趣味は読書。特技も・・・読書? 「古本 石英書房」の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-28

夏の催し・その2

19:11 | 夏の催し・その2を含むブックマーク

台風が接近しつつある夜です。

今のところ、ひと段落感がある空模様ですが、今後どうなるのでしょうか。




前回の画像の続きです。

「博物ふぇすてぃばる」から。


f:id:cloudy23:20180721125916j:image:w360


小さいけれど精度はばっちりというミニ工具たち。



f:id:cloudy23:20180721124738j:image:w360


やはり小さめサイズ。木彫りの土偶たち。



出店者の皆さんの、テーマへの深い愛についつい引き込まれます。

前述のミニ工具、0.1ミリまで測れるミニノギスのストラップの購入

(石に使えるという口実で)を筆頭に、ちょろちょろと

手元の品を増やしてしまう私。


これもその一つです。

f:id:cloudy23:20180728183709j:image:w360


ベリル(エメラルドアクアマリン等)の化学組成のペンダント。

嬉しい。



私の「好きな気持ち」などまだまだだと思い知るのでした。








別日、行かれるときに急いで行こうと、これも久々の銀座へ。


f:id:cloudy23:20180723134729j:image:w360


実に久しぶりな景色が新鮮です。



f:id:cloudy23:20180725211345j:image:w360


銀座松屋も久しぶり。

すごい人でしたが、原画を堪能。

自分の子供の頃、そして幼少時の我が子供たちとの日々、そんな時間と

再会するような気持ちでした。


f:id:cloudy23:20180725211731j:image:w360


やっぱり「こん」が好き。

ぬいぐるみは実はというかやっぱり生きているのだと

実感してしまいます。






二件目は、松屋から近いLIXILギャラリーでの駄菓子の展示。

駄菓子職人・石橋幸作さんの記録は、駄菓子愛に溢れていました。

絵も文も読み耽ってしまいます。


f:id:cloudy23:20180723145434j:image:w360


見本の数々にも見入ります。



こちらは本からの引用ですが

f:id:cloudy23:20180728184959j:image:w360


この丹念さといったら!

国内ばかりか、アメリカ駄菓子の絵も。

そして、宮様とのやりとりの描写等、文章にもとても魅力を感じました。





ギャラリー建物の一階にあった素晴らしい書店が消えてしまったことは

残念でなりませんが、このシリーズは応援し続けたいです。


f:id:cloudy23:20180728184919j:image:w360




展示のはしごをしたのは、おそらく初めてです。

灼熱の中、ついつい頑張ってしまいました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cloudy23/20180728/1532772668