Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2009-04-30

LUMIX DMC-LX3にぴったりのケースとウワサのKATAのDF-408を買ってみた

 使えば使うほど愛着が湧くLUMIX DMC-LX3。コンパクトデジカメとしては性能が抜群なのに、手軽なのがいいんですよね〜 さらに広角レンズが見たままの視野を写してくれるので、ピンと来た風景をそのまま残せます。だから常に鞄の中に入れておきたいカメラですね。

 で、鞄の中でさすがに裸はまずいだろ、ということでネットで探して買ったKATAのDF-408。こういう安い品は送料無料のアマゾンがお得です。

 レビュー。確かに噂通りぴったりです。レンズ部分がちょっともっこりしますが。ソフトケースなので保護の観点で心配でしたが、意外としっかり衝撃吸収材が入っていい感じです。レンズのでっぱり部分への衝撃は心配ですが、多少の衝撃ぐらいなら吸収しそうです。

f:id:consbiol:20090429153846j:image

縦長ですが、LX3を入れて蓋を閉めると、LX3のヒモがいい具合に出ます。したがって、ケースを付けたままLX3のヒモを首に掛けることもできますね。↓こんな感じ

f:id:consbiol:20090429153941j:image

 悪くないケースです。純正のケースよりかなり安いし、いい買い物をしました。

2009-04-29

EeePCにFlashPointβ4を入れた

 うぉおすげー、プチフリなにそれ美味しいの?と思った矢先、レジストリが崩壊した(^^; バックアップ取っておいて良かった。

2009-04-27

NortonGhost

EeePCのバックアップ

 EeePC901Xに最近話題のSSD高速化ドライバ、Flashpointを導入しようとしてます。でも、デフラグwindows updateでシステムが死亡したという報告があるので怖いです。そこで、バックアップすることにしました。むかし買ってたNorton Ghost 2003が見つかったので。

 バックアップ先は、この前買った(id:consbiol:20090415)耐衝撃の巻きぴたUSBポータブルHDD 250GBです。Norton Ghostはよく分からないので放置してたんですが、いじくっているうちに何となく仕組みが分かってきました。

 つまりWindows上で「DOS+DOSで動くバックアップソフト+設定+ドライバ」の仮想ディスクを作って、再起動してこのディスクからブートしてバックアップするんですね。具体的には、

NortonGhost起動>バックアップ>バックアップするディスクを選択>参照からバックアップ先(USBHDドライブ)を選択>拡張設定でUSB1.1ドライバ>今すぐに実行

って感じで再起動がかかってバックアップが始まってくれました。ちなみにUSB2.0ドライバではUSBドライバが認識されませんでした(てかDOSソフトが起動しなかった)。またブートディスクは面倒臭いんで作ってません。

f:id:consbiol:20090427191004j:image

 Norton Ghost 2003ではCディスクとDディスク一緒のバックアップが不可なようで、C,Dと2回バックアップしました。復元の際は、D→Cの順番でしたらいいんでしょうかね。ちょっと不安ですが一応バックアップが取れたのでFlashPointを試してみます〜

2009-04-20

SSDで空き領域のデフラグをするとパフォーマンスが回復するか

 以前の日記(id:consbiol:20090414)で、SSDの空き領域のデフラグをするとパフォーマンスが回復するらしいので断片化が進んだらHDベンチを取ってみると書きました。で、EeePC 901Xの圧縮ディスクを解除したら相当断片化が進んだようなので、空き領域のデフラグ効果を実際に調べてみました。

使ったデフラグソフト→no title

HDベンチソフト→CrystalDiskMark – Crystal Dew World

↓空き領域のデフラグ

f:id:consbiol:20090420201356j:image

↓空き領域のデフラグ

f:id:consbiol:20090420201349j:image

3回やって似たような結果が出ました。明らかにデフラグの効果がありますね。特にWriteで顕著な速度アップ。たまにはデフラグやった方がいいみたいですね。

2009-04-17

SSDと圧縮ディスク

 EeePC 901-XのCディスクのSSDは4GBしかなく、できる限り使用量を減らしたくなります。で、自分はwindowsXPの標準ツール(↓)を使ってディスクを圧縮してました。

ドライブ>右クリック>プロパティ>f:id:consbiol:20090417231620j:image

 圧縮は、データ全部を1つのファイルと見なしてコンパクトにすることでおこなっているそうですが、HDの場合にはシーク時間を短縮して幾分だけ速度を高める効果があるようです。SSDはどうなんだろうなぁと思ってたところに・・・DellのInspiron mini 9のSSDで圧縮ドライブが劇遅で、解除すると速度が劇的に上がるという記事を見てしまいました。

PC watch デル「Inspiron mini 9」追加レビュー〜SSDの圧縮解除で大幅な高速化]

 これはいかんと思い、圧縮解除することに。ついでに、その効果のほどもベンチマークで記録。

↓圧縮

f:id:consbiol:20090417231621j:image

↓圧縮解除後

f:id:consbiol:20090417231622j:image

3回やってほとんど同じ結果でした。SSDに圧縮ディスクは厳禁だということがよく分かりました。

・使用ツール:CrystalDiskMark 2.2.0

2009-04-15

巻きピタケーブル収納ポータブルHDD 250GBが安いぞ〜

ここみて思わずポチリとしちゃいました。ちょうど持っていた4GBのUSBメモリではバックアップ容量が足りなくなったので。5,356円は安いですね。ほれ皆さんも、どうぞどうぞ!

追記:2009年4月20日付けで6400円に戻ってましたね。

2009-04-14

Defraggler

EeePC 901-Xのプチフリ対策にSSDのデフラグは有効か?

 プチフリとはSSD特有のプチフリーズのことです。901XはとくにWriteが遅いらしく、書込みが始まるとフリーズしまくってストレスが貯まります。HDでは速度向上にデフラグが有効な一方、SSDではデフラグは無効、というのが常識でした。しかし、どうやらそうでもないようです。

 ここ(id:Lansen:20090211:1234373179)によると、特にWriteが遅いSSD(まさにEeePC 901-X)では、空き領域のデフラグを行うことで速度がかなり回復するとのこと。テストの結果、Defragglerというフリーソフトで空き領域のデフラグを行うことが効果的ありと結論してました。なるほどー、フラグメントが進んで遅くなったらHDベンチをして確かめてみます。

Defragglerのダウンロードサイト→no title

 ちなみに書き込まれたファイルのデフラグはほとんど無意味だそうで。バックグランドでやられると、かえってプチフリを誘発する気がします。ということで、OS標準のデフラグ機能は、レジストリで切っておくことにしました。ここら辺を参照にしてみました。

1.アイドル時の自動デフラグを停止するには、

  HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\OptimalLayout

  のDWORD値「EnableAutoLayout」(なければ新規に作成)の値を「0」に設定する。

2.システム起動時の自動デフラグを停止するには、

  HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Dfrg\BootOptimizeFunction

  の「Enalbe」を「N」に設定する。

2009-04-13

Dropbox

Dropboxはマルチ便利なオンラインストレージサービス

 ここ1ヶ月ほど、Dropboxというオンラインストレージサービスを使っています。これが、いろんなシチュエーションで便利なので大変助かっています。

 簡単に言えば、複数のPC内のデータをリアルタイムでオンラインストレージと同期するサービスなのですが、なんというか、とにかくそのシステムが絶品なのです。単純にバックアップとしてではなく、複数のPCで1つのドキュメントを更新する時や、IMEなどの学習辞書ファイルの共有、単にファイルをPC間で移動させたい時など便利に使っています。複数のPCでシームレスにファイルを扱える感覚は、Googleドキュメントのようなオンラインオフィスアプリよりも汎用的です(自分はGoogleDocsを使わなくなっちゃいました)。

 同僚に使わせてみましたが、初めは訝しげだった同僚も、Dropboxの虜になりました。この考え抜かれたシステムを短くまとめるのは大変そうですが、とりあえず私が考えるDropboxの利点を上げてみたいと思います。

  • オンラインストレージとローカルファイルとの同期が速い

 普通、同期ソフトといったら、同期に時間がものすごくかかし、同期中はPCのパフォーマンスも著しく低下するものです。それも、ファイル数が数百〜数千になってくると、尋常じゃないです。

 ところがDropboxときたら、あら簡単。ファイルが大量にある場合は、最初こそアップロードやダウンロードに時間がかかりますが、更新するだけなら極めて速く、それもバックグラウンドでリアルタイムでごくごく自然にやってくれます。

 恐らく、ローカルのクライアントソフト側とサーバ側両方でファイルの更新をリアルタイムに記録してるんだと思います。例え数千(現在1500程度のファイルがDropboxの中に入ってますが)であっても、ファイルが1つ更新されれば、即座にその更新データがオンラインストレージに反映されます。

↓こんな感じで同期完了(上)と同期中(下)の状態がアイコンで示されるでわかりやすい。

f:id:consbiol:20090413232225j:image

  • revision(更新)データがバックアップされる

 過去10回分のrevisionデータがバックアップされます。過去のrevisionデータの見方も簡単で、見たいファイルを右クリックメニューを開くだけです。また、revisionデータは、ドキュメントを終了した時だけ更新されるので、ソフトの自動保存などでやたらとrevisionデータが貯まることはないです。

↓右クリックで過去10回分の更新ファイルが見れる

f:id:consbiol:20090413233003j:image

  • 同期の失敗がほとんどない

 よけいなファイルを残したり、ほしいファイルを消してしまうようなアホな同期は、今のところ見あたっていません。複数PCが同時に1つのファイルを更新してしまった様なコンフリクトがある場合がありますが、その場合は片方のファイルによって上書きされずに、新しく隣に(更新されたPCの名前付きで)ファイルが加えられます。なんというか、よく練られた同期システムだなぁと感心します。

↓同期のコンフリクトが起きた場合はPC名と日付が付いたファイルが作られる

f:id:consbiol:20090413233231j:image

 Dropboxは、フリーで2GBのストレージがもらえるので、もしまだ使ったことのない人がいれば、ぜひ一度試してみてください。手放せないサービスになるはず!$10払えば容量が50GBにアップしちゃいます。

 モバイル用途としてはiphone版があるんですが、windowsmobile版は開発中とか・・・早く作ってほしい・・・

そんな便利なDropboxのサイトは→https://www.getdropbox.com/

2009-04-08

X02HTのメモリ不足が深刻になってきた

 X02HTで最近のかっこいいUIのソフトを使おうと思うと、RAMの方のメモリの足りなさが深刻です。わずか64MBじゃ、複数起動はもちろん、(iris browser)とか単数起動でも落ちるアプリがちらほらあります。・・・あたらしい端末がほしい・・・

 自然と手は、X04HTやX05HTの中古端末をググってます。ちょっと考えてました。新型iphonebluetoothとAFカメラが内蔵されたらそれにしよう。秋モデルの新型Xシリーズが発表されたら、それにしよう。新モデルが冴えなくても、きっとX04HTやX05HTの中古端末の値段が下がるに違いない。海外端末もごにょごにょすればsoftbank回線で十分使えるぞ、次モデル群は良さそうだし。snapはいいぞ、tegraはいいぞ。そうだ、俺には電池が持たないが爆速のX01Tがあるじゃないか。

 明日からX01Tに持ち替えてみます。

2009-04-06

chrome

Google chromeのキャッシュをRAMディスクに移動させる

 Google chromeの良いところ。それはなんと言っても速いこと!UIも結構好みです。EeePCとか職場で使ってるCeleron1GHzの遅いノートとかでは、必須のブラウザとなっています。

 キャッシュをRAMDiskに記録させるようにすればもっと速くなります。chromeには標準でキャッシュを移動させる機能はないので、強引に移動させてしまいましょう!方法は以下の通り。

1.RAMディスク作成ソフトウェアの用意

 RamPhantom3 Free版を使います。Free版は容量最大256Mですが、キャッシュには十分。また、再起動するためにRAMDiskの内容が揮発して消えます(バックアップ機能なし)が、むしろキャッシュは消してしまった方が好都合。さらにIEとFirefoxのキャッシュをRAMDiskに移動させる機能もあります(←これがないとchromeのキャッシュを移動させるのは無理)。

 「ここ」からRamPhantom3 Free版をダウンロード、インストール。設定画面から、インターネット一時ファイルをRAMディスクに設定でFirefoxにチェックを入れます。設定途中、何回も再起動しますが忍耐です。

f:id:consbiol:20090406224137j:image

 またRAMDiskのドライブレターをわかりやすく「R:」にしておいて下さい。

 できあがったRAMディスク(Rドライブ直下)に、Cacheというフォルダができるはずです。このフォルダは電源が切れると中身共々消えますが、再起動の度にRamPhantom3が器だけ再作成します。

f:id:consbiol:20090406231324j:image

2.junction.exeを手に入れる

 「こちら」からダウンロードします。これを"C:\WINDOWS"直下に放り込んでおきます。

3.chromeのキャッシュの場所を確認

 「C:\Documents and Settings\ログインID名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\Default\Cache」にあるはずです。確認しておきましょう。確認できたら上記ディレクトリアドレスをコピー。その後、このCacheフォルダを削除して下さい(削除しないとjunction.exeでパス作成できません)。

f:id:consbiol:20090406225405j:image

4.junction.exeでchromeのキャッシュのパスをRAMDisk

 スタートメニュー>ファイル名を指定して実行、で「cmd」と入力してDOS窓を起動。

f:id:consbiol:20090406232138j:image

DOS窓上で「junction "C:\Docu...\Cache" R:\Cache」と入力してください。""の中身はchromeのキャッシュ保存場所です。ちなみに、DOS窓上で右クリックすればコピペできます。

f:id:consbiol:20090406230948j:image

 これでchromeのキャッシュはRAMディスクにパスされます。さあ、これであなたの遅いPCでも、快適なインターネットライフを満喫できますよ!

 ところで、「R:\Cache」はRAMディスク上にRamPhantom3が再起動ごとに作成するFirefoxのキャッシュ保存ディレクトリです。ここにchromeのキャッシュも入れてしまおうというわけ。juctionは、パスを渡す先のディレクトリが消えていると無効になってしまう。したがって、RAMディスク上に任意に作ったフォルダは、再起動ごとに消えてしまって、junctionのパスを渡せません。R:\Cacheは再起動ごとにRamPhantom3が作ってくれるので安心してパスを渡せます。

2009-04-05

EeePC 901-Xの換装用SSDはSATA接続のロングタイプがオススメ

 よくわからないんですが、SATA接続のロングタイプを換装するとリカバリで自動的にCディスクとして認識してくれてOSがそちらにインストールされるらしい。換装方法も裏蓋外して、メモリを付け替えるだけらしい。

とりあえず参照→901-X用載せ替え用SSD一覧

 EeePC 901-Xは去年7月に6万円で買っちゃって以来、実験のデータ入力や出張にフル回転。Dropboxを使い始めてから、母艦達とのデータの同期も楽になり、ますます活躍してます。が、問題点があって、それはCドライブが4GBしかなくてダイエットにあくせくせざるを得ないのと、ちょくちょくフリーズ(いわゆるSSDプチフリ)するところです。最近のSSDでは、低価格版容量の32GBでさえも今のに比べたら膨大ですし、コントローラーチップのおかげで読み書き性能は大分向上しているとのことでプチフリも起きにくいそうです。

 手に入れやすさからいくと、今月発売予定のBuffalo SHD-ES9Mなんかがよさそう。ここをみるとうちのメインPCのHDよりも読み書き速いです。チップはJMF601とMLC使用でプチフリはあるみたいですけどね。アマゾンの予約で1万円を切る値段で出てます。ただ、901Xの電源管理PowerSavingModeに対して不具合があるかもしれないとのことですが、ここをみると別に気にすることもなさそうですし、気になるならHigh Performance Mode固定にすればいいわけですしね。とにかく発売が楽しみです。

Lumix DMC-LX3を持ち出して花見

 一日に2つの日記を書くのは久しぶり。Lumix DMC-LX3みたいな良いデジカメを持ってると、カメラや写真に全く興味がなかった私でも、写真を撮りたくなってくる!ということで、自宅の隣を流れてる高野川にお花見に。人が多かったですが、人が多いのは結構好きなので楽しかったです。むしろ、お祭り後の閑散さが嫌いだったりするのですが、そういう意味では京都はいつもお祭り状態なので幸せな町ですね。

f:id:consbiol:20090405151522j:image

f:id:consbiol:20090405153654j:imagef:id:consbiol:20090405163805j:image

2009-04-04

Lumix DMC-LX3を買った+試し撮り

 Lumix DMC-LX3を買ってしまいました。各所レビューで評価の高い、明るい広角レンズ、感度、そして強力な手振れ補正に惹かれてつい・・・37,380円也。オープン価格ですが、たぶん定価が7〜8万円クラスのデジカメが、不況の影響でこんなに安く買えるとは幸せです。

 手に取ってみて、これは!と思えるような雰囲気が。実際に撮ってみても、画質は大満足です。今回は、手軽に手持ちで夜景が撮れることを期待して買いましたが、そちらも満足。

 とりあえず、試し撮りとして、金曜日に清水寺の夜間参詣に行ってきました。続いて次の日の朝に、近所の狸谷山へ。

↓門の前、レーザービームがシュール   ↓ライトアップされた敷地内の桜。 ↓門の後ろから見た塔と坂上田村麻呂を祭った寺(手前)

f:id:consbiol:20090403194011j:image f:id:consbiol:20090403194640j:image f:id:consbiol:20090403195915j:image

舞台上から眺めるライトアップされた敷地↓ ↓舞台の下側から見た塔

f:id:consbiol:20090403200110j:image f:id:consbiol:20090403204700j:image

↓帰りに寄った円山公園の夜の花見宴席に、社長さんが舞子を連れてきてました。舞を見れてお得。

f:id:consbiol:20090403224028j:image

↓狸谷山の本尊

f:id:consbiol:20090404125135j:image

2009-04-01

consbiol2009-04-01

EeePCが起動しなくなった

 出張先でBIOSをアップデートしたらEeePC 901Xが以下のメッセージを残し起動しなくなった。

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした。

\WINDOWS\inf\biosinfo.inf

てか、出張中にBIOSなんかいじくるな、って感じだけど(かなり困った)。

リカバリしようかなと思ったが、BIOSが起動しない・・・BIOSが起動しないとCDドライブをブートディスクに設定できない・・・これはBIOSレベルで終わったかと一瞬観念したが、電源ボタン+F2連打でBIOSメニューが開くとの情報を得て、そうやったら無事メニューが出ました。

面倒臭いが、良い機会なので初期状態から作り直します、新年度だしね。