Hatena::ブログ(Diary)

こども未来館 ここにこ日記

2017-08-20

「発見!まち空間 貝の魅力を発見!貝がらモビールをつくろう」

体験・発見プラザでは8月19日(土)・20日(日)に、東三河周辺の海辺で採収できる貝を使って貝のモビールづくりをおこないました。最初に貝について少し学んだら、後半は自分の好きな色や形の貝を組み合わせてモビール作りを行いました。


スタッフもこのプログラムのために勉強して、初めて知ったことも

たくさんです。図鑑を一緒に見ながら、貝の魅力を「発見!」できる機会になるよう頑張りました。

f:id:coconico:20170820164642j:image


モビールづくりでは、バランスをとるコツを話し、紐の長さを調整し、貝の重さが同じになるように気をつけました。

f:id:coconico:20170820164627j:image


バランスをとるのに頭を悩ませたぶん、出来た時の嬉しさも大きいのか「できたー!」と完成したものを見せてくれる子どもたちが多く、また、一緒に参加したお父さん、お母さんの一生懸命な姿も印象的でした。

f:id:coconico:20170820164614j:image


私たちの住む東三河には、すてきな貝がらの拾える

大きな海が広がっています。

夏休み、ぜひビーチコーミング(貝がら拾い)

に出かけてみてください!

「貝がらアート」

8月13日(日)・14日(月)ここにこ広場にて今年で3回目の「貝がらアート」を実施しました。

昨年参加してくれた方が今年も参加してくれたり、お盆帰りに帰省した地元育ちの親御さんや、初めて訪れる家族、いつもここにこへ来る顔見知り子どもたちが参加してくれました!

f:id:coconico:20170820094201j:image




プログラムでは想像を元に、素材を選んで自由に海の生き物をつくりました。浜辺にころがっている貝がらが参加者の手によって生き物に生まれ変わります。

参加者はイルカがつくりたい!クラゲがつくりたい!を元に沢山の色や素材の触り心地の中からイメージに近いものを選びます。

f:id:coconico:20170820094328j:image



想像を形にする子どもたちに、スタッフは声をかける隙もありませんでした。ペンを走らせながら前のめりになる男の子。

f:id:coconico:20170820094617j:image



眉間にしわをよせながら真剣に画用紙を切る女の子。

f:id:coconico:20170820094610j:image

会場にいたひとりひとりが、ああでもない、こうでもないと、完成に近づくように手を動かしていました。



f:id:coconico:20170820094557j:image

世界に一つしかない想像上の海の生き物を大切そうに抱えながら

会場を後にする参加者の姿が印象的でした。



f:id:coconico:20170820094543j:image

f:id:coconico:20170820094550j:image

夏休みも後半。今度はお友達や家族といっしょに

貝探しから挑戦してみてはいかがでしょうか?


 

2017-06-29

ゆうがたまち空間  「てるてるアニマルをつくろう」

体験・発見プラザでは、金曜のゆうがた3時より

「ゆうがたまち空間」と題して、

さまざまなプログラムをおこなっています。

6月16日(金)は体験・発見プラザ内にて

「てるてるアニマルをつくろう」を行いました。


晴れを願う日本の風習の1つ、てるてる坊主づくりをもとにして

布と梱包材とモールを使って、てるてる坊主をつくり

水性ペンやシールを使って動物の特徴をとらえ、

ウサギや犬など思い思いの動物をつくってくれました!

水性ペンで描いた模様は雨にぬらすと色がにじんでかわります

雨がふるのがまちどうしいですね。

6月30日(金)が最終日でした。

沢山の方々が参加してくださいました。

f:id:coconico:20170707112453j:image

f:id:coconico:20170707112447j:image


f:id:coconico:20170629100525p:image

7月の1週目は「KAPLAブロック」を使った

ワークショップです!是非おこしください。

2017-05-29

メディア工房「ビデオしりとりであそぼう!」

5月のメディア工房は、「ビデオしりとりであそぼう!」を行いました。

このプログラムは、ビデオカメラを使って映像でしりとりを行うというものです。

参加者は、3〜5人のチームを組んで、

10分間の制限時間の中で、カメラを片手に館内を探し回ります。

探しても、見つからない時は、参加者自身が

身ぶり手ぶりなど、身体を使って表現する事も。

例えば、カエルやウサギは、ぴょんぴょん跳ねて撮影したりと、

「動画」を上手に使い、しりとりを続けてくれました。

同じ言葉からスタートしても、

チームそれぞれがアイデアを出し合い、

違うものになっていきます。

また、同じものでも、チームによって言い方を変えるなど、

子どもたちの

発想の柔軟性に大人が驚かされる場面もありました。

6月のメディア工房も好評につき「ビデオしりとりであそぼう!」を

行う予定です。みなさんも是非ご参加ください。

f:id:coconico:20170529160934j:image

↑「赤」とか「布」とか時には言い方を変えて対応!!

2017-04-17

ゆうがたまち空間 4月「チャレンジマーケット」

4月14日(金)にゆうがたまち空間 「チャレンジマーケット」

を行いました。


おさいふと買い物かごを片手におつかいをするゲームです。

制限時間内に材料を全てそろえることができるかな?

f:id:coconico:20170417121553j:image


はじめに、参加者はメニューと材料が書かれたカードを引きます。

f:id:coconico:20170417121547j:image


カードに書いてある材料をそろえるため、

マーケットへと走り出します。制限時間は1〜2分以内。

f:id:coconico:20170417121541j:image

材料がなかなか見つからない場面では

「ワカメはどこ〜!?」「たまごはどこ〜!?」

とお母さんに尋ねたり、


「こっちにあるよ!」

と兄弟で力をあわせる姿がありました。

時間になったら材料がすべてそろっているか

スタッフと答えあわせをします。

f:id:coconico:20170417121536j:image


時間内に終わらなかったり、全ての材料がそろわないと

残念そうな表情をする子もいましたが、粘り強く

もう1回やる!と言う声が多くあがりました。

回数を重ねていくうちに

早く正確に材料をあつめられるようになり、

思わすガッツポーズをする子もいました。

こどもたちのやり遂げた時の表情が印象的でした。

次回のゆうがたまち空間は4月21日(金)です。

是非、体験発見プラザへお越し下さい。


《simoda》

2017-02-06

おでかけルンルンバッグを作ろう!

みなさんこんにちは。

f:id:coconico:20170206181355j:image


体験・発見プラザの入口にいる雪だるま。

おでかけするのが楽しくなっちゃう、

「おでかけルンルンバッグ」をもっています。


f:id:coconico:20170206181345j:image



f:id:coconico:20170206181336j:image



毛糸をあらかじめあいている穴に通し、

スタンプをポンポンおして、模様を作ります。


日時は2月11日 土曜日 10:00から

定員は先着50名です。参加費は無料。

どなたでも参加できますが、未就学児は

保護者同伴でお願いします。

会場は体験・発見プラザ まち空間です。


みなさんのご参加

おまちしています!

〈モッティ〉