Hatena::ブログ(Diary)

栄養成分ブレンドコーヒーの手引き

2017-01-16 第300話 緊急速報 アルツハイマー病治療に新戦略

シリーズ『くすりになったコーヒー


 残念なことに、アルツハイマー病(AD)の新薬治験が、またも失敗に終わりました。製薬大手イーライ・リリー社の発表によれば、以下のような経緯です。

●2012年、AD治療薬候補のソラネズマブ治験は、期待にそぐわず失敗に終わった。

同社はこの結果を受けて、「軽症患者に限定すればソラネズマブは有効」との期待感から、直ちに新治験に打って出たのですが、またもや期待外れに終わったのです。認知能力の低下に歯止めがかからず、遂に製品化を断念したのです。かくなる上は、軽度な症状すら認められない健常者を対象として0からやり直す以外にありません。そんな悲壮感が滲み出た記事が、Nature誌に載っていました。

●AD要因としてアミロイド仮説が否定されたわけではないが、期待された臨床試験は失敗に終わった(写真を参照)。

f:id:coffees_for_healthy_life:20170116155118j:image

この写真は双子の姉妹で、ADを患った一人をもう一人が抱きしめているところです。何か幻覚に怯えているのでしょうか・・・残念ながらソラネズマブは無効で、症状の改善が見られません。しかし記事によれば、ソラネズマブが効かないからといって、アミロイド仮説が間違いとは言えないのだそうです。双子の姉妹の一方だけが発病する事実は、一方だけに何らかの外的な要因が働いたと考えられるのです。アミロイドの蓄積は、外的要因がもたらした結果であり、それがAD発症に繋がるという考えです。

さてアミロイド仮説の話は一旦置くとして、全く別途にADを治療する試みを紹介しましょう。1つが駄目になっても、別の1つがあれば安心できるというものです。

マウスの脳の海馬にガンマ波を照射すると、AD症状が軽減する(詳しくは → こちら)。

 マウスの実験で、アミロイドが増えた脳では、脳波の1種ガンマ波が減弱しているのだそうです。それをヒントに、ADマウスの脳にガンマ波を照射したところ、グリア細胞がアミロイドを食べ始めて、脳のなかが奇麗になったそうです(図を参照)。

f:id:coffees_for_healthy_life:20170116155149j:image

さてここからが重要です。もっと簡単な方法でガンマ波を増やすことはできないのでしょうか?実際にパーキンソン病の治療では電気刺激が使われることがあるそうです。瞑想を深める訓練にも効果があるそうですが、熟練が必要で難しいようです。残念ながら上記Nature誌には、飲んで効く薬のことは書いてありません。

 そこで文献を検索してみました。すると驚いたことに、コーヒーのカフェインを飲んだADマウスで、ガンマ波の増強が見られたのです(詳しくは → こちら)。もう1つありました。カフェインのこの作用は、眠気をとるアデノシン受容体を介して起こっているというのです(詳しくは → こちら)。つまり、ごく普通にコーヒーを飲めば誰でも感じる目覚まし効果が、脳の海馬でガンマ波を強めているのです(図を参照)。

 さらに、コリン作動薬のカルバコール。これは緑内障の治療に点眼薬として使われたことがありますが、内服するとかなり危険な薬です。ということなので、どうやら現在知られているガンマ波増強物質はカフェインだけということになりました。

 さて、そのカフェイを含んだコーヒーが、アルツハイマー病のリスクを軽減するという証拠があれば、コーヒーを飲んでガンマ波を増強できることにも繋がります。そこでこれも文献を再調査してみました。

●2013年の第171話で、コーヒーとADの疫学メタ解析を紹介した。

とはいっても、当時のデータは信頼性の低いものでした。その後に発表された日本国内の研究(2014年)では、緑茶の効果が確認されたものの、コーヒーには認められないとのことでした。しかし、この研究で調べられた人数は723名という少数で、疫学研究としては小規模過ぎて、信用するにはちょっと・・・といった感じでした。

●直近2年間に発表された6編の海外論文によれば、毎日コーヒーを飲む習慣は、AD発症リスクを軽減すると言えそうだ(表を参照)。

f:id:coffees_for_healthy_life:20170116155214j:image

 少なくともリスクを高めるとの報告はありません。その上でちょっと気になるのは、3つあるメタ解析で結果が異なること。なかにはJ字カーブを示すなど、悩ましい点もありますが、えいやっと総括すると、1日3杯までのコーヒーが、ADのリスクを軽減すると言えそうです。

●一応の結論として「コーヒーを飲むと、カフェインがガンマ波を増強してADを予防する可能性はある」と言える。

 以上のように、AD治療薬の治験が失敗続きでも、それに替わる予防法が見つかるかも知れないという話は嬉しい限り! 薬で治療することと、コーヒーで予防することは全く次元の異なる話ですが、治療薬がない今は、予防できる確かな話にしっかり耳を傾けて欲しいものです。

●最後に、予防できる確かな話とは・・・毎度お馴染みの通りです。これを身近な何処かに貼っておくことをお勧めします。

f:id:coffees_for_healthy_life:20170116155234j:image

(第300話 完)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空前の珈琲ブームの火付け役『珈琲一杯の薬理学

最新作はマンガ! 『珈琲一杯の元気』

コーヒーってすばらしい!

購入は下記画像をクリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・