Hatena::ブログ(Diary)

輸入あきんどの情報アップデート RSSフィード

2007 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 07 | 09 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2014 | 03 | 04 | 07 |
2015 | 01 | 02 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2016 | 11 |
2018 | 06 |

2014-03-18 USB2.0がUSB3.0を超えた?

USB2.0がUSB3.0を超えた?


規格の理論値を追うだけでは実際の性能がでてない!
とあるオーディオの専門家がUSB3.0は言うほど実際速くないと言ったことが印書に残る。

世にある『ハイエンド』と称号を与えられたUSBケーブルをテストしてみたが、多くは、残念ながらUSB2.0のハイスピード規格の480Mbpsの帯域要求すら達成できなかった。これが現実!USBインターフェース、特にケーブルはコネクタ単体のように完全性能管理することが至難の業。規格値は実効値ではなくあくまでも理論値! それよりもっと悪いことには、USBケーブルの給電系ワイヤから発生する雑音で折角の信号の品位がしばしば損なわれているという自己チョーキング問題がある。


そこでこんなのが登場している。
『ライトスピートUSB』は独特な接続構成で設計されてUSB2.0版のケーブル製品だという。
『ウルトラ高速(ウルトラハイスピード)差動ペア』と呼び、略称は、USDP

これは、ハイスピードUSB2.0の実に20倍の帯域幅を得ているらしい。
速度は、驚異的な10Gbpsだというから、現在最高のUSB3.0の約2倍の速度でブッタマゲル。画像のように信号ラインとパワーラインが完全に分離させている。
f:id:componentdirect:20140321203558j:image

一応一般諸元をメモします。
技術スペック

  • 信号ライン:99.9997%の純銅に0.51mm厚の銀メッキ
  • パワーライン:99.9997%の純銅に0.6mm厚の銀メッキ
  • コネクタ:USBタイプA及びBは、Aグレード燐青銅に30マイクロインチ99.9%純金メッキ

誘電体材料構成

  • レイヤー1:0.55mmガス封入のポリ4化エチレン(PTFE)
  • レイヤー2:0.08 mm二軸配向ポリエチレンテレフタレート(PT)
  • レイヤー3:0.32 mmガス封入のテトラフロロエチレン
  • レイヤー4:0.08 mm二軸配向ポリエチレンテレフタレート(PT)
  • レイヤー5:0.35 mm (+/- 0.1)ポリ塩化ビニール(PVC)
  • 最終寸法:3.5 mm (+/- 0.1) X 5.0 mm (+/- 0.1)角型形状
  • 定格帯域幅:10.083Gビット/秒


引用先