Hatena::ブログ(Diary)

街森研究所 RSSフィード

街や森で思うことがある。心に残ることがある。訴えたいことがある。
日本各地の樹木や自然、風景を見て回りつつ、この記録をつけている。

2016-01-11 連載・亜熱帯の森から 2

[]太古の森へタイムトリップ!? 〜ヘゴの仲間

f:id:conokix:20160111233641j:image

見ると人を圧倒するヒカゲヘゴの林(沖縄本島大国林道)


 ここは太古の恐竜が棲む森か。そんな連想をかき立ててくれるのは、樹木のように背が高くなる木生〈もくせい〉シダの「へご」です。恐竜は出てきませんが、ヘゴ類が茂る沖縄の山地では、全身緑色のキノボリトカゲがよく姿を現します。

 ヘゴ類は、ヘゴ科ヘゴ属の常緑性シダで、日本にはヘゴ、ヒカゲヘゴ、クロヘゴ、マルハチなど数種が亜熱帯に分布します。中でも幹の高さが5〜15mと最大になり、沖縄で最もよく目につくのはヒカゲヘゴです。北は奄美大島、南は台湾、フィリピンまで分布し、日当たりのよい湿った場所にしばしば群生します。長さ3mにもなる大きな葉を広げ、爽快な日陰を作ってくれます。一般に「へご」「へごぜんまい」と呼ばれているのは、このヒカゲヘゴである場合が多いようです。

 これに対して植物学でいうヘゴは、高さ5m以下と低く、主に九州南部〜沖縄に分布しますが、暗く湿った林内に生えるので、目につきにくい存在です。クロヘゴ(別名オニヘゴ)は沖縄の林内によく群生しますが、高さ1.5m以下と小さく、迫力に欠けます。小笠原に特産するマルハチは、ヒカゲヘゴによく似て高さ10m以上にもなります。

 沖縄本島の南部にある那覇から、北へ向かってドライブすると、中部の沖縄市読谷村から広い森や山が現れ始めます。ヒカゲヘゴが現れるのもこのあたりからで、山原〈やんばる〉と呼ばれる自然豊かな北部に行くと、さらに増えます。沖縄本島南部は、石灰岩地でガジュマルやアカギが多く生えるのに対し、北部はいわゆる赤土の酸性土壌で、シイやマツの林が広がっており、ヒカゲヘゴが好むのもこちらの土質です。

 ヒカゲヘゴはシダ植物ですから、花や果実はつけず、葉の裏に胞子をつけて増えます。幹の頂点から生える新芽を見れば納得。グルグルと巻いた幼い葉は、直径10cm前後の巨大なゼンマイ形で、圧巻です。毛むくじゃらの皮をむくと食べることもでき、山芋に似た食感で、生はネバネバと糸を引き、天ぷらや酢の物にしてもクセがありません。しかし、山菜文化のない沖縄では、摘み取る人が少ないのは意外です(※一部地域では採取禁止されているようです)。

f:id:conokix:20160111233640j:image:w360

ヒカゲヘゴの新芽や葉柄は金色の毛で覆われる。ヘゴやクロヘゴの葉柄は黒っぽく毛は少ない


 ヒカゲヘゴのもう一つの個性は幹です。円の中に「八」の字が逆さまになったハンコのようなマークがたくさんあります。これは葉が落ちた痕の葉痕〈ようこん〉で、水分や養分が通る維管束〈いかんそく〉の断面が八の字形に並んでいるのです。この葉痕はヒカゲヘゴとマルハチの特徴で、「丸八」の名の由来にもなっています。一方、ヘゴやクロヘゴの幹には丸八マークはなく、葉柄基部が突起状に残ります。

f:id:conokix:20160111233639j:image:w360

ヒカゲヘゴの幹には逆八の字形の葉痕が並び、黒いヒゲ状の不定根がはえる


 通常の樹木は、幹が年々太くなる(肥大成長)のに対し、ヒカゲヘゴの幹は肥大成長をせず、代わりに表面から細い根〈不定根:ふていこん〉を多数出し、これが年々幹を覆って太くなります。古い幹では丸八マークも覆われて見えなくなり、幹の基部が扁平に広がって幅1mに達することもあります。根に覆われた幹は、ゴツゴツした多孔質で植物が付着しやすいため、「ヘゴ板」などの名で園芸資材に利用されています。

 このように野趣あふれるヒカゲヘゴは、内地(北海道〜九州)でも稀に丈1m前後のものが観葉植物にされるようですが、沖縄ではヤシ類やソテツより少ないものの、民家の庭先に時折植えられており、園芸店では小鉢が2千円前後で売られています。内地からの移住者の私としては、将来自宅の庭にヒカゲヘゴを植えるのが一つの夢です。


※この文章は、いけばな小原流の会員誌『挿花』で2015年1〜12月に掲載した連載記事「亜熱帯の森から」を一部修正したものです。

2016-01-01 連載・亜熱帯の森から 1

[]1本の木でジャングル! 〜ガジュマル、アコウ

新年おめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

沖縄移住2年目となった昨年2015年、生け花小原流の『挿花』という月刊誌で、花材に使われる沖縄の野生植物を紹介する連載記事「亜熱帯の森から」を書きました。沖縄に来ていろんな植物を見て驚いたり、感心したり、沖縄文化を勉強したり、そんな新鮮な気持ちを伝えつつ、楽しく書くことができました。せっかくですので、その内容に一部手を加えてこのブログで順次紹介したいと思います。

  * * *

f:id:conokix:20160101120515j:image:w360

崖から根を下ろしたアコウと息子。根に巻きついているのは野生化した観葉植物のポトス(沖縄本島南城市


「あぁ、亜熱帯に来た!」

大きなガジュマルやアコウの木と対面したとき、私はいつもそう思います。

 艶やかな葉をつけた力強い横枝から、大小の根〈気根:きこん〉をのれんのように垂らし、大木ではどれが幹でどれが根か分からなくなるほど。しばしばタニワタリ類などの着生植物を樹上に従える様子は、まさにジャングル。たった1本でジャングルを演出してしまう、強烈な存在感があります。

 ガジュマルとアコウは、いずれもクワ科イチジク属の常緑高木で、沖縄から中国南部、東南アジアにかけて分布する熱帯性の木です。イチジクに似た小さな果実をつけ、気根を伸ばす姿がよく似ていますが、ガジュマルの葉はモチノキ程度の大きさなのに対し、アコウの葉は2倍以上大きいので見分けられます。

 私が沖縄に引っ越す時のこと。家探しのために集落に入り込むと、生活道の分岐点でガジュマルの古木が目印になっていたり、児童公園の頭上をガジュマルの大木が屋根のように覆っていたり、息子を預ける保育園の庭に傘を広げたようなガジュマルが生えていたり。海岸の森を散歩すると、今度は巨大なアコウがタコ足のように根を這わせていました。子どもたちはこの木の下を毎日歩き、ブランコ遊びをし、木登りをして育つのです。なんと素敵な環境だろう、とワクワクしたものです。

 実際に沖縄では、公園や御嶽〈うたき:神を拝む神社のような場所〉、学校など、至る所で立派なガジュマルやアコウが見られ、沖縄人にとって最も馴染み深い木の一つになっています。特にガジュマルの古木には、キジムナーと呼ばれる子どもの精霊が住むといわれ、樹皮は赤茶色系の染料に使い、枝葉は本土のサカキと同じように地鎮祭で使うこともあるようです。

f:id:conokix:20160101120514j:image:w360

公園の滑り台やブランコの頭上を覆うガジュマルの大木(沖縄本島読谷村


 ガジュマルを特徴づける気根は、はじめ細いヒモ状で枝から垂れ下がり、やがてその先端が地面に達すると、枝を支える支柱のように太くなるので、時にジャングルジムのような壮大な樹形になります。

 一方のアコウは、幹から根の下方に気根を這わせる傾向が強いので、岩に張りつくような樹形が多く、時に他の木の上に着生し、気根で締め付けてその木を枯らすこともあります。そのため、「絞め殺しの木」と呼ばれることもありますが、樹上に生えるのはむしろ稀で、多くは海に近い岩場に生えています。沖縄では別名「ウスクガジュマル」ともいい、これは「石垣に生えるガジュマル」という意味です。鬱蒼と茂るガジュマルとはひと味違い、根の力強さを感じさせる木です。 

 沖縄では最も寒い1月でも気温が15〜20℃前後あり、日本本土とは動植物の種類がガラリと変わるのが魅力です。東南アジアに見られる熱帯雨林と、温帯の日本本土で見られる照葉樹林〈しょうようじゅりん≒常緑広葉樹林〉の中間的な林が見られるため、一般に亜熱帯と呼ばれます。

 ガジュマルは最近こそ観葉植物として鉢物が東京でも売られていますが、野生の個体は屋久島が北限で、野外に植えて育つのは九州南部あたりまでと思われます。対するアコウは、鹿児島県でも野生の個体がかなり多く見られ、局地的には紀伊半島南部や山口県の離島まで分布しています。いずれにしても、ガジュマルとアコウは亜熱帯の風景を象徴する木といえます。

f:id:conokix:20160101120516j:image:w360

住宅街の三叉路にたたずむ古い井戸とガジュマル(読谷村)


※この文章は、いけばな小原流の会員誌『挿花』で2015年1〜12月に掲載した連載記事「亜熱帯の森から」を一部修正したものです。

2015-11-02 カレンダー発売のお知らせ

[]2016年葉っぱカレンダーつくりました

f:id:conokix:20151102172642j:image


久しぶりのブログ更新です。

この度、葉っぱスキャン画像を用いたカレンダーを初めて作りました。縦32cm、横18cmとコンパクトな壁掛け月めくりカレンダーで、白地にきれいなスキャン画像を配したシンプルなデザインになっています。リビングの白い壁や、玄関、トイレ、PCデスクの周りなど、ちょっとしたスペースにいかがでしょうか。

これまでの個展「葉っぱスキャンワールド」や、ポストカードでも人気だった冬芽、どんぐり、コゴミなどのアート作品も登場します。各月ごとに小さな解説文をつけているので、植物の名前や特性、倍率などもわかるようになっています。

今まで私が制作してきた物といえば、図鑑テイストの実用書ばかりだったので、今回のようなビジュアル重視の作品が市販されることになったのは、個人的にとても画期的で嬉しいことです。


f:id:conokix:20151102172643j:image


発行元は、近著『樹木の葉』でもお世話になった山と渓谷社で、1部800円(税込864円)です。下記のAmazonをはじめ、全国のカレンダー取扱書店などで購入できます。5部以上まとめてご購入いただける方は、著者までご連絡(konokiアットマークgreen.email.ne.jp)いただければ、1部700円・送料無料にてお送りいたします(^^)



f:id:conokix:20151102172640j:image

fumfumfumfum 2015/12/07 22:29 素敵なカレンダーですね!!
先日従兄弟からちょっとした礼状が届きました。所長さんの冬芽のポストカードでした。
従兄弟はぎゃらりーぜんの常連ですからきっとそちらから手に入れたのでしょうが、なんとも懐かしかった・・もっとも私も持っていますが(^_-)

家の中に緑の絵(写真)は良いですね、早速購入して友人にも配りたいと思います。

conokixconokix 2015/12/08 23:47 fumfumさん、本当にありがとうございます。僕のポストカードをお使いいただいているのは嬉しい限りです。カレンダーは形にできましたが、ポストカードは眠ったままなので、こちらも何とか動かしたいと思っています。

2014-11-09 映画「標的の村」レポート

[]映画「標的の村」から見る沖縄県民と米軍基地問題

f:id:conokix:20141109233347j:image

 映画『標的の村』の無料上映会に行ってきた。沖縄本島北部・東村の高江に建設中の米軍基地ヘリパッドや、戦闘機オスプレイの配備に反対する住民たちを記録したドキュメンタリー映画だ。

 痛い。胸が痛い。懸命に座り込んで反対するも、日本の警察によって強制排除されるシーンに、涙ぐむこと2回。会場にすすり泣く声が響いた。子どもも巻き込まれているから、なおさら痛い。

 僕は山口県の上関原発計画の反対運動に関わっていたので、高江の状況はある程度知っていたし、現場の雰囲気はまさに上関と同じだった。知らなかったのは、宜野湾市(本島中部)の街中にある米軍普天間基地にオスプレイが配備される時に、住民がマイカーを使って普天間基地の全ゲートを封鎖したことと、こうした活動に、今回の県知事選に立候補中の翁長雄志(おなが たけし・当時は那覇市長)氏が応援に駆けつけていたことだ。

 翁長氏が知事になれば、高江のヘリパッドや、普天間基地の名護市(本島北部)辺野古沖への移設計画は、一旦止まる可能性が高いと思われるが、その翁長氏が前回の知事選で応援し、普天間基地の県外移設を公約に当選した現職の仲井眞弘多(なかいま ひろかず)知事は、あっさりと公約を覆し、普天間基地の県内(辺野古)移設を承認してしまった。加えて、日本国の代表は「誰が知事になろうとも辺野古の埋立工事は進める」などと言っている。

 今年3月に沖縄移住したばかりの僕は、平和祈念資料館などに行って初めて沖縄の歴史を知った。70年前の沖縄戦は、日本において一般市民を戦闘に巻き込んだ唯一の戦争といわれる。沖縄県民は本土の犠牲となり、無謀にも米軍に立ち向かい、大勢が自決した。今でも当時の不発弾処理が毎週のように行われ、島中あちこちに戦跡が残っているのがその証である。

 当時の痛みが今も受け継がれているなら、たとえオスプレイが安全で、米兵が何も問題を起こさなかったとしても、戦争のための兵器や殺人のための軍隊を沖縄に置くことは、とうてい受け入れられないはずだろう。それとも、沖縄人の楽観的な気質や、見返りによる経済振興が、基地をも受け入れ続けるのだろうか。

f:id:conokix:20141110164343j:image

高江のヘリパッドに着陸するオスプレイ(2014年3月筆者撮影)

2014-07-24 沖縄文化レポート その1

[]沖縄カルチャーショック;街と交通編

f:id:conokix:20140801160233j:image


 さて、沖縄に引っ越して5ヶ月が経とうとしている。沖縄のことは、今まで旅行や居候、本などである程度知っているつもりだったけど、やっぱり住んでみて初めて知った沖縄(本島)ならではの特徴、カルチャーショックがいろいろある。馴染んでしまう前にメモしておこう。第1弾は街と交通編。(写真は那覇市・国際通りの歩行者天国)


  • 沖縄は都会で、中規模店が多い

 改めて沖縄本島を車で走り回ってみると、本島の南半分、すなわち那覇市や糸満市から北谷町うるま市あたりまで、ずっと市街地(+基地)が繋がっている。そんでもって、サンエー、イオン、その他の中規模複合ショッピングセンターが多いこと! 広島市近郊より多いと感じる。人口に比べて店が多すぎるのでは?という気もするけど、我が故郷の山口県と比べると、沖縄県は面積が約3分の1なのに、人口はほぼ同じ142万人(正確には今年沖縄県が山口県を上回った)だから、ずっと都会なのは納得である。


  • 道路が立派で、常時左折可の交差点が多い

 モノレール以外に鉄道が走っていない沖縄県。車社会で本島は渋滞が多い、と聞いていたが、それ以上に道路が広く(片側2車線以上の道路が多い)、しかも次々新しい道路ができている。那覇市内や中南部の主要道は、確かに朝夕に渋滞するけど、ざらに1時間以上も足止めを食らう本土の渋滞に比べると大したことはない。常時左折可の交差点が非常に多いことも、渋滞が軽い理由の一つではないだろうか。これはアメリカの交通ルール(赤信号でも常時右折可)に似ており、非常に効率的なので、本土でも見習ってほしいものだ。


  • 割り込む車が多いが、クラクションは鳴らさない

 沖縄の人はゆっくり車を運転する、とよく言われるけど、今の本島ではそう感じない。確かにゆっくり運転する人はいるけど、一般道なら時速80km、高速道路なら時速120kmで走る車(レンタカーではない)も多く、内地と変わらない。沖縄社会もセカセカしてきたのだろうか。一方で、ちょっと隙間があると、右折や左折で割り込んでくる車が多いと感じる。譲り合いが当たり前の価値観があるのかもしれない。その証拠に、クラクションを鳴らす人が本土に比べてとても少ない。郷には入れば郷に従えで、僕もまだ一度もクラクションを鳴らしていない。


  • へこんだまま走っている車が多い

 沖縄の車をよく見ると、バンパーやボディがへんこだり傷ついたまま走っている車が多い。これを価値観の問題ととらえるか、低所得の問題ととらえるかは検討の余地があるけど、個人的にはちょっとの傷で何万円も払って修理するのはバカバカしいので、この文化には賛成である。むしろアメリカや海外ではこれが普通と思われ、何でもピカピカにしたがる日本人が“潔癖症”なのでは? そんな僕の車も、2ヶ月前にバックで電柱にぶつけてへこんだままである。


  • 米兵はなぜかスポーツカーやオフロードカー

 街中でブォーンとすごいエンジン音で飛ばす車を見たら、Yナンバー、すなわち米兵であることが多い(地元の若者も結構乗ってるけど)。シルビア、スプリンター、サバンナといった懐かしいスポーツカーもよく見るし、デリカやランドクルーザーなどのオフロードカーも多い。車もやはり、戦闘機や戦車感覚で乗るのだろうか。一方で、観光地化されていない海岸や渓流に行くと、オフロードカーで遊びに来ている米兵家族によく出くわす。これは山口県の岩国基地周辺でも同じで、彼らは身も心もワイルドで、日本人より自然の遊び方をよく知っている。

Minatoya-yasudaMinatoya-yasuda 2016/01/16 23:33 ガジュマルほかカレンダー写真いろいろ、楽しく拝見。この木なんの木サイトと長い付き合いなので、人物像は明らかになんですが、こちらのほうが、林さんの個性、人となりが、よく伺われますね。さて、偶然「いけばな小原流」を拝読。主なる生花の本家は京都にありますが、小原流は引っ越して東京ですね。その師匠どなたかをご存じですか?あるいは小原先生連絡先を教えてくだされば幸です。まだご健在と思います。先々年、妹さん(現在75歳)とお会いしたのですが、姉上とお会いしたのは30年前です。彼女は小学校時代の恩師です。懐かしくも、びっくりしました。

conokixconokix 2016/01/17 11:43 Minatoyaさんありがとうございます。そうですね、こちらのブログの方が本性が出てるかも?(笑)なんと、いけばな小原流の先生と繋がりがあるのですね。僕は連載を執筆しただけで、編集者とは会ってますが、小原流の先生方のことは全く存じません。しかし、いろいろな繋がりがあるものですね。