非雨下でガッサを抜きたいので準速。

基本は最後まで温存してから終盤に全抜きを狙います、フェアリーのKPがとても少ないルールだったので逆鱗の通りが非常によかったです。

3.ラティオス 臆病
流星群 サイコショック 草結び 瞑想
H155 B101(4) C182(252) D130 S178(252)
CSぶっぱ
ステロ+草結び×2で207-121バンギラス確定
[+1]草結びが207-121バンギに136〜
抜きエース2

バンギハピヌオーバレルのような並びを見れる技構成にしました。また瞑想を持つことでゴチルゼルとの打ち合いでかなり有利になることができます。

鋼に打点を持ってない構成となってますが、ナットレイやハッサムはジバコでキャッチして処理すればいいと考え妥協しました。

しかし波乗りや10万ボルトのほうが欲しい場面が多く、この枠は要検討だと感じました。

キノガッサやガブリアスを上から縛れる数少ないポケモンなのでこれらと上手く対面するよう立ち回ります。またガルド入りの構築には起点になってしまうのでガルドを処理してから場に出すようにします。

4.ジバコイル 控えめ
ボルトチェンジ ラスターカノン めざめるパワー炎 電磁波
H175(236) B135 C193(204) D110 S89(68)
S20振りハッサム抜き
H16n-1
残りC

ナットレイやエアームドに後だししてキャッチして処理する枠。しかしハッサムは警戒してとんぼ返りを高確率で打ってくるので、後だしではなく死に出しなどで対面させるのがベターです。

技は上3つがテンプレで、最後の枠はワンチャンを狙ったりするために電磁波を入れました。10万ボルトが欲しいと思ったことはそれほどなく、また電磁波+ボルチェンの流れがとても強かったのでこれは正解だと感じました。

ガブリアスジバコイル対面では竜技を打たれることも多かったので安易にラティに引かず、あえてラスカで突っ張った方が安定した気がしました。

構築の中で唯一のフェアリー受けなので、ニンフィアなどがいた場合はHP管理を慎重にします。

5.バンギラス 意地っ張り
ストーンエッジ 追い討ち ステルスロック 吠える
H207(252) A204(252) B130 D121(4) S81
HAぶっぱ

キャッチ要因2、飛行タイプや特殊ポケモンに後だしして追い討ちで倒したり削ったりします。

技は最高打点のエッジは確定で、役割上ステロと追い討ちは確定、ラストは回避に対して回答が無かったので吠えるを採用しました。

ハピやアローやゴチルに後だしして追い討ちで削り、ステロを撒いて完全に機能停止させます。ハピを追い討ちで削ってトノやラティの一貫を作る動きがとても強かったです。

ストーンエッジの火力で拾える勝ち筋>ストーンエッジを外す負け筋

6.キノガッサ 意地っ張り
キノコの胞子 種マシンガン マッハパンチ 威張る
H159(188) A190(172) B101(4) D81(4) S108(140)
4振りロトム抜き
H16n-1
残りA
ステロ+182ガッサのテクニマッパ2耐え
ステロ+172バシャーモのとび膝蹴り耐え
ステロ+182ガブリアスの逆鱗耐え

襷を持てないことや、水タイプ等に後だしすることを考えて耐久に振りました。ここまで耐久に割くとガブリアスやテラキオンなどの重火力に突っ張ることができたり利点が多かったです。

HPが1でも残っていればマッハパンチでゲッコウガを縛れるのでゲッコウガ入りには最後まで温存します。またゲッコウガが別タイプになってしまいマッパで縛れなくならないよう注意。

またメインの3つの技は確定として、ラストの枠は岩技をいれたところでガッサに後出ししてくるポケモンナットレイ、モロバレル、エルフーン、フシギバナなどの草タイプなので意味がないように感じました(バルジーナもそうだがエッジで確定2がとれない)。そこでこれらのポケモンに一番仕事ができる技を探したところ威張るに行き着きました。


●弱点
バシャーモが死ぬほど重いです、次点でキノガッサと剣舞ガルドが辛い。あと毒びし回収ができないのでまかれたら交代をなるべくしないようにしないといけません。

ガブリアスも重いように見えますが、ガッサやトノが対面でそれなりに戦えるのでジバコと対面させないように動けばとくに辛くはなかったです。

また対受け系統の構築を意識して組んであるので、シーズン末には攻め系統の構築が急増してとても立ち回りにくくなりました。

●雑感
世代を嗜んだことがなかった自分にとって66をがっつりやるのはとても新鮮で楽しかったです。

66はサイクル戦の印象が強かったのですが、どちらかというと役割を終えたポケモンはさっさと切って、後続のエースに任せるといった対面的な動きの方が印象的でした(自分が攻め重視の構築を使っていただけかもしれませんが・・)。

立ち回りの中で何が何に役割を持ってるか、どれを切っていいかを考えるのが重要だと感じました。逆に中途半端にどれも残して切れないでいると最後に相手の高速ATに一貫を取られてしまうことになります。

またTODがとても頻発するルールと聞いていましたが、構築の性質上TODが試合の結果に左右したことは3,4試合ほどしかなかったです(開始してすぐTODを狙ってくる人はかなり辛かったが)。


解説は以上になります。


社mfも近いのでそろそろシングル勢に戻ります。

では今回はこのへんで・。・ノシ

2013-09-07

第8回夜空杯使用構築「スカーフゴウカザル入りニョログドラナット」

第8回夜空杯に参加してきました。
しかし当日に構築を考えた上に会場で体調を崩し途中早退してさらに結果は2−4という体たらくでした。

オフ前は疲労との兼ね合いで体調管理をしっかりして臨もうと思ったオフでした。

構築は次のようになります。

f:id:cloudia220:20120814161546g:imagef:id:cloudia220:20120814161535g:imagef:id:cloudia220:20120817043318g:imagef:id:cloudia220:20130704033755g:imagef:id:cloudia220:20121008152928g:imagef:id:cloudia220:20130129012832g:image


ニョロトノ熱湯毒毒アンコール滅びのうた脱出ボタン図太い雨降らし
キングドラ滝登り逆鱗流星群竜の舞竜のプレート陽気すいすい
ナットレイパワーウィップジャイロボールステルスロック宿り木の種綺麗な抜け殻生意気鉄の刺
ゴウカザルインファイトオーバーヒートめざめるパワーとんぼがえり拘りスカーフやんちゃ猛火
ボーマンダ流星群龍の波動火炎放射羽休めラムのみ臆病威嚇
ソーナンスカウンターミラーコートアンコールみちずれオボンのみ穏やか影踏み

カットロトムも強かったですが普通にナットレイの方が強かったです。あと雨メタでナットナンスを入れましたがバンギ入りとキュウコン入りにしか当たらず機能しにくかったです。

個別解説はほとんど流用なので省略。

来週の北大阪オフがんばります。

ではでは・。・ノシ