Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2012-09-22

iPhone4Sが洗濯機に水没した(けど復活した)

 久しぶりにやってしまいました。ジーパンのポケットにiPhone 4Sを入れたまま、洗濯機を回してしまいました。洗濯機からガタガタ音がするなぁと思って、はっと気がついて、急いで救い出しました。洗濯機の中で、洗剤溶液と共に回っていた時間は5分ぐらいだったでしょうか。

 救い出した時は、表から見る限りは液晶の中などに水は入ってませんでしたが、当然のことながら電源ボタンを押しても液晶はつきませんでした。振ってみたら、スピーカやら端子から水がドバドバと出てきましたが。なぜかマナースイッチは動いており、スイッチを入れるとバイブレーションが鳴ったので辛うじて生きてるなと思いました。

 水没した電子機器はバッテリーを抜いた後乾燥がセオリーですが、iPhoneなのでそれもできず。液晶がつかないから電源をオフにすることも出来ません。

とりあえず乾燥させねばと思い、そういえば減圧乾燥機なんてものがあったなと気がつきました↓

f:id:consbiol:20120922193745j:image

こんなの。どんな家庭にも一台はありますよね(ねーよ)。

乾燥剤(シリカ)を大量に投入して、iPhone4Sを入れた後、ポンプで減圧。完全に真空にすると、それはそれで液晶が沸騰しそうでまずいかなと思って、減圧はそこそこにしておきました。

2日放置後、あっさり完全復活しました。洗濯機で回して、完全に水没した状態でも意外といけるもんですね。命拾いしました。

2012-09-18

MicrosoftのOfficeクラウドサービス”Skydrive”でiPadでのOffice閲覧も実用的に

 以前、ためしに使ってみて、駄目だと思ってたMicrosoftのOfficeクラウドサービス「Skydrive」。いつの間にやらかなり使えるサービスになってました。Microsoft侮りがたし。

f:id:consbiol:20120918223635j:image

○良い点

1.クライアントの同期ソフトを使って、Dropboxみたいにローカルに保存し、PC間で同期できるようになってた。

2.クラウドにアップロードしたOfficeファイルは、HTML5で書かれたOfficeアプリを使って(ブラウザ上で)閲覧・編集が出来るようになってた。

3.HTML5だからもちろんiPadの標準ブラウザからでも閲覧・編集OK。

4.HTML5で書かれたOfficeアプリは、かなり正確にOfficeファイルを扱える。Googleドキュメントみたいな疑似HTML5Officeアプリとは雲泥の差。さらにiPadiWorkアプリをも凌駕。

×悪い点

1.同期ソフトの性能がDropboxに劣る。

2.HTML5の限界か、ブラウザ上でファイルを扱うとかなり重い。

3.iPadのブラウザ上でのスワイプ操作感が若干特殊

まずPCにSkydriveのクライアント同期ソフトをインストールすると…

f:id:consbiol:20120918223606j:image

↑ローカルにSkydriveというお洒落なフォルダが出来ます。ここにファイルを放り込んでおくだけでPC間で同期できます。DropboxやSugarsync(id:consbiol:20090708)と同じですね。ちなみに無料での容量は7GB。まあ十分です。

同期ソフトの性能は、それほど良くありません。ファイルを更新するとDropboxやSugarsyncは一瞬で同期が始まるのに、Skydriveは数分同期が始まらないことがあります。複数の同期ファイルがある時、DropboxやSugarsyncは小さなファイルを優先して同期するのに、Skydriveはアルファベット順に同期するので、大きなファイルが同期の進行を妨げることがあります。ここら辺は、老舗のDropboxやSugarsyncが勝利でしょう。

さて、同期したファイルはクラウドに保存されるわけですが、DropboxやSugarsyncは同期ソフトが入っていないPCからのファイルの閲覧・編集は、WEBブラウザでダウンロードしてからではないと駄目です。ところが、SkydriveはWEBブラウザ上から閲覧・編集できちゃいます。WEBブラウザ上からOfficeファイルを閲覧・編集するサービスと言えばGoogleドキュメントですが、そんなの目じゃないくらい高機能かつ高精度です。

↓PCのChromeでみたエクセルファイルです。複雑な図も完全再現。

f:id:consbiol:20120918231004j:image

HTML5のアプリなので、どんなウェブブラウザでも、そしてiPadのウェブブラウザでも全く同じで完全再現。

iPadSafariからみたワードファイル。行間や文字数だけでなく、行番号表示まで再現されてます。

f:id:consbiol:20120918231506j:image

ワードファイルの場合、編集モードにしてしまうと行間などの情報は全て省略されますが、保存時にそういった情報は元に戻してくれました。

iPadSafariからみたパワーポイントファイル。iPadkeynoteと比べて(id:consbiol:20120225)も、抜群の出来です。

f:id:consbiol:20120918232033j:image

・アニメーションに完全対応(keynoteではオブジェクトの移動アニメーションなど非対応)

・テキストオブジェクトのずれなし(keynoteではずれまくる)

・エクセルからの図表の埋め込みも完全再現(keynoteでは再現度がよくない)

パワーポイントで作ったプレゼンテーションファイルをSkydriveに入れて置いて、iPadを使って直前までプレゼンの予行練習するなんてのに使うのも便利そうです。

 ただしウェブアプリは重い。すごく重い。カクカクです。Html5の性能の限界でしょうか。WebGLなどのハードウェアアクセラレーション機能が待たれますね。また、ウェブアプリを使う場合、ローカルにファイルがあるわけではないので当然ネット環境がないと見れませんし、ダウンロードに時間がかかります。したがって、ウェブアプリでのOfficeファイルの編集は実用的ではないんですよね。

 まあ、Skydriveを使えば、iPadでOfficeファイルを高再現度で扱えるというのはかなりの利点だと思います。iPadを使っている人にこそ、MicrosoftのSkydriveを試してみるといいかも。

2012-09-09

イーモバイルのUSBモデムをD22HWからD31HWへと乗り換え

 現在、自宅でのメイン回線は、GMOとくとくBBの定額制のイーモバイル回線(id:consbiol:20120517)。端末はポケットwifiルータのGP02を無料でもらったのですが、自宅でのメイン回線としては取り回しが面倒ということで、USBモデムのD22HW(id:consbiol:20100424 )にSIMカードを差し替えて、これをUSBデータカード対応の無線LANルータ「WZR-HP-G302H」に刺して使ってました。料金も定額で全く問題なく使えてましたが、D22HWは古い機種なので最新の電波規格で通信できないのがネック。WZR-HP-G302Hに対応してて、かつ新しめのUSBモデムを探してましたが、D31HWをヤフオクにて1500円にて購入。

○私の自宅での通信速度で最高で1Mbpsから2Mbpsと倍速になった。電波の拾いが若干良くなり、通信が安定した。USBの端子がスライド式になったので、持ち運ぶ時に破損しづらそう。

×microSDカードのスロットが本体内部にあり、メモリを出し入れするのに一手間かかる。

↓こんな感じで、USB端子は側面の出っ張りでスライド式に出し入れできます。持ち運ぶ時に便利。

f:id:consbiol:20120909221538j:image

SIMカードとmicroSDカードのスロットへのアクセスは、少々堅い蓋を開ける必要があります。microSDカードの方はちょっと面倒。

f:id:consbiol:20120909221600j:image

白いカードはSIMカード。手前の穴がmicroSDカードのスロットです。

イーモバイルHWユーティリティが共通なのでD22HWからD31HWへと移っても、新しく通信の設定をしなくても良いのが楽。

f:id:consbiol:20120909234619j:image

さて、通信性能なのですが、D22HWよりも速度の速い通信規格に対応しているD31HWだけあって、私の仕様地域(田舎)で通信速度が1Mbpsから2Mbps倍ぐらいへと倍になりました。また、D22HWは電波がバリ3でも通信がたまに止まり(輻輳?)ストレスがたまることが多かったですが、D31HWではそういうことは明らかに消えました(全くなくなったわけではないですけど)。あと、ダイアルアップ時間も早くなった気がする。順調に性能アップしてるみたいで、変えて良かったです。

2012-09-04

室内トレーニング用途にヨガマットを買ってみた(主観レビュー)

 最近ジョギングしているんですが、運動が偏ってる気がしたので、iPhoneアプリのNike Trainingで筋トレも始めてみました。フローリングでは何かと痛いし滑るのでマットが欲しいなと思い、買ったのが”鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) ピラティス&ヨガエクササイズマット”でアマゾンにて1700円也。

○そこそこの衝撃吸収性と滑り止めになる。

×薄くてフローリングではトレーニングでの痛みは取れない。汗書くとベトベトする

↓パッケージ

f:id:consbiol:20120830183935j:image

↓マットはこんな感じ。

f:id:consbiol:20120830184032j:image

 衝撃を吸収する材質としては質の良いものを使っていますが、何せ薄いです。膝を立てるトレーニングとかをすると、フローリングの上ではまだ痛いです。もう1つ買って2枚重ねると良いかもしれませんね。結局、トレーニングは畳の部屋にマットを敷いてすることにしました(笑)畳の上なら快適です。飛び跳ねたりするトレーニングでは、下階に響かないぐらいまで音を吸収してくれるのは良い感じ。筋肉のバネを使って衝撃を和らげればの話しですけどね。あとは、汗をかくとちょっとベトベトして気持ち悪いですね。これは材質的にしょうがないんでしょうけど。

 もうちょっとしっかりと衝撃吸収するマットだと期待してたんですが、そうでもなかったです。まあ、値段相応のものですし、そもそもヨガ用なのでしょうがないですね。

2012-09-01

ジョギング用のiPhoneアームバンドを新調(主観レビュー)

以前から重宝していたiPhone用の防水アームバンド(id:consbiol:20110827)が壊れてしまいました↓

f:id:consbiol:20120828174424j:image

ジョギングでRunkeeper記録を取るために付けてた(id:consbiol:20120803)ので、ダメージが蓄積されてたのかもしれません。重宝していたとはいえ、防水のために閉め口が堅かったり、バンド部分がねじれてる構造になってるために面倒だったりしたので、結構使いづらかったです。その反省も生かして、良さそうなアームバンドを探してまして、選んだのが”CR-Techオリジナルスポーツ アームバンド”ってやつです。アマゾンにて700円と安め。

○軽くて腕にぴったりフィット。特にジッパーとかあるわけではなくiPhoneを出し入れしやすい。

×材質はウェットスーツのようだがあまり良くなく、蒸れ気味。iPhoneを入れるスペースがきつくて、厚いケース使ってると入らないかも。

↓こんな感じになってます。バンド部分の材質はウェットスーツ様。バンドの長さは、ちょうど良い感じですね。

f:id:consbiol:20120828174449j:image

↓バンドはマジックテープでこのように止めるようになってます。穴は2つあり、腕が細い人でも対応できます。

f:id:consbiol:20120828174543j:image

↓ここからiPhoneを入れます。右上に開いてるのはイヤホン様の穴かな?イヤホンはかなり使いづらそうな感じ。

f:id:consbiol:20120828174602j:image

↓エアージャケット(id:consbiol:20111028)を付けたiPhone4Sは結構きついですが、問題なく入ります(写真は3GSですが)。もう少しごつい目のiPhoneケースだと入らない場合もあるかもしれません。

f:id:consbiol:20120828174758j:image

実際に、付けてジョギングしてみた感想ですが、バンド部分のウェットスーツみたいな材質がちょっと安物っぽくて若干蒸れますね。まあ我慢できるレベルです。あと腕にぴったりしすぎてて、iPhone画面がそっぽを向いてる状態で見えるように回すのが困難なので、腕に巻く際に画面を見えるようにしておく必要がありますね。

いずれにしても。700円という値段を考えると、十分すぎる機能で良かったです。

consbiolconsbiol 2012/09/08 22:33 裸のiPhone3GSは問題なく入るのですが、シリコンケース付けると、かなりきつくなる気がします。裏がウエットスーツのような伸縮性のある材質なので、入らないことはないと思いますが、(シリコンが滑り止めになるなどして)出し入れが面倒臭そうですね。