Hatena::ブログ(Diary)

輸入あきんどの情報アップデート RSSフィード

2007 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 07 | 09 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2014 | 03 | 04 | 07 |
2015 | 01 | 02 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2016 | 11 |
2018 | 06 |

2012-03-29 ウイスカ現象

ウイスカ現象とスズめっき



軍関連、航空宇宙関係の受諾企業や電子装置や電子部品の仕入れ業者はコストをコントロールする為に、民生部品に強く関心を寄せている。

しかし、いくつかの設計の中には所謂、ウイスカー(ホイスカー)の成長を避ける目的で鉛入りでの接着処理が必要のようだ。

ウイスカはすずメッキ特有の針状突起の成長で最悪な場合、電気ショートの原因になる。

Tin whisker - YouTube

殆どの電子部品メーカーでは、環境規制により民生電子部品は鉛フリーに切り替えを完了しています。これにより、民生電子部品を簡単にコストだけで調達できない問題をはらむことになった。

そこでアメリカの抵抗器の大手、Riedonは鉛対応製品を供給しているという。単純にすずめっきしたリード品が欲しいと要求できるようだ。

コネクタメーカーも、当初は鉛フリー品と鉛含有製品を要求に基づき供給することも考慮していたが、製造装置が全く違うなど経営効率上2種対応を避け殆ど鉛フリーに移行をした。

しかし、例えば、某自動車の急加速問題など実際に再現性がないもののウイスカー現象が疑われているとニュースにもなった。

特に、航空機や航空宇宙、工場の製造装置、産業電子関係の制御等々はウイスカ成長によるショート問題は回避する為にも一度入念な確認が必要かも知れない。

2012-03-26 ジョブス流のものづくり

スティーブジョブスの非凡さとものづくり



アップル製品はどれも画期的な大発明であるかのような印象がありますが、本当は一から発明したものは何もない。これって、これまでの日本と似ている。我々のコネクタも基本原型はアメリカで開発されて、それを取り寄せては皆でどうしたらもっとよくなるなるか喧々諤々やったものでした。

だから、過去のマーケティングは、アメリカアンプ(今のTE Connectivity)が開発したコネクタを題材にしてVAと称した価値分析をした。大事な所とそうでない所に分けて、再構成するといった手法。でも、やがて、日本流の高品質な製品となった。その結果、低コストに生まれ変わるといった海外のお手本から焼きなましのやり方は長く日本を支えるビジネスでした。

俺流を商品にしたのがジョブズ氏だし、しかも、その俺流には泥臭さのないセンスと、ビジネスの仕掛け人でもあったことは確かだ。彼は、iPhoneやiPadでタッチパネルをなぞるだけでキーをなくしてしまった。それが斬新で格好良いと印象付けた。勿論、これまで携帯電話でサイト閲覧に不満だった人にとってはこの上ない満足を与えてくれている。一方問題も露呈した。液晶画面が割れるといった問題、バッテリーの消費時間が短い、発熱する、日本人に取っては日本語での高速入力のし難さなどだ。

俺流は周りからは嫌がられる程の絶対曲げないものであったらしい。だからこそここまで出来たのであろう。日本人にある良い意味での忍耐力なのだが、我慢するという性格ではジョブズ流の仕事の実現は決してできないものだ。
コネクタのサンプルを見せながら設計者が開発意図を披露するデザインレビュー。その時に色々指摘すると、それ以上は変えたくないという応答、あるいは指摘された事位我慢してほしいなんて返事になる。しかし、恐らくジョブスならそんな対応を開発者がしたら、容赦しないだろうと想像した。

日本では、絵に描いた餅という表現がある。 良いアイデアでも、どれだけ売れるか予測が立てられないとか、無理と言われ却下されてしまう。そのアイデアを評価するにあたり、今の時点の条件や環境で考えるからであって、将来の条件で考えればそれは十分に機能するということがある。あれだめ、これだめと言うより先ずやらせてみることを容認できる社会にしないといけないと思う。そうでなければ、わが日本に、ジョブズ流の仕事は生まれないだろう。

引用:PRESIDENT (プレジデント) 2012年 4/16号の某コメントから引用

2012-03-25 レガシーなコネクタ達

レガシーなコネクタ達


弱電用コネクタでは、コネクタの歴史も50年以上は時を経ている。
コンピュータ、パソコンと共に形も性能も変化していったコネクタは、レガシー化した。
これまでギリギリ互換性を持たせてきたがいよいよ基本構造に限界が来た。
互換性を捨てて新しい時代の性能アップに注力の時代となってきた。
アップルに使われるコネクタは比較対象ではないが、あれ位以前のものと違う新しいものを使って新製品を出すという度胸は凄い。産業機器では間違ってもそんなことはできない。

この画像も古さを感じる。
これらの中には、今でも使われているものがあります。
しかし、そろそろなくなるかも知れない不安なアイテムになっています。


f:id:componentdirect:20120325145248j:image:w360

f:id:componentdirect:20120325145247j:image:w360

f:id:componentdirect:20120325145246j:image:w360

f:id:componentdirect:20120325145245j:image:w360

f:id:componentdirect:20120325145244j:image:w360

f:id:componentdirect:20120325145243j:image:w360

f:id:componentdirect:20120325145242j:image:w360

f:id:componentdirect:20120325145241j:image:w360

f:id:componentdirect:20120325145240j:image:w360

f:id:componentdirect:20120325145238j:image:w360

2012-03-24 拡大光ビームとは

光ビーム拡大技術で光ファイバーが蘇るか


今月の初めベルフューズが、スエーデンのGigacom Interconnect社を買収したとのニュースリリースを知りこの会社の持つ光ビーム拡大技術と次世代の民間航空機の新規格化の主要メンバーとなっているという。先に買収のCinch社の持つ航空宇宙分野のビジネスに今後プラスになるのは間違い。
参考サイト

このニュースの拡大ビームとは何?と思い、日本にはあまり知られていないので調べてみた。
これらの製品は既にTycoAMPやAmephenol、Molexなどがリリースしている。


※従来の光ファイバー接続(フェルールを介在したファイバー端面同志の接続)
f:id:componentdirect:20120324102038g:image

その為、ファイバー端面を研磨し鏡面に仕上げること、及びフェルールを介在した双方のファイバーの中心軸合わせが厄介だった。とても難しい職人的な加工を要求し、高コスト要因の一つになっていたと考えられます。

性能面としても、フィールドに於いての接続作業程度により伝送精度に影響する。また粉塵等での劣悪環境において作業するのも問題でした。

ここに来て、高出力の光ファイバーを必要とする分野で光ファイバーの検討が始まりました。これまでの欠点を補った拡大ビームという光ファイバー技術が生まれている。これは球体レンズを使った、中心軸アライメントを緩和したこと、ファイバー自体は一度工場で組み立てた以降は特にフィールドで触わらない構造としたことなどでより劣悪な環境ですらあのシビアだった光ファイバーの使用拡大を予想させてくれそうである。

※拡大光ビーム(ファイバーは内蔵され球体レンズ同志が接続面に位置する構造)
f:id:componentdirect:20120324102033g:image:w360

ビーム拡大とは?
3mm程の球体レンズを使ったファイバーから放射された光を拡大したり、集光させたりすることです。

f:id:componentdirect:20120326143401j:image:w360

●マルティモードファイバー62.5/125+3mmレンズの場合:
ビーム拡大の係数は14とすると、ファイバー断面が200倍に拡大します。

●シングルモード+3mmレンズの場合:
ビーム拡大係数30とすると、900倍のファイバー断面積となります。

特長は、両端の光コネクタを構成する光部品以外何も介在しないシンプルさです。

●土や汚れなどに対する低感受性

●コネクタの不整合や振動による信号損失への影響がない

●頻繁な挿抜状況での性能維持が可能


悪い環境での拡大ビームコネクタの脱却はどうなるか?

芯出し調整機構は常にレンズハウジングに内蔵され保護されているので何も修正等がありません。

ただ単純にレンズ表面を拭くだけです。だから、もしも不慣れな作業員であっても、普通に拭けば問題がありません。ファイバー自身は清浄する必要は全く不要です。

●分野
光ファイバーが今後使われる分野は、民間航空機や産業機械装置、更に軍用飛行機や地上での軍用自動車など、これからこの分野でもより経済的なエネルギーの使い方も必要とされ、光ファイバーを従来の銅材ハーネスから置き換える需要は期待されるでしょう。

2012-03-23 LAN用キーパーツ

LAN用キーパーツ



台湾の通信ネットワーク製品の専門メーカーです。
日本人好みの製品です。勿論、日本人大好きな台湾の人たちが作っていますから安心です。厳格なEU市場をメインに、OEM,ODMで通信メーカとビジネスを展開しています。以前、米国のコネクタメーカーのRJ-45タイプと一緒に分解した所、接点構造としてHCIの方がATTオリジナルの品質を維持していることが分かりました。品質にもコストにも優れていると判断しお勧めしています。


HCI(エッチシーアイ)

ネットワーク関連機器、光部品、ケーブル、筐体、ツール

2012-03-22 LANケーブル STPに交換

LANケーブルSTPに交換は意外に問題はない。


LANケーブルにおいては、STPケーブルは接続する機器を通してきちんとアース(接地)しないと逆にシールド自体がノイズ源となるとしばしば言わるが・・・・・

住宅やオフィスなど殆どは光ファイバーが敷設されていると思われる昨今、ルーターとPCの接続LANコードをUTPからSTPに交換してみるとやはりその効果ありと実感できた。Youtubeとか試聴してみると分かる位。
用語は、U=シールドなし  S=シールドあり。TP=芯線ワイヤをクロストーク防止に2対を撚り合わせている。

例えばUSBもFireWireなどシールドの完全さに比例するかのように、オーディオ専門家の試聴実験でも効果の違いがあると聞いていた。同様に、結果はすこぶる良いのです。検討用に用意していたSTP仕様のサンプルが残り捨てるのももったいないので、ちょっと試してみて良かったです。以前に導体抵抗値の低い単線を試したのですが、それに劣らず良い感じです。

ただ、気になったのはSTP仕様のLANケーブルのシールドは、編組線をそのまま引っ張りだしてメタルシェルの裏側に触ているだけの簡単な仕様が多い。コネクタ屋からすれば、このやり方はしっくりとこない。折角のSTPを生かし切れていない。
ケーブル抜き差しの際に、挿入部の所でケーブルが動いて浮きの心配があるのだ。
編組線はPVCジャケット側に綺麗に折り返し、銅箔テープを一回巻いてメタルシェルとの接地を強化した方が良いだろう。コネクタ自体は、受け側8P8Cコネクタに収まりが良かったことは物理的な接触には良いと思った。

仕事では、目下高速伝送のコネクタの試作製作をしているのだが、EMIの効果が本当に難しい局面です。ケーブルとコネクタを取り付ける際に編組線をどう取り付けるか、インナーモールドして銅箔を被せ、その上にさらにメタルシェルを被せる作業、メタルシェルへの取り付け強度やケーブル導体の変形も誘電率の変化に影響がある神経質な問題である。

f:id:componentdirect:20120322181856j:image:medium
f:id:componentdirect:20120322181855j:image:medium
f:id:componentdirect:20120322181854j:image:medium
f:id:componentdirect:20120322181853j:image:medium
f:id:componentdirect:20120322181852j:image:medium
f:id:componentdirect:20120322181851j:image:medium

2012-03-16 海外在庫の動き

海外電子部品在庫の流動速度



米国のFRBがインフレターゲットの2%発表以後、経済の動きが上向きに動き出し、それに呼応するかのように電子部品大手商社の在庫滞留時間が短縮化しているようだ。

この事態ですが、数日から1週間も経過しないうちに確認した在庫が他に流れていくという具合。実際、調達をしたいお客様にはご迷惑な状況ですが、特に大手企業では注文発行に時間掛かるので、内示等もお願いしているが、短時間に市場の動きは変化し驚く。

2012-03-14 HDMIプラグケーブルを選定する

HDMIプラグケーブルを選定する


ケーブル長15mが判断の目安?
コア技術が何かを第一に公なスペック認定された製品かどうかといった点がコネクタ選定には重要です。


HDMIケーブルは、映像信号とデータ伝送を担うのですから、厳格に選定されることです。
そこで、製品から部品・ケーブルに至るまで全て認定試験あります。
これにクリアできたメーカーが認定公表されます。

■輸入実績あるのが、CA(Circuit Assembly)社のHDMIプラグケーブル及び回路用コネクタです。

通常コネクタメーカーはコネクタのみATCの認定を取りますが、CA社はケーブルについても認定試験をクリアしています。
ケーブル品も全て一元管理された品質だという根拠となります。
SimplayLabsで認定された1080Pを超える性能の製品です。
安心してオプション指定にご使用いただけます。

HDMIケーブル選定基準として、ケーブル長15mで1080P対応が目安と言われます。
CA社の製品がこれです。⇒ケーブル長さ15m仕様
ホームシアター等。性能重視したAWG#24の若干太いケーブル導体抵抗値を減少。
すべてのHDレベル対応。解像度は、1440Pまでサポートしてます。勿論、HDMI認証テスト完了済みです。
対象機器は、 HDMIモニター, A/Vレシーバ, 及び HDTV等で使用できます。

関連他ページ:http://d.hatena.ne.jp/componentdirect/20120223



CA社はHDMI関連認定サプライヤーの1社です



f:id:componentdirect:20080805081527j:imagef:id:componentdirect:20080805081526j:image

2012-03-09 LANコネクタの接触不良増加

LANコネクタ接触不良増加の実際


今年になってから、コネクタの接触不良でお困りになっているとメッキやコンタクトについてのご質問が増えています。

今回はLANコネクタの接触不良について書いていますが、今でも結構多いですね。
この接触不良も全く導通がないのなら非常に分かり易いですが、時々途切れるといった現象だそうです。

接触不良では、先ずケーブルプラグが何かと疑われ易いです。
カチッとクリック音がしないとか、挿入後グラグラしているとか等々気になる点もあるからでしょう。
インターフェースケーブルまたはシンプルにインターフェースと呼んでいますが、いつもホスト側よりペリフェラル側に取り付けるケーブル側プラグコネクタは目に付き、ユーザーに取扱いの責任がある為か、接触不良の原因として疑われます。
ホスト側の回路用コネクタは装置に内臓されているので、容易にユーザーが調べたり、勝手に交換をするのは製品保証条件からもできないことになっています。本来は、ホスト側または壁側に設置のコネクタは性能に十分な冗長性を持たせなくてはならないと考えています。いかなるメーカーが作ったケーブルプラグでも受け入れ、一定の性能が確保される必要があるからです。


画像でお見せすると、LANのRJ-45回路用コネクタのコンタクトピンで良い例があります。
RJ-45コネクタのコンタクトピンは、本来(米国FCCの制定したスペックがオリジナル)は銅合金線(りん青銅以上)を細く引き伸ばして作るよう考えられました。

■下の画像は、本来の作り方をしたコンタクトピンです。丸い形状のピン全体に金メッキが厚く載っています。特徴として、単位面積当たりの接触圧が強く、接触抵抗値の安定に寄与する。
f:id:componentdirect:20130421192524p:image:medium f:id:componentdirect:20130520152937j:image:small

■低コストで作られる平板バネ(スタンピングで造られる)構造のコンタクトピンです。
これは接触面及び根元の曲げ部分がフラットなのでスプリング性も弱く、頻繁にプラグ端子の押し当てに負けて弾性復元力を失い易くなっています。丸形状に対し単位当たりの接圧が弱く、接触抵抗値が上昇するまたはピン間でのバラツキが見られます。どうしてもスタンプ端子を使うのなら、フォーミングしたスプリング性を補強したのを選択した方が良いです。この画像の例ですと金フラッシュ(0.02マイクロメートル)の部分金メッキ(接点部に金メッキ+その他錫メッキ)となっています。この例では、挿入時に手前の錫メッキが柔らかいので削られ接触ポイントへ堆積するような状態になります。絶縁物が接触瞬断の要因と考察できます。
f:id:componentdirect:20130507190721j:image f:id:componentdirect:20130520152815j:image:medium


■金型で打ち抜いた破断面が接触面となっているのでギザギザがあります。
ケーブル側プラグのコンタクトピンは、銅材の破断面を接触面とします。
その為、表面が荒くギザギザ状態になっていますのでかなりの金メッキ厚さでも、回路用ソケットコネクタの接触面へのダメージとなります。
f:id:componentdirect:20130421193322p:image:medium f:id:componentdirect:20130421191706p:image:medium

■結論   腐蝕抑制剤も効果的

例え回路基板側のジャックは変えられるとしても、プラグ側コンタクトの破断面構造は基本設計が変わらない限りこのまま使うしかありません。その為、多少挿抜で摩耗しても腐蝕し難い(抑制剤)後処理用ケミカル製品等で性能維持をすることも有効です。但し、ケミカル製品として接点復活剤などを闇雲に使うことは逆に他の悪い影響(溶剤、不純物残渣、乾燥後のクラック現象等)が出る場合があるので、最寄りの専門家に相談してから実施してください。

2012-03-07 コネクタ付きケーブル

コネクタ付きケーブル品で次工程投入の効率アップ



コネクタ製品単体を購入後はケーブルに付けたり、またそのケーブルには更にスイッチ、LEDなどが付いて装置の中で初めて使われます。

工程の都合はこれが全てではありませんが、次工程での作業段取りがあります。
時間もコストもセーブして次工程の効率を上げることは大事ですね。



f:id:componentdirect:20120307114237j:image
f:id:componentdirect:20120307114238j:image
f:id:componentdirect:20120307114236j:image
f:id:componentdirect:20111013220211j:image
f:id:componentdirect:20120307114239j:image
これら画像は車両向け仕様の一部

2012-03-03 楽観的に考える

仕事でうまくゆく為に、効果的・楽観的に考えるには?



楽しめないだろうかとか、
旨くゆかないだろうかと
考えている自分に気付いたなら、
その考えをちょっと引っ込めてみよう。
積極的な面だけに注意を集中しよう。

兎に角、仕事を楽しむようにする。
f:id:componentdirect:20120303175843j:image
どんな仕事でもいいから、自分にやりがいのある点を探してみよう。

人生を積極的に見ている人たちと付き合うようにしよう。

コントロールできる状況であれば対処し、
コントロールできない状況はそのまま受け入れる。

毎日、自分に起きた良い事柄を三つメモ紙に書き留めてみる。
そして、布団に入ったらそれを思い浮かべよう。
きっと、明日の朝の目覚めはスッキリするでしょう


f:id:componentdirect:20120303175844j:image:medium