Hatena::ブログ(Diary)

日々の色々・The colour of the sun

2009-05-03 外国人として、はてなのどこが面白い? このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

石川石川 2009/05/06 07:40 はてなは、特殊な人の集まりであって、日本を表していません。知的コンプレックスがある人たちのコミュニティです。現実の日本人には、知的コンプレックスはありません。たぶん、知的な部分からあなたは理解しあえるのだと考えられたのかもしれませんけど、たぶん何も得られないでしょう。せっかく素晴しい日本語を使っているのに。もし、はてなユーザーから注目を得たいなら、彼らの知的コンプレックスを刺激する必要があります。簡単なのは、半分英語で半分日本語です。もし、本当の日本を知りたいなら、牛丼屋さんで一番安いメニューをいろいろなところで食べてみるといいでしょう。330円で牛丼を食べることができます。もともと、日本人は牛肉を食べませんでした。それを歴史的にみると短期間のうちに受け入れ、330円の牛丼を完成させています。ここは知っておいていいと思います。残念なことに、外国人が食べているところを見たことがありません。あと、はてなは、喜怒哀楽が小さいです。日本人はもともとはしっかりした喜怒哀楽をもっています。とくに、笑いに関してはレベルが高かった。なので、日本人と仲良くさせるのは、笑わせてしまえば、あっという間に仲良くなれます。私は純粋な日本人ですけど、外国人みたいなところがあります。笑←重要

michikaifumichikaifu 2009/05/09 12:26 私のブログを英語で紹介してくださり、ありがとうございます!今日は、「将棋の本をオープンソースで英訳」という話を、英語ブログに書きましたので、ご紹介します。
http://hogacentral.blogs.com/japan_tech_blog/2009/05/opensouce-style-translation-project-shogi-book.html

colourofthesuncolourofthesun 2009/05/24 07:39 (しおです。)

石川さん、コメントありがとうございます。正直言うと、私ははてなのユーザーは皆、知的なコンプレックスがあるとは思わないです。ある人はあるかもしれないけれども。

michikaifuさん、ブログのリンクありがとうございます!すごいですね、感動します。ちなみに、同じようなコミュニティ翻訳の話が、先週のニューヨークタイムズの記事に出ていました:

http://www.nytimes.com/2009/05/17/business/17proto.html

ぜひ時間があったら読んで見てください。

hihi01hihi01 2009/05/25 10:06 しおさん、こんにちは、

日本のブログエントリーの英訳という素晴らしいお仕事をされていることに敬意をあらわしたいです。

> 「うらべ」と「コッソリ」の間に何があるなんていう話、当然出てこないわけ。

こちらですが、すでによくご存じかもしれませんが山本七平という市井の方が「空気の研究」などで、この辺の発動のメカニズムについて分析されています。学問の分野、あるいはマスコミの見解と、と一般に流布している日本人の自己認識には相当に開きがあるのではないでしょうか。

colourofthesuncolourofthesun 2009/05/30 15:48 hihi01さん

ありがとうございます。そうですね、山本七平という名前は覚えてないですが、「空気の研究」という本はまだ読んでないですが何回もタイトルを聞きました。マスコミと普通の人の自己認識の間には確かに開きがあると僕も思います。それはもちろん他の国でも同じですね。だけど、僕の印象しかないですが、この開きは日本の場合に結構極端な気がしますけど。