Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2012-11-27

ルルドマッサージクッションを買ったがなかなか良くできてる(主観レビュー)

 ちょっと前に流行ったらしいルルドマッサージクッション。流行ってたことは流行が終わってから知ったのですが、流行っていたからには良いものに違いないと思い、買いたいと思ってましたが、楽天市場で安売りしており思わず買っちゃいました。

○安いながらも確かに良くできており、ツボまで届き、もまれ応えがある感じ。デザインも良い。

×背中はよいけど、首とか肩はクッションのポジションを考えないとツボまで届かない。

結論としては、買って良かったです。必要十分なもみをしてくれます。もちろん人力の方が良いですが、肩たたき棒なんかよりよっぽど良く、思った以上にしっかりもんでくれる感じです。

パッケージはこんな感じ↓最近の生活雑貨はお洒落なパッケージが多いですね。部屋に合わせて色がグリーンのを買いました。

f:id:consbiol:20121106195035j:image

ネットショップの掲載写真とかでよく見るこちら側↓は、実は裏面になってます。

f:id:consbiol:20121106195452j:image

四角錐っぽくなってるのは、クッションを背中に押し込んだ時きちんとフィットするようにだと思います。結構考えられた作りです。

その反対側↓がもみ玉が付いている方になります↓こちら側を背中に押しつけることになります。

f:id:consbiol:20121106195430j:image

灰色の編み目の部分にもみ玉が付いており、直接もまれるのがきつい場合にカバーで覆えるようになっています。

もみもみ構造は単純で、↓のようにダンベル状のもみ玉がクルクル回り、それを背中に押しつけることでもまれることになります。

f:id:consbiol:20121127211638g:image

早速、使ってみましたが「うぉおおお…」って声が漏れちゃいました。思った以上にちゃんと背中をもんでくれてびっくり。普通のマッサージチェア並みのしっかりとしたもみ具合です。もみ玉の形状と回転方式がよく考えられてる感じでいいですね。私は、あまりこらないタイプなのですが、たまに肩胛骨の辺りがこることがあり、歯がゆかったりしますが、これがあればそんな緊急事態も安心。生活が豊かになりますね。

肩とか首とかは、若干面倒臭いです。所詮クッションなので、もみ玉を目当てのツボにジャストフィットするポジションに持ってくるにコツが入りますね。まあ、でも肩とか首とかも十分にもんでくれますし、頭とか結構こるのですがそちらもいけます。

ケーブルは若干邪魔ですね。まあ、バッテリは無理そうなのでしょうがないです。あと、もみ玉を暖める機能もありますが、服の上からだとあまり意味ないかも。

高価なマッサージチェアを買うことを思えば、この値段でこの性能は画期的ですね。ほんと買って良かったです。

2012-11-24

iPhoneでもパワーポイントファイルの閲覧可能にするクラウドサービス”SlideShark”

 iPhoneiPad用のMS Officeが出る出ると言われつつ未だに出ないので、Officeファイルの閲覧には苦労している人が多いはず。特にパワーポイントファイルはiPhone標準のビューワーではほとんど再現されません。今まで、Apple製プレゼンアプリのKeynoteid:consbiol:20120225)を使ってみたり、WEB版「Skydrive」(id:consbiol:20120918)を使ってみたりしてみましたが、前者はテキストがずれたりオブジェクト移動アニメーションが再現されなかったりエクセルから貼り付けたグラフの再現性が悪かったりし、後者はオフラインで利用できなかったりアニメーションがカクカクで重かったりして使用感がイマイチ。

 このたび、「Slideshark」というクラウドサービスでiPhoneiPad上でも再現性高くパワーポイントファイルが見れるということで試してみました。結論としては、多少面倒なところもありますが、KeynoteやSkydriveよりもいい感じ。

○サーバ容量1GBなら無料で利用可能。iPhoneiPadDropboxやSugarsyncアプリからのOpenInに対応。ローカルにダウンロードして利用可能な上軽い。アニメーションやグラフなど完璧な再現性。テキストのずれもない。

×iOSからだとパワーポイントファイルを一度サーバにアップロードし、サーバ側で変換して再度iOSのローカルアプリにダウンロードするという手間がある。したがって大きなファイルの場合は時間がかかる。サーバにアップロードしたらファイル名が変わってしまう。

では早速使ってみました。

まずは「iOS版SlideSharkアプリ」をiPhoneiPadにインストール。DropboxやSugarsync、標準メールの添付ファイルなんでもいいのでパワーポイントファイルを指定し”別のアプリで開く(Open In)”をしてみると↓のようにSlidesharkが出るはず。

f:id:consbiol:20121124064538j:image

Slidesharkを指定するとSlidesharkアプリが立ち上がります。パワーポイントファイルをアップロードしても良いですがとメッセージが出るのでYes↓

f:id:consbiol:20121124064740j:image

その後、パケ死するかもだからWifiでやった方が良いよと警告が出ますがこれもYesでOK。

アップロードし終わったらサーバ側でパワーポイントファイルをiOSアプリで見れるようにするための変換が適応されます。変換時間自体はほんのわずかな時間です(10数秒ぐらい?)。変換が終わればダウンロードボタンが出ますのでタップすればダウンロード開始↓

f:id:consbiol:20121124065924j:image

これでiOSのアプリからパワーポイントファイルを見れるようになります。

ちなみに本サービスはクラウドなのでアップロードされたファイル一覧は他のiPadなど他のiOSアプリに同期されます。ダウンロードするだけで見れるようになるので便利↓

f:id:consbiol:20121124070953j:image

さらにKeynoteのように、bluetooth接続でiPadパワポファイルをiPhoneで操作もできます。接続方法は簡単でiPhone側で接続アイコンを押して接続するiPadを指定するのみ(初回はパスワードの入力が必要)。iPhone側では進む戻るの操作やスライド一覧画面が表示され↓、iPadではスライドが全画面で表示されます。

f:id:consbiol:20121124072237j:imagef:id:consbiol:20121124072155j:image

 Slidesharkアプリでのパワーポイントファイル閲覧の再現性は完璧に近いです。アニメーションやエクセルから貼り付けられたグラフも完璧に再現。外部リンクされた動画はさすがに無理でしたけど。あとSlidesharkアプリ上での操作も軽いです。

欠点としては、”パワポファイルをDropboxアプリからダウンロード→Slidesharkでアップロード→サーバで変換→Slidesharkにダウンロード”と面倒な手順を踏まないといけないこと。パワポファイルが数10MBもありモバイル回線を使う場合は時間がかかりそうですね。

 とはいえ、これほど完璧にパワポファイルをiOS上で閲覧できれば、あらかじめダウンロードしておいてプレゼン前の練習などで使うなど十分実用的です。また、iPadに繋げるディスプレイアダプタさえあれば直接iPadからプロジェクタに繋げてプレゼンするのも十分ありです。

 サーバ容量1GBまでは無料で全機能が使えますし、いいサービスを見つけたなと思います。

2012-11-16

ArmA2のゾンビMod"Dayz"をプレイするなら"DayZ Commander"は必須

 軍事シミュレーター「ArmA2」の大人気ゾンビMod「Dayz」。移動するだけで数10分かかるぐらいの広大な世紀末マップで、ゾンビに対処しながら、プレイヤーである生存者が物資と武器と生存を求めて殺し合うという単純さが面白いです(id:consbiol:20120806)。すぐに飽きますが、しばらくすると無性に再開したくなり、数日を潰してしまうことが多いです。

 ただ、Dayzは鯖ごとにArmA2のベータパッチのバージョンが違うので、適合する鯖を見つけるのが面倒臭い。また、有志が色々なマップを公開してますが、それの管理も面倒。

 そこら辺を完璧に管理してくれる「DayZ Commander」というアプリ。これが大変便利なんです。

↓起動画面では、こんな感じで鯖一覧を見せてくれます。Dayzを始めるのは、適合するベータパッチ(98443など)が記載されている鯖を見つけてダブルクリックするのみ。

f:id:consbiol:20121116185458j:image

↓左側のチェック欄で、鯖のフィルタリング(適合するベータパッチの鯖のみ表示や、昼時間の鯖のみなど)ができます。

f:id:consbiol:20121116185828j:image

↓”install/update”画面では、現在のDayz Modやベータパッチのバージョンが表示されます。さらに公式マップのチェルナルスだけなくファルージャやリンガーなどの追加マップなども対応。またこれらが最新ではない場合、この画面から最新のバージョンをインストールさせることもできるという便利っぷり。

f:id:consbiol:20121116190105j:image

↓最新のバージョンだけなく過去のバージョンも指定してダウンロード→インストール可能。一度ダウンロードしたパッチは保存されているので、ダウンロードせずにすぐに適用できます。古いベータパッチの鯖に入りたい時など便利。

f:id:consbiol:20121116190417j:image

詳しい人でも面倒臭いMod管理ですが、DayZ Commanderの存在で大分とDayzがやりやすくなりました。ていうかDayzするなら必須のツールですね。

2012-11-12

TMPGEnc5の起動エラーの原因はQuicktimeだった

 地デジを録画したTSファイルをエンコするために色々フリーのソフトを買ったんですが、どうやってもエラーや音ずれが出る。ということでTSファイルの扱いに優れているとウワサの「TMPGEnc Video Mastering Works 5」を買っちゃいました。

 なのですが、インストールして起動させようとするとエラーが出て先に進みません↓

f:id:consbiol:20121112175120j:image

f:id:consbiol:20121112175149j:image

どうしたもんかと色々思案していて、ついに原因が分かりました。AppleiTunesと共にインストールしていたQuickTimeです。こいつをアンインストールすると無事に起動するように。

f:id:consbiol:20121112175841j:image

TMPGEnc5の初回起動時に、QuickTimeについてうんぬん聞かれたので、Quicktimeが悪さしてる感じがあったんですよね。とはいえ、TMPGEnc5の問題ですから、メーカーのペガシスにはちゃんと対応して貰いたいものです。まあ、エンコ用として使ってるPCは、iTunesとかQuicktimeとかなくても問題ない使用してるので、アンインストールしたままにしときますけどね。

2012-11-08

iOSの”その他”の領域を綺麗にするソフト”PhoneClean”

 iPhoneiPadなどiOSは、使っているうちに”その他”の領域が増えていって、ストレージを圧迫することがあります↓

f:id:consbiol:20121002044803j:image

”その他”領域はテンポラリーファイルなどで全く必要ないものなのに、ストレージを消費するなんて、全くもったいない話しです。

この領域は、iOSのデータバックアップから再リカバリすれば綺麗になるとのこと。以前にこの方法を使って、iPadのストレージ領域を大幅に節約できた経験があります(id:consbiol:20121002)。しかり、リカバリは、時間がかかり面倒臭い上に、色々危険が伴う気がします。

 このたび、iOSの余分な領域を削除してくれるWindowsソフトを発見。その名も「PhoneClean」。フリーウェアです。実際使ってみたところ、バックアップからリカバリするのと同様の効果があり、かつ簡単に安全にiOSのストレージをお掃除できました。

使い方は簡単。まず「こちら」からインストーラーをダウンロードしてインストール。

ソフトを起動すると以下のようなメッセージが出ますので、その通りにします↓

f:id:consbiol:20121108222547j:image

メッセージに従って、iOSをスキャンすると余分な領域が表示されます。特に考えず全部削除でよいでしょう↓

f:id:consbiol:20121108222603j:image

というわけでこれだけで300MB分の余分領域を削除できました。長いこと使ってるものならもっと多くの領域を削除できるでしょうね。作者様、便利なソフトをありがとうございます。

2012-11-03

iPhoneのPassbookに対応した楽パックで航空機のチェックインをしてみた

 楽天トラベルの「楽パック」がPassbookに対応したとのことです。ちょっと沖縄に行く用事ができたので、楽パック経由で使ってみましたiPhoneのPassbook。Passbookはあまりイメージが湧かないサービスだったのですが、実際使ってみて何となく使い方が分かりました。

○Passbookは単に楽パックの2次元バーコードを表示するだけの機能だが、使いやすさとデザインのお洒落さで結構良い感じ

×iPhoneの楽天トラベルアプリ単体では完全にPassbookを利用でない。PCサイトで座席を決定してからPassbookへ情報を受け渡せる

楽天トラベルの楽パックで航空券を予約しただけでは、iPhoneの楽天トラベルアプリでPassbookに登録できなくて焦りました。ちゃんと飛行機の座席指定をしないといけないみたいです。座席指定はPCサイトの↓のリンクから可能。

f:id:consbiol:20121103203851j:image

座席指定が終われば↓のように2次元バーコード(SKiP)サービスが利用可能になり、iPhoneの楽天トラベルアプリからPassbookに登録可能となります。

f:id:consbiol:20121103204235j:image

座席指定が終われば、iPhoneの楽天トラベルアプリから↓のように”現在の予約”から”旅行参加者情報”という項目が出ます。ここからPassbookに登録可能。

f:id:consbiol:20121103204738j:image

”旅行参加者情報”から”座席情報・SKiPサービス”を選択するとバーコードが出るので、それをクリックしPassbookに登録します↓

f:id:consbiol:20121103205245j:imagef:id:consbiol:20121103205512j:image

Passbookに登録された航空券情報は結構おしゃれな感じです。出発・到着時刻、便名、座席などの情報が見やすく配置されておりセンスがよいです。また、フリックやクリックでヌルヌル動きます↓

f:id:consbiol:20121103205804j:image

実際に空港では、荷物をX線チェック前にチケットの代わりにiPhoneのPassbookの画面を警備員に見せ、荷物を渡すカウンターで2次元バーコードリーダーにPassbookのバーコードを読ませてやれば航空機のチェックイン完了。

使い終わったらPassbookの[i]ボタンを押すと消去できます。消去画面はシュレッダーっぽいアニメーションで面白いです↓

f:id:consbiol:20121103210422j:image

基本的には、楽パックの2次元バーコードを表示させるだけの機能になってますね>Passbook。とはいえ2次元バーコードを印刷する手間が省けるので、なかなか便利なサービスだと思います。楽パック使うならPassbook使わない理由はないですね。