Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2012-12-28

”iPad2 bluetoothキーボード内蔵アルミケース”はiPadを裸で使っている私にはすごく便利なアイテム

 所持しているiPad2のために、以前、ロジクールiPadを立てるスタンド付きbluetoothキーボードTK600を買ったんですが(id:consbiol:20120311)、持ち歩くのが面倒であんまり使わなくなりました。品自体は良いものなんですけどね。あとiPad2は裸で使っており、家では問題なのですが、外に持ち歩く時にインナーバック(id:consbiol:20101120)に入れるのが面倒。ということで、iPad2のケースにもなるbluetoothキーボードってよいよねと思ってました。このたび、アマゾンで大安売りをしていたので買っちゃいました。1,750円也。

○ケースにもなるのでiPad2を保護する役目とキーボード両方の機能があるのは想像以上に便利。また、アマゾンのレビューによると第3世代のiPad(当然サイズが同じ4th iPad)にも使えるらしい。

×質感が悪い。iPadを取り外しづらい。打突感が悪い。

こんな感じのパッケージ↓ノーブランドですんで、恐らく中国当たりのマイナーメーカーが作ってるんでしょう。

f:id:consbiol:20121223112237j:image

充電はminiUSBなのは助かります↓

f:id:consbiol:20121223112348j:image

ケースとして使うとこんな感じ↓

f:id:consbiol:20121223112935j:image

iPadとは↓の爪状のもので噛み合います。この爪が4箇所にあるのですが、コツを掴めないと外しづらく感じました。また、ケースに付ける時はiPad2の向きを適切にしないと、音量調節ボタンが干渉するのもちょっと面倒臭い。

f:id:consbiol:20121223112951j:image

ケースとして使った時は、厚さはiPad2のほぼ倍となります。つまり、ケースキーボード自体はiPad2と同じ厚さ。ケースとしてはいい感じじゃないでしょうか↓

f:id:consbiol:20121223113148j:image

スイッチはキーボード前面に2つ。bluetooth認識用のものと電源用です。一度bluetooth認識させれば、電源スイッチONですぐにiPadと繋がります。bluetooth認識関係で変な動作はせず、素直に繋がりますね↓

f:id:consbiol:20121223112829j:image

と、機能としては申し分ないのですが、質感が非常に悪いです。質の悪いプラスティックに銀紙貼り付けたみたいなそんな感じ。またキーボードの打突感も非常に悪い。フニャフニャしているくせに、妙な堅さがある。定価9800円とは思えない質感の悪さですね。ここら辺はTK600の方が断然良いですね。

f:id:consbiol:20121228203319j:image

とはいえ、キーボードとしては問題なく使えます。iPad2を持ち歩く時は、これまではインナーケースに入れた上でキーボードを別に持ち歩かないといけなかったですが、これからはこのケースキーボードを使えば、大変利便性が向上すると思います。多少、ケースキーボードからiPad2が取り外しづらいですけど。

あと、アマゾンのレビューからの情報ですが、iPad3以降でも問題なく流用できるとのことで、新機種を買う場合でも安心です。iPadを立てかける部分の構造上、iPad2よりも厚くなるiPad3以降だと、キーボードに立てかけたiPadの角度が大きくなると思うんですが、まあ誤差の範囲なんでしょう。

と、いろいろ問題はありますが、便利な事には変わりませんので、安かったし買って良かったなぁと思います。

2012-12-24

Bioshock2は前作よりも色々改善されてるけどやっぱり神ゲーじゃなかった(クリア後の主観レビュー)

 アマゾンのダウンロード販売で安売りしてたので、セットで買った「Bioshock」と「Bioshock2」。1の方は、神ゲーと評判が高かったのにそれほどでもなかった(id:consbiol:20121207)が、次作となるBioshock2も続けてプレーしてみました。

○プラスミド(超能力)や敵の耐久力・動きなど戦闘における要素がかなり改善されている。個性のあるキャラクターが登場。PCの英語版ですが日本語化可能

×相変わらず代わり映えなく延々と続くマップは健在。戦闘も敵をワラワラ出しておけばいいだろ感がありあり。リトルシスターがアダムを採取するのを防衛するのは最初は面白かったが、最後は作業化。

D

↑のトレーラーぐらいのセンスがゲーム中にもあれば良かったですけど…

 前作よりも確実に改善されており面白かったです…が、やはり神ゲーではなかったです。一般的な評価として、前作からの進化があまりないので神ゲーだった前作をやった人にとっては、若干のガッカリ感ありというのがあります。でも、それって前作を高く評価しすぎた思い出補正で、今作ががっかりに感じてしまうだけでは?なんて思ったりします。

 ゲームシステムの方は前作から全てにおいてパワーアップしていて、確実に面白くなっています(ノーマルモードでプレー)。まず、敵ですが、銃弾により大きくノックバックするため、銃撃の爽快感が増すと共に戦略を立てる時間を稼げるようになってます(前作はどんなに撃ってもかまわず突っ込んできてた)。また、敵の耐久力も減り、特に後半の戦闘の面倒臭さがなくなりました。あと、今回の主人公がビッグダディということで、リトルシスターを肩に載せて死体からアダムを吸い取るという要素があるのですが、その際に敵がワラワラ襲ってくるので防衛するというのも戦闘のアクセントとして良いと思いました。また、プラスミドの威力も上がり、パワーアップによるバリエーションも増えたので、前作よりも使える感じになってきました。マップも、カリスマのラスボスを崇拝するような背景が加わったり、海底であることを思い浮かばせる屋外海中場面や浸水イベントなど考えられてます。

 ただ、相変わらず”Bioshock”で、ウンザリすることも多かったです。まず、マップですが、OPから最初のステージのライアン博物館はなかなか凝ってて期待感が増しましたが、その後は制作者が力尽きたのか、相変わらずの面白みがないステージが最後まで続く。さらに、戦闘も後半になるとまたワラワラ出てくるのをごり押しで撃ちまくるだけでウンザリ。リトルシスター防衛シーンも、最初は物珍しくてよいですが、全然変化がないのでどんどん作業化。

 思うんですが、もっと敵の数を減らし、敵の移動・攻撃・反応の速度を遅くして、1戦闘1戦闘を丁寧に作れば、プラスミドを使った戦略的な戦闘を楽しめると思うんですけど。あと、マップの見せ方もセンスがないというか、単なる背景と化してる。ライアン博物館みたいな海底都市ラプチャー特有の文化や思想やテクノロジーを凝ったギミックで表現することで、廃墟ツアーものとしても楽しめるようにして欲しかったな。

 ダウンロード版は安いし、プレーして損はなかったですけど、言われてるほど極上体験はできなかったですね。Bioshockというものが分かったので、次回作が出たとしても買いませんが。

2012-12-22

こびり付かないフライパンを求めてT-falのフライパンを購入

 現在使っているフライパンは、スーパーで買った安物で、だんだん食材がこびり付くようになってしまいました。よいフライパンを探していましたが、アマゾンで安売りしてたフランスのブランドのティファールのフライパンを購入。

○機能に全く問題なし。こびり付き皆無。デザインが好き。

×なし

f:id:consbiol:20121201124130j:image

おフランス信仰してるわけじゃないですが、ティファールだと安心感が違います。もし今のフライパンに何らかの不満を抱えてる人がいれば、ティファールのフライパンは絶対おすすめ。安売りしているうちに買っちゃって後悔しないと思います。

あとこの妙なデザインは日本人には絶対に思い浮かばないですねぇ。地味なのより、こういう自己主張するデザインはいいですね。ブランドあればこそですけどね。↓

f:id:consbiol:20121222192657j:imagef:id:consbiol:20121201124357j:image

2012-12-17

エクセルのVBAにソルバーを組み込んでもエラーが出て使えなかったけど対処できた

 本業(生物学者)でモデルからパラメーター推定するという解析を行う必要がありまして、その際にエクセルのソルバーアドインの便利さに初めて気がつきました。エクセルでソルバー機能を使うには、エクセルの左上の丸いオフィスボタン>エクセルのオプション>アドイン>設定、で”ソルバー アドイン”にチェックを入れればOK↓

f:id:consbiol:20121217205057j:image

ただしOfficeの標準インストール時にはソルバーがインストールされません。したがって、Officeのバージョンによってはソルバーアドインのインストール時にDVD-ROMが必要になるかもしれません。

 ソルバーをエクセルのVBAに組み込んで、繰り返し計算させてやろうとしました。VBAにおけるソルバー機能に関する関数は、ソルバー使った時に記録されるマクロ(「マクロの記録」機能をONにすれば作業が自動でVBAに記録される)を見ればよく分かります。

 早速、ソルバーを含むプログラムを書いてみたのですが、こんなエラーが出て使えません↓

f:id:consbiol:20121217205656j:image

コンパイルエラー: SubまたはFunctionが定義されていません。”

かなり悩みましたが、VBAでソルバーを使うには、VBAの方で使用を許可する必要があるようです。

方法は簡単。(エクセルのタグを右クリックなどして)コード画面>ツール>参照設定、で”SOLVER”にチェックを入れるだけ。

f:id:consbiol:20121217205923j:imagef:id:consbiol:20121217210257j:image

やっと分かって一安心です。

デフォルトでVBAでソルバーを使えるように自動でしてくれれば、悩まなくても済んだのに…と思いました。

2012-12-12

適切な手順を踏んでPowerPointに動画を埋め込まないと別のPCで埋め込み動画が再生できない場合があるよね

 MS OfficePowerPointで、スライドに動画を埋めこむ簡単な方法として、”挿入>ビデオ”から動画ファイルを指定し挿入する方法があります。しかし、これだとパワーポイントファイルを別のPCに持っていくとリンクが切れて、動画が再生できないことがあります。そういった問題を回避するために、”Windows Media Player のコントロール”というのを使用した方が良いというのを知りました。

 「こちら」のリンクを見れば全て書いてあるのですが、もう一度復習。

1.パワーポイントの左上の○ボタン(Microsoft Office ボタン)>PowerPointのオプション>[開発]タブをリボンに表示する、にチェック

 f:id:consbiol:20121212204127j:image

2.開発タブ>コントロールグループ>コントロールの選択>Windows Media Playerを選択してOK

 f:id:consbiol:20121212204650j:image

3.マウスカーソルが十字に表示されたら、スライド上で適当な大きさで広げるとWindows Media Player オブジェクトが表示されます

 f:id:consbiol:20121212205014j:image

4.これを右クリックしてプロパティを開くと↓のようなウィンドウが開く

 f:id:consbiol:20121212205446j:image

 ”URL”のところに挿入したい動画ファイル名(拡張子含む)を書き、”stretchToFit”をTrueにしましょう。URLのところにアドレスを省いて直接動画ファイル名を書くと、パワーポイントファイルと同じディレクトリの動画を指定してくれますので、別PCでもリンクが切れることがありません。”stretchToFit”がTrueにするとWMPに動画サイズを合わせてくれます(Falseのままだと元の動画サイズが保持されるので見づらい)

これでOK。このことをもっと早く知ってれば、別PCにパワーポイントファイルを移したら動画が再生されない…というトラブルを回避できたのになぁと後悔してるところです。

2012-12-07

一風変わったFPS”Bioshock”は戦闘が面白いけどそれだけのゲーム(クリア後の主観レビュー)

 「Bioshock」というゲームの名前はちょくちょく聞いていたのですが、バイオハザードを連想させるのと、パッケージの絵が野暮でそそらないので、興味がありませんでした。アマゾンのダウンロード版が安くなってたので、ちょっと調べてみたところ、GOTYは逃しているもののかなりの神ゲーとの評価が高いことが判明。また、Steamの評価では、個人的に最高レベルに面白かったFallout3(id:consbiol:20120228)”91点”やPortal2(id:consbiol:20120603)”95点”を越える”96点”を叩きだしていることが分かりました。さらに私の好きなオールドフューチャー風(昔の人が夢見たトンデモ未来)がテーマとなっていると聞き、ものすごく楽しみになって買ってしまいました。

○PC版の英語版だが日本語化は簡単。FPSということで銃や重火器がメインですが、それを補佐する超能力が存在し、またマップもそれを生かす工夫がされており、戦闘にバリエーションが生まれる。雑魚敵の登場がホラー映画風な演出があるものがあり、心臓が縮こまるぐらいびっくりする。パワーアップができるが、難易度のバランスが絶妙で、後半になってもプレイヤーが強くて簡単になりすぎることはない。

×Realtekのサウンドドライバーを使っていると起動しない仕様(回避可能)。アメコミ風のキャラや背景のデザインにリアリティがなく、イマイチ没入できない。また、倫理感を捨てた科学者や芸術家の楽園という舞台なのに、それを感じさせるステージはあまりない。雑魚敵の行動が速すぎるので、戦略を考える余裕がなく、戦略性の高いシステムを生かせない。

D

 PC版の英語版を買いましたが、「こちら」のファイルをダウンロードして、中に入ってるテキストファイル通りに設定することで、日本語化は簡単にできました。

 面白かったです…面白かったんですが、Fallout3やPortal2と比較できる程度の神ゲーじゃなかったです。全体的に言うと、あまりに戦闘やストーリーに重点を置きすぎて、世界観を作るためのゲームデザインに失敗しているという感じです。

 具体的に言うと、ラプチャーという海底都市で、地上の倫理に飽きた科学者や芸術家がユートピアを目指して建築したという、聞いただけでもわくわく感のある世界なのですが、それがゲーム中でほとんど表現されていない。いや、いくつかのステージ(医学パビリオンや芸術ステージ)はそれっぽい世界観が味わえるのですが、それ以外のステージは、ちょっと古めのごくありふれたアメリカ的内装。ゲームデザイナーの想像力不足ですかね。さらに、アメコミ風のキャラや背景デザインも良くない。シュール感を目指しすぎてリアリティがなってしまい、なんか文字通り”ゲーム”をしている感がありありで、没入感がない。まあ、全然駄目って訳じゃないんですが、夢でうなされるほどの世界感の強いFallout3やPortal2と比べるのが酷なんですかね。

 一方で、戦闘のバランスはかなり良いです。基本的にこのゲームはFPSなのですが、銃や重火器と共にプラスミドと呼ばれる超能力が使えます。RPGでいうところの魔法みたいなものですが、これ単体では決定力がなく、銃や重火器と組み合わせたり、環境を利用したりすることで、効果が相乗的に増すという案配です。RPG風にプレイヤーや武器を強化したり、お金で弾や超能力を買ったりできるのですが、後半になってもプレイヤーが強くなりすぎて戦闘がつまらなくなるというわけでなく、最後まで緊迫した戦闘が続くように上手いこと調整できてます(ノーマルで最後までプレイした感想)。何も考えないで銃を乱射してるだけでは、あっという間に弾も回復薬もなくなっちゃうのが良いんでしょうね。

 また、ところどころの雑魚敵の登場シーンもこってます。ブツブツ不気味な声が聞こえ、曲がり角の向こうに不気味にうごめく影が…おそるおそる曲がり角を曲がると…あれ?誰もいない…で、ふと振り向いたら敵が!みたいなホラー映画的演出があり、心臓止まるかと思います。ただ、こうした演出はわずかで、あとは敵が数匹ずつ湧いてくるワンパターンなのが残念。戦闘数は減らしてもよいから、もっと演出を増やして欲しかった。あと雑魚敵の行動速度が速すぎるのも難点。超能力や環境を利用した戦略を使いたいのに、それをする暇を貰えない。

 ゲーム上のプレイヤーのお使い行動を逆手に取ったストーリーが絶賛されてますが、うーん、確かに良く考えついたなぁと思いますが、そんな絶賛されるほどのストーリーなのか?戦闘は楽しかったですが、なんかそれだけのゲームで余韻も残りませんでしたね。Fallout4はものすごく楽しみですが、Bioshockの続編があればするかというと、やりたくないと答えます。でも、いっしょにBioshock2買っちゃったんでプレーはしますけどね。

あと、Realtekのサウンドドライバーを使ってると起動しないというかなり致命的な仕様があります。これはひどい。まあ、かなり有名な仕様らしく回避方法もネットを調べて見つかりましたので良かったです。方法はとりあえずWindowsのサウンドの設定を開いて↓

f:id:consbiol:20121207221607j:imagef:id:consbiol:20121207221632j:image

右クリック>無効なデバイスの表示、で出てくるステレオミキサーを有効にすればOK。

2012-12-03

クロックの高いメモリに交換したらPCの消費電力は上がるか?

 最近はメモリ(DRAM)価格がどんどん下がってまして、クロックが高い版も安く買えるようになってきました。私のゲーム用PCはDDR3-1333(667MHz)の4GBX2だったのですが、安かったのでDDR3-1600(800MHz)の4GBX2をつい買ってしまいました。ちなみに両方刺した場合、クロックが低い方に合わせなくてはいけないので、高クロックで動作させるために古い方はお役御免。まあ、そちらの方はメモリの足りなかった別のPCへ移植されますが。

 CPU内蔵GPUとメモリを共有するAMDのAPUでは、メモリのクロックアップは如実に性能に反映されるそうですが、私のゲーム用PCのようにビデオカード使ってる場合はあまり性能は変わらないらしいです。例えば「こちら」で性能比較されてますが、ゲームなどでは性能の違いはほぼゼロかあっても1〜2%ぐらいと体感レベル以下です。と全く高クロックなメモリに乗り換える意味はないのですが、性能はさして変わらないのに高クロックで消費電力が上がるという不利なことばかりだったりしたら嫌だなぁ。ということで、ちょっとワットチェッカーで測定してみました。

 ちなみに667MHzの方は2年前に6,190円で買ったSilicon PowerのSP008GBLTU133V21(id:consbiol:20110130)、800MHzの方はCFD W3U1600HQ-4Gです。ソフマップで2,674円。ヒートスプレッダ↓がついてこのお値段、安くなりましたね。PCの構成はASRock 970 Extreme4(id:consbiol:20110717)にCPUはPhenom IIX4 955BE、ビデオカードRadeon HD6870(id:consbiol:20120609)です。

f:id:consbiol:20121202142705j:image

○DDR3-667MHz

システムアイドル:93W

Tmpgenc5によるx264エンコード:150W

OCCTロード:163W

f:id:consbiol:20121202235131j:image

○DDR3-800MHz

システムアイドル:94W

Tmpgenc5によるx264エンコード:151W

OCCTロード:163W

f:id:consbiol:20121202235156j:image

結論から申しますと、クロック上げても消費電力は全く変わりませんね。800MHzの方が1Wほど高いですが、これはアイドル時ですでにそれだけ高いので、クロックの違いよりも基盤の特性ですよね。両方とも1.5Vと同電圧で動作するので、理論に従い消費電力も同じと。電圧を下げてみたら消費電力減るのかなぁ。

ちなみにASRock 970 Extreme4の場合、メモリを入れ替えただけでは800MHzにしてはくれなく、UEFI(BIOS)で指定してやる必要がありました↓

f:id:consbiol:20121202152712j:image

タイミングとかよく分からなかったのですが、↑のようにUEFIでDDR3-1600用のプロファイルがありそれを指定しました。自動で800MHzにしてくれればよいのに、面倒ですね。