Hatena::ブログ(Diary)

water voice

2017-03-21

両刀メガメタグロス

シーズン2はあまり時間がとれず1900弱で終わってしまったので来週の全国シングルFESTAは頑張ります。

構築が定まっておらず色々変えながら回していたので固定していた4体だけ紹介。

f:id:cloudia220:20140518114243g:imagef:id:cloudia220:20161217214219g:imagef:id:cloudia220:20170321010709g:imagef:id:cloudia220:20161227233726g:image


ガブリアス地震岩石封じステルスロック吠えるイワZ陽気鮫肌
ミミッキュじゃれつく身代り痛み分け呪いフェアリー陽気化けの皮
メタグロス思念の頭突き冷凍パンチ草結びめざめるパワーメタグロスナイト無邪気クリアボディ→固い爪
カプ・テテフサイコキネシスサイコショックムーンフォースシャドーボール拘りスカーフ臆病サイコメイカー

タイプ受けしてくるサイクル構築に負けたくなかったのでそれらをメタれる型から考えた。

そこで固いツメ+草結びによってカバルドンに役割を持てるメガメタグロスを採用。

ウルガモスリザードン入りにも積極的に選出したいのでステロ要因としてガブリアスを採用。

終盤に上から掃除する役割としてスカーフカプ・テテフを採用。

そしてガブリアスが選出しづらい相手に初手出しするように呪いミミッキュを採用。

起点作り+高速アタッカーで交換せずに殴る構築を目指した。

2体程奇抜な型があるのでそれらだけ軽く解説する。

ガブリアス イワZ 陽気
地震 岩石封じ ステルスロック 吠える
H183 A151(4) B147(252) D105 S169(252)
B[+1]で
156ミミッキュのラブリースターインパクト+影打ち耐え
194メガガルーラの[親子愛]冷凍パンチ+不意打ち耐え

ガルーラミミッキュに2回行動できるステロガブリアス

ゲッコウガメタグロスや高速フェアリーに縛られるのが弱すぎたが上の2体が初手に来たときはほぼ勝てた。

メタグロス メタグロスナイト 無邪気
思念の頭突き 冷凍パンチ 草結び めざめるパワー
H155 A166(4) B170 C157(252) D117 S178(252)
以下ステロ込み
メガリザードンXを思念の頭突きで確定
カバルドンを草結びで確定
カミツルギめざめるパワー炎で確定
ナットレイめざめるパワー炎で確定2

カバルドン入り、ブルルドヒドイデ、受けループ等に選出する。
サイクル系統にはグロスを出し、それ以外にはもう一つのメガシンカを出すようにしたい。

●選出パターン
起点作り(ガブリアスミミッキュ)+メガ(グロスor A)+フィニッシャー(テテフ or B)
A=ゲンガーマンダ、ガルーラetc..
B=ゲッコウガ、バシャ、ウルガetc..

●弱点
ポリゴン2、テッカグヤが非常に重い。
あとゲッコウガやカプ・コケコにメタグロスが上から縛られる試合が非常に多かった。


解説は以上とします。

来週の全国シングルFESTAにはもう少しましな構築を用意したいです。

短いですが今回はこのへんで・。・

2017-02-12

トノグドラ

f:id:cloudia220:20140521172622g:imagef:id:cloudia220:20140609104446g:imagef:id:cloudia220:20161217214219g:image


ニョロトノ波乗り凍える風がむしゃら滅びの歌気合の襷臆病雨降らし
キングドラハイドロポンプ波乗り流星群欠伸水Z控えめすいすい
ミミッキュじゃれつくシャドークロー影打ち剣の舞命の珠意地っ張り化けの皮

ガルーラワンパンできる水Zキングドラから雨構築を組む場合、Z技以外の技が貧弱になってしまう。

そこで初手ニョロトノのがむしゃらで無理矢理削っておくことで雨波乗りの圏内に入れる。

また雨が切れて技の威力が弱まった時にキングドラが起点にならないように欠伸を持たせた。

理想のムーブとしては

相手の1匹目をニョロトノのがむしゃらで削る
キングドラの雨波乗りで倒す
キングドラの雨Zポンプで相手の2匹目を倒す
→相手の3匹目を削るor展開されないように欠伸を打つ
→こちらの3匹目で倒す

という流れ。

脱出ボタンを持たせたサイクルの形ではなく対面的な動きをするので交代際の身代わりのような負け筋がなくなる。

しかしミミッキュ入りに絶対に勝てないので、ミミッキュ入りに四匹で戦わなくてはいけない点がとても難しかった。

2017-02-08

テテフバシャカグヤ

f:id:cloudia220:20161227233726g:imagef:id:cloudia220:20150211232337g:imagef:id:cloudia220:20170208192517g:image


カプ・テテフサイコキネシスムーンフォース10万ボルト挑発エスパーZサイコメイカー臆病
バシャーモブレイズキック剣の舞守るバトンタッチ気合の襷加速陽気
テッカグヤヘビーボンバー地震岩雪崩身代りイアのみビーストブースト陽気

167- -105-158-136-154
155-172-90- -91-145
200-126-123- -121-124

最近使用していた並び。

バシャーモは相手にすると無限に持ち物の択があり強いが、使用する場合は舞う隙が無かったりと安定性が無い。

そこで気合の襷を持たせて安全に舞えるようにして、選出でメタられがちなバシャーモ自身でなく後続にバトンして抜いていくことにした。

先制バトンにより攻撃を被弾してしまうので、バトン先は受けだし性能と広い技範囲を両立するテッカグヤを採用。

そしてヘビーボンバーが通らない鋼を予め削ることと、バシャーモが襷で耐えた後に先制技で倒されたくないことから先発にカプ・テテフを採用。

以上の3体を基本選出として、残り3匹の裏を模索していた。


しかし基本選出が思いのほか安定性に欠けた。メジャーポケモンがバトンを阻害してくることが多いこと(ミミッキュの呪い、カバ、マンムー、スイクンの吠える)、天候でバシャーモの襷が削られて舞うことができないこと(カバ、バンギ)、展開しても押し切れない相手が多いこと(マンダ、カグヤ)、などなど様々であった。

展開しきったときはほぼ3タテすることができ、その気持ちよさにしばらく考察していたが、限界を感じたので公開することにした。

バシャーモがバトンタッチへの依存度が高い構成なので、そこを改善すればマシになるかもしれない。メガバシャーモが解禁されたら再度考察したいと考えている。

2017-01-11

ゴーストZギルガルド

f:id:cloudia220:20140813051406g:image
ギルガルド ゴーストZ 控え目
シャドーボール 瓦割り 毒毒 キングシールド
H167(252) A153 B170 C222(252) D171(4) S80

HCぶっぱ
残りDL意識のD振り

無限暗夜の誘い
D111メガボーマンダに180〜
D120ギャラドスに168〜

最近少し使用した型。

キュウコン入りに対して瓦割りを連打して、アンコールで縛られてもZ技を使用することで起点にならない。

この考え方は前記事でも引用した以下の記事を参考にしている。
http://d.hatena.ne.jp/nyaooshi/20161226/1482753784

瓦割りをアンコールされている場合、ギャラドスはメガシンカせずに展開、ポリゴンZはテクスチャーを使用して展開するので無限暗夜が通る。

ポリゴン2に役割を持てるように残りの枠は毒毒+キングシールド。

またゴースト+格闘の範囲が優秀で普通の状態でも出しやすく、不意のカプの壁貼りにも対応可能。


シンプルに強いと感じたので紹介。

2016-08-23

弱点保険マリルリ

8月のオフはいくつか出ていたが、いい構築が出来ず結果が振るわなかった。

そこで今回は構築の代わりに手ごたえのあった型を1つ紹介する。

f:id:cloudia220:20140517004220g:image

マリルリ 弱点保険 慎重(力持ち)
滝登り じゃれつく アクアジェット 滅びの歌
H207(252) A102(252) B100 D111(4) S70
177化身ボルトロスの10万ボルト〜194
127ジャローダのリーフストーム 〜200
191メガゲンガーのヘドロ爆弾最高乱数以外耐え
155ゲッコウガの草結び+177メガガルーラの猫だまし耐え

[+2]じゃれつく+アクアジェットで184-132ボルトロスオボン込み確定
[+2]滝登りで149-126メガゲンガーを14/16で1発

〜経緯〜
ウルガモスの増加からマリルリが強いと考えたが、KP上位であるボルトロスやゲンガーに不利対面を取ることが課題であった。

そこでDに努力値を割き弱点保険を持たせることで、本来不利対面の相手を初見殺しできるようにした。

ゲンガーは鬼火を打たれたら辛いが、カバルドン意識のラムがとても有名なので基本的には打たれない。

またボルトゲンガーに加えてガブリアスや、ウルガバシャなどの炎タイプに強いことから、ガルーラ、ゴツメスイクンを除く対面構築の駒に強い型になることができた。

さらにこの型の一番気に入ってる点は対ボルトゴーリピクシーである。

初手マリルリボルトが対面したときに相手は高い確率で威張るではなく10万ボルトを選択する、これによって威張るによる運負けを抑制しつつ、ボルトロスの処理→滅びによる展開阻止という有利展開に持ち込むことが出来る。


〜課題〜
この型の最大の欠点は「初手出ししないと活躍しづらいが、メガガルーラに不利を取るポケモン」なことである。

受けだしできない上に仮想敵が初手に出てきやすいことから基本は初手に置きたい。しかしガル―ラが相手の6匹の中にいた場合、初手対面時のケアを後ろでする必要がある(受けれるポケモンだけでなく、対面有利をとれるポケモンも用意しないと厳しい)。

だが言うまでも無いが、メガガルーラに安定して後出しできるポケモンは非常に少なく、これだけで選出が不安定になってしまう。

ガルーラではなくゲンガーを誘導するようガルクレセと組ませていたこともあったが、やはりガル―ラはそれなりに選出され、とても不利な試合展開となってしまった。


以上の理由から上手くこの型を軸に構築を組むことが出来なかった。しかしマリルリというポケモンは独特の性能を持っているのでこれからも考察していきたい。


では今回はこの辺で・。・