Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2009-11-29

独立行政法人に勤めてる学者から見た民主党の科学技術関連の事業仕分け

 一応、「学者」としていわゆる独立行政法人に勤めている私。ということで私の勤めている法人も事業仕分けの対象となっています。身近に事業仕分け問題を感じる身分として、個人的な意見を書いてみます。というのも本日付の記事を見て愕然としたので。

 本日の静岡新聞のコラムに東京大学の教授の民主党科学技術関連の事業仕分けに関する初見コラムが掲載されてました。科学技術研究を日本の将来の根幹をなすものと位置づけた上で、それを阻害する事業仕分けナチス文化大革命に例えて扱き下ろしていました。身近な権益を損なう問題としてのお怒りはごもっともですが、ナチスまでも持ち出して身銭の危機について文句を言うのは学者としては浅ましすぎやしないかい?

 事業仕分けについては、個人的には妥当だと思います。高齢化・人口減少国家として経済規模は縮小傾向ですし、不況ですから、応じて国家の活動規模を減らすのは当然。何よりも、予算決定の透明化とそれによる無駄の削減は、これまでの政権でなしえなかった悲願であるので画期的。

 伝え聞く限りですと、周りの学者さん達は事業仕分けの妥当性に納得し、お金がないならないなりにがんばっていくかぁ…という人ばかりです。ノーベル賞受賞者の多数を見ても分かるとおり、日本の学者は本来お金がない中で世界的な研究実績を残せるポテンシャルがあるんです。お金があったらあったで嬉しいというレベルなだけ。

 科学技術予算の事業仕分けをダシに、保守層が政治的な意図を持って民主党を批判してるのを見ると、学者としては心が痛いです。本当に科学技術のことを考えているのかと。批判している学者も、こうした保守の談論風発に便乗して語気を強めているだけだと思います。

 では、個人的に科学技術予算について全く批判がないかというと、そうではないです。自民党政権が熟成させてきた制度ですが。大まかに言えば「長期的に学者や学問を育てる」戦略がない、ということに尽きると思います。奨学金制度の悪化、大学授業料の爆上げ、授業料の免除制度も厳しくなったり。博士号を取得した優秀な学者の卵(ポスドク)は、国からも企業からも見放され路頭に迷っています。多少無理してでも若者には投資するのが、国家としてあるべき姿だと思います。それと同時に、学問の道は一日にしてならずなのに、一日で結果を出せという予算体系も問題です。一日は極端ですが、せめて10年レベルでの長期的視野に立った予算編成が欲しいです。

 個人的にあまり裕福ではなかったので、奨学金と授業料免除がなければ学者になれませんでした。私は基本的に国家主義的な考えを持っていますが、その根幹に国から受けた恩があるかもしれません。奨学金制度の悪化や授業料の値上げ、免除制度の厳格化した今では、お金持ちしか学問が出来なくなり、自分のような学者はもう生まれないだろうなと思うと寂しい限りです。

 税金で食わせて貰っている学者は、ある意味公務員的な立場ですし、政府の意向である事業仕分けには全面的に理解・協力する、自分たちの身銭も切るという姿勢が大事だと思います。国の一大事に、大規模な短期的科学技術プロジェクトは切るとしても、優秀な若手学者の教育と支援、長期的な学問熟成のための予算編成という国家戦略を提言すべきでしょうね。これまで自民党では出来なかったことを実現しようとしている民主党なら理解してくれる可能性がありますし。