Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2010-08-29

USBも付いた内蔵型カードリーダーSKY-TF レビュー

 サブPCは、6年前に買ったショップブランドのBTOパソコンを基本にしています・・・かなり中身は入れ替わってますけど。その内蔵カードリーダーなのですが、古くて最近のメモリカードが認識できないことが多々ありました。そこで新しいカードリーダーを物色していました。良さそうなものがあったので、ソフマップで購入。スカイデジタルジャパンのSKY-TF(BK)です。¥2,080也。

 ちなみにどこが良さそうだったかというと、まずUSB端子が付いていること、そして電源スイッチが付いていること。あと、microSDがアダプタなしで差し込めること。最後の決め手は、値段。使ってみた感想ですが、多機能ですけど安定して普通に使えてるので買って良かった感じ。

↓パッケージ

f:id:consbiol:20100829135849j:image

↓裏からUSBケーブルが伸びていてそれをマザボに差し込みます。と、同時にフロッピー用の電源端子もあります。ここから電気を供給してやらないと、USBが使えないようです(カードリーダーは電源なしでも使える)。

f:id:consbiol:20100829135903j:image

↓前面はこんな感じ。一番左の円柱型スイッチでオンオフ可能。LEDランプは、電源オンオフマーカーかと思ってましたが違いました。カードを差し込むと光るようです。

f:id:consbiol:20100829135917j:image

 とりあえず、私が持っていたカードとUSBメモリは全て認識しました。とても安定しています。また、電源スイッチは大変便利。オフにしておけば、マイコンピュータにずらりと並ぶ邪魔なリムーバブルディスクのアイコンを一掃できます。microSDスロットがあるのもポイント高し。

 しかし、この手のカードリーダーには、全てメモリースティックスマートメディアカードスロットが付いているのは、もううんざり。一部のマイナーユーザーのために、そういったスロットも付いているモデルがあることを否定しませんけど、全モデルに付けるのはいい加減に止めて・・・

2010-08-26

完全にハズレなUSB扇風機 400-TOY010 レビュー

 SANWAサプライのショップの「こちら」で安売りしてたので、買ってしまいました。ちょっと前、職場用にUSB扇風機を買ったのですが(id:consbiol:20100707)、ちょうど自宅にもほしかったところでした。¥980円也。使ってみた感想をいうと、捨てたくなりました。久しぶりにハズレを引きましたね〜どこら辺がハズレなのかをレビューという感じです。

↓本体が大口径14cmのFANなので箱がなかなか大きいです。

f:id:consbiol:20100826232450j:image

↓まず、FANの首振り←→固定のつまみ。押し込んで回すと首振り歯車に引っかかるのですが、引っかけるのが至難の業。

f:id:consbiol:20100826232822j:image

↓次に、首の上下の角度を変更する機構ですが、六角のネジの角度を変えてしないといけない。つまりいちいちネジを外さないと変えられないという・・・

f:id:consbiol:20100826233122j:image

↓首振りのギミック自体も大変貧弱です。ぐらぐらふらふら。

f:id:consbiol:20100826233231j:image

↓正面で固定ができないので、こんな感じで斜めってる状態で使うことにしました。見返り美人な構図。

f:id:consbiol:20100826233412j:image

あと、FANを回すとチャカチャカ変な音がします。ブォーンという風切り音はしょうがないですが、カチャカチャは明らかに軸がぶれている音です。風量は2段階可変式ですが、強い風量の方にすると、この音が気になりすぎます。

とまあ、速攻で捨てたくなりましたが、まあ風量はそこそこありますし、夏が終わるまではこのまま使ってみようと思ってます。

2010-08-22

ベアトリーチェの犯行計画推理(EP3〜4のトリック推理)

うみねこのなく頃に散 EP7を踏まえたトリック推理その2。きりがないので、うみねこのなく頃に関係の日記は取り合えずこれで最後にしようと思います。

ちなみにEP6より、EP3・4は偽書の可能性が示されてます。特に絵羽が生存するEP3とかその可能性大。しかし、ガァプやシエスタなど、関係者もしくは魔導書のみが知る情報が入っているため、未公開ボトルメールを参考に書かれた偽書であると思います。

第3のゲーム・・・絵羽が生存する例外ストーリー

絵羽が殺人を犯している裏で、ヤスが杭を刺して回ります。

・黄金郷の鍵が選んだ生け贄

徹夜の親組会議でも、黄金郷が暴かれなかった。ヤスは、黄金の魔力で生け贄を作れなくなったので、単独行動している使用人(源次・熊沢・郷田)を生け贄にするため銃殺。金蔵の死体はボイラーへ。ヤス自身は、紗音・嘉音の偽死体となる。南條はもちろん1億のために偽証。

・第一の晩。連鎖密室が繋ぎし、6人の骸

幻は幻に。……輪になる密室、終わりと始まりが重なる

紗音と嘉音はヤスであり、ヤスは生きている。紗音と嘉音という人格が生死の概念を持つ1個体の人間という事実は「愛がなければ見えない」。源次・熊沢・郷田・金蔵の死体と鍵を配置した後、一番アクセスしやすい1F客室でヤスが紗音の死体を演じる。発見された後に礼拝堂に移動して窓から入り、中から鍵を閉めた後、嘉音の死体を演じる。

・第二の晩。薔薇庭園にて親子は骸を重ねる

土は土に。……語られし最期に、なんの偽りもなし。

絵羽の犯行。黄金狂を発見し時限爆弾の存在を知った絵羽は、皆殺しを考慮に入れ始める。楼座と口論の拍子に楼座が柵に刺さり死亡。その後、真里亞を絞殺。真里亞を銃殺しなかったのは、銃痕で怪しまれるのを防ぐため。秀吉の絵羽アリバイ証言は、もちろん虚言。

・第四、第五、第六の晩。屋敷にて倒れし3人の骸

土は土に。……語られし最期に、なんの偽りもなし。

絵羽による銃殺。霧江は、絵羽の犯行を疑い、秀吉を問いただすために本館へ。絵羽も向かい、霧江の話を聞き、事件の発覚を恐れて霧江・留弗夫を抹殺。秀吉は、絵羽をかばって撃たれたのかもしれない(幻想描写)。杭は、見立て殺人にするためにヤスが銃痕に後から刺した。ヤスは放置された銃を奪う。

絵羽は、ここら辺まで来ると、皆殺し→爆弾で証拠隠滅しか道がないと考えた

・第七、第八の晩。夫婦二人は東屋にて骸を晒す

土は土に。……明白なる犯人は、無情の刃を振るにいたり

譲治が、窓越しに紗音の影を見つけて、ゲストハウスから飛び出す→蔵臼・絵羽が追いかける→蔵臼「夏妃はゲストハウスで子供達を守っていなさいッ!」→絵羽が蔵臼を絞殺→絵羽が夏妃を呼び出し絞殺→絵羽がゲストハウスの鍵をかける→密室完了

杭は、ヤスが例のごとく後から刺した。

・紗音の復活と譲治殺し

ヤスは、膠着した事態の打開のため、紗音の姿で譲治をゲストハウスからおびき出す。1F客室に入ってきたところで銃殺。死んだふり。そのすぐ後、蔵臼・夏妃を殺した絵羽が来て譲治の死を確認→ゲストハウスへ。その後、ヤスは魔法陣を書く。「07151129」は戦人へのメッセージ?相合い傘みたいなもんかもしれない。

絵羽・戦人・朱志香・南條が1F客室を訪問。絵羽は2回目の訪問である。この時もヤスは紗音の死体のふり。絵羽が数字をメモったのは、2度目で現れた魔法陣に驚き、何か意味があると思ったから?

・南條殺し

時限装置発動まで朱志香と添え遂げたかったヤスが、朱志香を保護する邪魔な南條を銃殺。

・朱志香殺し

絵羽から守るため、ヤスが朱志香をカーテン裏まで誘導する。しかし、絵羽によりヤスと朱志香は銃殺。

・戦人殺し

絵羽は戦人を銃殺した後、九羽鳥庵へ避難。犯行現場は爆破。

第4のゲーム・・・幻想に包まれたストーリー

やはり霧江ヒドスあたりが関係するんじゃないかと。幻想が多く、どうにでもなるのでかなりな独自解釈。

・黄金郷の鍵が選んだ生け贄

黄金郷発見後、食堂での口論中に銃撃戦。夏妃・絵羽・秀吉・留弗夫・楼座が死亡。ちなみに源次は生きている。郷田と熊沢は銃撃戦の最中逃げ出す。この2人は親が殺し合ったのを気遣うために、子供達に説明できない。

・第一の晩。食堂にて吹き荒れる虐殺の荒らし

幻は幻に……黄金の真実が紡ぎ出す物語は、幻に帰る

金蔵はいない。銃撃戦。生き残った霧江とヤス・源次は共闘(内線の復活が共闘の証拠)。蔵臼・南條を監禁下に。

・第二の晩。二人の若者は試練に挑み、共に果てる

幻は幻に。……黄金の真実が紡ぎ出す物語は、幻に帰る

蔵臼を脅したりして、譲治・朱志香をおびき出す。それぞれヤスと源次が銃殺。

・第四、第五、第六、第七、第八の晩。逃亡者は誰も生き残れはしない

土は土に。幻は幻に。……虚構に彩られし、物言わぬ骸。

幻ばっかりで不明。とにかく蔵臼・源次・南條・霧江が銃殺され、ヤスが生き残る。杭はヤスが刺す。

その後、郷田・熊沢に紗音のふりしてシャッターを開けさせ、銃殺。倉庫の鍵プレートだけ別鍵に付けて郷田のポケットへ。鍵を外から閉めて密室完成。

・真里亞殺し

ベアトリーチェの声でマリアを呼び出し、毒入りあめ玉で毒殺。直接渡さなくても、メッセージと共においておけばOK

・第九の晩。そして誰も生き残れはしない

土は土に。幻は幻に。……虚構は猫箱に閉ざされることで、真実となる。

見立て殺人にするために、死体を配置し、ヤスは自殺する。

・私は、だぁれ……?

幻は、幻に。……約束された死神は、魔女の意志を問わずに、物語に幕を下ろす。

ヤスが死んでも、時限爆弾で戦人は死亡。

2010-08-21

ベアトリーチェの犯行計画推理(EP1〜2のトリック推理)

 うみねこのなく頃に散EP7のライトのおかげで、だいぶEP1〜4のトリックが推理しやすくなりました。うみねこのなく頃に EP8までの思考遊びのために、アウアウローラよろしく推理してみようと思います。とりあえず今日はEP1と2をば。

犯人:

ヤス。ヤスが死んだ場合は源次が引き継ぐ。杭や魔法陣、手紙など魔法虚飾は、源次とヤスが行う。熊沢と南條は虚言による共犯(ヤスへの同情と一億の報奨金目当て)。

動機:

見立て殺人というミステリらしい殺人事件を起こして、ミステリを語り合う中で生まれた「あの約束」を戦人に思い出させる。

第1のゲーム・・・犯人はヤス

 ほぼミステリのお約束で説明が付きます。若干穴埋めが必要ですが。

・黄金郷の鍵が選んだ生け贄

 部屋に帰った夏妃以外の7人(蔵臼・絵羽・秀吉・留弗夫・霧江・楼座・郷田)は黄金郷を発見(そこにヤスもいる)。食堂に戻って話し合っている内に、銃撃戦。生き残ったのは絵羽・秀吉。2人は、夏妃に銃を渡し罪をなすりつけるため、ヤスを利用する計画を立てる。とりあえずのカモフラージュのため見立て殺人として紗音を疑似死体に。死体は園芸倉庫に運ぶ。

・第一の晩。園芸倉庫に、6人の死体

幻は幻に。……土には帰れぬ骸が、幻に帰る

紗音の死体はなかった。絵羽と秀吉の虚言(アクマノシワザヤ〜)。第一発見者(嘉音)を疑えというミステリの鉄則どおり。顔を耕した目的は2つ。銃痕を隠す(躊躇なく夏妃に銃を持たせるため)。譲治による紗音の死体確認を防ぐ。

・第二の晩。寄り添いし二人の骸は鎖で守られし密室に

幻は幻に。……幻の鎖は、幻しか閉じ込めない。

絵羽と秀吉は、戦人に邪魔されて夏妃を犯人にし損ねた。そこでヤスと今後の計画を確認するため密会。そこでヤスによる銃殺。荒らされた形跡がない→仲間による不意打ちというミステリの鉄則。その後、チェーンを切って虚言による密室を作る。

・第四の晩。密室書斎の老当主は灼熱の窯の中に

幻は幻に。……幻の男は、あるべきところへ

夏妃が、事件のどさくさに紛れて、もともと死体だった金蔵を始末。死体の重さから見て、単独行動時の源次に始末させた可能性大。

・第五の晩。杭に胸を捧げし少年の最後

幻は幻に。……幻想の魔女と杭は、幻想しか貫けない

嘉音は死んではいない。南條・熊沢による嘉音の狂言殺人。死亡確認は、南條の他に朱志香が立ち会った可能性があるが、死亡を誤魔化せなくても、嘉音「これが終わったら添い遂げましょう」てなこと言えば、朱志香はイチコロ。

・第六、第七、第八の晩。歌う少女の密室に横たわる3人の骸

幻は幻に。……盲目なる少女が歌うは幻。密室幻想

真里亞の歌は録音テープ(朱志香の怪談話参照)。ヤスが3人を銃殺。鍵はヤスが持つマスターキーで閉めれば問題なし。密室ではない。

・夏妃の決闘

手紙の内容は、「金蔵の件(または19年前の赤ん坊突き落とし事件)をばらされたくなければ、1人で来い」。ヤスによる銃殺。

・従兄弟4人の最後

ヤスと出会った直後、時限爆弾作動。

第2のゲーム・・・欲深い楼座を利用したヤス

ヤスは戦人を最後まで生存させるため、楼座に利用されて殺人をするふりをして、戦人を保護させます。しかし、このゲーム、特に後半の難易度は最悪です。

・黄金郷の鍵が選んだ生け贄

大人組7人(蔵臼・夏妃・絵羽・秀吉・留弗夫・霧江・楼座)は黄金郷を発見(ヤスと出会う)。礼拝堂で話し合っている内に、銃撃戦。生き残ったのは楼座。ヤスと共犯関係を結び、真里亞以外の皆殺しを計画。私の推理では、楼座は、源次も共犯に引き込んでいる。

・第一の晩。腹を割かれし6人は密室礼拝堂に

幻は幻に。……黄金の真実が、幻の錠を閉ざす

鍵がかかっていたというのは、楼座の狂言。お菓子は銃痕を隠すため。

・第二の晩。寄り添いし二人は、死体さえも寄り添えない

幻は幻に。……役目を終えたる幻は、骸さえも残せない

嘉音はもともと存在しない。ヤスによる朱志香銃殺。幻想描写は、嘉音としてのヤスの葛藤を表す。

・第四、第五、第六の晩。夏妃の密室にて生き残りし者はなし

土は土に。……棺桶が密室であることに、疑問を挟む者はいない

ここから後の難易度は高い。紗音が、郷田・譲治を銃殺。その後、源次が紗音を銃殺。マスターキーで鍵をかけ、約束の場所に置いておき、楼座がそれを拾う。紗音の死については、紗音が中から鍵をかけた後、自殺でもよいが、2つ気になる点が。1つは、銃以外の自殺で頭蓋骨に穴が開く傷は難しい(未知の仕掛けXならよいがw)上、死体のそばに銃は見つかっていない。もう1つは「棺桶」という表現。棺桶は外から鍵をかけるものである。

・第七、第八の晩。赤き目の幻想に斬り殺されし二人

土は土に。幻は幻に。……幻に生み出せる骸はなし

これに至っては最悪に難しい。嘉音が南條・熊沢を殺したという楼座への報告は、紗音・源次・郷田の虚言(「幻は幻に」)。南條・熊沢は身を隠す。その後、南條・熊沢を実際に殺した実行犯は、(傷が鋭利な刃物によるものから)ナイフ使いの源次。時間的には第六の晩で紗音を殺した後。難しいのは楼座への虚言の目的。紗音にいいところを見せたい譲治を引っ張り込むのが目的?

・楼座無双の真実

ここも難しい。自作自演で手紙を置き、戦人を引き離した後、九羽鳥庵へ避難するため礼拝堂へ。しかし、黄金郷への入り口は封鎖。実は、礼拝堂の中に、永遠に入り口を封鎖する(魔女を永遠に眠りにつかせる)スイッチがある。紗音が譲治・郷田と一度礼拝堂に向かったのはそのスイッチの作動が目的。九羽鳥庵への地下通路を使えなくなった楼座は、真里亞と海へ逃げようとするが、爆発に巻き込まれて死亡。

EP3〜4の推理はこちら→id:consbiol:20100822

2010-08-19

うみねこのなく頃に散 EP7 感想&推理

うみねこのなく頃にep7の3日にわたったプレーメモ(その1id:consbiol:20100816、その2id:consbiol:20100817、その3id:consbiol:20100818)の締めに、感想と推理を書いてみます。

1.感想

 派手なEP6とは打って変わり、静かなEP7でした。金蔵の罪の告白と、犯人の独白がメインのエピソードでしたので、そうなるのも当然。とはいえ、竜騎士さんが、EP6とは違った雰囲気で読者を飽きさせないようにしようとする配慮を感じました。また、BGMもアンビエントなものが多く、落ち着いたしっとりとした雰囲気に一役買ってました。新曲がほとんどXakiさん!今回のBGMは、頭に残るというよりも心に沈んでいくようなものでした。EP6とどっちが好きかといえば、どっちも同じぐらい好きです!

 今回、ベアトリーチェの心臓であるトリックと事件の真相は、ほぼ明らかにされたのではないでしょうか。やはり、といってはなんですが、ひぐらしのようなトンデモ真相じゃなくて、ちゃんと手がかりのある推理可能な真相でしたね。まだまだ伏線が回収されてませんけど。

 いろいろなベアトリーチェがいましたが、その全てが明らかになった今、ベアトリーチェに思いをはせる日々が続きそうです。

2.推理

 ずばりいいます。ベルンが見せた六軒島殺人事件のハラワタは、赤字通り「真実」です。そうじゃなければ傍観の魔女は納得して眠りにつかない。答えを知りたいだけの傍観者は、もうEP7で真実全てだから去って良いよ、というメッセージに見えました。

 ただ、魔女にとって「真実」は真実だけれど、ニンゲンにとって真実は真実ではない。国家が異なれば歴史の真実が異なるみたいなことです。つまり真実は与えられるものではない、個々人が勝ち取るもの。EP8は、ハッピーエンドな真実を勝ち取りたいプレイヤーと縁寿の物語となりそうです。これって、かけらむすび後のひぐらしのテーマそのまんまですね。

 ベルンの見せたハラワタが「真実」だということを前提とすると、戦人の死が描写されてないのが気になります。戦人の生存を意味している?!・・・やはり天草が戦人?そこら辺がハッピーエンドの布石となってきそうです。

 ちなみに、親族の誰かが碑文を解いたら、ベアトが殺人を辞めるなんて理御の勘違いですね。だって、ベアトの犯行計画書たるボトルメールには、地下貴賓室にしか存在しない銃が見つかっても(つまり黄金が見つかっても)なお、殺人は終わらないことが書かれてましたから。ベアト的には、戦人があの約束に気づくまで、犯行を辞める気はなかった。そして、親族を黄金の魔力で狂わせ(ちゃっかり現金と銃、爆弾の仕掛けを用意してそれを煽ってるし)殺し合いをさせ、残った親族をたぶらかして見立て殺人を続けさせた(あるいはベアト自身または絶対服従している使用人が行った)。なぜ?そう、戦人とのミステリ談議で芽生えた恋を、ミステリ的殺人事件を通して思い出して欲しかったから。

 プレイメモでも散々述べた通り、霧江は怪しいと思ってました。そして、ベアトが存在してなくても理御が死んだ理由は、ベアトの他にも殺人計画を立てていた人がいたから。それが霧江。戦人を連れてきた今回の親族会議、戦人を当主として右代宮の財産と黄金を総なめ、場合によっては殺人も辞さないという計画を練って臨んだものと思います。須磨寺が霧江と留弗夫との結婚を許したのも、そういった謀略を狙ってのこと。黒いお仲間とも付き合いがあったそうですし。その犯行計画が現実になったのが、あの「真実」でしょう。

 ただし、EP4で明かされた、戦人の生みの母が霧江である可能性。それを考慮すると、同じ真実であっても、霧江の別の顔が推理できるかもしれません。つまり・・・

犯人(フーダニット):

霧江

犯行方法(ハウダニット):

地下貴賓室で絵羽への発砲を外した(あるいは外れたけどそれに気がついた)後、絵羽を泳がせる

留弗夫を礼拝堂に送り、絵羽を対面させることで留弗夫を殺害(留弗夫に欠陥銃を持たせたのも意図的)

子供達や使用人などを殺した後、絵羽と再会。縁寿と戦人を罵ることで、2人が悲劇の子供という同情心を絵羽に植え付ける。それによって、絵羽が2人の面倒を見ることを確約させる

その後、絵羽に発砲(わざと外す)することで、絵羽に自分を撃たせる半ば自殺。

戦人には礼拝堂に行くように連絡してあるため、絵羽と遭遇する。2人は九羽鳥庵に避難し、犯行現場を爆破することで、猫箱に鍵をかける。

縁寿に六軒島事件の真相を隠すため、戦人を死んだことに(後の天草十三)。真相を明かさないことで、犯人は霧江ではなく絵羽であるという優しい魔法が生まれる。

犯行の動機(ホワイダニット):

霧江は、須磨寺や秀吉(地下貴賓室での発砲は殺す気満々、つまり黒)、蔵臼周りのフィクサー達など、右代宮家に群がる陰謀から一家が危険だという情報を持っていた。したがって、右代宮家を全滅させて、全てを有耶無耶にすることで、子供達だけでも守ることを決意。もしかしたら、黄金や爆弾の情報も持ってたかも。86年の親族会議で実行計画を立てていた。犯行を外側から見れば、冷酷な殺人鬼となるが、その実、財閥や経済界の闇に翻弄され、自分や夫を殺すことになってもなお、子を守り通した愛あふれる母であった。

ちょっと強引すぎるかもしれませんが、これが私が至った真実です。皆さんは、どういう真実に至ったでしょうか。縁寿はどういう真実に至るのでしょうか。EP8が楽しみですね。

あー、これでやっと2chが見れるわ〜

2010-08-18

うみねこのなく頃に EP7 プレーメモ その3(ネタバレ注意)

 昨日の続き(id:consbiol:20100817)、リアルタイムプレーメモを再開。今日中に終わればいいなぁ。早くネットが見たい・・・

 今後、ヤスの戦人への恋心から、例のボトルメールの魔女幻想物語へと告白が続くでしょう。ただ、それでは終わらない。ヴァンダインの「メイドは犯人ではない」というのが伏線。

 もともと紗音ベアトは、首謀者にそそのかされて犯行をしたと、私は推理してますし。九羽鳥のことを知った霧江が、偽戦人を九羽鳥ベアトの子供と偽らせ、当主を相続させて遺産を総取りする計画。その際、邪魔者を消すために、紗音ベアトをけしかけた。ベルンは、それを隠して、全て紗音ベアトに罪を押しつけたい(そういえば霧江は、「奇跡」で留弗夫の妻の座を勝ち取ってます。ベルンと馬が合うのかも)。そんな展開があると予想。

 ということで、プレー開始。

f:id:consbiol:20100818184250j:image

第五章 新しき元素

 ミステリトリックの中で生まれた魔女。それはトリックの中でしか存在できない実体のない存在。ヤスの大親友である紗音は、恋という実体のある価値を見いだす。現実と中二病とうの綱引きでしょうか。普通の人なら、現実が勝ちます。ただ、戦人の約束が反故になったこと、および六軒島という環境の特殊性から、永遠の中二病患者になってしまうんですね。

 実体のないむなしい存在(姉ベアト)が、愛の元素(雛ベアト)と融合→愛のあるミステリ=完全体ベアト。EP6ともがっちり一致。

f:id:consbiol:20100818195035j:image

しかし、戦人!あんなこといってたのか。そりゃ、あんな約束手おいて次の年こなけりゃ、紗音ちゃん・・・(ヤスか)がショックで魔女妄想に取り憑かれるのもしょうがないわ。とはいえ戦人の方も、再婚騒動以外でどうしても来れない理由がありそうですね。須磨寺に脅された?殺された?それで、6年後に来たのが事情の知らない偽戦人と。

なんか久しぶりに従兄弟組のはしゃぐ話しが見れて、和んだ。みんな、かわいいな、ほんとに。

f:id:consbiol:20100818195452j:image

第六章 試される日

 6年間も戦人を信じて待ってたのか。痛々しすぎるだろ。まあ、そういうことだろうとは前から思ってたけど、紗音ちゃん本人の独白を聞くと辛いですね。戦人は本当に忘れてたのか?事情があったと思いたい。じゃないと、紗音ちゃんが救われなさ過ぎる。まあ、その場合は、妄想の世界=黄金郷の存在価値が出てくるんでしょうけど。

f:id:consbiol:20100818203825j:image

ついにXデーへのカウントダウンが始まりました。

第七章 愛の芽、愛の根

3年目にして、紗音は自分の勘違いに気がつき、戦人への思いを魔女に託す。ブレザーベアトは、その時の理想的自分像(金髪ボイン)だったみたいです。姉ベアトと雛ベアトとの関係は難しい。容姿と合わないし。

f:id:consbiol:20100818211547j:image

そういえば直接に名前は出てこなかったけど↓の使用人は、いつぞやで竜騎士さんが話してた眞音に違いない

f:id:consbiol:20100818211845j:image

なんか恋に恋してるところが詩音っぽいな。年頃の女の子です。ていうか、EP4で戦人への恋心が犯行の動機となったら詩音みたいだなって話しはありましたなぁ。

普通なら、この愛の根は若い頃の切ない恋話で終わるんでしょう。しかし、魔女の住む六軒島という環境が、この恋の根を魔女大量殺人事件へと誘う。きっかけは、戦人の再帰かな。その人は、個人的には、偽戦人だと思ってますけど、いずれにしても全く紗音との約束を覚えていないことに紗音が切れる!→大惨事に

第八章 黄金郷への旅立ち

ベアトの肖像画と碑文が掲げられます。碑文の謎を、親族は後継者選びや黄金のありかだと思う。真里亞は、ベアトの復活の儀式だと思う。そしてベアトとなったヤスも真里亞に促され、完全体になるために碑文に挑む。

f:id:consbiol:20100818223617j:image

ベアトは、戦人への恋の根を受け継いで、すっかりブレザーベアトになってました。

金蔵は、この謎を解いた者がベアトの生まれ変わりであると信じる、ということだったんですね。なるほど。そして、源次は、誰でもない九羽鳥ベアトの娘、紗音(じゃなかったヤス)にその座を与えようと、ヒントを与える。ここら辺、黙して語らない源次の金蔵と紗音(ベアト)への思いが、分かるなぁ。

そして、ついにベアトが、二人が口にし岸を発見!

f:id:consbiol:20100818223836j:image

続いて、黄金郷への鍵を発見!

f:id:consbiol:20100818223901j:image

鍵穴も見つけましたね。台湾説がここまでパーフェクト。2chスレで最初に書いた奴は天才。ていうか淡水線から岸を見つけた人と、それを元に鍵と鍵穴を見つけた人は違うんだっけ?とにかく2人ともすごい。

あと、マリアージュ・ソルシエールは、真里亞・紗音・源次・熊沢の魔女ごっこ遊びだったっぽい。源次がごっこ遊びするとか、お茶目だな、おい。今回は源次に対する印象ががらりと変わった。ここで、魔女幻想物語のキャラ設定が確立されたんですね。

f:id:consbiol:20100818224147j:image

第九章 魔女の蘇る日

(源次がヒントを与えたとはいえ)九羽鳥ベアトの娘が碑文を解いて、ベアトの生まれ変わりを継承するなんて、金蔵からしてみればなんという運命ですかね。また、本当のベアトリーチェになることを夢見ていた少女が、本当にベアトリーチェなるなんて、本当になんいう運命。あのシーンでbring the Fateは反則。

確かに、金蔵がしたことは許されることではないが・・・金蔵の最期に泣いた。それがラオウだったけど、泣いた。

f:id:consbiol:20100818232150j:image

あとやはり碑文の最後は、台湾説と微妙に違いましたね。礼拝堂の像が関係してたのは予想どおりでした。

ベアトリーチェの復活物語はおしまい。そして、ついにXデーですか。怖いなぁ。

エピローグ

終わっちゃいましたね。犯行の動機は、戦人・譲治・朱志香のうち碑文を解いた人と添え遂げる、という運命のルーレットに身を任せるため。碑文を解かせるために、殺人を行い急かすみたいな感じ?

f:id:consbiol:20100819000035j:image

EP1〜4までの全てのトリックがほぼ確定しましたね。基本が紗音or嘉音が死んだふりで、殺して回り、ラストはビッグバンという解釈。細かいところは、言わずもがなかな。一応ライトの太刀筋はすべてSS取りましたので、もう一度じっくり見直してみようと思います。

ベルンは、まともでした。理御の中に、賽殺しの梨花を見たんでしょうね。

でも、お茶会でどんでん返しなのか。いいラストなのに油断できないという風になってしまってる自分が悲しい。

お茶会

犯人と動機が明かされて後は猫箱にした世界を、ベルンが親切にも中身を全てさらけ出して見せてくれました。

f:id:consbiol:20100819022436j:image

↑もう私もこんな感じになってます。

ベアトがボトルメールで猫箱にして、絵羽がそれに鍵を閉めたと。なるほどなぁと思いました。ベアトの犯行の意志の他に、黄金魔力による親族同士の殺し合いという要素も確かにありますよね。思えば、金蔵の過去話。黄金に狂って銃撃戦が起こった、あれがそのまま再現したとは因果な話し。

f:id:consbiol:20100819022933j:image

↑なんかとても怪しい絵面ですが。ウィラードさん、マジかっこいい、ハンパないです。お相手の理御も好感度高いですね。男か女か未だ分かりませんが(最後まで分からないでしょうけど)。ウィラードは、完全に主人公ですね。戦人?何それ食えるの?

大部遅い時間になりましたが、裏お茶会まで行って寝ようと思います。

裏お茶会

ベルンの見せた真実が、最後縁寿がクラスメートから言われた内容と一致してるのは偶然じゃないでしょう。右代宮家最後の魔女であり反魂の魔女である縁寿が紡ぐ真実が、真実になるんじゃないかなと思います。ああ、やはり次が最後の物語なのかと、最後のボーカル曲を聴いてそう思いました。

それにしても、やっとネットが見れる。今日はpixiv(まずはRifyu氏のから)見るぐらいにして、先入観を持たないまま、明日(id:consbiol:20100819)に感想を書き、その後で各所を回ろうと思います。

2010-08-17

うみねこのなく頃に EP7 プレーメモ その2(ネタバレ注意)

 昨日(id:consbiol:20100816)の続きをプレーします。金蔵と愛人ベアトの間の娘が九羽鳥庵ベアトで、九羽鳥庵ベアトの子供が19男で、その19男ベアトの生まれ変わりとして育てられたのが紗音→嘉音だと思うんだ。ということでプレー2日目開始。

5.ベアトリーチェカスティリオーネと10tの黄金

 潜水艦で六軒島に訪れたイタリア高官の令嬢が、あのベアトリーチェの由来だったんですね。ああ、そうなのかとなんか感慨深く感動しました。それと六軒島の地下通路と隠し船着き場も戦時中に出来たことが判明。確かにこの頃の日本軍は地下要塞が大好きだったですよね。

f:id:consbiol:20100817183332j:image

そして潜水艦から10tの黄金現る。今更ですが、本当に黄金があったんですね。黄金は。戦後のどさくさの内に六軒島に置き忘れられ、六軒島を購入することで手に入れるこという展開になるのかな。

f:id:consbiol:20100817183720j:image

どんどんベアトリーチェ伝説の神秘のベールが剥がされていくのが、なんというか勿体ない。ところで、コーラス付きのBGM(愛人ベアトのテーマソング)がなかなか迫力があっていい感じを醸し出しています。

6.黄金の行方と南條との出会い

 黄金に魅せられ、ついに銃撃戦勃発。気が立った戦時中ですし、当然の帰結ですかね。BGMと相まってドキドキさせられました。金蔵とベアトの関係はなかなか良かったです。銃撃戦で負傷したベアトを治療したのが南條だった(治療代は黄金1本)。ベアトリーチェは、娘を産む時に死亡。ベアトとの別れは、なんかあっさりですね。人生なんてそんなもんでしょうか、悲しいです。

f:id:consbiol:20100817192553j:image

金蔵のちょっといい過去話がさくさく明かされていき、まったり静かに物語が進んでいきます。これぞ、うみねこ序盤って感じです。後ろの方になったら、まったりなんて言ってられなくなる超展開の連続となるでしょうから。

 あと、理御とライトはすっかり仲良くなってますね。理御の攻めでライトのお尻がピンチ。その筋の人には垂涎の展開。

7.真里亞のベアトリーチェとの出会い

 真里亞は可愛いなぁ、ちゅっちゅ。真里亞が会ったベアトは、金蔵の愛したベアトとは違う姉ベアト。誰なんでしょうね。今日の日記冒頭に書いたように、金蔵にベアトの生まれ変わりとして育てられた紗音だと思うんですけど。ベアトを囲む会に南條・源次・熊沢だけじゃなく、紗音・嘉音も同席したというのはどう説明するかなぁ。

f:id:consbiol:20100817203455j:image

 いずれにしても、誰かが生み出した「自分が魔女ベアトだという虚構」を他人に認めさせるための一歩として、純粋な真里亞を選んだというのが、ライトの推理。なるほど、ほーほー。こういう推理ってEP1を思い出す。この時点では、戦人への恋愛とは関係なく、ベアト(紗音?)は純粋に魔女になりたかっただけなんだろうなと思う。

 観劇者の権限で語られることは、赤字と同等と思って良いでしょうね。ということで朱志香の怪談も実際にあったことと考えてOK。気味が悪いけど、絶対人間の仕業ですよね。そう思えば、怖さも減るってもんです。

そういえば、外伝TIPSで郷田さんの怪談もありましたよね。郷田さんの時は、六軒島に源次しかいなかった。本当にお化けがいるとは考えにくいから、源次が主導していたずらしているとしか思えない。この手の怪談現象は、ベアトを信じない使用人にも生じたと考えられます。大がかりすぎるので、ベアトリーチェの存在を顕現させるという明確な意志があるとしか思えん。源次が怪しすぎる。

f:id:consbiol:20100817213510j:image

 それと例の催販用スクリーンショット「おかゆのようなもの」、縁寿が86年の親族会議に来るのではという憶測がありましたけど。別の年でした。

 いないはずの理御の欠片のために、登場人物の記憶が混じってますね。理御は伝説の魔女ベアトを知らなかった。九羽鳥ベアトの子供19男=理御が生きていることで、金蔵が紗音をベアトの生まれ変わりとして扱わなかったために、紗音がベアト化しなかったからか?

 なんか、ベアトに関する欠片を1つずつ覗いて回る展開は、ひぐらしのかけらむすび的だ。

9.ベアトリーチェを殺した犯人

 前の章で書いた推理が、我ながら冴えまくっていた。この世界でベアトを殺した犯人の一人目は、理御。夏妃が19年前の赤ん坊=理御を受け入れていれば、魔女ベアトが生まれなかったから。もう1人は、ベアトを演じていた人。それが次でついに判明!

f:id:consbiol:20100817221621j:image

 この奇跡の欠片を集めた幸せな世界でのベアトリーチェは、理御であるという発想はなるほどなと思った。この世界は、なんともひぐらし的な奇跡のハッピーエンドの世界といえる。

 「わたしはだあれ?」の正体は、潜水艦の黄金以外の積み荷。やっぱり爆弾か!?

第一章 新しい生活

f:id:consbiol:20100817225535j:image

 ここからベアトリーチェを演じた犯人の動機が語られます。ベアトを演じた犯人は、紗音=嘉音かなと思います。犯人の視界に紗音が登場してましたが、それは3重人格と言うことで。とはいえまだ不確定なので、仮に「犯人はヤス」としておきます。19年前の赤ん坊が生きていて、それがヤスなんですね。源次が隠してたのか・・・いつも寡黙な源次の心が見える事実。

f:id:consbiol:20100817225807j:image

7姉妹が使用人に似せられていました。いつか自分が使用人のリーダーになって使用人を使う側になる→魔女になって使用人を使うという発想が、犯人が創作した魔女殺人物語の魔女の家具7杭の由来でしょう。

それにしても、淡々と動機が述べられていきますね。ミステリの締めらしい展開。

第二章 初めての友人

ヤスが友人となった魔女はガァプ姉さん?口調が違うなぁ。物がなくなるという現象を友人としたっていう感じでしょうか。魔女殺人物語のガァプの元ネタはこの頃生まれたのね。ヤスの物語は、思春期特有のオカルトでいっぱい。中二病ってやつですか。自分に籠もっている間にどんどん妄想が広がったんだな。

f:id:consbiol:20100817233415j:image

第三章 虜になる日々

(^ー^)<全然分からない ←これ紗音の言葉じゃなかったですね、笑った

魔女殺人物語の核となるアンチミステリVSアンチファンタジーは、熊沢さんとミステリ談議をしている中で思いついたらしい。そういえば、熊沢さん、EP4で碑文に挑んでたことから謎好きなことが示唆されてました。内向的だから、本の虫になって自問自答する日々の中でいろいろなアイディアが生まれたんでしょうね。自分も子供の頃、そんな日々があったことを思い出しました。

ちなみに本の虫といえば、真里亞。同類であるが故に、ヤスは真里亞に同情したのかもしれません。

f:id:consbiol:20100818000549j:image

順々に、魔女伝説の元ネタが明らかにされていく感じ。それと同時に魔女幻想は散っていきます。

第四章 新しき日々

 ミステリを読んでいく中で、トリックの答えが誰にも分からなければ、それば魔法と同義であるという概念を見つけたヤス。ついに自らの手で魔法トリックを実行に移してしまう。初めてそれを犯した時の甘美さといったら・・・今まで傍若無人だった鐘音が怯えていく様が快感だったんでしょう。エスカレートして、ついに密室殺人にまで至ってしまう?

とすると、先の朱志香や使用人に生じた怪談現象の主導はヤスというのが妥当。複数犯の場合もあるので、源次と熊沢も魔法トリックに荷担していると見て間違いないですね。源次と熊沢は、(九羽鳥ベアトの子である)ヤスの不憫な身の上と精神への同情したから、荷担してあげようと思ったんでしょう。

魔法トリックで使用人を怖がらせるようになると、島を支配しているような優越感が生まれて・・・ついに自分がベアトリーチェになったと思い込んでしまう。自分の力で全てが思い通りになるという全能感、どんどん犯罪者の発想に堕ちて行ってる感じが怖かったです。

f:id:consbiol:20100818010045j:image

↑が最初のヤスが持つベアトの最初のイメージだったんですね。その後、戦人の好みの女性タイプを聞き、肖像画を見て、あの現在の金髪ボインの姿をベアトのイメージとするんでしょう。

それにしても、鐘音って書いて「ベルね」ってなんだよ。可愛い過ぎるじゃないか。

f:id:consbiol:20100818010435j:image

ほんと全部語られてますね。この後、戦人への恋心とか、86年の親族会議のこととか順を追って全て告白するのでしょうね。そしてついに犯人がベールを脱ぐと。

個人的にはベルンが大人しいのが気になります。最後に割り込んで全て持っていこうと、何か悪い計画を立てているんじゃないかという恐れ。

ということで、夜の1時なので今日のプレーはここまで。明日もプレー日記を書きます→id:consbiol:20100818

2010-08-16

うみねこのなく頃に EP7 プレーメモ(ネタバレ注意)

 平日なので受け取りに苦労しました。幸い、職場から自宅が徒歩5分なので、お昼に宅急便の伝票を取りに行く→当日18時〜の再配達を連絡→18時に無事受け取る。自宅が遠い人ってどうするんでしょうね。1日我慢するしかないのか。ということで、早速在宅仕事をかたづけた後に、どこまで進められるか分かりませんが、これから日記にプレーメモ残しながら読み進めます。

f:id:consbiol:20100816180812j:image

1.OPまで

ライト卿が江戸っ子口調で吹いた。名乗るまでライト卿だと信じられなかったわ。

f:id:consbiol:20100816204109j:image

2.ゲームの開始

今回のプレイヤーはライトみたいですね。知識量がちょうど我々プレイヤーと同じですから、読み手が感情移入すべき主人公という風になると思います。動機が重要と考えるライトが探偵になって、それをケチョンケチョンにするのが、ゲームマスターのベルンの役割かな。

あともう1人、来ました。理御。蔵臼の子供ということで、例の19男でしょうね。男か女か明かされない中性的なところとかそのまま。嘉音の名前を忘れたところとか、結構注目。個人的には19男=嘉音(=紗音=ベアト)=真戦人だと思っているので。

ゲームの内容はベアトを殺した犯人を明かすこと。礼拝堂の中だけのゲーム。ちんぷんかんぷん。まだよく理解できないですわ。

f:id:consbiol:20100816214957j:image

3.楼座の告白と紗音・嘉音

楼座の告白は、特に目新しいことはありませんでした。だた1つ注目したいことは、ベアト転落死の帰りに、楼座が見た礼拝堂の表と裏の像。碑文の謎と関係?

あと紗音・嘉音同一人物説はますます濃厚に。命令権者とかどんだけ病んでるんだよ。紗音は、紗代ちゃんとは別方面に壊れてました。

ライトも言ってることですが、なんか色々訳の分からない欠片が集まって出来てますよね。まずは訳の分からん世界の状況把握からって所は、賽殺し編を思い出した。まあ、奴らがかんでますからね。観劇者権限とは神の視点のことでしょうか。他の欠片では、常に死んでいた金蔵から情報を引き出せるのは楽しみです。

f:id:consbiol:20100816232055j:image

4.金蔵の過去話のはじまり

ライトと理御が金蔵の部屋に行って、金蔵からベアトとの関係について聞き出します。九羽鳥庵ベアトが、金蔵と愛人ベアトとの間の娘であったというのは予想どおり。金蔵と九羽鳥ベアトとの間違った愛とは・・・まさか・・・

金蔵の若者時代が出てきましたよ!似てるってレベルじゃないよ、これは。おでこが広いです。髪の毛がとってつけたような感じ。どうやら愛人ベアトとは六軒島で出会った模様。愛人ベアト像について語られるのは初めてですね。今まで、愛人ベアトのことはいろいろ想像してきましたが、ついに明らかになってしまうのか。

f:id:consbiol:20100817003416j:image

ということで、明日も仕事なのでこれぐらいで寝ます。明日も続きしますよ。→id:consbiol:20100817

2010-08-15

うみねこのなく頃に散 EP7の為にネット断ち

 一般発売は15日なので、予約通販分は16日に到着すると思います。ネタバレを防ぐために読み終わるまでネット断ち。またこの日記にプレーメモを書きつつ、読んでいこうと思います。が、今回から本格的な解答編ということで、個人的に試みたいことがあるのでゆっくりと1週間ぐらいかかるかもしれません。

2010-08-12

知られざるwindows7のライブラリ機能を使ってみる

 Windows 7を使っている人なら誰もが知っている「ライブラリ」。WindowsXPのマイドキュメントみたいなものかと勘違いしてました。似たような物と言えば似たような物なのですが。最近、その機能がやっと理解できるようになったので、ちょくちょく便利に利用し始めていますのでご紹介。

 例えば、「ドキュメント ライブラリ」の1カ所というリンクをクリックみると・・・↓

f:id:consbiol:20100812121151j:image

↓「ドキュメント ライブラリの場所」というウィンドウが開きます。ここから、よく使うフォルダなどを「ドキュメント ライブラリ」に登録できます。

f:id:consbiol:20100812121334j:image

↓例えば、My Dropboxを登録してみます。

f:id:consbiol:20100812121427j:image

↓このように追加されました。

f:id:consbiol:20100812121509j:image

↓「ドキュメント ライブラリ」にMy Dropboxフォルダが出現しました。

f:id:consbiol:20100812121723j:image

 このように、「ピクチャ ライブラリ」や「ビデオ ライブラリ」、「ミュージック ライブラリ」などに、関連するフォルダを登録していくとかなり直感的にファイルにアクセスできるようになります。ランチャーとフォルダショートカットを足して2で割った感じの機能と言いましょうか。とにかくOS標準の機能なので、一度使ってみるとライブラリ機能のOSのUIとの馴染みの良さが分かると思います。

2010-08-10

大井川の花火大会に行ってきた〜動画アップロードテスト

 近所の花火大会に行ってきました。私の家は、牧ノ原台地の上にあるので、台地の隅の崖から見学。目線とほぼ同じ高さに花火が上がる珍しい見学場所です。

 最近、デジタルTV関係で、エンコや動画編集を試行錯誤しており、LoiLoScopeというソフトがなかなか良いなと思ってました。ので、LoiLoScope(体験版)でのエンコおよびyoutubeへのアップロートテスト。ちなみに、撮影カメラはパナソニック LUMIX DMC-LX3。LX3の動画のMOVファイルは扱いにくいんですが、LoiLoScopeでは問題なし。それにしても、意外と色が出てますね。さすが夜景に強いコンデジです。

2010-08-07

Perfect Suit FActoryでスーツを通販買いしてみた

 スーツを買うとなると、青木やらコナカやらのスーツ屋さんに出向き、自分の気に入った生地とタイプを選び、寸法を測ってもらったりとなかなか気をもみます。

 私は、仕事がら、スーツを着ることはなく、特にこだわりはないです。が、たまの会議ではスーツを着なくてはならなく、こだわりがないのにスーツ買うのは面倒だなと思っていました。「こちら」のPerfect Suit FActoryというサイトで、スーツを通販出来ると知り、ものは試しと早速買ってみました。寸法の注文などが心配でしたが、結論から言うと、大変システマティックな注文方式でぴったりのスーツを買うことが出来ました。

 必要な寸法の情報は、身長・ウェスト長・股下長のみです。身長とウェストは良いとして、股下ですが、これは現在持っているスーツのズボンの、足の内側の縫い目を沿うように計るということです(サイトのこちらで説明されてます)。私の場合は83cmでした。

f:id:consbiol:20100808012254j:image

 計り終わったら、サイトで適当なスーツを選びます。私は、夏物のストライプが入ったものが欲しかったので、それを選びました。10,500円也。

f:id:consbiol:20100808012509j:image

 あとはサイズの入力です。こんな感じで、身長とウェストから簡単に目当てのサイズのものが見つかります。

f:id:consbiol:20100808012717j:image

 上のスクリーンショットで選んだサイズ番号と、裾直しのために先ほど計った股下長をプルダウン方式で選択。これだけです。

f:id:consbiol:20100808012900j:image

 さて、届いたスーツですが、先ほども書いた通り寸法はぴったりでした。もちろんちょっとしたスーツカバーも付いてきました。スーツの柄は・・・予想していたものとちょっと違う。これはしょうがないですね。しかし、値段なりのちゃんとしたもので安心しました。

 通販でスーツ買うと面倒臭くなくて良いですね。このサイトも、また機会があったら利用してみようと思います。しかし、ネット社会になって、どんどん外に出る機会が減るなぁ(笑)

2010-08-04

Windows7(vista)の便利機能シンボリックリンクでデータをDドライブへ逃がす

 Windows7vista)には、シンボリックリンクという便利な機能があり、最近やっと使い始めました。どういう機能かというと、XPとかで使えるジャンクション(id:consbiol:20091130)と同じようなものです。ショートカットと似てるんですが、ショートカットと違い、あたかもフォルダやファイルの実体があるようにシステムが認識してくれます。

 で、具体的に何に使えるかというと、データをDドライブに逃がすときなんかに最適。私のメインPCは、Cドライブに80GB SSDid:consbiol:20091119)、Dドライブに1TBのHDD(id:consbiol:20100318)なので、大きなデータはDドライブに逃がしておきたいところ。それに、Dに逃がしておけば、システムがおかしくなったときに失われるデータが少なくなります。ということで、現在、ライブラリの「ミュージック」内のiTunesデータと「ドキュメント」内の各ゲームセーブデータをDに逃がしました。ゲームのセーブデータ消滅にはかなり泣かされてるもんで。

 シンボリックリンクの方法を解説してくれてるサイトはありますが、分かりづらい。ここでは、自分用メモも兼ねて、CのフォルダをDへ逃がす際の手順を具体的に記してみます。スクリーンショットは、iTunesデータフォルダのものです。

1.DOSコマンドプロンプトを開く

mklink /d "

 と入力

f:id:consbiol:20100731094718j:image

 

2.Cディスクから逃がしたいフォルダのディレクトリアドレスをコピー

f:id:consbiol:20100731094921j:image

 

3.コマンドプロンプトの方にペースト

  (ちなみにコマンドプロンプト上に右クリックでコピペメニューが開ける)

 ディレクトリは" "で囲んでおくことを忘れずに

つまり、

mklink /d "C:\...\フォルダ名"

となる

f:id:consbiol:20100731095042j:image

 

4.逃がしたいフォルダごと、Dドライブの任意のディレクトリへカット&ペースト

(Cドライブにあった元のフォルダが削除されていることを確認)

f:id:consbiol:20100731095432j:image

 

5.移動した先のフォルダのディレクトリアドレスをコピー

f:id:consbiol:20100731095555j:image

 

6.コマンドプロンプトの方にペースト

つまり、

mklink /d "C:\...\フォルダ名" "D:\...\フォルダ名"

となる。ここでもディレクトリが" "で囲まれていることを確認。

f:id:consbiol:20100731095704j:image

 

7.コマンドプロンプトでEnterを押す

C:\...\フォルダ名 <<===>> D:\...\フォルダ名 のシンボリック リンクが作成されました

と出たら成功

f:id:consbiol:20100731095751j:image

・・・

ちなみに、Cディスクの方のもとのフォルダにはショートカット表示のフォルダが生成されます。表示はショートカットですし、実際のデータはDディスクにありますが、システムはあたかもそこに実体のフォルダがあるように振る舞ってくれます。

f:id:consbiol:20100731100013j:image

2010-08-01

iPhoneの外付けバッテリはこれで決まり〜安くて高性能高質感のiMPS-06

 iPhone 3GS用の外付けバッテリを探してました。なぜかというと、iOS4にアップデートしたことでバックグラウンドでGPSロガーが利用できるようになり、最低1日中はGPSログを取り続けても耐えるバッテリ容量が欲しかったことが理由です。また、購入1周年が過ぎて(id:consbiol:20100722)、バッテリがそろそろ消耗する時期ですしね(今のところまだOK)。フィールドワークでGPSを利用することを考えて、バッテリは取り回しの便利なジャケット型を希望。ヤフオクなどで安くて良さそうなバッテリを探してましたが、ついに理想のバッテリを見つけました。それが、iMPS-06です。楽天のRoydsという店で購入。2,200円+消費税110円+送料210円也。

 容量2000mAhで2500円とな!安い。それに写真で見たところ良さそうな質感。さらに、このお店で、「iMPS-06の充電テスト」もやっていて安心できる(テストでは合計126%の充電確認)。ということで購入決定しました。使ってみた感想ですが、大満足の一言です。

 まずはパッケージですが、まあ中国製っぽく地味です。 

f:id:consbiol:20100801195659j:image

 開けてみましたが、思ったより質感が良かったです。プラスティックなんですがヌメッとしていて、iPhone 3GSの裏面の質感に近いです。あと意外と軽いです。計ってみましたが90g。作りもしっかりしていて、力を加えてひねってもミシミシいいません。安くてこの作り・・・円高のおかげでしょうか。

f:id:consbiol:20100801200554j:image

 仕様。outputが5V/800mA。ポピュラーなバッテリは500mAで、それと比べて充電速度は速いがiPhoneのバッテリの消耗を早めるらしい。とはいえアップル純正のは1Aらしいのであんまり気にしない。電圧も十分で、中国製の安物にありがちな充電ミスなどは皆無でした。

f:id:consbiol:20100801200553j:image

 端子は珍しくiPhoneと同じ型。しかしこの端子、iPhoneのと向きが前後逆と、謎仕様。隣には充電ONOFFスイッチが付いてます。

f:id:consbiol:20100801201622j:image

 それと充電端子のフタが付いてます。ただ、バッテリの方の端子にはきつくて付けられず。iPhoneの方には付けられました。まあ、要らないですけど。

f:id:consbiol:20100801201822j:image

 運用してみたレビュー。まず、容量ですが、お店のテストどおり120%ぐらいです。バッテリが無くなりかけのを満充電した後、2回目はゆっくりと40〜50%ぐらいまで充電できるという具合。2500円にしては良い容量。

 装着すると厚みはほぼ倍になります。持った感じは、プラスティックのヌメヌメ質感のおかげか、手に吸い付く感がありGOOD。ただ、バッテリ単体で持つと軽く感じましたが、付けるとiPhoneがずしりとしますね。やはり手が疲れる。ちなみに給電中はLEDが点くようになってます。

f:id:consbiol:20100801202753j:image

f:id:consbiol:20100801205150j:image

 ということで、想像以上に良い出来です。まあ、バッテリの劣化しやすさは不明ですが・・・(こんだけ安いから質の良い劣化しにくいバッテリは使ってないかも)。とはいえ2500円。良い買い物であったことに、嬉しさ爆発。iPhone4用もあればいいのに・・・