Hatena::ブログ(Diary)

街森研究所 RSSフィード

街や森で思うことがある。心に残ることがある。訴えたいことがある。
日本各地の樹木や自然、風景を見て回りつつ、この記録をつけている。

2011-11-16 連載エッセイ8

[][] 原発タブーの崩壊

 福島原発の事故以来、日本の報道が大きく変わったことがある。「原発タブー」の崩壊だ。

 2年前、私が取材していた上関原発問題を、ある週刊誌の編集部に持ち込んだ時の話。若い担当編集者は「ぜひ記事にしましょう!」と意気込んでくれたが、数日後、「ボツになりました。上司から出版社全体の広告主に悪影響があると言われました」と力なく電話してきた。これが事故前の現実で、全国規模のテレビや新聞、雑誌ほど、原発に批判的な報道はタブーだった。日本最大級の企業である電力会社(と原発関連産業)は、マスコミ最大のスポンサーでもあるからだ。

 一方で国は、原発を推進する活動には莫大な予算をつけ、批判する動きは厳しく監視してきた。「原発は絶対安全」「原発は環境にいい」と、広報や教育にも力を注ぎ、世論さえ操作しようとしてきた。しかし、その原発は爆発し、国は放射能汚染の実態を隠し続け、マスコミも原発を懐疑的に報道せざるを得なくなった。

 「権力は腐敗する、絶対的権力は絶対的に腐敗する」とは、歴史学者アクトンの名言だ。残念ながら、現代の先進国家や巨大マスコミも例外ではない。インターネットは多くの真実が得られるメディアだが、全くのウソもある。今後の放射線被害を最小限にするためにも、私たちの情報を選ぶ力が問われている。


f:id:conokix:20111116200237j:image

事故前の福島第一原発(2009年8月 筆者撮影)

※この文章は2011年7-8月に山口新聞「東流西流」に掲載された連載記事を一部修正したものです。

tssune3tssune3 2011/11/17 21:04 言われるとおりです。(思いっきり善意に解釈し)NHKは人々を不安にしないように情報操作したのでしょうが、そのほとんどがウソでした。政府の下にあるNHKですから、どうしようもありませんが。情報を正しく判断する力量が問われる時代に入りました。同時に、正論を言った知人は上からの不当な扱いで、自ら退職を選びました。コマく、当たり障りがないように生きる人間が多い世の中。太っ腹で「確かにそんな考えもあるな」ですむべきでしたが、違いました。タブーが崩壊しかけていることは事実です。しかし、まだまだ「崩壊しかけている」段階です。本当に大切なことを今こそ考え実践していかないと、このピンチをチャンスに変えていかないと、……とんでもない国になってしまうと恐れる私です。

conokixconokix 2011/11/18 22:02 tssune3さんがおっしゃる通りと思います。「崩壊しかけ」ですね。国もマスコミも、真実を伝えることよりパニック回避を最優先しましたが、その狙いは成功したと言えるでしょう。NHKはスポンサーのない貴重なメディアですが、国から許可を得て行う事業である以上、一定の規制が働きますね。業界や政界にもまだまだ根強いタブーが存在すると思いますが、世間や個人レベルでは真実にきづき始めている人が多勢と感じます。辞職されたお知り合いの新聞記事、見ています。すごいなあと思いました。正論が通らない不当な世の中を変えるために、私たちは何ができるのか考えさせられます。

2011-11-11 連載エッセイ7

[][] 原発と私

 拙宅は、山口県の上関原子力発電所予定地から13kmの距離にある。窓からは、美しい上関町の島々が見渡せる。福島原発でいえば、強制避難区域の円の中だ。

 私が5歳の時、上関原発計画は浮上した。子どもながら直感的に不安を感じていたが、大学進学で関東に移り住んでからは、原発のニュースは全く耳に入らなくなった。30歳になり、山口県へのUターンを考え始めた08年、ふと思い出した。「上関はどうなった? 原発ができるならUターンしたくない」

 実際に予定地を訪れると、既に準備工事が進んでいた。原発問題の歴史を綴った本(※1※2)を読み、衝撃が走った。大都会の電力を賄うために、地方に深刻な問題が負わされている。この問題を学び、伝えねば。私は一ジャーナリストとしてこの思いを記事に書き、あるアウトドア雑誌の読者投票では1位にも選ばれた。全国の原発を取材して回り、その実態を各地で講演もした。けれども、難解な原発のリスクを広く伝えるのは難しく、様々な利害も絡む原発問題に、私は神経をすり減らした。

 原発取材から身を引いていた3月11日、福島原発事故は起き、リスクは現実となった。3カ月後、私は出張で東京を訪れたのだが、久しぶりに連絡を取った関東の知人には「上関原発が止まってよかったですね」と、ことごとく逆に励まされた。今まで原発問題にほとんど関心のなかった彼らの言葉に、私は驚いた。日本は変わっている。


f:id:conokix:20111111095647j:image

平生風力発電所より原発計画のある上関町長島方面を眺める。

※この文章は2011年7-8月に山口新聞「東流西流」に掲載された連載記事を一部修正したものです。

2009-02-08 伊方原発取材レポート

[]エネルギー盛りだくさんの佐田岬半島

 「鬼は〜外」の2月3日と4日、愛媛県の佐田岬半島に出かけてきました。今回は、私の地元・山口県から最も近い原子力発電所、伊方(いかた)原発を訪ねるという目的があります。天気がよい時は山口県南東部から肉眼で見える原発で、山口県に計画中の上関(かみのせき)原発問題について勉強するのにももってこいです。さっそく四国電力に見学を申し込むと、「一般見学は四国の人しかお受けしておりません」との答え。「そんなぁ、山口県から見える原発なのに、勉強のための見学もさせてくれないの?」とダダこねたのですが、「部署間で検討しましたがやはりダメです」との最終返答。四電(よんでん)の人はテロ対策とか核防護とか言うけれど、四国の人は見学できて、もっと近くに住んでいる中国地方の人は見学できないという合理的な根拠はありません。ということで、今回もジャーナリストとして「取材」という形で訪ねてきました。

f:id:conokix:20090208224646j:image

 伊方原発の敷地内から撮影が許可されているのは、敷地南西部に突き出たクレーンのある船着き場と、北東部の高台にある展望所の2カ所のみです。一方で、敷地のすぐ外を通っている県道255号線の複数地点からも伊方原発はよく眺められるので、県道から撮影した方がむしろ全景がよく分かります(上写真)。ドーム型に見えるのが原子炉建屋で、左から1号機(1977年運転開始)、2号機(1982年)、3号機(1994年)です。その右手前には体育館も見えます。ちなみに手前の工事中の建物は、低レベル放射性廃棄物を圧縮して減らす「高圧圧縮減容設備」と、燃やして減らす「雑固体処理建屋」です。三方を山に囲まれ、周囲の集落からは見えない場所にあるので、地元の人は原発の存在を意識せずに生活できる立地と言えます。展望所内の案内板には、対岸に見える山口県の島々の名前が記されており、苦笑してしまいました。四国の人は直接見えないから見学できるけど、山口県の人は直接見えるんだから双眼鏡でも使って眺めて下さいって?

f:id:conokix:20090208225535j:image

 そんな人口1万2千人の伊方町には、こんな立派な役場(上写真中央)があります。6階建てのビルは、道路向かいの伊方町民会館や町立図書館と連絡通路で繋がってて、その豪華さに驚きです。これも財政豊かな原発立地自治体の特権と言えるでしょう。その5・6階には、「愛媛県オフサイトセンター」が入っています(下写真)。オフサイトセンターとは、1999年に起きた東海村JCO臨界事故を教訓に設置が義務づけられた緊急事態応急対策拠点施設で、万一の原子力災害時には国・自治体・原子力事業者らが一堂に介し、情報を共有化しつつ災害対策の指揮を執ります。普段は年数回の防災訓練にしか使われないため、ガラーンとしているのですが、その中の設備は豪華でスゴイ。大型モニタ、マイク、衛星電話、気象予測システム、自衛隊車両・避難船・ヘリなどの配置検討用マップなど、一見の価値がある施設です。

f:id:conokix:20090208231141j:image

 この日は、原発からなるべく近い宿に泊まろうと思い、伊方町の川永田という集落にある大瀧荘に宿泊を申し込みました。原発の定期検査の作業員を中心に受け入れている旅館で、建物は合宿所のようなプレハブです。2月下旬に始まる定検に備え、各部屋には「○○電気」「○○建設」などの下請け会社の名札が貼られ、現場の空気が伝わってきます(写真下)。ここのご主人は、元はミカンの専業農家でしたが、原発稼働後に定検作業員の宿舎不足で頼まれて旅館業を始めたそうで、今は伊方町商工会の副会長も務めておられます。そのご主人が2時間半に渡ってお話を聞かせてくれました。原発財源で地元の財政や雇用が潤った一方で、事あるごとに電力会社に振り回され、町の主体性がなくなったことや、いつ原発が停まっても大丈夫なように、自分は今も農業にしっかり力を注いでいることなど、原発と共に暮らす心理が伝わってくるとても興味深い内容でした。世の中、原発「反対派」と「推進派」の2色に分けられるわけではないことを実感した瞬間です。

f:id:conokix:20090209000654j:image

 翌朝6時半、佐田岬半島のつけ根、四国最大級の八幡浜市魚市場に見学に行ってきました。すごい、すごい、すごい。広い市場の屋根の下に、赤、青、黄、何種類もの魚が並び、イカやナマコ、エビ、サザエも山積み。威勢のいい掛け声が朝焼け空にこだまし、市場の横はカモメたちが飛び交います。こんなにエネルギーに満ちあふれた場所に足を踏み入れたのは久しぶりで、言いようのないワクワク感に包まれました。原発があると漁業に悪影響があるのではないかと心配したけど、これだけ活気があれば大丈夫! そんな気になってきます。ただ、ここでは佐田岬半島の北か南かで魚の評価は大きく異なるそうです。北側の瀬戸内海の魚はマズくて安い。南側の宇和海・太平洋の魚はウマくて高値が付く。八幡浜市魚市場があるのは半島の南側で、伊方原発があるのは北側です。

f:id:conokix:20090209001635j:image

 今日の見学は風力発電です。なぜだろう、昨日に比べると足取りが軽く、すがすがしい気分。原発見学は制約が多くて、否応なくリスクやダーティーな情報が中心になるのに対し、正真正銘のクリーンエネルギーである風力発電の見学は、自由で明るい雰囲気を感じます。まずは「せと風の丘パーク」で伊方町役場の方の解説を受け、その後、瀬戸ウィンドファーム、三崎ウィンドパークなどを見て回りました。佐田岬半島には現在48基の風車があり、今後1年で約60基に達するという西日本有数の風力発電地帯です。エネルギーの故郷・伊方町を訪れるのなら、原発とともにこの風力発電を見学しない手はありません。ただし、いいイメージばかりの風力発電にも課題はあります。まず、常に風に左右されるため電力の安定供給性が劣ること、そして一部では騒音問題も起きています。下写真の三崎ウィンドパークでは、近隣住民から眠れないと苦情があり、今は4基の風車が夜間停止しているそうです。

f:id:conokix:20090209003840j:image

 最後におまけ。伊方町民会館内にある「伊方原子力広報センター」では、放射線測定器(ガイガーカウンター)が無料で貸し出されています。この測定器「はかるくん」でどこまで正確な数値を測定できるのかは知りませんが、今回、6年ぶり(!)の貸出者として借りることができました。実際に測定しながら移動すると、場所によって微妙に放射線量が異なることを実感でき、貴重な体験になりました。普段は0.015μSv/h(マイクロシーベルト毎時)前後なのですが、花崗岩(かこうがん)の上に置いた時は0.113μSv/hまで上がって驚きました。なお写真は、四国特有の緑色片岩(りょくしょくへんがん)に置いた時の写真で、この岩でも多少の数値の上昇が見られました。

f:id:conokix:20090209005218j:image

 ともあれ、原発のエネルギー、風力のエネルギー、魚市場のエネルギー、地元のエネルギー、いろんなエネルギーの未来と課題をいろいろ考えることができた、充実の佐田岬半島旅行でした。

まついまつい 2009/02/09 05:09 愛媛県にも原発があることを初めて知りました。地方財政との関係を考えさせられます。
風力といえば、伊方町よりだいぶん西になりますが、肱川町の「風の博物館」を出張ついでに訪ねたことを思い出しました。エネルギーや環境という観点からだけでなく、風車をはじめとする風利用の玩具、文学や絵画における風の表現など、生活や文化の観点からも風を見ていく展示、言い換えると、「風」から全ての人間活動をみるというコンセプトが、ぼくにとっては新鮮でした。

fagus06fagus06 2009/02/09 09:34 久しぶりにコメントします。一般的にはあまり知られていませんが、風力発電には、鳥がプロペラに巻き込まれるというマイナス面もあります。
先日、アメリカで飛行機のエンジンに鳥が巻き込まれて不時着した事故があり、バードストライクという言葉が使われていましたが、風力発電では以前からバードストライクが問題になっていました。
鳥かグリーンエネルギーか、という問題にもありますが、欧米では反対運動もあるようです。日本でも風力発電に対する疑問がいろいろ出ているようですね。

conokixconokix 2009/02/09 10:24 >まついさん
どこに原発があるかなんて、日常生活では意識しませんよね。僕もそうでした。でも、食べ物もエネルギーも同じですから、産地を知って感謝の気持ちを持って消費することが大事と思っています。「風の博物館」ですか。伊方より南ですね。近くを通りがかったときはぜひ立ち寄ってみたいです。

>fagus09さん
お久しぶりのコメントありがとうございます。バードストライクのことは役場の担当者にも尋ねたのですが、伊方町ではほとんど起きていないし、死体を見たこともないと言っていました。鳥も学習して風車をよけるようになるそうです。まあ、水力なら川魚などが犠牲になりますし、原子力では海の生物が犠牲になる訳で、人間が莫大なエネルギーを生み出す上で、多少の犠牲はどこにもついてくるということでしょうね。

はるこはるこ 2009/02/09 15:12 今回も,実りある取材になったようですね。
風力発電施設の弊害は,最近よく聞きます。もっとも,住宅地そばに風力発電施設を作るのは,大きな工場を造ることと同じなのだから,最初から気をつけるべきことなのでしょうね。
地元へ,経済的な潤いをもたらすと言われる原子力発電ですが,経済的な潤いだけを求めるのは違う,と考える自治体も多くなっているようです。今後どうなっていくのか,慎重にみていきたいものです。
ところで,先日,六ヶ所村の再処理工場の新聞記事を読みながら,「実際に原子力発電所の廃棄物はすでに多量にあるわけだから,とにかくこの廃棄物をどうにかするためには再処理工場も必要なことは確実なんだな」と思いました。

conokixconokix 2009/02/11 19:02 >はるこさん
核エネルギーも自然エネルギー、経済面やイメージだけで安易に判断するのは間違いですね。大規模なダムも自然エネルギーですが、同時に大きな自然破壊を伴うので今ではほとんど造られなくなりましたしね。
でも、六ヶ所村の核燃料再処理工場は「確実に必要なもの」ではありませんよ。使用済み核燃料を再処理せず直接処分する準備を整えればよいだけです。現状では再処理で取り出したプルトニウムによる発電の実用化とメリットが明確ではありませんからね。 必ず必要になるのは、高レベル放射性廃棄物の最終処分場です。

はるこはるこ 2009/02/11 20:58 そう,それです。

>高レベル放射性廃棄物の最終処分場

現在の六ヶ所村の再処理設備が必要,ということではなく,現在ある放射性廃棄物を「どうにかする」ための技術と施設は必要なのだな,と。

齊藤聡齊藤聡 2009/02/27 00:39 毎回の実経験に基づいたレポート、とても参考になります。私も山口県出身です(笑)・・・それはともかく、管区外の住民でも見学できる電力会社はどのくらいあるのでしょうか。

conokixconokix 2009/02/27 09:40 齊藤聡さん、コメントありがとうございます。どこの住民でも見学できるのは、私が知る範囲ですと日本原子力発電(敦賀・東海)と東京電力(柏崎刈羽・福島)です。北海道、東北、北陸、九州の各電力はまだ行ったことないので分かりませんが、テロ対策の名のもと、ずいぶん曖昧というか理不尽な見学規定が多いようなので、今後もルールが変わる可能性が高いと思います。その都度、電話で直接問い合わせるのが確実と思います。齊藤聡さんのブログも興味深いですね。山口県出身ですか、いつかお会いできるといいですね。

2008-12-02 浜岡原発取材レポート

[]地震地帯;浜岡原発に見る光と陰

 今回は、我が家から最も近い原子力発電所を見学してきた。その距離約130km、静岡県御前崎市の浜岡原子力発電所である。浜岡原発では敷地内への一般者の見学は受け付けておらず、ここでもやはり「テロ対策」。とにかく情報を隠すことが大切な世の中のようだ。勉強中のジャーナリストということで取材交渉し、11月25日に現地を訪れた。

 静岡県といえば東海地震の震源域としてよく知られた地震地帯。何もそんな所に原発を建てなくても・・・という思いがあったので、率直に尋ねてみた。中部電力の場合、供給エリアである三重県から静岡県西部までほんとどが大地震の想定震源域に含まれることになり、「浜岡と同時期に進めていた三重県・芦浜(あしはま)原発が白紙撤回になったから、結果的にここだけになった」みたいな返答だった。名古屋や四日市がある伊勢湾は震源域から外れているので、そこに建設する計画はないのかと尋ねたが、「地盤の問題もあるので」とはぐらかされた。知多半島あたりは大消費地に近く、理想的な候補地になりそうなのだが、いかがだろうか?

f:id:conokix:20081202004027j:image

 いずれにせよ、浜岡原発は大地震に遭う恐れが日本一高い原発として注目されている。周辺住民は地震による大事故の危険性を訴え、運転停止を求める裁判を今も続けている。これに対して、中部電力は2005年に耐震補強工事を決定し、全5号機のうち3-5号機の工事を今年完了した。補強工事の効果がはっきり見て取れるのは排気筒である。写真左端の1・2号機共用排気筒のように、浜岡原発の排気筒には支持鉄塔がなかったのだが、3、4、5号機の排気筒には鉄骨の支持鉄塔が設置された。右端の5号機排気筒では上部に支持鉄塔がないのは、他の排気筒よりもともと耐震性が高かったためだそう。また、停止中の1・2号機共用排気筒は、今後取り壊して建て替えられる予定である。これらの支持鉄塔、やけに図太くてなんとも頼もしいのだが、どうせならはじめから建設して欲しかったものだ。これまでの30数年間、東海地震が来なかったのはラッキーだった、とも解釈できる。

f:id:conokix:20081202103804j:image

 日本における最悪の原発事故といえば、1999年の茨城県東海村JCO臨界事故。放射線被曝で2名が死亡、周辺500mの住民に避難勧告、10kmの住民に屋内退避勧告、換気装置停止呼びかけが出されたが、情報整理が不十分で周辺住民も被曝してしまった。この事故を教訓に全国の原子力施設周辺に設置されたのがオフサイトセンター(原子力防災センター)で、原子力災害時に国・都道府県・市町村が一堂に会し、情報交換や対策検討の拠点となる施設とされている。オフサイトセンターの設置は原子力施設から20km未満の場所とされているが、浜岡原発の場合はわずか2kmの場所に「静岡県原子力防災センター」(写真)がある。全国でも指折りの「原発に近いオフサイトセンター」だ。

 ここでまた素朴な疑問が浮かぶ。深刻な放射能漏れを伴う原発事故が起きた場合、果たしてこの近距離で緊急対策拠点が築けるのだろうか? JCO規模ならまだしも、周辺8kmの妊婦・幼児の避難勧告、16kmの住民の屋内退避が出されたアメリカ・スリーマイル島原発事故、周辺30kmが半永久居住禁止になっている旧ソ連・チェルノブイリ原発事故のことを考えると、こんな至近距離でどれだけの職員が身を犠牲にして働いてくれるか心配である。2007年、新潟県の柏崎刈羽原発が中越沖地震で緊急停止した際には、放射能漏れが確認されなかったことからオフサイトセンターは使われなかった。オフサイトセンターは放射線が漏れ出たとの通報を受けた後に使われることになっており、放射線が漏れ出る恐れがある段階では使われないそうだ。それで、住民の安全と安心は得られるだろうか? 御前崎市の原子力防災担当の職員にこの疑問をぶつけてみたが、「県に聞かないと分からない」「今そういうことを検討中」などと、曖昧な返答ばかりで頼もしい言葉は聞けなかった。

f:id:conokix:20081202111550j:image

 と、ここまで負の側面を紹介したが、もちろんプラスの側面もある。それがこの送水管の行き先にある。浜岡原発では、大量に発生する温排水の一部(15,000t/日)を、隣接する静岡県温水利用研究センター(下写真)に直接送り、マダイやヒラメ、クエ、クルマエビ、ガザミ、アワビなどの養殖に取り組んでいる。中でも高級魚のクエは、2005年に全国で初めて完全養殖に成功し、御前崎市の料理組合に卸して「御前崎クエ」として名産品になりつつある(取り扱い点はこちら。私は浜岡原発すぐそばの「荒磯」に行った)。これこそエネルギー・資源の有効利用であり、原発温排水による海の温暖化も緩和するコジェネレーション。御前崎に行くなら、この“原発生まれのクエ”を食べない手はない。こうした温排水利用が成り立つなら全国で見習うべきだし、農業用温室や地域暖房、温水プールなどにも大いに活用できるだろう。なお、ここで使われている温排水は、蒸気の冷却に使われる復水器の海水なので、トラブル等で放射性物質が混入する可能性はほとんどないそうだ。

f:id:conokix:20081202121353j:image

 温排水の影響は、当然ながら原発周辺の海にも明確に表れる。温水利用研究センターを見学した後、夕闇の中を浜岡原発の放水口がある海岸に行ってみた。車を止めて晩秋の肌寒い海岸を数百m歩くと、「これより当社社有地につき立入禁止 中部電力株式会社」という看板と柵が立ちはだかった(下写真)。頭上には監視カメラが設置され、なぜかスピーカーもある物々しい雰囲気。不思議とすき間だらけのその柵を、釣り人らは平然とくぐり抜けてスタスタ入ってゆく。海岸は誰の所有地でもないはずだ。私も勇気を出して中に入ってみた。

f:id:conokix:20081202125104j:image

 もわーっと、暖かい空気。これぞ毎秒80tも放出される温排水(海水より7、8度高い)の影響だ。南方系の魚が群がれば、それを求めて放水口の柵のそばに釣り人も群がり、ヘッドライトや夜光ウキの光がホタルのようにちらつく(下写真)。沖合約600mの場所で光っているのは、地下トンネルで繋がっている取水口のランプだ。釣り人に話しかけてみると、ブラジル人が多くて驚いた。その親分肌で、もう15年もここで釣りをしているという日本人のおじさんに話を聞くと、ここは南方系の大型魚であるロウニンアジやギンガメアジなどのヒラアジ類、それにツバメコノシロなどがバンバン釣れ、最高に面白いという。この魚を食べることに不安はないかと尋ねると、「ここの魚が本当に危ないなら、原発なんてやっていけるはずがない」とのことだ。

 海が暖かいと好都合な釣り人やサーファーが多数集まることから、かつては中部電力も観光バスの見物客らにこの海岸を見せ、地域貢献をアピールしていたという。しかし、トラブルで浜岡原発の全ての原子炉が停止した時は、これら南方系の魚が死に絶え、6km離れた御前崎の先端に多数打ち上がったそうだ。また、一時期は中部電力が放水口周辺の海岸をすべて立入禁止にしたことがあり、釣り人らと衝突した時期があったという。結局は地元とのトラブルを恐れた中部電力側が折れ、再び開放されたのだが、あの看板やスピーカーはその当時の“ケンカ”の名残という訳だ。

f:id:conokix:20081202140357j:image

 良くも悪くも、人も自然も原発に大きく左右されるのが、原発の町の宿命なのだろう。そう感じさせられた充実の浜岡訪問であった。

追記
この訪問から約20日後の2008年12月13日、中部電力は浜岡原発1・2号機を廃炉にし新たに6号機の建設を検討していることが報道されました。即ち、1・2号機の共用排気塔は建て替えられることなく取り壊されることになります。なお、11月25日の段階で私が広報部に原子炉の新設の可能性を尋ねた時は、「そんなスペースはない」との回答でした。実際には、浜岡原発の東に隣接する土地が6号機の用地として検討されているようです。

geselgesel 2008/12/02 21:22 先日 小浜市でも石橋克彦先生を招いて、原発震災のお話を聞きました。市民の会で出している はとぽっぽとうい紙媒体に 北川先生がうまくまとめてくれました。

conokixconokix 2008/12/03 19:22 私は地震の研究者のことはよく知らないのですが、原発銀座の福井県ではやはりそうした講演会が開かれているのですね。とても興味深いです。

2008-11-13 柏崎刈羽原発取材レポート

[]我が家の電源;新潟県・柏崎刈羽原発を訪ねる

 あなたの家の電気は、どこの発電所から送られて来てますか? そんなの考えたことない。知りたいと思ったこともない。知らせようともされていないし、知ることができない仕組みになっている。・・・これが今の日本の、電力業界の実情です。私はこれに大きな疑問を持っています。

 ここ1年余りで、関東地方に住む人は意外な事実を知りました。なんと、関東の電力の一部(およそ2割ぐらいか)は、新潟県の柏崎刈羽(かしわざきかりわ)原発から送られていたのです! えっ、そんな遠くから? ・・・と書くと大げさでしょうか。2007年7月に起きた新潟中越沖地震で、柏崎刈羽原発で火災が発生し、7つある原子炉が全て停止したことは記憶に新しいでしょう。1年以上たった今も補修&停止中で、眠っていた東京湾岸の火力発電所を代替用に稼働させたため、東京電力は赤字を計上し、化石燃料の燃焼によるCO2の排出量が増え、電気代も上がることになっています。

f:id:conokix:20081114011714j:image

「電気代が上がるのは柏崎刈羽原発が停まっているせいです」「一刻も早く運転再開し、電気代を安くしてCO2排出量を減らすために、柏崎刈羽原発の再開を応援して下さい」と言わんばかりに、柏崎刈羽原発の修理風景を紹介した東京電力のテレビCMがたくさん流れるようになりました。幸か不幸か、私たち関東人は、この一連の原発震災とCM広告によって、柏崎刈羽原発の恩恵を知ることになった人も多いと思います。何を隠そう私もその一人ですが、とはいえ、我が家のある神奈川県西部まで新潟県産の電力が来ているとは思えない。まあ北関東の人が恩恵を受けているんだろう、ぐらいに思っていました。

 ところが、とある電力PR施設で送電線図を見て愕然としました。なんと、柏崎刈羽原発から伸びる50万ボルトの超超高圧送電線は、西群馬の開閉所を経て、山梨県の東山梨変電所、静岡県の新富士変電所、そして我が家のすぐ裏に見える新秦野変電所へと一直線に伸びているではありませんか。柏崎刈羽産電力の主な供給先は、山梨県全域、静岡県東部、神奈川県西部だったのです(こうした情報はあからさまには唱われていません)。それを知って、私はにわかに柏崎刈羽原発に親近感を感じ、新潟の人たちに感謝しました。私はこの原発にもっと関心を持ち、この事故をもっと深刻に受け止めなければいけなかったのです。

f:id:conokix:20081114011732j:image

 11月4日、その柏崎刈羽原発を見学してきました。マグニチュード6.8の爪痕を大きく残す敷地内では、至る所に足場が組まれ、作業員が補修工事に精を出し、凸凹に波打った道路はピカピカに張り替えられていました。PR施設であるサービスホール玄関の階段は、地震で隆起したために1段増え、原発入口前にかかる国道352号線の陸橋には、今も生々しい亀裂が走っています。正常運転時は約5000人と言われる敷地内の労働者は、停止中の現在は約8000人に膨れ上がり、例によって柏崎市内の宿泊施設は大賑わい。泊まり切れなかった関係者は、約40キロ離れた長岡市のホテルにまで流れ込むと言います。

f:id:conokix:20081114011750j:image

 “テロ対策”という名の下、敷地内で撮影が許される場所は展望所の1カ所のみで、しかも「あの場所をズームで写してはいけません」とか、妙な注文が入ります。PR施設に展示された敷地模型でさえ「“テロ対策”で撮影禁止です」と制止されますから、いやが上にもココは相当危ない施設なんだなと思わされます。原発だけではありません。先に挙げた送電線系統図さえ、今は“テロ対策”で大っぴらには公表されていません(PR施設内ではある程度の展示はされているのですが)。

 テロリストに送電線を破壊されたらそりゃ大変だと思うけど、送電線なんて町中や山中にドーンと建ってるから隠せる物ではないし、大規模発電所が停止して大打撃を受けるのなら、長距離送電を必要としない小規模分散型の発電方式を広め、電気エネルギーだけに頼りすぎない社会を築いて、リスク分散した方がよいのではないでしょうか。そして何より、“テロ対策”の名の下に、電力の産地が国民に知らされないことに私は問題を感じます。食料や水、木材などの産地を知って、そのありがたみや感謝の気持ち(あるいは疑問)が生まれるように、電気の“産地表示”(トレーサビリティ)や“地産地消”が進めば、私たちはもっと大切に電気を使うようになると思います。たまに電気が品切れにでもなれば、今みたいな無駄遣いは絶対しなくなると思います。

f:id:conokix:20081114012143j:image

 私が話を聞いた柏崎市や刈羽村の市民は、みんな電気を消費地をよく知っていました。柏崎刈羽原発の電気は、新潟県内では使われず、すべて関東地方に流れているということを。そして私が、「関東の人は、新潟中越沖地震が起きてから初めて柏崎刈羽原発の電気が来ていることを知った人が多いと思いますよ」と言うと、みんな驚いていました。いやいや、私だけが無知だったのかも知れない。私より長く関東に住んでいる人たちは、新潟や福島(そして数年後には青森も)の原発から恩恵を受けていることを、よく知っているに違いない。

hal-cohal-co 2008/11/16 18:59 我が家は仕事場もかねているので,電気の使用量は多い…ので,いつも思います。
もっと初期投資が少なくて済むように,太陽光発電の技術が進歩してくれますように,と。
携帯電話やテレビの映像技術の進歩よりも,そっちの方が切実かもしれません。
ちなみに,関東在住の私は,福島県からだけ電気をもらっているのだと思っていました。
(一番近い,という理由からだけです)

きんばばきんばば 2008/11/17 17:17 柏崎に行かれたんですね。あの辺りの行政界を見ると、運転開始までは色々あったのではないかと想像して複雑な心境になります。さて、テロ対策ということや原発を都心に、というコメントを見る度に、あるアニメを思い出します。そのアニメでは、新宿都庁の大深度地下に原発があった、首都の送電線の1ヶ所に負荷をかけると大停電が起こる、という設定がなされています。空想の世界の話しだけど、テロを画策する側の人間の発想は、同じようなものかもしれないと思うと、やっぱりテロ対策は必要なのだと思います。

conokixconokix 2008/11/18 11:14 >hal-coさん
太陽光発電は消費地で生産できる発電方法の王道ですね。夜型生活の改善にも繋がって、省エネや健康にもいいので一石三鳥ぐらいあると思います。ちなみに福島県の原発から供給先は、栃木県や群馬県が中心と思われます。
>きんばばさん
行政界の事情はまさにあるようですよ。柏崎刈羽原発は7号機までありますが、はじめに運転開始したのは1号機、次は5号機です。1-4号機は柏崎市、5-7号機は刈羽村に所在するので、交付金や固定資産税を早く分配するために5号機を優先したそうです。
そんなアニメがあるのですね。テロは社会構造の弱点がつけこんで行われる訳で、電気にしろ石油にしろ食料にしろ都市機能にしろ、一極集中した場所が狙われやすいと思います。もっと分散させればそんな大げさなテロ対策は必要なくなると思いますよ。

tyotyotyotyo 2008/11/19 23:28 自分の家の電気がどこから来ているのか、それを知ることは大切だと思います。テロ対策という点で、葛藤がありますが。
「小規模分散型の発電方式を広め」るのがベストだと思います。しかし、現時点では、「原発」の恩恵を受けて暮らしている人々、交付金が大きな援助になっている市町村もあるかと思います。もしも、原発が無くなったら、彼ら、そのまちはどうなるのでしょう?
健康やリスクよりもお金、と言っているのではありません。
エネルギーという問題、事故というリスクの問題、経済的な問題、様々な問題が交わっているのが今の原発問題だと思うのです。
しかも、原発事情は場所場所により多少違うと思います。

まずは、(テロ対策という点では問題ですが)、自分が使っている電気がどこで作られているのかに加え、
・その地域での原発反対運動はどうなっているのか?
・事故が起きた場合はどうなる可能性があるのか?
(この2点は、自分の(原子力発電分の)電気を作る上で、住民が負っているリスクを考えることにつながると思います。)
・交付金はどのように利用されているのか?
(住民に定額配布など色々あると思います。その地域の市町村、または人々にとってはどのようにプラスになっているのか(プラスがある場合ですが)。などなど)
を知り、今後どうしたらもっとよくなるのかを考えたらいいのではと思います。
こういうことを、学校の社会の時間にでもやればいいと思うんですが。
きっと色々な意見が出ることと思います。

やはり、conokixさんのおっしゃる「知る、知らせる」ことが先決ですかね〜

conokixconokix 2008/11/21 00:24 最近は情報公開が進んでいるのかと思いきや、個人情報、テロ対策という10年前には聞かなかった理由で次々情報が伏せられていると感じます。みんなが知って守る社会と、みんなが知らないことで守る社会。古き良き田舎社会は前者ですが、今は世間全体が後者の都市社会へと変わりつつあるのは寂しいことですね。
原発のお金で生活している町や人が存在するのは事実ですが、それは二次的な現象なので主題にするテーマではないと思っています。戦争があるから儲かる企業、犯罪があるから仕事がある警察、ポイ捨てするから掃除のおばちゃんの雇用が生まれる、、、同じようなことだと思います。平和で安全でマナーの良い世の中なら、彼らはもっとイイ仕事を見つけることができたはずです。
電気の産地を知り、その町の様子やお金を使われ方を知るのは簡単ではないと思いますが、似たテーマにゴミ処理場があると思います。ゴミ処理場は住人が少ない山奥か工場地帯に作られることが多いと思いますが、基本的には市町村内に作られるので、自分のゴミがどこで処理されてるか知っている人が多いでしょう。同じように、電気も核のゴミも、自分の町で生産・処分するという原則ができれば、原発に対する世間のとらえ方は大きく変わって来ると思うのですがね。ゴミと電気を、学校で扱って欲しいものです。

geselgesel 2008/11/22 10:01 敦賀で 六ヶ所村も含めて 女性を集めて 推進(私 この言い方 あまり好きでないのですが)派というか 経済産業省で12月にイベントをするようです。温暖化にいいというのが 錦の御旗 のようなこの頃そういう気がします。ほんとのことを 話し合ってほしいです。

conokixconokix 2008/11/25 23:56 温暖化に一番いいのはエネルギー消費の絶対量を減らすことですが、国や政治はその思考が欠落しているので、原発頼みになるのでしょうね。温暖化やCO2という一側面だけで環境問題を捉えると誤った方向に進んでしまうので、「循環型社会」という総合的な視点で経済産業省に問いかけてみてはいかがでしょうか。