YukkoのNatural気分 このページをアンテナに追加 RSSフィード

〜大好きなガーデニングとトールペイントの日記 ・・・のはずが、ネタ切れにつき、今では思いつくまま何でもありの日記です〜(;^∀^) どうぞごゆっくり〜♪

2006-08-27 ベトナム、ホテルで消えたツアー客事件?

ベトナムのレストランの入り口に置いて

[]3日目:その 3日目:その┐魎泙爛屮奪マーク

1日目そのからお読みいただく場合はこちら

準備編からお読みいただく場合はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月28日金曜日ベトナム初めての夜。

今夜のお宿はチャイナタウンにあるウィンザープラサイゴン

部屋のカードキーをもらってそれぞれの部屋に向かいます。

このカードキー、実はエレベーターにも必要なんです。エレベーター内の差込口にカードキーを差込みます。そして自分の行きたいフロアーのボタンを押します。

つまりカードキーを持っていないと自分の行きたいフロアに行けないわけで、外部の人間が客室フロアに入り込まないための防御処置なんですが、これがなかなか大変なんです。

こういうカードキーって、皆さん知ってましたか?私は知りませんでしたあ…遅れてるゥ(*T-T)シュン。。。

最近では海外のホテルではこういうシステムが増えてきていると、同じツアーの、月1ペースで海外旅行に行かれているという熟年ご夫婦が教えてくださいました。

ところが私たちは、こんなカードキーは初めての経験。慣れない私たち、このカードキーのせいでとんでもないことになってしまったのです。

さて、部屋に行こうと他のツアー客と一緒にエレベーターに乗り込んだ私、続いて主人と娘が乗ろうとしたら、重量オーバーのブザーが!・・・私のせいではありません(`◇´)ですから!。

そこで主人と娘は降りたのですが、私は部屋の階のエレベーターの前で待っているから、と言って、私だけ他のツアーの人と一緒に乗っていってしまったのです。

それが、全て悪かったァ(o*≧д≦)o))

なぜ、あの時主人や娘と一緒に降りなかったのか.....

宿泊階の17階に着いて、他のツアーの人たちとはそこで別れて、ルームカードキーは主人が持っていたので、そのままエレベーターの前で主人と娘を待つことにしました。このホテルエレベーターが6基あったので、すぐに別のエレベーターであがってくるだろうと思っていたのです。

ところが、待てど暮らせど、娘たちは来ない…

このホテル、宿泊客が少ないのか、それともかなり遅い時間になっていたからか、ほかの客とも全然出会わない、シーンと静まり返った17階のエレベーターホール

私は一人ぼっちで、ひたすら主人と娘がエレベーターであがってくるのを待ちました。

かれこれ40分近くは待っていたでしょうか?他のツアーの人たちは今ごろはもう、シャワーを浴びて柔らかいベッドの上にゴロンと横になっていることでしょう。

私は1人不安に慄き、エレベーターの音がするたびに主人たちかしら、とエレベーターの前に駆け寄り、違うとがっくり、また待ち続けます…。不安のピーク。

いったい、主人と娘はどこへ消えてしまったのでしょう…ベトナムの夜・ホテルで消えたツアー客・・・なんて、推理小説タイトルに使えるかな?なんてことを一瞬考えたりしましたが、そんなこと思っている場合ではないのです。

この間私もただ立っているだけではなく、いろいろ方法は考えてました。

廊下に館内電話がありましたが、ここはベトナム日本語または英語スムーズに繋がるなんて思えません。これほど外国にいることの不安を感じたことは未だかつてありません。

あ〜あ、どうしようオロ( ( ̄_ ̄;)(; ̄_ ̄) )オロ

なんせ私はカードキーを持っていないので、エレベーターに乗って各階を探すこともできません。

非常階段があったので、この階段を下りて各階を探してみようかな、と一瞬考えましたが、この方法はやめといて正解でした。だって、もし非常階段のあるドアを開けて外に出てしまったら、自動的にロックがかかってしまって、今度は中に戻ることはできないのです。外部からの侵入者を防ぐための措置なんですが、当然どのフロアにも外側から入れないようになっているので、もし出てしまっていたら、私は狭い非常階段の踊り場で、上にも下にも行けない状態で、閉じ込められていたことでしょう・・・ああ、オソロシヤ〜(o*≧д≦)o))

実は、フロントのある4階と玄関の1階へはカードキーがなくてもエレベーターは動きます。でも今私がここを動いてしまって、行き違いで別のエレベーターで主人と娘があがってくるかもしれない、と思うと、この場を離れるわけには行きません。

そう考えるとけっきょくここでひたすら待ち続けるしかなかったのです。



☆人気blogランキングに参加しています。励みになりますので、よろしかったらポチッと押してくださいね♪☆

  人気blogランキングへ



もし、非常口から外へでてしまっていたら・・・

非常階段の真上から見下ろすホーチミンの深夜の町並み。あれだけたくさん走っていたオートバイもめっきり少なくなりました。

誰にも見つけられず私はここで夜が明けるのを待ち続けるのでしょうか?

真夏の、しかもここは熱帯の国。寒さに凍え死ぬということはありませんが、不安と恐怖で死んでしまうかもしれません。そして、主人や娘はどうなってしまったのか…ホテルの外に何者かに連れ出され、身ぐるみ剥がされて、このチャイナタウンの中に放り出されているのかも…もう、二度と会えないかも、ベトナムなんかに来なければよかったぁ〜〜〜(o*≧д≦)o))ヤダヤダ

なんて、私の想像力は止まることを知りません。


☆そんな時、しばらくエレベーターの音が途絶えていたのに、また1台のエレベーターが動き出す音が聞こえてきました…:*:・ドキ( ・_・;)ドキ・:*:・

私のいる17階でそのエレベーターは止まりました。ドアが開いて中から出てきたのはこのホテルのボーイさん、そして主人と娘!

生きていた〜!ついについにめぐり合えました、この感動!

しかし、顔を見た途端、さっきあれほど心配していたのに、急にムカツイテきました。

いったい、今までなにしてたんよ〜私1人ほっといてぇ、アホ、ボケスカタン!(#゜_`ノ´゜)ムヵムヵムヵ!

まあ、ボーイさんの手前、そんな激しい言葉は飲み込みましたが...

ソーリー、ソーリー、サンキューサンキュー、と、主人と娘を連れてきてくれたボーイさんにお礼を言って、とりあえずほっと一息、ホテルの部屋に落ち着くことが出来ました。

私がひとりぼっちで不安な時を過ごしている間、主人と娘のほうにもいろいろなドラマがあったようで.....

「お父さんといるとろくなことがないワ怒怒 (`´)怒怒」と、すっかり娘のアーサーはブチ切れてました。

まあ、二人にどのようなドラマがあったかは、また明日、ということにして・・・・・

文字ばかりで全然写真がないきょうの旅行記でしたので、最後にホテルの部屋の写真でも載せておきましょう。

f:id:coconuts_chan:20060827183713j:image

感想:広いけど、シェムリアップとは違って、けっこう無機質な感じの飾り気のない部屋でした。

一応五ツ星なんですけど…。


では、また、あした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(つづく)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆人気blogランキングに参加しています。励みになりますので、よろしかったらポチッと押してくださいね♪☆

  人気blogランキングへ

hanagasumi0705hanagasumi0705 2006/08/27 23:53 chanさんは、大作家ですね、いつもいいところで切り、又あしたになるのですから まるで連続ドラマを見ているようですが これがノンフィクションだからこちらまでハラハラドキドキ まあ今日のところはご家族全員無地だったことは安心して休めます。
それはそうとchanさんのうつの原因も気になる所、なるべく嫌なことは目をつぶって考えないように、いい方向に目を転じているうちに 嫌なことも薄れてしまうんじゃないかしら??そんなに簡単なことではないのですか?心配。

coconuts_chancoconuts_chan 2006/08/28 00:42 hanagasumiさん>心配かけてスミマセンm(u_u*)m
お優しいお言葉に、なんかまたジーンとなってうるうる来そうですが…
>いい方向に目を転じているうちに 嫌なことも薄れてしまうんじゃないかしら
本当にそうですよね。私のウツの原因なんて、世間的に見たら大したことないんですよ。自分の考え方ひとつでなんとでもなる程度のことなんですが、なんせ歳のわりには人間としての器が小さくって、なかなか気持ちを上手に切り替えることができなくって.....
健全な精神にブログが宿る…とは言いませんが(笑)、こうしてまたブログも更新できて、少しは前向きに歩けるようになってきたかな、と思っております。
きょうの旅行記、文章ばかりの長〜いものになってしまいましたが、読んでくださったのですね、ありがとうございます。
自己満足で書いているだけなので、「他の人が読んでも意味がわからなくてつまらないよ」なんて、娘には言われておりますが、hanagasumiさんのような方に読んでいただいて、本当に励みになります。
また続きをがんばって書きますね。よろしくお願いします。

sakurasaku2005sakurasaku2005 2006/08/28 13:02 その先には必ず出会うはずの舗装道で、きっとステキな何かが待っているかもしれないから.....
たぶん悩みがあるからこんな素敵な文章がかけるんだと思いました。
hanagasumiさんもおっしゃっていましたが、悩み事は自分のあるがままを受入れ、流してあげると自然と消えていきます。
これがとても難しいことなんですけどね。

tomosyokutomosyoku 2006/08/28 22:12 こんばんは。お久しぶりです〜♪ ちょっとこちらもバタバタしていて旅行記を見ることができてなかったので、これからゆっくり読ませていただきますね。(実は少し前1日、2日目を読んでコメント書こうとしたのですがはてなのサーバー調子が悪く・・・涙) 悩みのない人生なんてつまらない〜ともいいますがやはり悩まずにすむものなら・・・ですよね。近いうち、石ころを蹴飛ばしてスッキリ笑顔のユッコさんに出会えることを願ってます。(文面で〜なんですけどね・笑

coconuts_chancoconuts_chan 2006/08/29 23:52 作太郎さん>悩み事は自分のあるがままを受入れ、流してあげると自然と消えていきます・・・このお言葉ジーンときました。そうですね、無理をしちゃいけない。今つらい状況でも受け入れて、無理をせず自然に消えていくのを待ってみようと思います。
これも、今後の自分が大きくなれるかどうかを試されているひとつの試練ですね。

coconuts_chancoconuts_chan 2006/08/30 00:06 tomoさん>お久〜です♪私もなかなかおじゃまできずにごめんなさいm(u_u*)m
人生なんて悩み悩みの連続ですね。ただそれとどのように付き合っていくか、それが人それぞれ、苦しくもなったり軽くかわせたり、ということなのかもしれません。
私もtomoさんたち励ましのおかげで、かなり元気になってきました。本当にありがとうございます。
スッキリ笑顔で実際にお会いしたいです(o´∀`o)ニコ♪

人気blogランキングへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
カウンター
プロフィール

coconuts_chan

coconuts_chan

愛知県在住。趣味はガーデニングとトールペイント。中国語もちょっぴり♪A型7月26日生まれ・・・決して若くはありません(o´艸`)♪

Amazon


My wish books