Hatena::ブログ(Diary)

輸入あきんどの情報アップデート RSSフィード

2007 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 07 | 09 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2014 | 03 | 04 | 07 |
2015 | 01 | 02 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2016 | 11 |
2018 | 06 |

2015-07-14 軍事・航空宇宙市場の傾向

軍事・航空宇宙市場の傾向と需要



米国と欧州での軍事支出は2014年から引き続きの著しい鈍化を示している。イラクとアフガニスタンの戦闘縮小に伴い、西側諸国ではこの地域での駐留軍を大幅に減らした為に軍事支出が削減した。ISISに対する戦闘はこの傾向をやや逆転しつつある。
米国は経費カットの議会要請に合うよう軍事支出を大幅にカットした。2011年に成立の予算管理法及び最重要な削減については既に年間約1兆円の軍事費削減を実施した。これらの削減に見合うよう米軍は現役兵士の勤務を減らしたり、多くの新規軍事計画も中止させた。

ヨーロッパもまた年間予算抑制に合わせ軍事費の削減が進行中である。これらの予算抑制とはいくつかのヨーロッパの国々とNATO軍に必要な多くの軍事計画の満了に伴うものである。ウクライナの戦闘はそう簡単にこれを逆転させる程ではなさそうである。

中国の軍事支出は大抵開示されない。中国は世界の特定領域の一層の軍事力推進するため軍事支出している。
しかし、軍事計画に沿って消費されるコネクタやケーブルアッシーは明らかにはなっていない。MILコネクタやアッシー品を製造している多くの企業は外部には公表されない中国政府専用となっている。

一方、日本政府は軍事支出は増大しようとしているだろうか?
日本は近隣諸国、特に中国と北朝鮮からの軍事的な圧力に近年頭を悩ませてきた。
この背景により日本政府は軍事支出の増額をしたいと思っている。問題なのはそれが今か、それとも将来なのかだ。
日本には多くの欧州の国々が抱えるGDPに対する負債と較べても最も高額な負債があり、お金が厳しい。しかし、政府は政治的な手段で大幅な軍事費の増大をするか未だ不確かである。しかし、中東における軍需品の代替は関連施設開発する企業にはより多くのビジネスになると思われる。

引用先:ConnectorSupplyer(http://www.connectorsupplier.com/)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/componentdirect/20150714/p1