Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2012-06-27

Adobe Acrobatの自動アップデートが出来ないのでしょうがなく1バージョンずつアップデートした

 仕事用に使ってるWindowsHomeServer2011機(id:consbiol:20120331)には、Adobe Acrobat9を入れました。で、自動アップデートをかけようと思ったんですが↓

f:id:consbiol:20120627221913j:image

バージョン9.3までアップデートして、その後↓のようなメッセージ

「Windowsインストーラーサービスでアップグレード修正プログラムをインストールできません。うんぬんかんぬん」

f:id:consbiol:20120627221507j:image

が出て、アップデートが続きませんでした。WHS2011が原因なのか、PDFについてエクスプローラーでサムネイルが出るように修正している(id:consbiol:20111127)のが原因なのか分かりませんが、これ以上アップデートできません。また、自動アップデートだけでなく、最新のアップデータでもアップデートできませんでした。

 しょうがないんで、1つずつアップデートファイルを落として1バージョンずつアップデートすることにしました。過去のバージョンのアップデートデータは「こちら」からダウンロードできます。

↓こんな感じで、ほぼ全てダウンロード

f:id:consbiol:20120627222010j:image

イーモバイル回線なのでダウンロードにはかなり時間がかかりましたが、1つずつアップデートすることで、無事最新のバージョン5.1までアップデートできました。なんでアップデートできなくなったのかは不明ですが、一安心です。

2012-06-24

MS Excelの散布図の各点にラベルを付けるアドイン

↓のようにGPS座標でWaypointの分布図を作ろうと思いました。

f:id:consbiol:20120624111615j:image

で、↓Excel2007の散布図で作ってみました

f:id:consbiol:20120624111719j:image

 この散布図の各点にラベル(ID)をつけたかったんですが、なんか標準機能では無理らしい。いろいろ調べてみましたが、マクロを使ってラベルを付けるアドオンがあることを知りまして、早速お試し。

 アドオンのダウンロードは「こちら」。”graph_labeling.lzh”というファイルを解凍してgraph_labeling.xlaをダブルクリックします。すると↓の警告が出ますが、気にせずマクロを有効にを選択。

f:id:consbiol:20120624113347j:image

↓するとExcelのリボンに”アドオン”に”グラフにラベルを追加”という項目が出てきます

f:id:consbiol:20120624113559j:image

これをクリックすると↓のようなウィンドウが出ます。

f:id:consbiol:20120624113932j:image

↓これでデータのラベル部分のセル範囲を指定するだけ

f:id:consbiol:20120624114318j:image

↓無事に散布図にラベルがふられました。簡単!

f:id:consbiol:20120624114504j:image

graph_labeling.xlaをダブルクリックでアドオンをインストールする方法ですと、一度Excelを終了すると元に戻ってしまう。永続的にアドオンを使いたい時はアドオンフォルダに入れればよいです。でも、使うことは滅多にないので、ダブルクリックで一時的に利用できるようにしておく方が、分かりやすくて良いと思います。

マクロを使ったアドオンなので、Excel2010でも使えそうですね。

2012-06-17

AMDのGPUのクロック・電圧を固定する為にATI Tray Toolsを使う

 AMDビデオカードは、GPUコアやメモリのクロックや電圧を、負荷に応じて可変させてます。便利機能なのですが、ちょっと面倒なことが。Radeon HD5770などの5000番台はどうもこの部分で不具合が多かったりします。例えば、アイドル時に電圧が高くて消費電力が多かったり、デュアルディスプレーでチラ付いたり、Flash動画で落ちたり(id:consbiol:20120609)。これに対処するには、BIOSをいじったりしないといけないのですが、面倒な上に危険きわまりない。

 調べてみると「ATI Tray Tools」でクロックや電圧を明示的に固定してやることができるということがわかりました。例えば、HD5770ですと、アイドル状態の157Mhz・300Mhz・0.95Vと明示的に固定させたりできるわけ。こうすると何かと不安定な5000番台グラボはかなり安定します。AMDのCPUやGPUはユーザー側で色々いじくれて自作erに優しいですね。面倒だけど…

 ATI Tray Toolsは「こちら」からダウンロード可能です。ダウンロードしたインストーラー(.exeファイル)でインストールするだけ。ちなみにタスクトレーアイコン右クリック>tool/option>languagesJapaneseを指定することで、簡単に日本語化できます。

 ATI Tray Toolsは、すごく機能満載で色々できそうですが、私はとりあえずクロック・電圧固定用途に使ってます。こちらの機能はタスクトレーアイコン右クリック>オーバークロックの設定>オーバークロックの設定、でいけます↓

f:id:consbiol:20120617213717j:image

 ↓のように電圧とGPU・メモリクロックを指定してやって、Profileとして保存してやります。

f:id:consbiol:20120617214053j:image

 私は↓のようなプロファイルを作りました

Radeon HD5770のATI Tray Toolsプロファイル

1.LowVoltage(通常使用)→GPU:157Mhz/0.95V・メモリ:300MHz

2.UVD(動画)→GPU:400Mhz/0.95V・メモリ:900MHz

3.Default(高負荷)→GPU:850Mhz/1.2V・メモリ:1200MHz

 一度保存したら、この設定画面で上記プロファイルを指定し、”適用”でクロック・電圧が固定されます。

 私の所持しているH577Q1GDはアイドル時で電圧が1.2Vになってるんですが、ATI Tray Toolsで上記の”LowVoltage”プロファイルを適用してやることで0.95Vになり節電できます。Flash動画閲覧時も通常ですとメモリクロックが可変し、それによって不安定になるらしいんですが、”LowVoltage”固定にすることで安定化します(”UVD”プロファイルは、もっと重い動画用で、ネット動画ぐらいなら”LowVoltage”で十分)。

色々不安定なHD5000番台ですが、やっとBIOSなどいじらずに安定運用できるようになって安心しました。

2012-06-13

2chTV実況ソフトNicortに公式p2経由で書き込む方法

 2chのTV実況スレのレスを、地デジTVにオーバーレイさせてニコニコ動画風に流せるPC用ソフト「Nicort」(id:consbiol:20111002)。神アプリだと思っているんですが、難点が。それは書き込みの際なのですが、私のネットのプロバイダである"GMOとくとくBB"(id:consbiol:20120517)は、書き込み規制に巻き込まれることが多く、実際ほとんど書き込みできません。ちなみにTV実況以外の2chスレの閲覧は「公式p2」を使っており、書き込みする為に課金もしてますが、p2経由から書き込むと規制に巻き込まれることはほとんどありません。が、Nicortの設定では、●経由の書き込みはサポートされてますが、p2経由は見当たらなく困ってました。

 このたび、「p2proxy」というソフトウェアを使うことでp2経由でNicortに書き込むことができることに気がつきました。これで存分にTV実況スレにお馬鹿な書き込みができる。ということで以下設定方法。

1.「こちら」からp2proxyをダウンロード。

”※ p2.2ch.net書き込みツール ※”とかいうやつです。

2.p2proxyにp2のユーザーIDとパスワード情報を追加

p2proxy起動>設定>p2ログイン>追加、でp2の”ユーザーID”と”パスワード”を入力します。

f:id:consbiol:20120613192646j:image

ちなみに、p2ログイン設定では”起動時に自動でログインする”とメイン画面の簡易切換を有効にする”にチェックを入れてます。

3.接続ポートの指定

p2proxy起動>設定>全般、で接続待機ポートに”9000”と入力。

f:id:consbiol:20120613193246j:image

その他の設定として、”起動時にサーバを開始する””起動時にタスクトレイに収納”にもチェックを入れてます。

4.Nicortでの書き込み設定

Nicort起動>設定>Webネットワーク>HTTPプロクシ、で”書き込み〜”にチェックを入れて、”ホスト名”に”127.0.0.1”と、”ポート番号”に”9000”を入力。”書き込みタイムアウト”も”20秒”ぐらいにしておく方が良い(p2経由だと反応が遅い場合があるため)。

f:id:consbiol:20120613193716j:image

5.書き込み時にCookieエラーが表示される場合

p2proxy起動>設定>投稿>Cookie制御、で”Cookieをリセット”でいけました。

これで問題なくp2経由でNicortからスレに書き込みできてます。できることならNicort自体にp2経由の書き込みをサポートして欲しいですけどね。

2012-06-09

Radeon HD5770→HD6870で5770の面倒な不具合レベルの仕様が改善されてるか?

 ゲーム用PCに使ってたビデオカードAMD Radeon HD5770(id:consbiol:20100717)。ハードウェア的には、未だに消費電力とパフォーマンスのバランスが良く、そこそこ重いゲームも難なくこなすよいビデオカードです。しかし、何かと面倒臭い仕様があり、イマイチ扱いづらいというのが難点。例えば、デュアルディスレーでちらつきがあったり、それを直すドライバーでは電圧とメモリクロックが上がって消費電力が増したりする。また、私の持っているH577Q1GDでは、それを回避するためにデフォルトで電圧とメモリクロックが高めで、待機電力が多め(id:consbiol:20100727)。また、最近のドライバでは、Flash動画をみると落ちることが多い(id:consbiol:20120212)。それを直すためにBIOSをいじったりと手間をかけさせられました。また、消耗してきたからなのか、Arma2など重いゲームをすると落ちる。

 最近、グラフィックカードも新しいモデルが出たこともあり、旧モデルが安売りしてるので、HD6870を思い切って買っちゃいました。PowerColor AX6870 1GBD5-2DHV2という機種でドスパラにて11,980円なり。

○HD5770からかなりパフォーマンスアップ。5770の面倒臭い不具合レベルの仕様は全くなく安定性が大幅アップ。カードサイズもあまり大きくない。

×電源は6ピンX2で、消費電力もアップ。5000番台モデルからはマイナーバージョンアップなので、消費電力あたりのパフォーマンスはそれほど改善してない。クーラーがアイドルでもちょっとうるさい

↓PowerColor AX6870 1GBD5-2DHV2はグラボらしい立派なパッケージ。もうちょいシンプルでいいんじゃないかと思う今日この頃。

f:id:consbiol:20120408111003j:image

↓HD5770(H577Q1GD)との比較。基盤自体のサイズは全く同じだが、クーラーはH577Q1GDの方が大きい。H577Q1GDは特殊にでかすぎますけどね。

f:id:consbiol:20120408111634j:image

↓端子は、DVI x2、HDMI x1、miniDP x2と豊富。DP(ディスプレーポート)がmini規格なのは気になるがマルチディスプレー環境は問題ないでしょう。

f:id:consbiol:20120408111225j:image

↓miniDP←→DP変換ケーブルが1つ付いているので良かったです。

f:id:consbiol:20120408114332j:image

5770と6870のベンチマークは「こちら」が詳しいです。5770→6870でパフォーマンスは1.5〜2倍ぐらい上昇。消費電力もアイドルで8W、負荷時で35Wアップという感じでしょうか。外部電源で5770は6ピンが1つだったのに対し、6870では2つになってるのが面倒臭いです。クーラーの音は若干うるさいかな。アイドル時でも結構聞こえます。

さて、結論として、5770から移行して大満足。パフォーマンスアップはもちろんのこと(Arma2が実用レベルで動くようになった)、HD5000番台モデルの細かい不具合が改善されていて、ベンチマークには反映されない安定性が大幅にアップしてる気がします。待機時には、きちんと電圧もクロックも下がりますし、デュアルディスプレーでも安定してますし、落ちることも全くない。5770や5850の安定性で苦労してる人は、crossfire目当てで追加購入するよりは、投げ売り状態で安くなってる6870を買う方がかなりおすすめです。パフォーマンスアップという観点だけでなく、気苦労を減らすという観点でも。

AMDインテルやNV等に押されて余裕がなく、新アーキテクチャーを採用したHD5000番台は、チャレンジングすぎて安定がおろそかになったのかもしれません。HD7000番台もチャレンジングなので安定してないかも。次の狙い目はHD7000番台のマイナーバージョンアップであるHD8000番台(が安くなった時期)なのかもしれません。

2012-06-06

デュアルディスプレーに設定するショートカットキー

 職場PCは液晶ディスプレー2つ繋いであるんですが、普段からデュアルディスプレーにすると目に悪いかなと思って、不必要な時はシングルディスプレーで使ってます。これまでデュアル←→シングルを設定する時は、デスクトップを右クリック>画面の解像度、で行ってたんですが、面倒。ショートカットキーで設定できないかなと思って調べてみましたが、ありました。

Windowsキー+P(Windows7

f:id:consbiol:20120606193854p:image

Windowsキーを押しっぱなしにして、Pキーを何回か押すことで、上の4つのモードを設定することができます。1つ賢くなりました。

2012-06-03

アクションパズルゲームのPortal2は科学施設の観光が楽しいけどエンディングは切なくなる泣きゲーム(主観レビュー)

 「Steam」で$8.49で買ったアクションパズルゲームの「Portal」+「Portal 2」ですが、Portalの方がクリアできた(id:consbiol:20120526)ので、続けてPortal2の方に挑戦。

○ストーリ性が増し、GLaDOSや主人公の正体、研究施設の背景などの謎がそれとなく明らかになる。ナビゲーターのアナウンスや、連れて歩く仲間との会話におけるユーモアセンスが抜群。前作のテストルームそのものでパズルを純粋に楽しみだけのステージとは違い、ステージそのものに派手な演出が施されていたり、ゲームの進展やイベントにパズル要素が融合されていたりと、飽きることがなく楽しい。

×シングルのプレー時間が10時間と短い。パズル要素の中で、色々な仕掛けが追加されたが、パズルの質よりも仕掛けの量という感じなってしまった。

前作は、ポータルガンというオンリーワンのアイディアを使った、良くできたパズルゲームで、ストーリ性はおまけ要素という感じでした。第2作目のPortal 2はストーリーメインでパズルはおまけという感じですね。面倒臭いパズルはあまり好きではない私は、パズルは演出に使われる程度の今作ぐらいの扱いの方が良かったです。レーザーや光の道、3種のジェルなど追加要素があり面倒臭くなりそうだと思ってましたが、前作のようなアクションごり押しで解くようなパズルはなく、思ったよりあっさり閃いてパズルを解けました。照明で行き先を照らしてくれたり、利用して欲しいギミックを演出で目立たせたりとよく考えて作られてます。

前作から数百年が経ったアパーチャー実験施設が舞台で、人間に放置された広大な施設を観光し、その世界観を満喫するといった感じで、Fallout3の廃墟巡りのようなわくわく感がありました。また、GLaDOSやWheatlyといったAIの声に呼応するテストチェンバーの再構築(または崩壊)や、チェンバーからの脱出の演出は迫力ありました。ストーリーも、GLaDOSやWheatlyとの会話のセンスの良さや、タレットやパネル工場などの研究施設の裏側の描写、地下数kmに落とされてからアパーチャーの過去のラボを通って登っていくに従い、GLaDOSの正体を明かす演出など良くできてるなぁと思いました。

GLaDOSの言葉の端々から見え隠れする、主人公に対する相反する2つの感情は切なくて泣けますね。主人公が去った後のラボで、人間無しでひっそりと何万年も実験を続けるんだろうなというのも切ないです。

以下考察

GLaDOSの正体は、アパーチャーサイエンス創始者Johnsonを崇拝的に慕っていた(恐らく妻の)Carolineであることは確実ですけど、主人公のChellについてはゲーム中であまり明確に語られていませんでした。ネットで調べると、なるほど2人の養子と考えれば合点がいきます。白人の2人に対して主人公はアジア系っぽい顔立ちですし、序盤でGLaDOSに、お前は捨て子だと散々なじられましたし。あと、最後のタレットの合唱は、「愛しい我が子、さようなら」といった意味の歌詞らしいです↓

D

ここからは推測ですけど、主人公に対するGLaDOSの憎悪は、才能豊かで夫の寵愛を受けた娘のChellに対するCarolineの嫉妬から来るんじゃないでしょうか。養子を取ったってことは不妊症だったでしょうからそこら辺の複雑な思いもあったのかもしれません。憎いけど愛おしい。殺したいけど幸せになって欲しい。今すぐ消えて欲しいけど、ずっと側にいて欲しい。みたいな相反する2つの感情は泣けますね。

あと、Carolineは人格をAIに移されることを嫌がってたみたいですが、崇拝する夫の願いを拒否してたのは、やっぱり夫がいなくなった世界で永遠に生きたくないとの思いがあったんだと思います。でも、夫の志である科学の発展をテストし続けることの幸せという相反する感情もあるみたいですけど。

名作SFの2001年宇宙の旅で、AIであるHALは相反する2つの目的を与えられて狂いましたが、GLaDOSも同じ理由で狂ったんでしょう。手に負えなくなったアパーチャーサイエンスの科学者達は、GLaDOSに色々なコアを追加することで制御を試みたようですが、完全に逆効果だったみたいですね(結果は皆殺し)。

Connection: close