偶然の音楽 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-04-02

[]明日から働きはじめます

まあ、すでに昨日から、もう学生ではないのですが。

[]クラフト・エヴィング商會 / クラウドコレクター

新版 クラウド・コレクター (ちくま文庫)

新版 クラウド・コレクター (ちくま文庫)

本当に雲をつかむような話。素敵です。

[]Dennis Wilson / Pacific Ocean Blue

この間から、ディスクユニオンにDennis Wilsonの『Pacific Ocean Blue』のCDが置いてあって、おまけに未発表アルバム『Bamboo』もついています。最初見かけたときは、てっきり再発が叶った(数年前から、噂だけが立ち現れては消えている)のかと思い喜んだのですが、よくみると発売元のレーベル名もきちんと書かれていませんし、結局ほとんどブートレグ同然の(あるいはブートレグそのものの)CDだったようです。(→コレ

このアルバムが簡単に手に入らない今の状況を、すごく残念に思います。それは、ぼくがビーチボーイズの中ではいちばんDennis Wilsonが好きだからなのですが、しかしいちばん好きと言い切ってしまえるほど彼は魅力のある曲を書き、歌う人で、野性的で豪放な面と繊細で荘厳な面がうまくかみ合ったその歌は、なかなか並ぶものがないほどにドラマチックで、感動的です。流れていく川を思い起こさせるほどに流麗な「River Song」はやはり名曲。ハードな「Dreamer」、センチメンタルなバラッドの「Thoughts Of You」も、荘厳な「Time」も、AOR的な洗練と穏やかな美しさと感傷を湛えた「You And I」も素敵です。そして、ぼくは「Moonshine」のイントロと歌い出しのフレーズを聴くと、いつも涙してしまいます。一日も早い正式版の再発を願っています。

kissheekisshee 2006/04/03 02:59 明日から、お互いに無理しすぎずがんばりましょう。
3月中にまた飲めなかったのは残念ですが、仕事のペースがつかめてきたら、また飲みたいですね。

デニスの再発は、ほんとなかなか実現しないですね。残念です。

colourlesscolourless 2006/04/03 19:48 3月はさすがに慌ただしくて無理でしたね。6月までは首都圏にいるので(あ、今はkissheeさんと同じ市の住人です。ずっと南の方ですが)、落ち着いてきたらぜひまた飲みに行きましょう。おすすめいただいた「クラウド・コレクター」は、やはりとても良かったです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/colourless/20060402