Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2012-04-29

Excelで小数点以下の桁表示を増減させると数字がずれる件について

エクセルで小数点以下の数字の桁数をそろえる時に便利なボタン”小数点以下の桁数を増やす(減らす)”↓

f:id:consbiol:20120429115951j:image

便利なんですがこれを使ってみると、例えばこれの2つめ4つめの数字の小数点以下の桁が違うので桁数を増やしてみると↓

f:id:consbiol:20120429120254j:image

↓のようにずれる。イライラ。

f:id:consbiol:20120429120324j:image

何でこのようなことが生じるんだろう?と思ってたんですが”セルの書式設定”をみてると↓

f:id:consbiol:20120429120632j:image

書式にユーザー定義として何故かアンダーバーが挿入されたものが作成されてました。なんだこの謎使用は?桁数を変えたことを明示させるためのありがた迷惑機能?イライラ。

対処方法。同じ”セルの書式設定”のユーザー定義のところで"種類"の中のアンダーバーを消去。↓

f:id:consbiol:20120429121107j:image

まあ、これを全ての数字がずれたセルでするのは面倒臭すぎますが、書式だけをコピーペできる機能を使えばOK。

セルのずれを治したセルをコピーして、対象のエリアにペースト。これでは数字もコピペされてしまいますので、ペースト後に右下に現れるペーストの形式指定オプションで”書式のみ”を選択してやればOK↓

f:id:consbiol:20120429121512j:image

無事、指定エリアの数字のずれが全て解消されました↓

f:id:consbiol:20120429122044j:image

エクセルの面倒臭い仕様ですが、こうやって対処するしかないですね。

2012-04-22

SSD(Crucial m4)の速度が異常に出ない原因はパーティションアライメントにあった

 先日、WindowsXP機をWindowsHomeServer2011(ほぼWindows7と同じ)に変えました(id:consbiol:20120331)。WHS2011は色々インストールが面倒で、結局HDDにインストール→SSD(Crucial m4 64GB)にクローンという感じでした。ちなみにマザボはM5A88-MでSATA 6GB対応で最近のSSDの性能がマックスに出るはず。ということでディスクベンチマークを取ってみました↓

f:id:consbiol:20120422174154j:image

 あれ?確かに読み込みは速いけど、書き込み速度が異常に遅いぞ。悩んで調べてみたところパーティションアライメントが上手くいってないとそういうことがあるらしいと言うことが分かりました。

 どういうことなのかというと、SSDは4096バイト単位で書き込む。だからディスク内でのパーティション開始箇所が4096の倍数になってないと書き込みがずれちゃうということ。HDDは32バイト単位なので、32の倍数だけど4096の倍数でないという状況ができてしまうんですね。チェック方法は↓

Windowsメニュー>ファイルを指定して実行>msinfo32>システム情報起動>コンポーネント>記憶域>ディスク>パーティション開始オフセットの数字が4096の倍数かどうか

パーティションが2つ以上あれば当然パーティション開始オフセットも2つ以上あるので、SSDなら全ての値が4096の倍数になってなきゃ駄目。で調べてみたところ↓

f:id:consbiol:20120422175553j:image

やっぱり4096の倍数じゃなかったです。WHS2011はブートとシステム2つのパーティションがありますが、どっちとも駄目。HDDからSSDに移植したのが原因ですね。

で、解決方法は?

フリーソフトでするにはEaseus TodoBackupを使うのが一番良いです。フリー版は「こちら」からダウンロード可能。SSDのデータ全体を他のディスクにクローン→取ったクローンをSSDに再び書き戻す→その時にSSDに最適化をチェック。これでパーティション開始オフセットが4096の倍数に。

↓とりあえずDataBackupで。

f:id:consbiol:20120422180012j:image

↓Disk Backupで対象のSSDディスク全体を指定してやります。

f:id:consbiol:20120422180148j:image

これでProceedボタンを押してやるとディスククローンの保存開始。

保存が終わったら復元↓

f:id:consbiol:20120422180507j:image

この時、「Optimize for SSD」をチェック↓

f:id:consbiol:20120422180648j:image

ディスククローンからの復元では再起動後、専用OSが立ち上がりそこで行われます。

無事終わりまして、パーティション開始オフセットを確認↓

f:id:consbiol:20120422181058j:image

めでたく両方のパーティション共に4096の倍数になってました。ついでにベンチマークも↓

f:id:consbiol:20120422181153j:image

やっとCruicial m4に相応しい数値になりました!一安心。

ちなみに他に使ってるSSDパーティション開始オフセットを色々調べた見たところ、結構4096の倍数になっていないものがたくさんありました。なので全部4096にアラインメントしてやりました。すっきり。

consbiolconsbiol 2012/09/05 10:02 パフォーマンスが改善できたとのこと、良かったです。
SSDを導入するために、HDDからSSDにディスククローンを移すということをやってる人が多いと思いますが、これが原因でSSDのポテンシャルを引き出せない人はもったいないですね。

2012-04-13

PCのフォントを綺麗にするMacTypeが話題沸騰

 Windowsのフォントって汚いです。メイリオなんかは良いんですが、未だにMSゴシックなんか表示される状況もしばしばあるのが辛い。ということでWindowsのフォントを綺麗にするgdippというソフトを使っていたのですが(id:consbiol:20101215)、このソフトの更新が止まってしまっていて、不具合が色々放置されますし、ソフトによってはフォントが崩れて読めないものもあったり。gdipp_setting.xmlに除外ソフトリストを加えればいいのですが、他に手がないかなと調べてました。

 最近、この手のソフトで、「MacType」というのがすごいというので話題沸騰になってました。で早速、gdippはアンインストール。MacTypeを導入。

○簡単で安全にWindowsのフォントが綺麗に。話題沸騰なだけある。

×中国製なので、最近ネットで多い中国アレルギーの人は嫌うかもれない。デフォルトから描画が劇的に変化するので慣れるまでに違和感。InternetExplore9ではあまり効果がない

 そう、このソフトは中国製なんですよね。1バイト文字圏のMicrosoftはあまり気にしてないですけど、我々2バイト文字圏の住人はWindowsの文字の汚さに辟易。特に漢字のみの中国では死活問題なんでしょうね。gdippも中国製ですし、こういったソフトが中国から出て来るのも納得というものです。

さて導入方法。まずは「こちら」から最新版のMacTypeのインストーラーをダウンロード。exeファイルを実行するだけでOK。インストーラーは訳の分からない中国語ですが、とりあえずいつものように次へ次へボタンを押していくだけでインストール完了です。↓

f:id:consbiol:20120413005754j:image

f:id:consbiol:20120413010035j:image

インストールが完了すると設定画面に。ちょっと日本語が変ですがまあ理解できます。私は、面倒臭くなさそうなレギストリモードにしました↓

f:id:consbiol:20120413010234j:image

次にプロファイルで好きな描画設定を選びます。どれを選ぶのかは好みですが、"iOS"か"LCD"あたりが人気です↓

f:id:consbiol:20120413010452j:image

設定はWindowsのスタートメニューに登録された"MacType Tray"からいつでも変更可能なので気軽に選んでみて下さい↓

f:id:consbiol:20120413010727j:image

プロファイルは、"C:\Program Files (x86)\MacType\ini"にiniファイルを追加することで増やすことができます。私は「こちら」からダウンロードできるファイルの中に含まれていたiniファイルのプロファイルが良い感じなので使ってます。

MacTypeの効果は抜群。Windowsの画面が見違えるほど見やすくなりました。またgdippにあったような描画の崩れはほぼゼロ。いやー、話題沸騰なだけあって素晴らしいソフトですね。ただInternetExplore9では効果がほとんどなくなっちゃうようで。まあほとんど使ってないので問題ないですが。

2012-04-09

iPadでニコニコ動画を簡単に視聴する(Safariから外部アプリで開くためのブックマークレット)

 iPadiPhoneはFlashを見ることができません。しかし、ここ1年でWEBからはほとんどFlashがhtml5に置き換わり、最近は不便を感じなくなりました。youtubeなどの埋め込み型のFlash動画やWEBのエフェクト、広告に至るまでほとんどhtml5化されてます。ヤフーとかもいつの間にかサービスのHtml5化されちゃってますね。AppleがFlashを採用しないのには腹が立ってましたが、そのお陰で早々に古い規格で重いFlashが駆逐されたのは良かったんでしょうね。しかし、特に国内の技術力のないIT企業は未だにFlashから抜け出せないでいます。そんなサービスの1つがニコニコ動画

 正確に言うとiPad用のhtml5ニコニコ動画サイトがあるのですが…

f:id:consbiol:20120409213454j:imagef:id:consbiol:20120409213359j:image

↑のようなエラーが出たりして、読み込めたためしがありません。どうやらhtml5サイトは放置状態のようです(技術力がない会社なのでしょうがないですね)。iPhoneの場合は、ニコニコ動画のアプリがあり、Safariで動画サイトにいけばアプリから動画を開くことができます。しかしiPadではそうはいきません。

調べてみると、ブックマークレットなるもので、動画サイトから簡単に外部アプリで開くことができるようになりました。以下のブックマークレットをブックマークに登録し、ニコニコ動画の動画ページに行き、ブックマークを呼び出すだけです。↓こんな感じでブックマークとして登録し、動画ページでタップするだけでOK。

f:id:consbiol:20120409221936j:image

ニコニコ動画公式アプリで開くブックマークレット

javascript:a=location.href.split('/');location.href='nicovideo://'+a[4];

iPhone用アプリなのでiPadで見る時は拡大することになります。ということでアプリ内のメニューの文字や動画に流れるコメントなどはギザギザ。ただ、動画自体はUIとは別に描画されているらしく、解像度は保存されてギザギザにはならないみたいです。十分実用レベルです↓

f:id:consbiol:20120409223358j:image

私はその他にもiNicoやPuffinといったアプリを購入しており、これらでもニコニコ動画を見ることができます。

○iNicoで開くブックマークレット

javascript:window.location='inico'+window.location

iNicoはお気に入りに動画を登録することで、動画自体を保存してくれます。最新のコメントを別途取得し、保存した動画の上に流すことができるのが便利。また、iOSでは長い動画をストリーミングすると途中で進まなくなることがあり、そういったことを防ぐためにも動画を保存した後から見るのがよいです↓

f:id:consbiol:20120409223500j:image

○Puffinで開くブックマークレット

javascript:location.href='puffin'+location.href.substring(4);

Puffinは、サーバーでFlash動画をコメントごと再エンコして配信するので、コメントが増えるとブロックノイズが出たり、たまにかくついたりとちょっと見づらいですね。コメント無しで良ければ、ポップアップをタッチすれば綺麗な動画として見ることが可能です↓

f:id:consbiol:20120409223928j:image

ていうかニコニコ動画の運営はいい加減にFlash捨てて欲しいと思いますが、まあ無理そうですね。

2012-04-06

世紀末RPGの「Fallout: New Vegas」はFallout3からシステムは順調に進化してるが…(主観レビュー)

 ベゼスダの世紀末RPC「Fallout3」はとりあえず遊び尽くしました(id:consbiol:20120103id:consbiol:20120228)。Oblivionの時のもそうだったんですが、序盤はシステムの深いところを理解できず、終盤になってああしておけばもっと楽しめたのに、と後悔すれども2週目をする気力はないです。と、そこにシステムはそのままの続編「Fallout: New Vegas」があることに気がつきました。微妙に制作会社はベゼスダではなくオブシディアンというFallout 1&2の開発者を拾った会社ということで一抹の不安がありましたが、購入。今回は初めてSteam経由で買いました。全DLCが入ったPCの英語版Ultimate Editionで$39.99なり。

 今のところ、(恐らく)中盤でMr.ハウスと出会いニューベガス近郊で各勢力へのご機嫌とリクエストなどをしてるところでとりあえず1回目のレビュー。

○Fallout3から確実にシステムやゲームバランスが向上。特にハードコアモードで空腹や喉の渇きなどがあるのがよい。敵の強さ、お金、コンパニオンのバランスもいい。部族勢力ごとに友好度があるのがいい味出してる。メインクエストはFallout3のDLC「The Pitt」を10倍複雑にしたような多分岐システム。どの勢力に付くか悩みどころがRPGっぽい。

×グラフィックやギミック(仕掛け)のセンスが(ベゼスダと比べて)決定的に足りない。核戦争後の複数の勢力が入り交じる世界観について、小説みたいな読み物としては楽しいが、FPSゲームとしての表現に失敗してる。有志の日本語化が完璧ではなく、固有名詞がアルファベットのまま。

D

 Fallout3では、1950年代の人達が考えた未来文明が核戦争で滅んだら?というテーマを、ちょっとシュールに描いたセンス溢れるゲームでした。基本的に廃墟を回るのがメインなのですが、あちこちに仕掛けられたギミックが絶妙な笑いと不気味さを醸し出してました。それがNew Vegasではほとんど感じられないんですよね。ロケット施設や太陽光発電施設はちょっと楽しかったですが、描写不足感があります。核戦争後の部族勢力間の闘争や協働などを描きたいのは分かりますが、移動→会話のみでクエストを進めている感がいなめません(戦闘すらないという)。ストーリーとFPSゲーム性と親和が取れてないなと思いました。まあ、Fallout3のベゼスダ開発陣のセンスが良すぎるだけなのかもしれませんが。

 あとPCは英語版しかないのですが、OblivionやFallout3と同じく有志で作成された日本語化MODが利用できます。ただ、OblivionやFallout3のような素晴らしい完璧な日本語化はされてないです。固有名詞がアルファベットなのが個人的に違和感があるのはいいとして(慣れの問題)、キャラによって口調が一貫してなかったり、直訳的な違和感ある日本語だったりと。まあ、意味は通じるのでいいですけどね。

 一方で、ゲームシステムは結構進歩してます。餓え、渇き、睡眠不足、遅延回復などがあるハードコアモードは待ってましたという感じ。そういった要素は面倒臭くない程度にゲームに彩りを与える絶妙なさじ加減でした。また、お金の稼ぎ具合や敵の強さのバランスも良くなってます。特に部族勢力の友好度によってクエストが分岐するのは画期的だと思いました。あとメインクエストは、示された道順を素直に行くと、世界をぐるっと回って最後にニューベガスに到着する最中に世界観の知識が得られるようになってるのが感心しました。もちろん道順を無視してニューベガスに直行というのも、面白そうです。

 Oblivion→Fallout3→Fallout: New Vegasと確実にゲームシステムが向上してますね。この分ですと、ベゼスダの新作RPG「Skyrim」がかなり楽しみなのですが。

 ちなみにNew Vegasは現在中盤で、レベルは20。ニューベガス近郊の各部族勢力のご機嫌を取った後、ついに川の向こうのリージョン勢力(ヒャッハー勢力)に謁見します。途中でコンパニオンにしたブーンが、リージョンに恨みを持ってて、すぐに飛びかかって言っちゃうので今までろくにコミュニケーションできませんでした(それどころかリージョンズの村を滅ぼした)。しかし、ミスターハウスと会談したことで、リージョンのリーダーに興味を買われ、これまでの恨みは御和算に(そこら辺もシステム的に上手い)。乱暴者のブーンはすでに解雇したので、リージョンと仲良くやれるか楽しみです。