Hatena::ブログ(Diary)

輸入あきんどの情報アップデート RSSフィード

2007 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 07 | 09 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2014 | 03 | 04 | 07 |
2015 | 01 | 02 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2016 | 11 |
2018 | 06 |

2007-08-22 Conecについて このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

componentdirect2007-08-22

毎日、猛暑続きで大変ですね。f:id:componentdirect:20070822220023j:image

仕入先の一つドイツのコネック社を紹介したいと思います。
Conec製品の問い合わせが多くなっていますね。

コネック社は、25年に亘って高品質のコネクタ製品を産業界に供給しております。
専門技術と研究を通して、コネクタにフィルターを組み込む方法が新技術として特許となり、フィルター技術については実に40件以上の特許を持っています。

データ通信・周辺機器・大量輸送機器・航空機・産業用電子機器・計測器・自動車産業など多くの産業に貢献しています。コネックの製品は、全てISO品質規格とTQM規格を取得した工場で生産されています。生産事業所は、カナダ・USA・ドイツ・フランス・ポーランド・スペイン・イギリス・スイス

コネック社の総合研究開発センターは、製品コンセプトから最終製品の生産迄、常にお客様と密接な関係を維持しています。純利益から研究開発に大きな先行投資を積極的にしています。弛まない新製品開発、さらに効率的な製造工程、CSの達成が継続的な彼らの最終目的とのことです。

PICMG等での開発リーダー製品も注目を浴びてます。

f:id:componentdirect:20070822220944j:image:right

2007-08-01 輸入−円高、でも喜べないコスト

円高


これまでずっと120円台を維持した円安傾向でした。
ところが30日後半から、急に円高へ動きが出てきた。

円高背景は、米国の低所得者向け住宅ローンの深刻な問題だそうです
そして、これはちょっと尾を引きそうです。

所で、6−7月期における輸入コストはシンドかった。
航空機燃料のコストは依然として上昇の一途、8月は15%程、通常単価に加算される。
システムは理解しつつも、やはり、電子部品の輸入原価コストにのしかかる。

大量調達時代ではない昨今、こうした自分の努力だけではどうにもならないコスト増加は、何とも遣りきれない。

■ 日本の輸入品に対する課税方式

例えば、今の日本の通関では『輸入貨物+輸送コスト』の総額に対し、課税されています。
これに不満を感じるのは果たして私だけだろうか。

シンプルにFOBベース金額に課税されるべきじゃないかと。。。。
皆さんはどう思われますでしょうか?

何故なら、輸送コストには最低重量金額があり、少量の場合当然ながら少額の製品代金に乗せられるのでとんでも無く
高いものになってしまう。例え、サンプルが無償で入手できたとしても日本に移動する輸送+諸経費が掛かるのである。

最終消費者が全てそれを負担することになるこの消費税の課税システムも合わさって高コストが問題ですね。