Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2012-12-03

クロックの高いメモリに交換したらPCの消費電力は上がるか?

 最近はメモリ(DRAM)価格がどんどん下がってまして、クロックが高い版も安く買えるようになってきました。私のゲーム用PCはDDR3-1333(667MHz)の4GBX2だったのですが、安かったのでDDR3-1600(800MHz)の4GBX2をつい買ってしまいました。ちなみに両方刺した場合、クロックが低い方に合わせなくてはいけないので、高クロックで動作させるために古い方はお役御免。まあ、そちらの方はメモリの足りなかった別のPCへ移植されますが。

 CPU内蔵GPUとメモリを共有するAMDのAPUでは、メモリのクロックアップは如実に性能に反映されるそうですが、私のゲーム用PCのようにビデオカード使ってる場合はあまり性能は変わらないらしいです。例えば「こちら」で性能比較されてますが、ゲームなどでは性能の違いはほぼゼロかあっても1〜2%ぐらいと体感レベル以下です。と全く高クロックなメモリに乗り換える意味はないのですが、性能はさして変わらないのに高クロックで消費電力が上がるという不利なことばかりだったりしたら嫌だなぁ。ということで、ちょっとワットチェッカーで測定してみました。

 ちなみに667MHzの方は2年前に6,190円で買ったSilicon PowerのSP008GBLTU133V21(id:consbiol:20110130)、800MHzの方はCFD W3U1600HQ-4Gです。ソフマップで2,674円。ヒートスプレッダ↓がついてこのお値段、安くなりましたね。PCの構成はASRock 970 Extreme4(id:consbiol:20110717)にCPUはPhenom IIX4 955BE、ビデオカードRadeon HD6870(id:consbiol:20120609)です。

f:id:consbiol:20121202142705j:image

○DDR3-667MHz

システムアイドル:93W

Tmpgenc5によるx264エンコード:150W

OCCTロード:163W

f:id:consbiol:20121202235131j:image

○DDR3-800MHz

システムアイドル:94W

Tmpgenc5によるx264エンコード:151W

OCCTロード:163W

f:id:consbiol:20121202235156j:image

結論から申しますと、クロック上げても消費電力は全く変わりませんね。800MHzの方が1Wほど高いですが、これはアイドル時ですでにそれだけ高いので、クロックの違いよりも基盤の特性ですよね。両方とも1.5Vと同電圧で動作するので、理論に従い消費電力も同じと。電圧を下げてみたら消費電力減るのかなぁ。

ちなみにASRock 970 Extreme4の場合、メモリを入れ替えただけでは800MHzにしてはくれなく、UEFI(BIOS)で指定してやる必要がありました↓

f:id:consbiol:20121202152712j:image

タイミングとかよく分からなかったのですが、↑のようにUEFIでDDR3-1600用のプロファイルがありそれを指定しました。自動で800MHzにしてくれればよいのに、面倒ですね。