Hatena::ブログ(Diary)

輸入あきんどの情報アップデート RSSフィード

2007 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 07 | 09 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2014 | 03 | 04 | 07 |
2015 | 01 | 02 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2016 | 11 |
2018 | 06 |

2011-10-27 タイに工場拠点ある日系電子部品企業

日系電子部品企業 in Thailand


各地で発生する自然災害の恐ろしさ!人間は何もできずに只々畏敬の念を抱くこんにちである。

タイに工場拠点ある日本電子部品メーカーは、次の通り;日本メクトロン(FPC)、フジクラ(FPC)、DDK(フジクラ傘下コネクタ)、日本電産(小型モータ)、ミネベア(小型モータ)、TDK(磁石、HDD用ばね部品)、JST(コネクタ)、Yazaki(コネクタ)

タイ洪水で寸断された電子部品のサプライチェーンの再構築に各社奔走。代替え先となるメーカーにのり込んで争奪合戦が始まっており、急な受注に工程の乱れ、納期遅延も発生すること必至だろう。

日本メーカーのコネクタの製品が供給できなくなり、台湾や中国メーカーに代替品としてのチャンス到来となっているのであるが、いざ検討始めると大きなスペック値に差が大きいことに驚くようだ。困っているユーザーに少しでも支援できればと図面と睨めっこし、基礎データの確認に追われる日々だ。取り分け大きな違いは、コネクタの金メッキ厚さだ日本メーカー品では0.8マイクロメートル以上もある。また筐体にマウントするネジが当然日本はJISによるミリネジだから、インチ系ねじが多い台湾・中国製が使えないという問題やRoHS互換性問題等あるいは最低発注数(MOQ)の問題といった事もすべて最初から確認するのでいくら時間あっても足らない状況。

タイの洪水の影響で問い合わせが多くなっている。多くの日系企業があって人的安全を最優先に中旬から操業停止にしている。熱帯低気圧が相次いで通過した影響でモンスーンの豪雨に見舞われた結果で洪水発生。政府によれば、北部から始まった洪水は中部を経てバンコク中心部に迫ってきた。バンコクでは27日から31日まで長期休暇となることから、洪水を逃れるためパタヤに避難続出。27日は大潮がありバンコク全域が浸水する不安を募らせている。

タイリアルタイムtwitter情報

海外製コネクタの調達専門

2011-10-25 サーマルプリンターとPoweredUSB

業務用サーマルプリンターはPowered USB(電源内蔵USB)を標準搭載している


最新のサーマルプリンターには電源付きUSBインターフェースがついている。

f:id:componentdirect:20120302130418j:image:medium


POS機器メーカーは、新製品に積極的にPoweredUSB(電源線組み込みUSB、PUSBと略す)装備するのが最近の傾向のようだ。写真のように必要電圧により3種類の設定がある。コネクタ構造は従来のUSBのコネクタに2段重ねとなって互換性を保持している。
f:id:componentdirect:20111117063410j:image

POS機器につながるプリンターは殆どはサーマルプリンター。サーマルプリンターとは、例えばコンビニでレシート以外にチケットやクーポンの発券等ができます。サーマルとは、熱の意味で熱によって紙媒体に印字を行うプリンターのことです。POSシステムはファーストフード店(コーヒーショップ、バーガーショップ、飲食店)やデパート・スーパーマーケットのレジシステム等のコンピュータシステムです。

生産メーカーの富士通もシチズンも既にPUSBのポートが装備され、購入時に各種インターフェースの一つとしてPUSBが選択できるようになっている。富士通はFT-510、シチズンはCT-S801/851/601/651その他、エプソン社のTM-T88V, SII製の新製品「RP-E10」と「RP-E11」にも標準搭載されている。

このPUSBインターフェースは数年前にIBMで開発され日本で登場したが採用は日本ではなかったと聞く。しかし、アメリカ市場では採用が始まりそれが今日本にも新しいインターフェースとして新製品に搭載されるというリバイバルとなっている。

そういえば、USBは本当に使われていない所がないくらいにポピラーなインターフェースだが、ただ一つの欠点が給電がないことだ。身の回りの例だと、USBハブがACアダプタなしの場合ですが、通信が止まったりすることがあります。今はUSB接続の機器には必ずAC電源アダプタが付いています。これでやっと安定した伝送ができます。

POS機器などシステムとしてつながるサーマルプリンターにもACアダプタで給電しないと安定動作しないとなれば、アダプタが台数分必要で取り回しが大変になります。すっきりと接続デザインするのもユーザーへのサービスですから、PUSBはそれに応えていると言えます。

最近の搭載例としては、HP rPOSシリーズ HP ap5000 All-in-One POS System
引用サイト:http://www.sharp-ssp.co.jp/pos/ap5000.html

SIIのPOSプリンターの紹介からインターフェースにPowered USB標準搭載と記載されている事例。
http://www.sii.co.jp/sps/product/unit/rp-e10/index.html

PoweredUSBの搭載なきホストには、ハブが別途あります。
f:id:componentdirect:20121230180428p:image:medium
http://www.cyberdata.net/products/retail/pusb/pusbprintertest/install.html


この製品に関して何でもご相談ください。

2011-10-13 ケーブルASSY加工(小ロット)

ケーブル取り付けを小ロットを海外生産できます

   

どうして最近ケーブル加工かの背景ですが、ミヤテックはコネクタ専門だから台湾や中国の加工状況も色々知っているのでは?とコンタクトされて来られるようです。自然災害がここ日本では頻繁にあるし、そんなことも影響あるのか、と言うより超円高だからでしょうか。。。。。。
わざわざミヤテックにコンタクトして下さるのだからできるだけのご協力をと思っています。

皆様のお問い合わせから、対応ロットが少なくてもできるのが重要ポイントです。そこで小ロットでもできる対応メーカーを見つけました。勿論、品質も日本のお客様の高いニーズに合うしっかりしたものを作るよう心掛けております。

国内メーカー(HRS、JAE、Molex、JST、Hosiden等)のコネクタについて台湾・中国製による相当品がありますので、入手難やコスト低減のニーズにもお応えすることができます。
海外でのケーブル取り付け加工にご関心あるお客様、ロット数等に不安がらず先ずはご相談くださいませ。

参考サイト

f:id:componentdirect:20111013220211j:image:medium
f:id:componentdirect:20111013220212j:image:medium
f:id:componentdirect:20110817100026j:image:medium