Hatena::ブログ(Diary)

街森研究所 RSSフィード

街や森で思うことがある。心に残ることがある。訴えたいことがある。
日本各地の樹木や自然、風景を見て回りつつ、この記録をつけている。

2010-12-13 麻里府港の釣果レポート

[]山口の海に戻ってきた

f:id:conokix:20101213184026j:image

 長らくブログが止まっていた間に、海がよく見える新居に引っ越した。といっても、海が少し見える実家から、車で10分しか離れていない場所だ。仕事場は実家にそのまま残してあるから、海を見ながら10分の通勤をする日々。無駄なことをしているようだが、もういい歳なんだし、親元を離れて人生初のマイカー通勤をするのもいい経験だろう。それにしても、子どもの頃から当たり前に見ていたこの海。改めて毎日眺めていると、すさんだ心が洗われるようだ。


f:id:conokix:20101213184025j:image

 海に近づいたのは住まいだけじゃない。最近、釣りにハマっている。釣りは小中学生の頃によくやったけど、大人になってからは数えるほど。それを今は連日のようにやっている。上は地元の麻里府港(山口県田布施町)での釣果。サビキ仕掛けで20cm前後のアジやクロ(メジナ)、タナゴなどが釣れ、砂地に投げればキス、それにカレイも釣れた。深場には小さなメバルやカサゴ、マダイもいる。おっと、写真の魚は10cm程度のリリースサイズだけど、今回は特別サンプルのため持ち帰りました(^^ゞ 夜になるとアナゴも結構釣れるからおもしろい。


f:id:conokix:20101213191352j:image

 アナゴ狙いの夜釣りをしていると、ウミケムシという毛虫のお化けみたいなのが釣れることがある。こいつは夜行性のゴカイの仲間で、釣りエサの本虫(イワイソメ)やアジの切り身を丸呑みする、恐るべし外道。毒のある無数の剛毛を流れるように動かし、海面近くを泳いだりもする。釣り人や漁師さん以外には一生知られないであろう不思議な生き物だが、これも多様な生命を育む海のおもしろさだ。


f:id:conokix:20101213184355j:image

 釣りの楽しさは、釣った魚を食べられることにもある。潰瘍性大腸炎で肉が食べられない僕にとって、新鮮な主食を大量調達できる釣りは、趣味の域を超えている。ただ、新鮮な刺身や焼き魚、煮魚は、子供の頃から嫌というほど食べてきたから、内陸の人が想像するほどのありがたみはない。だから、いろんな料理を作って飽きないようにしたいところだ。干物もその一つ。関東に住んでいた10年前、知人にもらって食べた小田原産のアジの高級干物が、僕が経験した最高の魚の味だ。今はその味を目指して、漬け込む塩水やだしのあんばい、干し方などを研究中である。


【最近麻里府で釣った魚】
ボラ63cm、アナゴ44cm、恐らくマコガレイ24cm、ウミタナゴ24cm、マアジ24cm、メジナ20cm、クロダイ20cm、ウマヅラハギ20cm、サヨリ20cm、キュウセン20cm、シロギス19cm、カワハギ17cm、イシダイ16cm、メバル(黒、赤、白ともいるように思う)15cm、チダイ15cm、クサフグ14cm、サッパ13cm、イトヒキハゼ12cm、スズメダイ12cm、マダイ12cm、カサゴ11cm、ハオコゼ10cm、ウミケムシ10cm(環形動物)、ヒトデの一種20cm(棘皮動物

静岡おでん。。静岡おでん。。 2010/12/14 19:41 ブログ更新楽しみに待ってました。。冬芽拝見しましたよ★ありがとうございます!
次は実の本なんかどうですか?色々な魚釣れるんですね。。

conokixconokix 2010/12/14 22:42 静岡おでん。。さんコメントありがとうございます。そしてなかなか更新されないブログのチェックをありがとうございます。実は複数の人から「早くブログ更新して!」とクレームをもらっていました(笑) 書きたいことはいっぱいたまってるので、今後は少なくとも月1回の更新を目指したいと思います。魚の種類は、駿河湾には負けるかな・・・

fumfumfumfum 2010/12/14 23:52 所長さんこんにちは、
私も中学までは海のそばで育ったので、海、特に砂浜を持つ海岸が大好きでしたが、私の故郷の海はここ何十年かのうちに広かった砂浜にテトラポットが積まれてだんだん狭くなり、そして何年か前の台風で砂浜が大波で削り取られ一晩で湖(?)と化してしまいました。その直後は巨大な河が現れたかと思ったそうです。
昔は砂浜に釣り人がずらりと並び、白ギスやイシモチ、クロダイなどが釣れたようです。
その砂浜は松原を抜けると一面銀色の細かな砂粒で丘の部分は浜昼顔や待宵草が咲き、コウボウムギに足元を用心しながら歩きました。
西湘バイパスができたときに工事で砂浜が茶色になってしまいがっかりし、「台風の大波で一度洗われれば一晩で砂はきれいになる」といった人もいましたがそれから何十年たってもあの、宝石のような銀の砂浜は戻りませんでした。

fumfumfumfum 2010/12/14 23:58 追伸
コメントを書きながら記入ページを開けっ放しにして(家事をしながら)いたので22:42の所長さんのコメントを読まずに上のコメントを書いてしまいました。
月1回の更新、期待しています!

conokixconokix 2010/12/15 16:16 fumfumさん、コメントありがとうございます。そうですかぁ、その海岸にも釣り人がたくさんいたのですね。台風という自然の驚異で失われたなら仕方ないですが、ダムや港など人工構造物の作りすぎで砂が流れてこなくなり、砂浜が消失する例もよく聞きます。山口県でも、浸食された砂浜を再生するために懸命に砂を入れている海岸がありますが、人為的に応急処置を施すだけでは本質的な解決になりません。困ったものです。
ともあれ、ブログの更新はあまり力を入れすぎないようにして継続したいと思います。

まついまつい 2010/12/23 21:33 久しぶりの更新は、山でなくて海ですか。ぼくも海辺で育ったので、楽しそうな釣果のお話は羨ましいです。今後もいろんな話題でブログの更新をお願いします。
ウミケムシが釣れるとは、初めて知りました。ダイビング中に必死に泳いでいる姿を見たことはありますけどね。

conokixconokix 2010/12/28 12:36 まついさんも海好きですか。ウミケムシをダイビングでご覧になられたのですね、羨ましいような、羨ましくないような・・・。何ヶ月先になるか分かりませんが、大物を釣ったらまたご報告します。