Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2010-06-26

指紋認証付きの2.5inch IDE HDDケースの「指一本鍵BOX(CYB25U2)」バルク品 が安かったので買ってみた

 センチュリーダイレクトの「こちら」で指紋認証付きの2.5inchのIDE HDDケースがなんと980円。SAMSUNG HM160HC(id:consbiol:20090717)がちょうど余っていたので買ってみました。安い故か一瞬で売り切れちゃってますね。バルクということで、箱がなく、本体やらケーブルやら説明書やらは全てプチプチに包まれて送られてきましたよ。2000、XP対応ということですが、Windows7でもインスコ時の多少のエラー以外は、問題なく使えました。

指紋認証というものを使うのは初めてなのでおっかなびっくり。説明書通りにセットアップします。

f:id:consbiol:20100626122852j:image

↓ケースはスライド式で開くようになってます

f:id:consbiol:20100626123314j:image

↓2.5inch HDDを差し込みます。蓋は完全に閉まらずちょっと隙間あり。ここら辺は安物なので仕方ないところ。

f:id:consbiol:20100626123531j:image

↓接続端子はminiUSB。電力供給用にケーブル側にACアダプタの端子が付いています。こういうケーブル取り外し型のストレージは取り回しが面倒です。

f:id:consbiol:20100626123714j:image

↓合皮カバーが付いていたのが驚き。いかにも安物といった質感ですが、本体を入れると意外といい感じ。

f:id:consbiol:20100626124505j:image

 ユーティリティソフトのインストールですが、エラーでまくりで困りました。結局、USBストレージとして認識→フォーマット→setup.exeをエラーにめげずに何度も実行、で何とかインストール完了。Win7だから?あんまり関係ないような。以下、指紋認証のセットアップ方法です。

↓まずはユーザーIDを入れます。

f:id:consbiol:20100626124202j:image

↓続いて指紋認証のセットアップ。両手全ての指を登録できるようです。面倒なんで両手人差し指だけ認証設定しました。

f:id:consbiol:20100626124846j:image

↓認証は各指ごとに8回で完了します。

f:id:consbiol:20100626124822j:image

↓で完了。ソフトインスコでは苦労しましたが、指紋認証設定は、驚くほどスムーズに終わりました。

f:id:consbiol:20100626125045j:image

一度指紋認証設定した後は、USBケーブル接続時に自動でダイアログが出て、本体に指を付けるだけで一瞬で認証されます。なお、指紋認証情報はHDDの"Fingerprint Disk"フォルダに保存され、他のPCで改めて設定する必要はないということ。

 んで、他のPCに接続してみました。が、USBケーブルを差し込むと指紋認証ドライバの自動インストールは失敗。"Fingerprint Disk"フォルダにユーティリティソフトがコピーされてますので、setup.exeを実行しインストールする必要がありました。

↓フォルダは、右クリックで暗号化可能。

f:id:consbiol:20100626144935j:image

↓USBケーブル接続時に指紋認証していないと、暗号化フォルダにはアクセスできません。

f:id:consbiol:20100626144934j:image

 ちなみに"Fingerprint Disk"フォルダを暗号化したらバグった(笑) 指紋認証情報が暗号化されると、それを復号化する情報が復号化できないというループに陥るっぽい。さすが安物。詰めが甘い。しょうがないのでタスクマネージャからプロセスを見つけて終了し、再フォーマット・再インスコしました。

 さて、指紋認証ギミックを使いましたが、結構簡単で驚きです。これまで、指紋認証は認識率が悪くて何回も指をかざさなくちゃいけなかったり、認証までに処理時間がかかるものだと思ってました。ソフトウェア関係が安定しないとはいえ、安物でこんなに快適とは指紋認証侮りがたし。

2010-06-25

iOS4の雑感

 うちのiPhone 3GSiOS4を入れてみました。Appleがリリースすると噂されていた当日午前2時まで待ちました。眠かった。

 ということで雑感。

1.ヌメヌメ度が増した

 iOS4にして最初に気がつくことは、全体的に無駄なアニメーションに拍車がかかったことですね。「無駄」と書きましたが、ぬるぬる好きな自分としては、大変気に入ってます。

2.マルチタスクは必要?

 昔からWindowsCEPDAをいじくってた人には分かると思うんですが、タスクが裏に回るが非常にいやがられてました。わざわざタスクを終了するアプリが大人気だったほど。さらにiPhoneはアプリ終了時にデータが保存されるので、マルチタスクの意味が元々少ないですしね。

 ということでiOS4のマルチタスクは本当に必要か疑問に思ってましたが、やっぱりあんまり必要じゃないような。

 ただ、私が使っているGPSアプリ(Motion X)が、画面消灯時でもログをとり続けることが可能になったことで、iPhoneGPSロガーとして実用的に使えるようになりました。ただ、これはマルチタスク以外の新APIのおかげだと思うんですが。ついでですが、GPS測位中に丈夫にアイコンが出るようになったのも良い感じ。

3.iBooks

 iTunesとPDFなど書類を同期できるようになりました。早速、文献300あまりを同期させてみました。Books一覧画面はかっこいいですが、ビューワーはいまいちですね。ダブルタップで拡大させるような機能が欲しかった。あと重い・・・PDF300ファイルはさすがに実用的ではなかったようです。

4.カメラ

 デジタルズームがついに実装。その調子で手振れ補正も載せて貰いたいものです。

5.画面固定

 回転できないようにします。タスク画面で固定できるようにしたのはアップルお見事。アプリを起動したまま固定できますしね。

・・

とまあ、こんな感じ。総括としては、あんまり変わってないけど地味に良くなったというところです。今後APIに対応してくるアプリが出てくれば、もっと便利に感じるかもしれませんね。

 あとbluetoothキーボードが対応になったので欲しいんですよね。今のところ野暮ったいのしか売ってないので、iPhone用のスタイリッシュなものが発売されるの待ち状態。

2010-06-20

録画した地デジのTSファイルをiPhoneで見る

 テレビをあんまり見ないので視聴機器(とはいってもUSBワンセグチューナだけ)を廃棄して、NHKを解約しようと思いましたが、NHKの態度に頭来ました(詳しくは言いませんが)。ということで逆にTVライフをエンジョイしようと思い、KTV-FSPCIEを買ってゴニョゴニョしました。ゴニョゴニョすると地デジ視聴用のフリーソフトのTVtestや録画ソフトのTVRockが使えるようになるんですが、これは快適!PCに録画された地デジのTSファイルエンコードすればiPhoneにもコピーできて楽しい。

 iPhone用のエンコですが、私は「Format Factory」を使っています。↓のようにデフォルトでiPhone用動画設定が入っているので非常に便利。ただ動画サイズでデフォルト設定だと左右が切られちゃうのか480X320になりますので、480X272にしておくといい感じです。それから動画だけじゃなく、音楽ファイルのiPhone用設定があるので、OGGファイルをiPhone取り込む時なんかにも使えます。

f:id:consbiol:20100620120717j:image

 出力先フォルダを"C:\Users\userID\Music\iTunes\iTunes Media\iTunesに自動的に追加"(userIDはPCのユーザーID、windows7の場合)にするとiTunesが立ち上がったときに自動的にiTunesのムービーに追加され、iPhoneにも同期されますね。

 エンコで自由に持ち運べるようになるとTVを見る機会が増えました。よかったよかった。

2010-06-16

Medieval 2:Total Warのグランドキャンペーンをクリア

 久しぶりの日記更新。何をしていたのかと言えばゲームをしていました(笑)日記を書く時間はありましたが、ゲームにのめり込むタイプなので、クリアするまでは他のことには興味が湧かなくなる体質です。もちろん仕事は別ですよ・・・

 Medieval 2:Total Warというのをやっていました。中世のヨーロッパ歴史シミュレーションゲームです。ちょっと前に動画で見て、すごい面白そうだと思ってやっと買えました。Total Warシリーズは、エンパイアがシリーズ最新版ですが、ナポレオンの時代です。その時代の鉄砲合戦よりも騎兵や弓槍剣斧とかのガチンコバトルの方が楽しそうかなと思い、シリーズ前版であるメディーバル2の方を買いました。英語版だと拡張パック込みで2980円、日本語版だと拡張パック込みで1万円以上・・・不安でしたけど英語版買いました。

 レビューとかは「ここら辺」を見て貰うとして、個人的な感想です。まず、英語版は最初こそ苦労しましたが、後になれば普通にプレーできました。しかし、世界史を習わなかった世代なので、歴史的な用語の訳が分からない。そこら辺は全て辞書を片手に英語で覚えてしまいました。世界史を知っておりかつ日本語版だとかっこいいんだろうな(英語になると語感が軽くなる)。各勢力のユニットが特色あって、中世マニアにはたまらないっぽい感じ。

 ゲーム自体は、内政は光栄の「信長の野望」や「三国志」的な国盗り合戦。グランドキャンペーンは長いです。ゆっくりすれば3週間はかかる。売りの、迫力合戦バトルは眺めてると面白いです。ただ格上の軍隊とやるときは眺めてる暇がない。

 ゲームも歴史も知識ゼロから始めたので、時代が進むに従って驚きの連続。火薬の発明による銃や大砲ユニットの登場や、イスラム圏や新大陸の開拓はわくわくした。モンゴルやティムールの来襲には泣いた。ただ、グランドキャンペーン1回でおなかいっぱいという感じ。やりこむタイプではなく、勝てれば良かろうタイプなので、飽きたんでしょう。AI対AIの合戦をセッティングしてニヤニヤしながら眺めるのが飽きなくて楽しいかもしれませんねぇ。拡張パックを買ったのでキャンペーンはいくつか残ってますが、やるかどうかは・・・