Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2010-07-30

DESKTOP EARTHで地球を時計代わりに

 DESKTOP EARTHというソフトを見つけました。地球をメルカトル図法で壁紙にしてくれます。これだけでは大したことないですが、なんと太陽光のあたる部分と雲をリアルタイムで更新してくれます。ダウンロードは「こちら」。ただ動作保証はwindows XPだけだそうです。早速、職場PCにインストール。

f:id:consbiol:20100730171514j:image

 日時計として大変便利。デジタル時代の最強アナログ時計です。デジタル時計じゃ仕事が味気なくちゃいますもんね。雲もあるので天気も分かって一石二鳥。

 ちなみにタスクトレーのオプションから、太陽光のあたる部分の更新時間で毎分〜、雲のアップデートで3時間〜、と指定できます。あと地図の中心は、PC情報から自動で取得してくれますし、任意の都市も指定できたりもします。

2010-07-27

BIOS焼きでHIS HD5770のアイドル時低電圧化

 現在メインPCのグラフィックカードは、HISのIceQクーラー搭載HD 5770(H577Q1GD)。このグラボは、なぜか待機時電圧が1.2Vと高いまま。5770では、0.95Vに落ちるはずなのに。しかし、付属CD-ROMに付いているcatalyst 10.3では、Catalyst Control Centerのプロファイルでアイドル時の低電圧化(0.95V)が可能です(id:consbiol:20100717)。

 ところが最新のcatalyst 10.7を入れたところ、CCCのプロファイルでは、電圧設定がフレキシブルに出来るようになった(10.3では0.95、1.125、1.2V以外は設定不可だった)反面、電圧を変えると、待機時クロックの方が落ちなくなりました。しょうがないので、あんまりいじりたくなかったBIOSからアイドル時の低電圧化をしました。無事成功しましたのでご紹介。ただし、H577Q1GDで成功しただけなので、他のカードで出来るかは不明なので注意。

 BIOS書き換え以前のCatalistControlCenterの設定が悪さをします。BIOSを書き換える前に、CCCやドライバなど全てアンインストールした後、Cドライブ直下やProgram Filesフォルダ内、および"C:\Users\XXXXX\AppData\Local\ATI"などCCCに関わるファイルを全て削除しましょう。

 まず、RBE_125.exeを「どこからか」ダウンロード。起動します。

下の方のボタンで「Aquire/Flash」ボタンを押して、現在のBIOSをグラボから吸い取ります。

f:id:consbiol:20100727210017p:image

「Aquire/Flash」ボタンを押すと下のようなウィンドウが出ますので、「Aquire BIOS」ボタンを押します。

f:id:consbiol:20100727210250p:image

2つダイアログが出ますが、よく分からないので、全部YESでOK。

f:id:consbiol:20100727210524p:image

f:id:consbiol:20100727210523p:image

 これでBIOSから吸い出された各種の設定情報がRBEに表示されます。また、一応このデフォルトBIOSをバックアップしておきましょう。「Save BIOS」で保存可能。

 次に、上方の「Clock setting」ボタンを押すとクロックと電圧の設定が表示されます。H577Q1GDでは、clock info 01と03がアイドル時設定っぽいので、ここの電圧を1.2V→0.95Vに変更。

f:id:consbiol:20100727211009p:image

 ちなみになぜアイドル設定とロード設定が2つずつあるのか不明。右の2つのロード・アイドル設定(02と03)は動画再生支援時の設定?

 設定を変えたら「Save BIOS」でBIOSを保存。

 次に、ATIwinflashを「どこからか」ダウンロード。ちなみに今回は、vr.2.0.1.11を使いました。

 起動します。

f:id:consbiol:20100727211854p:image

 「イメージの読み込みボタン」を押して、焼き付けたいBIOSイメージを読み込みます。先ほど、設定を変えて保存したBIOSを指定しましょう。そして、「プログラム」ボタンを押せば、BIOSイメージ焼き付け完了。再起動します。

 HWMonitorで、アイドル時クロックが0.95Vになっていることを確認。大成功!

f:id:consbiol:20100727212251j:image

 とりあえずここでおかしなことになったら、あらかじめ保存しておいたデフォルトBIOSをATIwinflashでグラボに焼き直せばOK。

2010-07-25

となりのトトロは裏山の「ぬし」だった

 たまにはエコ日記らしい徒然なることを書いてみようと思います。前々から、そうしようと考えていたのですが、ついに実行。

 ということで、TVジブリ祭りの「となりのトトロ」を見て。

 「ぬし」は、人間の自然に対する好奇心や畏怖を反映した面白い発想だと思います。とはいえ、現代日本でぬしを見たことがある人がどれくらいいる?そんな自然は、周りに残ってませんね。私は、博士研究の際(7〜8年前)に東北の湖沼を見て回った経験があるのですが、少なくともいくつかの沼でぬしを感じました。東北にはまだいそうな雰囲気です。

 日本人としてのアイデンティティは何か。国旗?国家?天皇?まあ、それはそうなんですが、具体的にはぬし(八百万の神)のいる自然じゃないかと思います。天皇って、本来は西洋的なエンペラーじゃなくって、自然神と一般人を繋ぐ神主の親玉みたいな存在ですよね。国民統合の象徴が、自然なんてロマンのある話。

 利権のためにぬしが宿る自然を破壊しつくした自民党。よくその口で、日本の伝統を守る保守と名乗れるなと思います。そして、その利権にあぶれた弱者の恨みを晴らすために、自然保護を私的利用したのが左翼(宮崎駿もそのたぐいに足を突っ込んでるか・・・)。アイデンティティである自然を破壊された日本人の心は、荒廃する一方でないかい?

 まあ、個人としてできることはないですけど。日本人の原風景は「ぬし」のいる自然で、それがつい最近まで身近にあったということを忘れないようにしないことが日本人としての義務なんじゃないかと思います。トトロを見て、それを思い出しました。トトロが、未だ人気があるのは、見ている人がまだ「日本人」だからかもしれません。

2010-07-22

ど田舎な近所にもついにソフトバンクのハイスピード3G通信が!iPhone購入1周年記念

 周囲360℃茶畑など田舎にもほどがあるうちの近所。もちろんソフトバンクのハイスピードは開通しておりませんでした。良いところは、ソフトバンクの障害物に不利な電波周波数でも、問題なく電波が届くところ。なにせ障害物どころか3階以上の建物とかないですから。

f:id:consbiol:20100616191304j:image

 昨晩、iPhoneでpixivビューワーを使っていて、イラストのダウンロードがなんか異常に速いことに気がつきました。ん?と思って速度を測ってみると・・・

 倍くらいに速くなってる!速度的に見て、とうとううちにもハイスピードが来たようです。まあ、千葉出張の時は普通に1Mbps越えてたのでまだ半分ぐらいの速度ですが。

 ソフトバンクは「2010年電波改善宣言」を出してますが、単に基地局を増やしてエリアの穴を埋めるだけだと思ってました。しかし、ハイスピード化もちゃくちゃく進めてる見たいですね。ナイスです。あとは、ドコモとauと同じ屋内に有利な周波数を取るのを目指しているということですが、そうすればいよいよソフトバンクのインフラ的な不利感も解消されるかも。

・・

・・・

というハイスピード化が、ちょうどiPhone購入(id:consbiol:20090721)1周年に起きたのが、偶然にしてもできすぎてます。

 iPhone 3GSの前は、702NK→初代W-ZERO3X02HTとずっとスマートフォンを使ってきました。ということで、ガラパコス携帯からいち早く脱出した身でしたが、それらと比べてもやはりiPhoneは使いやすいなと思います。そして、生活や仕事に完全に入り込んでしまっています。ないと恐ろしく不便な生活になっちゃいますね。え?たかが携帯電話で大げさではないか、と? う〜ん、iPhone(や使ったことないけどAndroidなどのスマフォ)を使った経験がない人には、分からない感覚かもしれません。iPhoneには、そう思えるに足る潜在能力と洗練されたユーザーインターフェースがあるんです。べた褒めですけど、そう表現するほかありませんね。

 昔から、携帯端末は裸で持ち運ぶ性分なので、1年経ってぼろぼろです。

f:id:consbiol:20100722212607j:image

 コンクリートや砂利に何回かもろに落としまして、裏も表も傷だらけですが、ガラスが割れるということはないです。バッテリも消耗はあまり感じません。もう一年は十分いけそうですね、これは。

2010-07-21

USB接続の5.1chヘッドセット CyberSnipaを買った

 安かったのと、5.1chサラウンドに遭遇した場合の対策と、マイクが欲しかったので買っちゃいました。CyberSnipa ヘッドセット Sonar 5.1Surround Headset CSHSSO01D。楽天市場FILCOキーボードショップで箱潰れ価格 4980円也。ゲーミング用ヘッドセットでヘッドフォン内部に8基のスピーカーを搭載しリアル5.1chサウンドを実現、ノイズキャンセリングマイクも搭載、と商品説明にあります。で早速、使ってみましたが、いい感じです。

 パッケージは、この手のものにありそうな感じの物。箱つぶれということですが、どこが潰れてるんだかよく分かりません。

f:id:consbiol:20100721211351j:imagef:id:consbiol:20100721211350j:image

 コントローラー。ボリュームとマイクスイッチ、ミュートボタンが付いてます。かなり大きめですが、アメリカ仕様なのでしょうか。このコントローラーの先にUSB端子が付いています。

f:id:consbiol:20100721211505j:image

 ドライバのインストールは、本体をUSBポートに差し込む→setupファイルを起動する、でOK。簡単でした。ドライバディスクにはWindows7用のdriverは入っていませんが、「こちら」からβドライバをダウンロード可能。全く問題なしで使えてます。ていうかwindows7版ドライバしか使ってないですけど。

 タスクトレーのユティリティアプリからエフェクトなどの設定が可能。擬似的な7.1chサラウンドとかも可能。2.1chソースで使ってみたところ、左右の音が後ろの方からも聞こえます。悪くないですが、ちょっとくすぐったい。音質自体は良く低音もしっかり出てると思います。ロック聞いたら、ちゃんとドンドコいってますし。

f:id:consbiol:20100721212344p:image

 ボリュームや各種ラインのオン・オフが出来ます。ここで、RECのマイクをオンにしないと録音できないです。

f:id:consbiol:20100721212754p:image

 ちなみにマイクの性能はなかなか良いです。少なくとも今持っている980円のマイクと比べて、ノイズや息の音などが聞こえにくい上感度も大変良いです。RECボリュームをMAXにすれば、ささやき声も綺麗に拾ってくれます。カカクコムのレビューでは、集音が途切途切れになるとありましたが、そんなことはないです。もしかしたら、ACアダプタ付のUSBハブに繋げているから、安定しているのかもしれません。バスパワーだと電力が安定しないのかも。

 エフェクトをかけられますが、不自然になるので個人的にはノーマルがいいです。

f:id:consbiol:20100721213914p:image

 ということで、性能的には全く問題ないです。というよりか満足。Windows7版ドライバで不具合も経験してません。ヘッドセット本体が少々重いことがちょっと問題ですけどね。ちなみに重さを量ってみたら327g。我慢できないほどではないですが。

2010-07-17

HD4770からHD5770への乗り換え雑感

 HD5770買っちゃった(テヘ A-priceで送料込み13,800円也。型番はHISのH577Q1GD。IceQのオリジナルクーラー搭載モデルです。ということで元々所持していたHD4770(SAPPHIRE Arcticのオリジナルクーラーモデル id:consbiol:20091018)との比較です。各所レビューでは、ロード時の消費電力こそHD5770が高いですけど、性能は約1.5倍で、アイドル時消費電力が大幅低下ということですが(「ここら辺」参照)どうでしょうか?面倒臭いベンチなどはおいといてあくまで主観的レビューです。

 なお、現在使用中のマザーボードはASRock M3A785GMH/128M(id:consbiol:20100105)、電源はHEC Win+700W J(id:consbiol:20091218)、CPUはPhenom II X4 955 BE(id:consbiol:20100126)。

化粧箱はなかなか凝ってました。SAPPHIREよりも高級感がありますね。

f:id:consbiol:20100717153325j:image

HD4770との比較。ボード本体の大きさは、さすが同じX770シリーズだけあって全く同じです。ただクーラーの分だけHD5770の方が長い。あと重量に関してですが、ヒートパイプと外排気用の覆いがあるせいかHD5770の方がかなり重いという印象。

f:id:consbiol:20100717153326j:image

付属品は、crossfire用ケーブル、4ピン→6ピン変換ケーブル、DVI-RGB変換コネクタと一通り入ってました。

f:id:consbiol:20100717153327j:image

 さて、まずはアイドル時の消費電力比較。

ところで、HD4770のアイドル時消費電力は、Catalyst Control Centerでメモリを400MHzまでダウンクロックやるとかなり(8W)減少させることができます(id:consbiol:20091025)。HD5770の方はというと、明示しなくてもアイドル時に自動で300MHzまで下がります。そこで公平のためにHD4770を400MHzにしたものとHD5770を比較しました。

HD4770:91W(ただしメモリ400MHzに明示的クロックダウンで8W減)

HD5770:89W

2Wしか変わらない・・・HD5770でアイドル時消費電力大幅低下なんてだまされた、と思い愕然。

でまあ、HWMonitorで見てみると、HD5770でアイドル時のGPUコア電圧が1.2Vのまま下がっていないことが判明。ちなみにHD4770はアイドル時0.9Vまで自動で下がります。

f:id:consbiol:20100717153328j:image

調べてみると、HD5770の基本はアイドル時0.95V。しかし、これではデュアルモニタモード時にノイズが出る場合があるらしく、それをメーカーが嫌忌してかアイドル時電圧を上げちゃってるモデルがあるらしいです。私が掴んだのはまさにそれ。(ちなみにクロックは、アイドル時コア157MHz/メモリ300MHzにちゃんと下がってます)

 まあ、対処は簡単で、Catalyst Control CenterのProfileでアイドル時の電圧設定を変えてやればOK。方法は、またいつか書くかもしれませんが、簡単に書くと、CCC>オプション>プロファイルマネージャー、で新規プロファイルを保存すると「C:\Users\uesugi\AppData\Local\ATI\ACE\Profiles」にxmlファイルが出来ます。その中身に「C:\Users\uesugi\AppData\Local\ATI\ACE\Profiles.xml」の中身を上書き。xml内の該当箇所のアイドル時電圧設定を1200から950に変えるだけ。ちなみにCCCは付属CDのを使ってます。

f:id:consbiol:20100717161226j:image

成功。ちなみに電圧設定は1.125Vも可能で、ロード時の電圧をそれにしておきました。

HD4770:91W(ただしメモリ400MHzに明示的クロックダウンで8W減)

HD5770:82W(ただしプロファイルにより低電圧化1.2V→0.95Vで7W減)

まあ、こんなもんかなという結果。

 次に、温度です。

HD4770:44〜61℃

HD5770:45〜63℃

(アイドル〜3Dmark free版ロード時、室温約26℃)

 HD5770は外排気モデルなので温度が上がるかと心配でしたが、そんなことはなかったようです。外排気なのでケース内のエアフローも上がって嬉しい限りです。なんとなくですが、CPU温度も以前より2,3℃下がった気がします。ファンの音ですが、どちらも静かなもんです。しかし、HD5770のファンは起動時に一瞬だけ最高速度で回りますけど。

 最後に性能差です。最近は、Arma2とMedieval2をHD4770での限界点ぎりぎり画質でプレーしてましたが、HD5770ではHD4770で感じた突っかかりは全くなくなりスムーズに描写されます。なるほど劇的じゃないものの性能比1.5倍だけのものは感じます。ただ、それに対する比例分だけ消費電力も上がってる感じです。

 ということでHD4770からHD5770のアップグレードはかね満足。ただ、消費電力を上げた分だけ性能を上げただけ感があるので、現在の相場1万円台後半での乗り換えはコストパフォーマンスに疑問を感じます。1万ちょっとになったらお買い得かも。それとアイドル時電圧はHWMonitorで要チェックですね。1.2Vになってる可能性があるので。

2010-07-13

けいあん!!のワンセグチューナーを追加購入

 ソフマップの「こちら」でKTV-FSUSB2/V2が安くなってたので買っちゃいました。4480円也。以前に買ったPCIE版に今回買ったUSB版あわせて、ダブル視聴・ダブル録画に成功。地デジって楽しいですね。エンコソフトは未だ探求中ですけど。

f:id:consbiol:20100713214056j:image

 ちなみにTVtestでは、2つめのチューナーを自動シークしてくれるので、TvRockで録画時でも地デジが視聴可能です。もちろんTVtestを2つ開いて、2チャンネル同時視聴も自動で出来ます。

 TvRockでのダブル録画の為には、2つめのチューナーの設定をしてやる必要があります。設定>チューナー>チューナー2で、チューナーアプリケーションを「TvRock DTV Target B」にします。次に、チューナー1を参考に、以下を入力します。つまり、チャンネル設定、アプリケーションがあるフォルダ、実行アプリ(視聴・有)とオプション、実行アプリ(視聴・無)とオプション、録画フォルダ。注意するのは実行アプリのオプションで、チューナー1では「/d BonDriver_FSUSB2N.dll /DID A /tvrock」となっているのを「/d BonDriver_FSUSB2N.dll /DID B /tvrock」とします。AをBに変えるだけですね。そして録画設定時に、録画デバイスの設定で、チューナー2を選択すれば、ダブル録画できました。

2010-07-12

参議院選挙への雑感

 だいたい妥当な結果じゃないかなと思います。ただちょっと、みんなの党が票取り過ぎかな。まあ、その分、他のマイナー政党が票を減らしたってことだけですけどね。

 個人的には、みんなの党の「政界再編」は賛同できないんです。世界の政治を見ると、ある程度社会が安定した国では、ベストな党を作るより、ベターな党を選択できる環境、つまり2大政党制が、一番公正な政治になると思いますので。せっかく中道右派自民党中道左派民主党という2大政党が出来たのに、またそれを壊すなんて日本社会に混乱をもたらす政治家のエゴ以外何者でもないと思います。みんなの党には、自民党には出来ない右派的なスパイスを効かせる政党となって欲しいです。公務員改革とかのマニフェストは良いですし。

 私は、民主党に入れました。もともと右的な思想を持っているんですが、正直、自民党が日本国を50年間独裁して蹂躙してきた政治を許せないし、在野後も反省が足りないと思います。今回も世襲議員が目立ちましたしね。そこら辺の国民感情が、比例区自民党が伸びなかった理由でもあるんじゃないかなと思います。

2010-07-10

憧れのロボット掃除機ルンバを買った

 きれい好きだけど、面倒くさがりという致命的な性格を持つ私。働き者の嫁がいてくれればいいのですが、その予定もありません。ということで、以前からずっと気になっていたロボット掃除機ルンバを買ってしまいました。2ヶ月ほど使ってみた感想を書いてみます。ちなみに買った型番は、「iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 527 スティールブルー」というローエンドなやつです。当時価格.comでの最安店EC-CURRENTで37850円。この値段の高さが購入を躊躇させますね。ほんとに費用対効果があるのかと。

 開封。デザインは、アメリカっぽい無骨さがありますが、そこそこ好みな感じです。

f:id:consbiol:20100710204929j:image

 裏面のデザインは、無骨すぎます。まあ、普段目にすることはないのでOK。 写真左上の3つに分かれた小型ほうきがこの製品のミソ。これが回転することで、隅のゴミを掻き出します。丸い筐体でも隅々まで綺麗になるのはこれのおかげ。また、緑の樹脂で囲まれたハケが回転し、そこからゴミを吸引します。

f:id:consbiol:20100710205121j:image

 持ち運びはこんな感じ。本体の重量がそこそこある上、重心が安定しないので、重く感じます。

f:id:consbiol:20100710213430j:image

 前面のバンパー。触るとふかふかしていて、障害物への衝撃を和らげます。赤外線センサーと接触センサーもついています。

f:id:consbiol:20100710213733j:image

 ゴミの取り出しは↓の写真のようにワンタッチで、大変取り出しやすいです。ルンバのお尻を下にしたまま、ゴミ容器を取り出さないとゴミがこぼれます。したがって、不用意にゴミ容器を取ると大変な惨事に・・・まあ、慣れで気をつけるようになって、惨事は起こらなくなりました。

f:id:consbiol:20100710205445j:image

 さて、使ってみた感想です。

 このロボット掃除機の肝は、「掃除している時間が長い」という所にあると思います。しようがないことですが、掃除は人間よりも明らかにヘタです。しかし、小一時間ぐらい掃除し続けるという人間にはない根気強さで、隅々まで輝くぐらい綺麗にしてくれます。

 あと、センサー類もしっかりとしていて、段差があっても落ちないし、壁や障害物も赤外線+接触センサーで見事に対処します。ただ、小型のマットとケーブルだけは例外。マットは乱暴にベロンベロンにめくって進みます。ケーブルは回転装置に巻き込んだ上、しばらく気がつかずに動き続けるので致命的な惨事に。稼働前に、マットとケーブルをどけておくのは必須ですね。ここら辺は、今後の技術力向上に期待される点だなと思いました。

 まあ、マットとケーブルの件は、アマゾンなどのレビューを見て覚悟してました。ちなみにレビューを見て、「この製品のいいところは全自動な点なのに、事前にマットなどをどけておかないといけないなんてどうなのよ?それなら自分で掃除した方が手っ取り早くない?」とルンバの費用対効果を疑ってました。しかし、ルンバさん御免なさい。マットとコードをどける手間は、自分で掃除する手間に比べたら、屁みたいなもんでした。

 それとローエンド版を買って正解でした。高機能版で実装されている、タイマーで自動掃除開始機能や複数部屋認識機能は、使いづらいと思います。なぜなら、上記のようにルンバ稼働前にマット+ケーブルを部屋からどける必要があるため。一回一回、一部屋一部屋、簡単に準備しなくちゃいけないですから自動でやってもらっちゃ面倒な事態を引き起こします。まあ、自動で電源に繋がる機能はうらやましいですが、ドックが場所を取りますしね。いずれにしても+数万円出して、高機能版を価値は全くないです。

 あとリモコンは使いません。でも、ルンバがラジコンカーになるので、子供のおもちゃにはいいかも。

・・

・・・

ということで、トータルとしては95%の大満足。5%分はマットとケーブルをどける必要性ですが、値段以上の働きは十分してくれてます。

2010-07-09

梅雨の威力を知るため温湿度計を買った

 あまりにじめじめしているため、湿度が知りたくなりました。そこでアマゾン購入、温湿度計。MH-232-GRです。

 温度(摂氏華氏選択可能)と湿度が表示されるシンプルなタイプです。あと、左側に不快度指数が顔のアイコンで表示されます。サイズは小さく、デザインも結構気に入りました。プラスティックなんですが、表面に透明なプラスティックの層があり、それがデザイン性を増しています。これがなければ、単なる安っぽいプラスティックの質感です。

f:id:consbiol:20100709194826j:image

 さて、早速湿度を測ってみると、なんと常時90%近く。こりゃ駄目だ。梅雨の威力恐るべし。でもクーラーの除湿機能を使うと50%まで下がります。結構、強力なんですね。

2010-07-07

USB扇風機を新調

 暑くなってきた〜ということで職場で使うUSB扇風機をが欲しくなりました。amazonで探してたらSANWA SUPPLY USB-TOY50 USB扇風機がコストパフォーマンスよさげ。

 使ってみた感想ですが、思ったより大きめでデザインは結構好き。風量は調節できないのが気になりましたが、よく考えると最大値でしか使いませんし、オンオフのみの方がシンプルで良かったです。風量自体も問題なし。

 だた、結構振動があります。写真のようにPCの上に置いているんですが、たまにPCの天板と共振することが・・・風切り音よりも振動の音の方が大きいです。これは筐体が金属性であるがゆえの問題でしょう。気にならないっちゃ気にならないですけどね。

 アマゾンのレビューの方では、油を差すと長持ちするとありました。クレ556でも持ってきてみようと思います。

f:id:consbiol:20100707173911j:image

追記:クレ556を刺したら、振動がかなり抑えられました。

2010-07-02

WindowsXPのプレースバーをカスタム

 WindowsXPのファイルを開くメニューで、標準で出てくる左側のリンク。あれは、プレースバーというらしいです。Windows7やOffice2007ではドラック&ドロップや右クリックでカスタム出来ますが、WindowsXPのは変えられなくて困ってました。標準のリンクは、ない方がマシというぐらい使えない。

f:id:consbiol:20100703030232p:image

 ちょっと調べてみたところTweak UIというMS純正ツールでカスタム出来るらしいです。ちなみにダウンロードは「こちら」の右側中程にあります。また、日本語化ツールも「こちら」からダウンロードできますね。コモンダイアログ>プレースバー>カスタムプレースバー、から5つのリンクを自由に変えられました。

f:id:consbiol:20100703030703p:image

 Dropboxなどをリンク先に出来ました。前からここのリンク先を変えたかったので、その方法が分かってすっきりしました。

f:id:consbiol:20100703030806p:image