Hatena::ブログ(Diary)

街森研究所 RSSフィード

街や森で思うことがある。心に残ることがある。訴えたいことがある。
日本各地の樹木や自然、風景を見て回りつつ、この記録をつけている。

2011-06-27 四国の樹木観察ツアー紹介

[]秋の石鎚山と面河渓の樹木観察ツアーはいかが?

 季節外れの写真を載せますが、これは昨年10月23日に四国の石鎚山(いしづちやま)、面河渓(おもごけい)、しまなみ海道を訪れたときの写真です。ここを訪れた理由は、今年の10月18日から3日間、当地で樹木観察ツアーの講師を務める予定だからです。主催は、植物観察ツアーを多数企画している旅行会社・新和ツーリストさん。まだ定員に達していないので、興味のある方はどうぞご検討お願いします。ちょっと高めの料金ですが、その分どっぷり濃厚な樹木観察を楽しめるよう、私もがんばります。以下に、ツアーの行程と内容をご紹介します。

 【旅行期間】2011年10月18日(火)〜20日(木)

 【旅行代金】118,000円(食事:朝昼夕各2回)

 【集合・解散】羽田空港松山空港集合・広島空港解散も可能)

 【最小催行人員】15名

 【同行者】ツアーリーダーおよび講師林将之

 【申込・問合せ】新和ツーリストにパンフレット請求して下さい。


f:id:conokix:20110627204211j:image

 出発地は東京の羽田空港で、飛行機で愛媛県の松山空港にひとっ飛びします。バスに乗り換え、まずは市内にある松山城の城山を軽く散策します。ここはコジイやアラカシ主体の自然性の高い照葉樹林で、ホルトノキやクスドイゲなどの暖地生常緑樹も観察できます。続いて、西日本最高峰の石鎚山(1982m)に向かい、石鎚スカイライン(上写真)で、ウリハダカエデやシロモジなどの美しい紅葉を眺めます。宿泊は、標高1500mの絶景地にある国民宿舎石鎚か、爽快な渓流沿いにある国民宿舎面河を予定しています。


f:id:conokix:20110627192243j:image

 2日目の午前中は、石鎚山登山口の土小屋(つちごや)周辺を散策し、亜高山の樹木を観察します。ここはウラジロモミやブナの林が広がり、西日本の高山特有のナンゴクミネカエデや、朱色の紅葉が美しいコミネカエデなどが観察できます。午後は山麓の面河渓(上写真)に移動し、奇岩のそびえる渓流沿いを歩きます。ここも自然林がよく残って樹種が豊富で、ヨコグラノキ、メグスリノキ、クロソヨゴなどの珍しい木も観察できます。夜は、しまなみ海道の起点である今治市内の湯ノ浦温泉・ホテルアジュールに泊まります。


f:id:conokix:20110627192244j:image

 3日目は、四国と本州・広島県を結ぶ、しまなみ海道を渡ります。一帯はいくつもの島々が連なる瀬戸内海の中心地で、日本有数の乾燥地帯で、山火事多発地帯でもあります。途中の生口島(いくちじま)などで下車して、乾燥地や海辺の樹木と、滅多に見る機会のない山火事跡地(上写真)を観察してみましょう。備長炭で知られるウバメガシの林や、ユキヤナギの仲間で岩場に自生するイワガサも観察できると思います。帰りは広島県に渡って広島空港から羽田に帰ります。

 以上です。コースや観察する樹木は変更する可能性もありますが、比較的短い距離をゆっくりハイキングする行程です。樹木好きの皆さんに喜んでいただけるよう、盛りだくさんの内容でお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いします。(※お申し込み希望の方は新和ツーリストへ資料請求して下さい)

fumfumfumfum 2011/07/20 00:28 七夕のデート以来御挨拶のメールも差し上げず失礼しました。その節はお世話になり・・いえ、お世話をいたしました!? 皆喜んでいました。私も久しぶりに昔の仲間とゆっくりおしゃべりができました。
親和ツーリストさんの観察会、盛り沢山で充実した観察会ですね
皆様楽しまれると良いですね・・・私はまだ体調に不安があるので遠出を控えています。
こちらは今台風が近づいています。少し涼しくはなりましたがあちこちで被害が出ているのが心配です。

conokixconokix 2011/07/22 15:26 fumfumさん、先日の観察会?ではお世話になりました。ここで紹介した四国ツアーも申込者が徐々に増えており、催行決定に至りました。ありがとうございます。またの機会にぜひ中四国方面にもお越し下さい。台風は遠回りのルートで助かりましたね。