Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2012-05-26

アクションパズルゲーム「Portal」はパズル嫌いでもギリギリ楽しめるレベルの難易度(主観レビュー)

 アクションパズルゲームの「Portal」+「Portal 2」が「Steam」で$8.49と安売りしてたので買ってみました。steam版は普通にインストールしただけで日本語字幕が出ました。パズルゲームのような妙な方法で頭を使うゲームは異常に苦手意識をもってるのですが、評判がかなり良いゲームなのとパズルだけでなくストーリ性があることと安いことからつい買ってしまいました。とりあえずPortalの方をクリアしましたので感想。

○難易度は高くない。めんどくさそうになったらネットで解法みようと思ってましたが、パズル苦手な私でもくじけずにクリアできた。世界感がよく練られていて、先へ進む楽しみがある。人工知能の狂いっぷりが不気味で面白い。

×ストーリー性はおまけ的要素な感じでメインは所詮パズルゲーム。「パズルを解く」ことに快感を覚える人種じゃないと、さすがに後半は面倒臭くなってくる。3D酔いだけでなく独特の「Portal酔い」がある。

ポータルガンと呼ばれる空間銃で入口と出口の通り抜けフープを作り、ゴールまで進むというパズルゲームです。これだけのギミックのパズルなのですが、このギミック自体が世界観を構築しているのすごいと思いました。1アイディアのみのゲームですね。

ただし、アクションによるごり押しを要求される場面もあり(特に後半)、そこら辺は面倒臭かったです。基本的には、ほぼ↓のテクニックでだいたいの場所は通過できます。

f:id:consbiol:20120526123743j:image

あと、かなり酔います。一人称視点のゲームなのでよくある3D酔いもあるかもしれませんが、それ以上に独特の「Portal酔い」があります。通り抜けフープをくぐると、日常では決して経験しない空間移動が生じて、位置感覚や方向感覚、重力感覚が狂わされ、それによって脳が混乱し、酔いに繋がるんだと思いました。ある程度、脳がそういうものだと慣れれば、酔いはそこそこ軽減されると思います。

パズル脳とはほど遠い私としては、前半レベルの難易度でもっとストーリー性に重点が当てられればもっと楽しめたと思うんですが。ストーリー性は単に雰囲気作りというだけで、ストーリーがメインじゃなくて、あくまで「パズルを解くこと」がメインですね。雰囲気と言えば、デザインが統一されてこだわりがあり、世界感の奥深さを感じさせます。もともと何かのFPSゲームの外伝的なものらしいですが、そういう背景もあるのかもしれません。

謎と狂気に満ちた雰囲気が大変よく、面倒臭いパズルでもかろうじて先に進んでみようという楽しみが失われることはないです。パズルのバランスの良い難易度だったんじゃないかと思います。

クリアまでの時間が(私の場合)4時間と短いです。安く買ったのでまあ満足ですが、定価ではかなり厳しいボリューム。

2週目として難易度が上がったステージや、ユーザーが作ったステージがあり、そこら辺を楽しめればもっと遊べる時間が増えそうです。ただ、パズルが純粋に好きなら良いでしょうが、私はそうじゃないのでやる気が起きないですけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consbiol/20120526/1338004487