Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2012-11-24

iPhoneでもパワーポイントファイルの閲覧可能にするクラウドサービス”SlideShark”

 iPhoneiPad用のMS Officeが出る出ると言われつつ未だに出ないので、Officeファイルの閲覧には苦労している人が多いはず。特にパワーポイントファイルはiPhone標準のビューワーではほとんど再現されません。今まで、Apple製プレゼンアプリのKeynoteid:consbiol:20120225)を使ってみたり、WEB版「Skydrive」(id:consbiol:20120918)を使ってみたりしてみましたが、前者はテキストがずれたりオブジェクト移動アニメーションが再現されなかったりエクセルから貼り付けたグラフの再現性が悪かったりし、後者はオフラインで利用できなかったりアニメーションがカクカクで重かったりして使用感がイマイチ。

 このたび、「Slideshark」というクラウドサービスでiPhoneiPad上でも再現性高くパワーポイントファイルが見れるということで試してみました。結論としては、多少面倒なところもありますが、KeynoteやSkydriveよりもいい感じ。

○サーバ容量1GBなら無料で利用可能。iPhoneiPadDropboxやSugarsyncアプリからのOpenInに対応。ローカルにダウンロードして利用可能な上軽い。アニメーションやグラフなど完璧な再現性。テキストのずれもない。

×iOSからだとパワーポイントファイルを一度サーバにアップロードし、サーバ側で変換して再度iOSのローカルアプリにダウンロードするという手間がある。したがって大きなファイルの場合は時間がかかる。サーバにアップロードしたらファイル名が変わってしまう。

では早速使ってみました。

まずは「iOS版SlideSharkアプリ」をiPhoneiPadにインストール。DropboxやSugarsync、標準メールの添付ファイルなんでもいいのでパワーポイントファイルを指定し”別のアプリで開く(Open In)”をしてみると↓のようにSlidesharkが出るはず。

f:id:consbiol:20121124064538j:image

Slidesharkを指定するとSlidesharkアプリが立ち上がります。パワーポイントファイルをアップロードしても良いですがとメッセージが出るのでYes↓

f:id:consbiol:20121124064740j:image

その後、パケ死するかもだからWifiでやった方が良いよと警告が出ますがこれもYesでOK。

アップロードし終わったらサーバ側でパワーポイントファイルをiOSアプリで見れるようにするための変換が適応されます。変換時間自体はほんのわずかな時間です(10数秒ぐらい?)。変換が終わればダウンロードボタンが出ますのでタップすればダウンロード開始↓

f:id:consbiol:20121124065924j:image

これでiOSのアプリからパワーポイントファイルを見れるようになります。

ちなみに本サービスはクラウドなのでアップロードされたファイル一覧は他のiPadなど他のiOSアプリに同期されます。ダウンロードするだけで見れるようになるので便利↓

f:id:consbiol:20121124070953j:image

さらにKeynoteのように、bluetooth接続でiPadパワポファイルをiPhoneで操作もできます。接続方法は簡単でiPhone側で接続アイコンを押して接続するiPadを指定するのみ(初回はパスワードの入力が必要)。iPhone側では進む戻るの操作やスライド一覧画面が表示され↓、iPadではスライドが全画面で表示されます。

f:id:consbiol:20121124072237j:imagef:id:consbiol:20121124072155j:image

 Slidesharkアプリでのパワーポイントファイル閲覧の再現性は完璧に近いです。アニメーションやエクセルから貼り付けられたグラフも完璧に再現。外部リンクされた動画はさすがに無理でしたけど。あとSlidesharkアプリ上での操作も軽いです。

欠点としては、”パワポファイルをDropboxアプリからダウンロード→Slidesharkでアップロード→サーバで変換→Slidesharkにダウンロード”と面倒な手順を踏まないといけないこと。パワポファイルが数10MBもありモバイル回線を使う場合は時間がかかりそうですね。

 とはいえ、これほど完璧にパワポファイルをiOS上で閲覧できれば、あらかじめダウンロードしておいてプレゼン前の練習などで使うなど十分実用的です。また、iPadに繋げるディスプレイアダプタさえあれば直接iPadからプロジェクタに繋げてプレゼンするのも十分ありです。

 サーバ容量1GBまでは無料で全機能が使えますし、いいサービスを見つけたなと思います。

herohero 2013/11/07 16:39 参考になりました。ありがとうございます。

consbiolconsbiol 2013/11/13 12:59 ありがとうございます。SlideSharkはいいサービスですよね。

iPhone パワーポイントiPhone パワーポイント 2018/06/25 12:59 パワーポイントの閲覧と編集は難しいね…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consbiol/20121124/1353708807