Hatena::ブログ(Diary)

輸入あきんどの情報アップデート RSSフィード

2007 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 07 | 09 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2014 | 03 | 04 | 07 |
2015 | 01 | 02 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2016 | 11 |
2018 | 06 |

2009-06-23 ダイレクトな感覚!

メーカー直で!


海外メーカーの在庫を確認し、いち早く持っているところを探し出す。そして、調達というプロセスが始まります。

今は物の購入だけでは業務は完了しない。
付帯の業務がいくつかあってそれを一つ一つ処理しないと本当の意味での調達は完了したことになりません。
例えば、環境負荷物質の各種資料等。

所で、国内メーカーの代理店からコネクタを購入する場合、先ほどの付帯する依頼はすべてその時の代理店を通して依頼することになります。 価格や納期以外の事項なら、良いんじゃないのと思っても・・・メーカーは直には受けません。
結果このくらいのこと依頼するのに何でこんなに時間が掛かるの・・・・トホホホ

一方海外企業は、大抵物を購入するルートとは別に、価格以外の事柄についてメーカーが対応してくれます。
製品性能に関する資料や環境負荷物質などウエブサイトで参照できない情報や資料の提供依頼などは直接メーカーの人と対話し、受領の約束を取ります。

電話のメリットは、具体的な相手の名前を得ることが出来ることです。
メールアドレスも教えてくれるのでウエブサイトからぐっと奥の部屋に通された感じとなります。
お客様から急に資料要求や至急確認の依頼とかあっても、間髪容れず対応ができます。
買い物は別の所で購入するにせよ、情報交換はダイレクト(メーカー直)が重要と言えます。



海外製コネクタの調達専門