Hatena::ブログ(Diary)

街森研究所 RSSフィード

街や森で思うことがある。心に残ることがある。訴えたいことがある。
日本各地の樹木や自然、風景を見て回りつつ、この記録をつけている。

2009-07-20 麻里府遠泳大会レポート

[]馬島→佐合島の遠泳で溺れる者の心理を知る

f:id:conokix:20090721144404j:image
遠泳のスタート地点・馬島

 地元の遠泳大会に参加してみた。山口県田布施町(たぶせちょう)麻里府(まりふ)の馬島(うましま)から、隣の平生町(ひらおちょう)佐合島(さごうじま)まで2.8kmを往復しようという小さなイベントである。遠泳に参加するのは小学校以来の20年ぶり。僕がいた頃の麻里府小学校では、対岸の阿多田(あたた)から麻里府の海岸まで約500mを泳ぐ遠泳大会が毎年あって、6年生のほぼ全員がこれを完泳していたのだが、もう中止になって久しいらしい。それを惜しんで復活したのがこの遠泳大会で、毎回3〜50人ぐらいの参加者があるらしい。

 今回の参加者は14人。トライアスロンに出場している人から、近所の漁師やおじさんまで様々。僕も同級生とともに参加を申し込んだはいいけど、最近は水泳なんてほとんどやってないし、1km以上泳いだ経験もあまりない。素潜りやスノーケリングは時々やってるけど、遠泳とは別物である。「まあ何とか泳げるでしょ」と軽く考えていたけど、4日前に1年ぶりにプールに行って1km泳いでみたら、もうヘトヘト。これはヤバイ・・・

f:id:conokix:20090721144453j:image
手漕ぎの舟が同伴してくれるのだが、泳ぐ人の方が早い・・・

 遠泳当日の天気はあいにくの雷雨。中止かと思いきや、雨が上がったのを見計らって10時半にスタートした。水は冷たいというほどではなく、波も高くはない。けれども、思ったより体は浮かなくて、スタートから結構必死に手足を動かしてしまった。いつも海で泳ぐ時は、マスク(水中メガネ)にスノーケル、フィン(足ひれ)を装着しているだけど、今回はすべてなし。だから、なかなか進まないし、水面から顔を出すための浮力も必要で、想像以上に体力を使ってしまう。これでゴールまでもつのか?

 一方、よくプールに通っている友人はかなり余裕の表情。悔しいけど、プールで毎回2〜3km泳ぐという人にはかなわない。こっちは息が途切れるから、会話を楽しむ余裕もあまりない。ときどき仰向けに浮いて休憩するのだけど、波が顔にかぶって落ち着けないし、海水を飲み来んでしまうこともある。このままではヤバイと思い、やむを得ず同伴の舟に積んでおいたマスク&スノーケルを装着することにした。これで海中もよく見えるし、顔もあげなくてすむ。海中にはミズクラゲがたくさん泳いでいた。やっぱ海はこうでなくちゃ。

f:id:conokix:20090721144436j:image
島は見えどもなかなか近づかない。これが遭難者の心理か(汗)

 中間地点を超えた頃から、体がかなり冷えて来た。既にリタイアした人もいるみたいだけど、先頭グループは数十m先に行ってしまった。同伴船は100mぐらい後ろにいてよく見えない。ゴールの島は見えるのだが、潮の流れがあってなかなか進まない。フィンを装着していないとやっぱり感覚がだいぶ違う。空はどんより灰色で、雨も落ちてきた。昨日は山でキャンプしてたから睡眠4時間・・・。とにかく気合いで泳ぎ続けたけど、気を抜くと今にも体が沈んでしまいそう。自分は海には慣れてるから溺れ死ぬことはないと思ってたけど、1km強を泳ぐのこんなに辛いとは・・・。遭難して溺れ死ぬ人の気持ちが痛いほどわかった。

f:id:conokix:20090721144545j:image
ゴールの佐合島に到着。左から2番目に見える島がスタート地点

 12時過ぎ、2.8kmを泳いでゴール。足が届く水深に達した時の安心感。陸に上がった時の脱力感。急に重力を感じてフラフラになる。ここで雷が鳴り始めたので、復路は中止してみんな舟に乗って帰ることに。あぁそれでいい。どうせ復路は泳げなかったから、途中棄権にならなくてよかった。人生で一番辛かった今回の遊泳は、海の厳しさを知るとても良い経験になったのでした。

fumfumfumfum 2009/07/21 23:15 また、また、無茶を・・前日睡眠時間4時間の後に久しぶりの遠泳だなんて!おまけに雷雨の合間をぬってとは(これは主催者の問題だけど(^^ゞ)・・でもこれが所長さんらしいところなのでしょうか(^_^)v ご無事で何より・・て、この言葉このブログで前にも書いたことがありましたね・・(^^♪
ところで水面の写真や他の写真、カメラを持って泳いだのですか・・、あ、船に頼んで預かってもらっていた?それにしてもやっぱり余裕ですね。うん、やっぱり所長さんらしい!!

conokixconokix 2009/07/22 18:24 ご心配ありがとうございます。いやあ、やっぱり冒険心をくすぐられるのでこうゆうのが好きなんです。実際に遭難してしまった時は睡眠時間なんて言ってられませんしね。防水カメラを首にぶら下げて泳ぎましたが、撮る余裕があまりなくてシャッター切ったのは5、6枚です。こうして自然の怖さを体感することで、また自然への敬愛がまた高まります。

LindaLinda 2009/07/25 10:11 いや〜、想像以上に大変だったみたいですね。
私は、泳ぐの苦手なので、気持ちがよくわかります。
でも、無事で何よりですね。そして、完泳おめでとう!!

conokixconokix 2009/07/28 18:20 Lindaさんありがとうございます。泳ぐのって本当にしんどいですねぇ。
スノーケルやフィンがあれば全然しんどくないんですがね。
長距離水泳を誰かに指導してもらおうかな・・・