Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2009-11-03

激安クアッドコアCPU、Athlon II X4 630を買ってしまった

 Athlon II X2 250 (3GHz)というAMD製のデュアルコアのCPUを使っていたのですが、やはり上を見るときりがないもので・・・クアッドコアってものが欲しい気持ちがつもる日々でした。各所のレビュー見ると、クアッドなんてエンコ(それも4コア対応してるソフト)ぐらいしか意味がないとの報告もあり、デュアルで我慢しようと思ってましたが・・・

 買っちゃいました!クアッドコア。Athlon II X4という激安クアッドコアなら買わざるを得ないでしょう。型番620(2.6GHz)で1万を切る安さ。用事で京都に行くついでに駅の近くのソフマップにて、結局630(2.8GHz)を買いました。11800円也。

 Athlon II X4 には、上位CPUの選別落ちのDenebコア(特定のマザボでL3キャッシュ復活の可能性ありだが消費電力高)とPropusコア(L3キャッシュが元々なく消費電力低)の2つのコアが混じっているらしいです。CPUの刻印から判別できると言うことで、刻印がCACYCならDeneb、CADACならPropus。消費電力低い方が良かったのでPropusが欲しいところ。通販じゃ選べないので悶々としていたところ、京都に来て直接店頭で直接刻印を判別して買える機会に恵まれたので、買ってしまった次第です。

f:id:consbiol:20091026230026j:image

 早速、CPU交換。生涯2回目のCPU交換なので慣れたものです。ベンチマークは他の人がやっているので割愛。主観を書きます。使ってみると・・・あれ?速いぞ!クアッドなんてエンコぐらいしか意味ないとか言ってたやつは誰だ〜 Althon II X2 250よりもクロック数は若干落ちてますが、X2では突っかかりがあるようなシチュエーションでもぬるぬる動く気がします。やはりコアが多いと、こちらの素早い要求に迅速に答えてくれるんでしょうか。この前買った、SSDとWin7と合わせて極楽なPC環境になりました。

 さて、気になるのは消費電力。今回もワットチェッカーで、K10statというツールにより低電圧設定(方法:id:consbiol:20090724)した後のアイドル時、ロード(Prime95計算)時の消費電力チェック。環境は、マザボA7GM-S、ビデオカードHD 4770(メモリクロックを400MHzにダウンクロック)、この時はまだSSDじゃなくてHDDです。

Athlon II X2 250(3GHz)

・アイドル時:81W
  CPU: 1 GHz(0.75V)
  NB: 0.95V

・ロード時:117W
  CPU: 3 GHz(1.1375V)
  NB: 1V

Athlon II X4 630(2.8GHz)

・アイドル時:82W
  CPU: 1 GHz(0.85V)
  NB: 1V

・ロード時:149W
  CPU: 2.8GHz(1.2V)
  NB: 1.15V

・ロード時(オーバークロック):159W
  CPU: 3.08 GHz(1.25V)
  NB: 1.15V

 ということで、アイドル時の消費電力がほとんど変わらないという予想外に嬉しい結果に。しかし、ロード時はさすがに4コアと言うことで、30W以上余計に電気食います。同クロックならその差は40W。単純に演算するコアが倍になるんですから、しょうがないですね。いずれにしても、消費電力以上にエンコ以外でも体感できる快適さがあり、クアッドコアに変えて良かったなぁと思っています。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consbiol/20091103/1257213451