Hatena::ブログ(Diary)

街森研究所 RSSフィード

街や森で思うことがある。心に残ることがある。訴えたいことがある。
日本各地の樹木や自然、風景を見て回りつつ、この記録をつけている。

2010-02-11 須磨アルプス樹木レポート

[]神戸で須磨アルプスと阪神大震災を体感する

f:id:conokix:20100211151858j:image

 東京出張に行く途中の2月2日、恒例の途中下車の森歩きで、以前から関心のあった須磨アルプスを訪ねてみた。神戸市須磨区の市街地背後に連なる標高約200〜300mの低山(東山〜横尾山〜鉢伏山一帯)で、岩肌が露出した「馬の背」が人気のハイキングコースだ。7年前にここを訪れようとした時は、雨に降られて断念していたので今回はリベンジである。

f:id:conokix:20100211151853j:image

 新幹線新神戸駅を降り、地下鉄で15分の板宿駅で降りると、徒歩10分で東端の登山口に着く。なんといってもこのアクセスの良さが、街と山が接した神戸の魅力だ。駅前商店街で弁当を買って登りはじめると、すぐにノグルミやナナミノキといった西日本特有の樹木が現れる。しかし、やがて外来種のニセアカシアとササばかりが生い茂る尾根に出た。うーん、この光景は異様だ。よほどのハゲ山だったか、数十年前に山火事でもあったのだろうか?

f:id:conokix:20100211151851j:image

 それを過ぎると、瀬戸内海式気候の乾燥地帯を象徴するウバメガシの林に入る。かなり立派なウバメガシ林で、関東ではまずこの景色は見られない。そして間もなく現れる昼食休憩にぴったりのピーク、東山にたどり着いたところで、地元のハイカーに「馬の背」が一望できる高台を教えてもらった。「うゎ、これはすげぇ」。馬の背は花崗岩がもろに露出した岩尾根で、冒険心をそそる地形は「アルプス」の名に恥じない迫力だ。所々に生える盆栽風のアカマツやガンピが、無機質な岩肌に花を添えている。

f:id:conokix:20100211151845j:image

 馬の背を過ぎた後は、最高峰の横尾山(312m)は大した眺望もなく通過し、鉢伏山方面をカットして離宮公園内の登山口に降りた。早めに下山したのは、神戸でもう一つ訪れておきたいスポットがあったからだ。「人と防災未来センター」という名称では何のことか分からないが、いわゆる阪神淡路大震災の資料館。東京のお台場のようなピカピカの新しい海辺の街中にある。15年前に神戸を襲ったこの大地震に、当時高校3年生だった僕も大きな衝撃を受けた。

f:id:conokix:20100211151841j:image

 地震が起きたのはちょうど大学受験の年で、千葉大学の試験を受けるために、僕は震災直後の神戸を通過せねばならなかった。山口から乗った新幹線は姫路駅で止まり、在来線に乗り換えて神戸市内に入り、私鉄やバスを乗り換えてようやく大阪に抜けられる状態だった。満員の徐行電車内から見える惨状を、すべての乗客が無言で見つめていたのが印象的だった。途中、駅から駅まで約1kmを歩いて移動する場所があった。辺りは見渡す限り茶色いガレキの山。足元に瓦や崩れた塀が散らばる中を、通過客らが長い行列を作って歩いた。まるで戦時中の空襲の街を歩いているようで、僕の脳裏では広島の原爆投下後の街並みがそれと重なった。

 その衝撃の出来事が記録された施設があると知り、この機会にぜひ訪ねたかったのだ。夕方4時過ぎに到着すると、受付で「今からすべての展示を見るには時間が足りませんね」と言われた。5時半で閉館なのだが、すべての展示を見るには2時間はかかるという。そんなにかかるなら事前に教えてよね・・・。順路は、まず「1.17シアター」という映像から始まる。物静かな施設の雰囲気とは打って変わって、けっこう衝撃的な映像だった。大地震の精神的ショックを受けた人には見られない映像だろう。以降、撮影禁止だったので詳細は同センターHPを見てほしいが、じっくり見たい展示がたくさんあった。ただ、小さな写真を並べた展示が多く全体の印象が薄かったのと、二次災害や救助活動、被災生活の実態などをもっと映像化してほしかったのと、地震の揺れを体感できる目玉アトラクションがほしかったのが残念な点だ。ともあれ、広島の原爆資料館と同様に、神戸を訪れたらぜひ見ておきたい施設の一つだと思った。

【今日見た注目樹木】
ウバメガシ、ノグルミ、ナナミノキ、カゴノキ、シラカシ、モチノキ、ヤマモモ、モチツツジ、コバノミツバツツジ(花あり)、イボタノキ(実)、ガンピ、カナメモチ、クチナシ、イヌザンショウ

fumfumfumfum 2010/02/11 21:47 出張お疲れ様でした。風邪は治りましたか?
阪神淡路大震災の時はウチの息子は中学一年のときで付属の高校が春の甲子園選抜に出たので学校で応援に行きました。先生から事前に注意があり、あちこち見たり声を出したりしてはいけないと言われ甲子園まで震災の地を無言で歩いて行ったと言っていました。男子なのであまり語ってはくれませんでしたがやはりかなりショックだったようです。

conokixconokix 2010/02/12 14:00 fumfumさん、お世話になりますm(__)m ただいま風邪をこじらせ中です。
「あちこち見たり声を出したりしてはいけない」という指示は考えさせられますね。現地の惨状を知らない人にとっては、被災現場は興味の対象だけになりかねないので、こうした施設などでよく伝えてほしいと思います。その意味でも、今年の1月16日にあったフジテレビの阪神大震災ドラマ(嵐の櫻井君主演)はかなり良かったです。

fumfumfumfum 2010/02/12 18:35 中学生の子供たちが興味半分に見たり声を出したりするのを懸念したのでしょう。その場に立てばそのような軽はずみなことができるようなな状態ではないのは理解できたかもしれませんがすべての生徒がそうであるとは限りませんし先生もどのように対応していいか、難しい状態だったと思います。
選抜野球さえ中止もしくは場所の変更などと言われていましたから。
フジTVの神戸新聞のドラマですね。私も見入りました。
ドラマでもあったように私たちも朝一番の最初のニュースのときは大地震であっても被害は大したことがないと思っていました。刻々と入るニュース映像で「ただ事ではない」と思った反面、物心ついたときから関東大震災の体験話を親から聞き、高校、大学と家から少し離れたところに通うようになってからは常に首都圏の大地震の想定をして帰路の確認を家族で話していたように、次の大地震は首都圏とばかり思っていましたから、信じられない心境でした。
その年の3月の地下鉄サリン事件とともに忘れられない年です。

conokixconokix 2010/02/14 13:21 地震の日は入試前で学校が半日だったので、僕もずっとニュースに見入ってました。朝は何でもない地震のように報じられていたのが、時間を追うごとに死者数が増えてとんでもない大震災に。いろんな価値観がガラガラ崩れた瞬間でしたね

tssune3tssune3 2010/02/18 10:00 2007年の秋。私も職場の研修旅行で「人と防災未来センター」に行きました。とてもみんなの心に強く残りました。是非、行くべきところと思いました。
http://blog.livedoor.jp/tssune3/archives/51378056.html

conokixconokix 2010/02/19 15:19 tssune3さん、コメントありがとうございます。研修とか修学旅行で訪れている人も多いみたいですね。ホント、多くの人に訪れてほしい場所です。

萌 2010/03/04 22:12 はじめまして。こんな素敵なサイトがあると知って嬉しいです。山歩きをしていて名前の判らない樹と出会う時が楽しみになりました。
また防災センター、知りませんでした。教えてくださって有難うございます。震災時、神戸の友達の所へと物資を背負い線路を歩いて行ったのが昨日のことのように思い出されます。二度とあんな事が起きない事を祈ります。
>被災現場は興味の対象だけになりかねないので
まさしくそれが起こってしまったのがあの震災でした。
東京や横浜からわざわざ震災を見るためだけに神戸まで来て、瓦礫になった街角の前でピースサインをし笑いながら写真を取っていた人たちを知っています。今思い出しても怒りを通り越して悲しみを感じますが・・
無論、全国からボランティアで救助に来てくれた方々も多く、人と人との思いやりや繋がりを身近に感じる事が出来たのもあの震災時ではありましたが・・
日本で地震を避けることは不可能に近い、ならばせめてそういう時の心得や被災者への対処法を、普段から国民全体が教え込まれているべきなのだと思います。いざとなったときに慌てふためかない為に。
そのためにも防災センターがさらにいっそう活用される事を願います。

conokixconokix 2010/03/05 00:06 萌さん、どこからか分かりませんがお越しいただきありがとうございます。樹木と防災センターのコメント、嬉しく思います。神戸でつらい思いをされたのですね。阪神大震災の背景をよく知らなかったら、若かった僕も同様にピースして写真を撮ったかも知れません。人の痛みと温もりを学ぶためにも、こうした施設や経験を活かしていきたいですね。

Connection: close