ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Studio茣蓙の風呂

2010-01-12 ピックアップ交換してみて

DiMarzio AndyTimmons AT-1 / DP224 を搭載してアンプ直で演奏してみた、ツマミは歪みもトーンも全部12時、ToneZoneであった耳障りな箇所がなくなってて、このPUはおすすめ


【詳しくは1/5日の日記参照】

http://d.hatena.ne.jp/conpati/20100105

最近はずっと練習ばかり、というのがSuper70sをコピーしていてあることに気づいたのです。僕はポール(ギルバート)が好きだったので、彼のように外から内側へ向けて弦をはじく、アウトサイド・ピッキングがメインだったのですよ。(テクニカル系ではアウトサイドは悪いようにも言われるが、そんなこたぁない) 


でもこのSuper70sをコピーしていたら、どうしても内側から外側へ弦を弾く、「インサイド・ピッキング」でないと演奏できない箇所が出てきて(僕の場合はね)、この歳で新しい分野にチャレンジ。 鏡と録画を駆使して、悪かったピッキングスタイルを標準的なものに戻してる最中。手首は大きく振ってますが僕はメタラーじゃないのでこれでいいのです。メタラーはブリッジに手の腹を固定するからすぐわかるよね



しかし自分の演奏動画をみてチェックしていると、一番インサイド・ピッキングじゃないとダメなところが(最後の方にあるちょっと速めのペンタの下りフレーズ箇所)、しっかりアウトに戻ってしまってるんだな。  


休みの今日も、朝九時からずっとメシ食べる以外は練習してた、こういう座禅というか、修行のような練習の仕方は18〜19歳の頃みたいで懐かしい。 あの頃は昼前からサザエさんまでやってメシ食って、その後またTBS世界遺産が始まるまで練習してたもんなぁ、しかも全部速弾きの練習。今はそんな反復練習だけのような練習はやりませんが










(2013-07-12改訂)