Hatena::ブログ(Diary)

京都のおみせ RSSフィード

2010-07-01

cuit d’or Miwa

「将来の夢」って、こんな店じゃありませんでしたか?

「犬の美容師」「保母さん」そして、「お花屋さん」「パン屋さん」「ケーキ屋さん」「雑貨屋さん」…。「将来、なりたい職業は?」の欄に、本誌読者世代の女性の皆さん(京おんなの方々も含めて)、どれかを書いた憶えがあるのでは? 思いや実際の出店経緯はそれぞれだけど、そんな女性の憧れ店を、集めてみました。


骨董の白器で泳ぐ赤い金魚
そんな感性の中で、育った今

f:id:clubfame:20100701191033j:image

N.Y.留学中、イーストビレッジでたまたま入った雑貨店に一目惚れして、気づけば毎日そこで働いていた。


これが雑貨屋さんを志したルーツではあるが、原体験は「福岡で育った少女時代にあるのかなぁ」と、オーナー国松さんは思う。

映画好きなおばあちゃんは、光りモノやフェイクレザーを身につけるハイカラさんで、その血を継ぐ母は、「ほら、かわいいでしょ?」と、アンティークな白いエナメルの器に真っ赤な金魚を泳がせていた。


そんな二人から受け継いだのは、「モノは楽しく使ってナンボ」の精神。

そんな目線で選んだモノたちは、「古いものも新しいものも一緒に生きてる」京都に似合う気がするのだ。


■iiivko/アブコ

■京都市中京区三条通富小路西入ル

 中之町 20 サクラビル 2F

■075・254・0909

■12:00 〜 20:00 /不定休

http://www.iiivko.com/


-京都CF!2008年9月号 引用-

cuit d’or Miwa

「将来の夢」って、こんな店じゃありませんでしたか?

「犬の美容師」「保母さん」そして、「お花屋さん」「パン屋さん」「ケーキ屋さん」「雑貨屋さん」…。「将来、なりたい職業は?」の欄に、本誌読者世代の女性の皆さん(京おんなの方々も含めて)、どれかを書いた憶えがあるのでは? 思いや実際の出店経緯はそれぞれだけど、そんな女性の憧れ店を、集めてみました。


夢が夢でなくなった今、地に足つけて頑張ってます

f:id:clubfame:20100701190931j:image

母親の手作りケーキを食べて育ち、ご自身もお菓子作りを楽しんでいた幼少時。


「美味しくて、人を喜ばせるケーキってすごい、思いました」とオーナーの三輪千鶴さんは話す。

将来の夢は、もちろん「ケーキ屋さん」。若さゆえの勢いと怖いもの知らずを盾に、5年前に夢を叶え、昨年4月には日本料理人のご主人の店と二人三脚で歩み出した。


自他共に認める「天然」キャラゆえ「友達は私が店を持ち、お菓子をつくってることが不思議みたいです」と笑うが、いざ、お菓子作りとなると完璧にやり遂げる。

その仕事ぶりは一職人。自分の目の届く範囲で丁寧にお菓子づくりを続けたい、と地に足のついたスタンスも頼もしい。


■cuit d’or Miwa/キュイ・ドール・ミワ

■京都市左京区北白川上終町 11-2

 イーグルコート北白川 101

■075・711・2322

■11:00 〜 20:30(イートイン〜 15:00)/月・第 3 火休

【平均予算】2000 円


-京都CF!2008年9月号 引用-

2010-06-28

プーゼ寺町二条本店

「将来の夢」って、こんな店じゃありませんでしたか?

「犬の美容師」「保母さん」そして、「お花屋さん」「パン屋さん」「ケーキ屋さん」「雑貨屋さん」…。「将来、なりたい職業は?」の欄に、本誌読者世代の女性の皆さん(京おんなの方々も含めて)、どれかを書いた憶えがあるのでは? 思いや実際の出店経緯はそれぞれだけど、そんな女性の憧れ店を、集めてみました。


異人館で見た少女の憧れは
もっと自由なサロンスタイルに

f:id:clubfame:20100621182242j:image

従来の花屋にはなかったパリスタイルのアレンジメントでは京都の草分け。


西陣生まれの京おんなである浦沢さんだからこその、日本の色彩感覚を活かしたアレンジは実に京おんならしい…と思ったら、「私って、後先の事を考えないちょっとルーズな男勝りの性格(笑)」。実はこれこそ「百聞は一見に如かず」の浦沢オーナーそのもの。

「普通にブーケを作って終わり、では面白くないでしょ?」。


10やってみて、9つ失敗しても、1が成功すれば人生は楽しくなる。

本場フランスに行ってもよくわからなかったこと、いい花がなくて困ったこと……浦沢アレンジの成功の裏には数々の失敗談。

豪快に笑い飛ばせる今、彼女は強い。


■プーゼ寺町二条本店/プーゼてらまちにじょうほんてん

■京都市中京区寺町二条下ルFEEL.BLD 1F

■075・253・0077

■10:00 〜 20:00 /無休

http://www.pousse-kyoto.com


-京都CF!2008年9月号 引用-

2010-06-25

喫茶とケーキの店 しののや

「将来の夢」って、こんな店じゃありませんでしたか?

「犬の美容師」「保母さん」そして、「お花屋さん」「パン屋さん」「ケーキ屋さん」「雑貨屋さん」…。「将来、なりたい職業は?」の欄に、本誌読者世代の女性の皆さん(京おんなの方々も含めて)、どれかを書いた憶えがあるのでは? 思いや実際の出店経緯はそれぞれだけど、そんな女性の憧れ店を、集めてみました。


異人館で見た少女の憧れは
もっと自由なサロンスタイルに

f:id:clubfame:20100621182144j:image

家族で北野の異人館を訪れ、雨に降られて入った喫茶店に少女の胸はキュンと高まった。ヨーロッパ調の空間、一つひとつ違う金のカップに満たされたロイヤルミルクティ、生クリームを飾ったカップケーキ…。


「いつかこんな店を作るねん」と製菓の道へ進み、10年後に開いた店は気張らないアメリカン調だ。「私、ウエスタンも好きなんで」と店主は笑うが、これは京都フレンチの雄「おくむら」のパティシエールを務めた7年間の経験ゆえ。


レストランの接客を学び、客と心が通いあう楽しさを知ったからこそ、自由なサロンにしたかった。自慢のケーキはおすましな主演女優じゃなく、賑やかな脇役であればいいのだ。


■喫茶とケーキの店 しののや/Shinonoya

■京都市右京区西院安塚町 39-103

 パラドール西院 PART-

■075・322・9802

■12:00 〜 22:00 /不定休

【平均予算】600 円


-京都CF!2008年9月号 引用-

2010-06-24

bonne volonte

「将来の夢」って、こんな店じゃありませんでしたか?

「犬の美容師」「保母さん」そして、「お花屋さん」「パン屋さん」「ケーキ屋さん」「雑貨屋さん」…。「将来、なりたい職業は?」の欄に、本誌読者世代の女性の皆さん(京おんなの方々も含めて)、どれかを書いた憶えがあるのでは? 思いや実際の出店経緯はそれぞれだけど、そんな女性の憧れ店を、集めてみました。


手間暇かけた時間こそ
パンに宿る美味しさの素

f:id:clubfame:20100621181513j:image

OL生活から一転、アルバイトで入ったベーカリーでの仕事がきっかけではじまった、井上さんのパンと苦楽をともにする生活。


基礎を学んだパン研究所、笹島氏に肝銘を受けた「イル・パッパラルド」での貴重な経験を通し、パン作り=肉体労働=男性社会という構図の中でも、細身の体一つでまっとうにできることをさらりと証明した。「京おんなって頑張りを表に出さないものかもね(笑)」。


そんな井上さんらしい、ごく普通のパンを当たり前に美味しく…の裏側にある、重労働も辞さない薪が熱源の大きな石窯。

手間暇はかかれど、しっかりと火が通ったこのパンこそ「私が納得できるもの」。これぞ、京おんなのパンなのだ。


■bonne volonte/ボンボランテ

■京都市上京区河原町通荒神口下ル上生洲町229-1

■075・213・7555

■11:00 〜 20:00 /水木休


-京都CF!2008年9月号 引用-

2010-06-23

TORINOUTA

「将来の夢」って、こんな店じゃありませんでしたか?

「犬の美容師」「保母さん」そして、「お花屋さん」「パン屋さん」「ケーキ屋さん」「雑貨屋さん」…。「将来、なりたい職業は?」の欄に、本誌読者世代の女性の皆さん(京おんなの方々も含めて)、どれかを書いた憶えがあるのでは? 思いや実際の出店経緯はそれぞれだけど、そんな女性の憧れ店を、集めてみました。


奥ゆかしさ? 美学?
ここは妖精が、住むところ

f:id:clubfame:20100621181418j:image

京都の銘ライヴハウス「磔磔」の壁には、「何かがしみ込んでる」のではなく「何かがおる」という名言があるが、その「何か」が「音の妖精」であったなら、この店にはきっと「ライフの妖精」が、そのうち住み出すだろう。


店主は自分の色を店に降らせることを嫌うので、「本屋である」ということ以外に伝えるべきことは少ないが、たとえアナタがどんな仕事をしていても、「あぁ、こんな本を読まなきゃいけないなぁ」「こんな服を着なきゃいけないなぁ」と、立ち返る瞬間が来るはずである。


この店は店主の憧れを形にした物ではないが、誰かの明日の憧れ店になるのは、自然なことでは、ないだろうか。


■TORINOUTA/トリノウタ

■京都市中京区寺町通夷川上る藤木町31-2 荒牧ビル

■075・213・3912

■12:00 頃〜 20:00 /月火休 ※他に不定休あり


-京都CF!2008年9月号 引用-