Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2011-02-23

consbiol2011-02-23

iPhoneアプリのGPS MotionXのMap Download機能で離島での生物調査旅行も心配なし

 生物学者という職業柄、たまに生物調査目的で、離島や山奥に行ったりします。私は、事前に目標調査地点のGPS情報をiPhoneアプリGPS MotionXのWaypointに登録して、それを頼りに現地で動きます。ただ、あまりにも田舎だと、携帯電話の電波が届かなく、地図がダウンロードできなくなります。

 しかし、GPS MotionXというアプリでは、iPhone単体で地図をあらかじめダウンロードできるので、電波が届かない場所でも安心。このマップダウンロード機能がどれだけ簡単便利か、ご紹介。

GPS MotionXのメニュー画面。機能が多くて、慣れるまでメンドクサイですね。ここの左下「Map Downloads」をタップ。

f:id:consbiol:20110223223645j:image

↓Download new mapsでダウンロード機能開始

f:id:consbiol:20110223223825j:image

↓3種類の地図が選べます。MotionX Roadは道路地図、MotionX Terrainは地形図、NOAA Marineはよく分かりません。海図?Googleマップも使えればいいですが、残念ながらGoogleがダウンロードを許してませんから無理なようです。

f:id:consbiol:20110223223920j:image

↓次にダウンロードする地図範囲をドラック操作で選びます。今回は屋久島に行きますので、屋久島全土を選択。選択の形は円だけでなく方形もあり。

f:id:consbiol:20110223224145j:image

↓ダウンロードする縮尺範囲。Mini Zoomで最詳細地図、Max Zoomで最広域地図をドラックでそれぞれ範囲選択します。縮尺範囲が広ければダウンロードサイズが大きくなります。まあ、メンドクサイので最小から最大まで選びました。屋久島全土のサイズは774.2MBでした。

f:id:consbiol:20110223224347j:image

↓ダウンロードボタン押せば、ダウンロード開始。携帯回線でもダウンロード可能。無線LANで落とした方が無難でしょうけど。

f:id:consbiol:20110223224708j:image

↓Map Downloadsメニューの一覧に、ダウンロードした地図が加わります。

f:id:consbiol:20110223224827j:image

ダウンロードした地図範囲は、GPS MotionXのどの機能からも携帯回線なしで見れますね。このアプリGPS MotionXに限らずiPhoneの様々な便利アプリのお陰で、調査が大変楽になっています。iPhone万々歳ですね。

2011-02-20

SSDの速度を、windows標準ドライバとAMD SATA Driverで比較してみた

 現在のメインPCのSSDX25-M 80GB G2 id:consbiol:20091019)ですが、AMDマザーボードM3A785GMH/128Mを使っているので、windows標準のSATAドライバよりも最新のAMD SATA Driverを使った方が、速くなりそうだなと思って、比較してみました。ちなみに、AMDドライバの方ではIntel SSD ToolboxのTRIMが使えないので(OSのTRIMは問題ないみたい)、大して違いがなければWin標準ドライバを使いたいところです。

 ちなみにドライバの切り替えは、簡単です。

SATAドライバ選択方法

 

デバイスマネージャー>IDE ATA/ATAPI コントローラー>Standard AHCI 1.0 Serial ATA ControllerまたはAMD SATA Controller>ドライバ>ドライバの更新>コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します>コンピューター上のデバイス ドライバーの一覧から選択します

f:id:consbiol:20110220133330j:image

これで任意のドライバを選択し、再起動すればOK

↓まずはWindows標準ドライバ

f:id:consbiol:20110220133807j:image

↓つぎにAMDドライバ(バージョンは11.1)

f:id:consbiol:20110220133806j:image

あれ?Windows標準ドライバの方が速いですね。なぜだろう・・・まあ、Winドライバで使った方が無難そうです。

2011-02-12

プレミアムでiPhoneアプリ版ニコニコ動画の画質が良いというので試してみた

 iPhoneアプリ版のニコニコ動画は、最近もアップデートがあり、十中八九で動画が途中で止まるという致命的なバグを直して大部と使いやすくなりました。少し前のアップデートで、コメントが綺麗になるという大幅改善もありましたね。正直、かなり技術力の足りなそうな運営ですが、足りないなりに頑張ってるなぁと思います。

 ただ、無料版だと3GでもLANでも紙芝居動画に制限されています。プレミアムだと大部と綺麗になるそうなので試してみました。

↓プレミアム動画だと通常画質版と高画質版の2種類あります。高画質版だと動画が途中で止まることが多いらしいです。

f:id:consbiol:20110212123635j:image

f:id:consbiol:20110212123636j:image

↓上が通常、下が高画質(LAN回線、プレミアム)。

f:id:consbiol:20110212123751j:image

f:id:consbiol:20110212123752j:image

比べると確かに高画質の方がくっきりしていますが、動画として再生していると気がつかないレベル。高画質版だと安定しないようなので通常画質でOKだと思います。

 そして、無料版との違いは歴然。無料版では紙芝居だったのに対して、プレミアムではPC版でいうエコノミーレベルの動画になっていると思っていいようです。iPhoneだけでもかなり快適に視聴できます。ただし、3G版はプレミアムでも紙芝居なのが残念。

 たかが動画サイトに500円/月を払う価値があるかというと、個人的にはかなり疑問。youtubeでは、ニコニコ動画以上の性能を無料で提供している訳ですから。画質はともかく、無料版では紙芝居制限によって視聴を困難にすることで、あからさまにプレミアム誘導するのは止めて欲しいというのがユーザーの本音じゃないでしょうか。まあ、ユーザに強気に出ても、付加価値の高いニコニコ動画のビジネスモデルの地位は揺らがないという自信の現れなんでしょうが。

2011-02-08

無料で4GBのRAMディスクが…DATARAM RAMDiskはいいね

 Windows7を64bitにしたついでに、メモリを12GBにした(id:consbiol:20110130)のですが、メモリ空間が余ってしょうがない。RAMディスクとして使うのが王道ですが、これまで使っていた「RamPhantomEX」のフリー版は最大256MBで少ない。もっと容量が多く、フリーで安定していて設定が簡単なRAMディスクソフトを探していましたが、見つかりました。フリーで4GBのRAMディスクが作れる「DATARAM RAMDisk」です。

 このソフトでは、直接はボリュームラベルが固定できないので使えないのですが、「こちら」を読んで無事固定できました。ついでにNTFSでのフォーマットも可能。安定しているし常用決定です。

以下に自分用設定メモ。

1.RAMDisk Configuration Utility>「Disk Size」4092MB「Start RAMDiskボタンでunformattedのRAMディスク作成

 f:id:consbiol:20110208223010j:image

  

2.Windowsの「コンピュータの管理」のディスクの管理>作成されたRAMディスクを指定、右クリック>「新しいシンプルボリューム」でボリュームラベル指定とNTFSフォーマット

 f:id:consbiol:20110208223124j:image

  

3.RAMディスク内にブラウザCacheやTMPなど必要なフォルダを作成

 f:id:consbiol:20110208222354j:image

 

4.RAMDisk Configuration Utility>「Load and Save」の「Save Disk Image Now」で現状のRAMディスクイメージを保存>「Load Disk Image at Startup」(起動時にディスクイメージを読み込み)をチェックして、先ほど保存したRAMディスクイメージを指定

 f:id:consbiol:20110208222219j:image