Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2013-01-26

PCアイドル中にsvchost.exeがCPUリソースをやたらと食ってたので対処してみた

 WindowsHomeServer2011のPC(id:consbiol:20120331)なのですが、アイドル中なのにやたらとCPUが動いているようで、気になりました↓

f:id:consbiol:20130126212350j:image

タスクマネージャーのプロセスを見ると”svchost.exe”がCPUリソースを食っているということが分かりました。これにはOSに重要な種々のタスクが含有されているみたいですが、とにかく中身が分からないので対処することができません。ググっていろいろがんばりなんとか解決に持ち込めました。ちなみにプロセスのところの”System Idle Process”もCPUリソースを食っているように見えますが、これは単にCPUリソースの空きの部分を示しているだけなので心配する必要は無し。

 「Process Explorer」というソフトを使えば、”svchost.exe”の中身をみることができます↓

f:id:consbiol:20130126213009j:image

↑の様な感じでツリー表示で、”svchost.exe”に含まれるプロセスの内訳を見れます。この中でCPUリソースを食っているものを探せばよいわけです。上記のプロセスについて右クリックしてプロパティを開けば、詳細が分かります↓

f:id:consbiol:20130126213821j:image

↑をみると”LocalServiceAndNoImpersonation”というものらしいです。これにどのようなサービスが含まれるかは「こちら」で、”LocalServiceAndNoImpersonation”をページ内検索をしてみると分かります↓

f:id:consbiol:20130126214227j:image

↑によると関係するサービスは11あるようです。

次にこれらのサービスを無効にします。「System Explorer」というソフトを使います。サービスタブで↑で見つけたサービスを選択し、右クリック>サービスのスタートアップの種類>無効、でOK↓

f:id:consbiol:20130126214627j:image

”Windows Font Cache Service”のサービスは必要そうなので有効のままに、その他、見つかったものは全て無効にしました。ネットワーク系のサービスが多かったように思われます。

再起動後、アイドル時のCPUリソースが食われることがなくなりました。ただ、いくつかのサービスを無効にしたのでその他のOS機能に支障が出る可能性があります。その場合は、機能が回復するまでサービスを1つずつ有効にする作業をしないといけないですね。私の場合は、上記の作業後も全く問題が出ませんでしたので、完全解決です。一安心。

2013-01-22

上海問屋で買ったディスプレイアーム

 私の自宅では、省電力のためにノートPCをディスプレイに接続して使用しているのですが、ノートPC置き場として支柱付きのアームを利用しています(id:consbiol:20110918)。ディスプレイの方もアームがあるといいなあと思っていたので、同じ支柱に取り付けが可能なアームを買ってみました。上海問屋にて3,999円なり。

○ディスプレイの下が空くのはすっきり、便利。

×アーム部分が若干短め。アームの関節部分は六角レンジで締めないといけないのが面倒。

f:id:consbiol:20121107190918j:image

こんな感じで、今まで使っていたノートPCアームと同じ支柱を使えるタイプのものを選びました↓

f:id:consbiol:20121107195633j:image

ただ、↑のようにデスクの横に支柱を付けるとディスプレイアームが中央まで届きませんでした。仕方なくデスクの奥の部分に支柱を付けることに。

アームへのディスプレイの取り付けは、このようにネジ止めするだけ。VESAに対応したディスプレイなら問題なしです。↓

f:id:consbiol:20121107200354j:image

↓のように関節はたくさんあり、かなりフレシキブルに角度などを変化させることができます。

f:id:consbiol:20121107200553j:image

ただ、関節を固定するためには六角レンジで締めないといけないのが面倒です。コツとしてはあらかじめ堅めに締めておいてから、関節の角度を調節し、そのあと仕上げの締めをする感じでするとやりやすかったです。

そしてデスク完成図が↓の感じ。

f:id:consbiol:20121124060803j:image

ディスプレイの下が飽きますと、デスクのスッキリ具合が全然違います。また、ホコリの掃除にも邪魔にならずによいですね。

2013-01-19

はてなの写真はジオタグを非公開設定にしてもダウンロードしたら場所が分かってしまう仕様

 iPhoneなどスマホで撮った写真は、ジオタグというGPSの位置情報が含まれてます。アプリ設定でジオタグを記録しないようにできますが、写真の位置情報は便利ですし、手放せないですよね。

 はてなブログなどに貼るのに便利な、はてなフォトライフでは、外部から写真に含まれるジオタグを非公開にする設定があります↓

f:id:consbiol:20130119130943j:image

これを設定しておくと、自分のIDでアドインした時しか写真の位置情報を見れないので安心。…と思いきや、実は写真自体にジオタグ情報が残ってしまっているので、写真をダウンロードすると簡単に位置情報がばれてしまいます。

 若い女性ならまだしも、おっさんの位置バレしても怖くねーよ。と思いますが、この緊迫した日本社会では、ちょっとした軽率な発言によって、いつ何時ブログが炎上するかわからりませんので、余計なトラブルを避けるためにも、はてなにアップした写真のジオタグは消しておきましょう。

方法は簡単(一つ一つ消していかないといけないので面倒ですが)。

ジオタグがある写真の”画像を編集”ボタンをクリック↓

f:id:consbiol:20130119131859j:image

GPS情報を消して、”この内容に変更する”ボタンをクリックすればOK↓

f:id:consbiol:20130119132432j:image

これを全ての写真についてやります。

ジオタグを消したい写真を、写真リストから1つ1つチェックしていくのは面倒です。ジオタグマップ機能を使いましょう。「はてなフォトライフ」のトップページ>マイフォト(右上)>マップ(右上)、を選択するとアップロードしたジオタグ写真の位置情報がマップの上で表示されます↓

f:id:consbiol:20130119133112j:image

対象のジオタグをクリックすると↓のようにクローズアップされます。

f:id:consbiol:20130119133258j:image

それをもう一度クリックすれば上記の編集画面に移ることができます。

このようにマップ上でジオタグを消したい写真を選ぶことができますので、例えば自宅や職場近辺で撮った写真のみ選択してジオタグを削除するのに便利。

本当ははてなの方で、ジオタグ非公開設定している写真は、ダウンロードした場合はジオタグを自動的に削除するといった機能を付けるべきです。が、今のところユーザーができるのはジオタグを削除するぐらいですかね。

2013-01-13

WHS2011でWifiルータ機能を有効化する方法

 WinodwsHomeServer2011(WHS2011)をWindows7として使っているのですが(id:consbiol:20120331)、セキュリティがちがちで細かいところで面倒なOS。以前は、プラネックス製のGW-USWEXTREMEを使ってPCをwifiルータ化して使っていた(id:consbiol:20110626)のですが、WHS2011だとそれがセキュリティの関係でできない。でも、色々調べてみて、なんとか有効化できました。マイナーなOSでのマイナーな利用法で需要はないでしょうが、ご紹介。

 まずはルーティングとリモートアクセスサービス(RAS)を有効にしないといけないです。Win7ではデフォルトで有効になってるんですけどWHS2011では明示的にしないといけないらしいです↓

サーバマネージャー>役割>ネットワークポリシーとアクセスサービス、を右クリックで”役割サービスの追加”を開く↓

f:id:consbiol:20130113210826j:image

 次は、以下のようにルーティングとリモートアクセスサービスにチェックを入れます↓

f:id:consbiol:20130113210919j:image

 インストールボタンを押せば完了↓

f:id:consbiol:20130113210947j:image

次にネットワークの共有を設定します。

まずは、LAN側に繋がっている接続設定のプロパティを開く(私の場合はイーモバイル回線を使っているのでそちら)。そして”共有”タブでインターネット接続の共有>ネットワークのほかのユーザーに…、をチェック。共有するホームワークのネットワーク接続を選んで下さいと出るので、”ワイヤレスネットワーク”接続を指定。↓

f:id:consbiol:20130113211041j:image

これで無事、wifiルータ機能を有効化できました。WSH2011は色々面倒ですね、やっぱり。

2013-01-08

ダークファンタジー漫画”クレイモア”は少年漫画のツボも良く押さえて娯楽性が高い傑作

 何気なく入ったネットカフェで”クレイモア(CLAYMORE)”という漫画を見かけました。うわ、懐かしい!これって私が学生時代に月刊ジャンプで連載してた漫画です(冒険王ビィトと一緒に)。そしてまだ未完とは。しばらく見ないうちに23巻まで出てまして、連載当初は途切れ途切れでしかストーリーを追ってなかったので、1巻から通して読んでみました。これはなかなか良い漫画でしたよ。

○中世物のダークファンタジーという題材だと暗くて複雑で鬱になりがちだが、実は”友情、努力、勝利”が違和感なくストーリーに入っており、意外と後味がよい。主人公側の組織の戦士が、強い順からNo.1〜47までの序列を持つというのが何とも少年漫画っぽくて燃える設定。長期連載にありがちな、戦闘力のインフレと間延びはあまりない。戦士全員が個性が強く可愛い女の子。敵も可愛い女の子がかなり多い。実は史上最大のハーレム漫画ではないだろうか…

×登場女性戦士が多すぎる上に、設定上髪や目の色が同じなので、覚えられない。名前が出てきても、誰だっけ…状態。

 北斗の拳やジョジョみたいに男臭いバトル漫画も好きですが、何と言っても主人公を初めとした女の子戦士がわんさか出てくるこの漫画は眼福です。ラキというヒロイン的な男の子がいるのですが、完全にラキを中心とするハーレム漫画と化しています。うらやましすぎるぞ。とはいえ、萌えやエロは作画的にもストーリー的にも全く追求されておらず、あくまで純粋なバトル漫画であるところが好感度高いところです。出てくる女戦士は、戦い方も性格も個性が強い。また、孤児であった彼女らは体を改造され戦うマシーンとされており、暗い過去を背負い、友情と組織の命令で葛藤してるところが、かっこいいし可愛いから魅力に溢れています。

 個人的には、女戦士の組織での序列がNo.1〜47とナンバリングされているのが少年漫画的に熱くて良かったです。”なるほど、さすがナンバー1ケタ台、といったところか”とか”今のがナンバー10番台?剣が止まって見えたぞ。私も強くなったのだな”とか燃えますねぇ。

 ただ、登場女戦士が多すぎるので、覚えきれません。単行本で一気に読んだから何とかついて行けますが、連載で読んでたら誰が誰やら全くわからないだろうと思います。ちなみに、私が連載でテキトウに読んでた時も、女戦士がコピペに見えてました。

 基本ストーリーは、人類の天敵である”妖魔”を退治するために、”組織”が開発した半人半妖の女戦士達の戦いを描くといったものです。女戦士達と妖魔との戦いの最中に、主人公と仲間は”組織”の矛盾に気づき…みたいな展開。月刊漫画ということもあり、丁寧で間延びをあまり感じませんでした。ダークファンタジーと言うことで、鬱になるような衝撃的なシーンとかが多いのですが、23巻まで読んだところ、”友情、努力、勝利”というテーマを感じさせ、後味はとても良いです。また、バトル漫画にありがちな戦闘力のインフレは、ボスクラスの敵同士の相打ちなどで良く回避してると思います。まあ、それでも、初期では絶望的に強かった”男の覚醒者”が、後半ではちょと歯ごたえのある雑魚レベルになる程度のインフレはありますが、我慢できるレベルでしょう。

 中世的ダークファンタジーとして有名なのに、”鋼の錬金術師”や”ベルセルク”や”進撃の巨人”がありますが、1つ目は傑作ですが対象年齢が低すぎる、2つ目は長期連載のために間延びしすぎてる、3つ目は舞台設定が斬新という以外は深みが無く表現が稚拙だと感じてます。”クレイモア”については、23巻まで読んだところ、あと単行本数巻で完結しそうですし、もし綺麗に終われば、歴史に残る傑作漫画になるんじゃないでしょうか?これが、大陸に渡って新たな敵との戦いが!とかいう展開になると駄作化しちゃうと思いますけどね。

2013-01-06

メモリの電圧を下げたら消費電力が減るか?

 以前、メモリのクロックを上げたら消費電力が増えるか試してみて、667MHz→800MHzでも電圧が変わらなければ、消費電力が変わらないとの結論を得ました(id:consbiol:20121203)。では、電圧を下げてみたら消費電力が減るかを今回試してみました。

 使用したメモリはCFD W3U1600HQ-4G。メモリクロックは800MHz対応ですが、667MHzにして、電圧をデフォルトの1.5Vから1.35Vに落としました。ちなみにメモリ電圧はBIOSが対応していれば、簡単に設定できます。PCの構成は前回(id:consbiol:20121203)と同じですが、CPUのクロックと電圧を前回よりも下げているためにロード時の消費電力は下がっています。

 アイドルとロード(OCCT)の消費電力をワットチェッカーでチェックした結果↓

  • メモリ電圧=1.5V
    • アイドル:93W
    • OCCT:129W
  • メモリ電圧=1.35V
    • アイドル:92W
    • OCCT:127W

アイドルで1W、ロードで2Wも下がりました…微妙な下がり方ですね。ノートPCではともかくデスクトップではあまり意味のない下がり方な気がします。

 驚いたのは、メモリの方の低電圧耐性。今回は適当に0.15V下げてみましたが、Windowsメモリ診断やっても全くエラーが出ませんでしたし、かなり重いゲームであるArma2(Dayz Mod、id:consbiol:20120806)を小一時間やっても全く問題なかったので、これくらいの電圧下げは無問題なのでしょう。どれぐらい下げても良いか気になるところです。

 ちなみに1.35Vで無問題なので、この電圧でメモリを使っていこうと思います。

2013-01-03

Googleドキュメントの表計算で、為替や株価をオンラインで取得し、資産増減を自動計算させてみた

 ”アベノミクス”によって銀行の預貯金が危ないと散々言われてますので、今まで投資に興味がなかった人達も多くが株や海外資産を買い始めてることと思います。私については、2007年にFX(為替取引)を初めてから5年ぐらいの投資歴があり、リーマンショックやギリシアショックなど山や谷を乗り越えて、利益がトータルで120万円ぐらいとまあボチボチ安定した資産運用ができてきたかなぁと思う今日この頃。

 適切な利益を上げるためには、所持してる金融資産をきちんと把握しておく必要があると思います。ダイエットするためには、定期的に体重と体脂肪率を把握する必要があるのと同じですね。ということで私は、グーグルドキュメントの表計算を使って、所有する全ての金融資産を一覧できるように使ってます↓こんな感じ。

f:id:consbiol:20130103150208j:image

基本的には、”購入額”(投資信託の場合には購入口数も)に現在の”評価額”をかけたものが、現在の”資産額”となります。”評価額”については、実はグーグルドキュメントの関数を上手いこと利用すれば、オンラインで取得することができて、わざわざ証券会社で調べた物を手動で入力する必要がないです。

 まず、為替レートですが以下のGoogleFinance関数を取得することで、ほぼリアルタイムのレート数値を取得できます

例えばブラジルレアルと日本円の通貨ペアのレートの場合

=GoogleFinance("currency:BRLJPY")

↑の太字部分を変えればどの通貨ペアの値も取得可能

 次に、株価や投資信託の評価額ですが、こちらは少し面倒です。ヤフーファイナンスのデータテーブルから数値を取得する方法を使っています。これには、1つのデータごとに新しいシートを作らなければならないのが欠点。

1.新しいシートを作成

2.シートの右上に以下のImportHtml関数を記入

 例えば野村インデックスファンド・外国REITの場合

 =ImportHtml("http://info.finance.yahoo.co.jp/history/?code=0131B10B","table",2)

 マクドナルドHD株式の場合

 =ImportHtml("http://info.finance.yahoo.co.jp/history/?code=2702.q","table",2)

 上記のように”?code=”の後ろに株式または投信のコードを入力

3.すると直近から過去40日程度の株価または評価額のデータテーブルができるはず

 ちなみに、株価の場合は相場終了後の午後6時ぐらいに、投資信託の場合は明朝3時ぐらいに自動で更新されます

4.上記で新規作成しデータを取得したシートの株価部分のセルを、資産計算用のシートから参照する

毎日の資産の増減が自動的に更新されますので、眺めているだけでも一喜一憂できて楽しいです。個人的に、投資は儲ける手段じゃなくて趣味みたいになってきてますね。まあ、目の色変えて儲けようという人の大多数は大損すると思いますので、これぐらいののんびりした気持ちで相場に望むのがいいのかなと思います。

2013-01-01

2013年の日本はどうなるか、我々がどうすべきか考えた

 昨年度末は、”安倍相場”で大儲け。資産は元本が変わらない円建債券がほとんどで、安倍相場で恩恵を受ける海外資産や株・不動産などのリスク資産はメインじゃないけど、それでも解散から1ヶ月ちょっとで給料3〜4ヶ月分ぐらいは儲かりました。ということで、なんか幸先良さそうな安倍政権で始まる2013年ですが、どうなるのか、我々がどうすべきなのか、考えてみました。

1.経済

 安倍政権と言えば、インフレターゲットです。バブル崩壊後の長い間、日本はずっとデフレで物の値段が下がり続けてました。お金をじゃんじゃん刷って、お金の価値を下げて物価を上げてインフレにしようというのが狙い。

 なぜインフレ?金持ちのお年寄りから金を搾取し、社会に還元するためですね。インフレ=お金の価値が下がる=預金資産が減る。預金額自体は減らず相対的な価値が下がるということで、当面はお年寄りが気づかずに文句は出ないというのがミソですね。お年寄りに優しくないとはいえ、最悪は生活保護もあるし、別に殺そうというわけではないでしょうから、悪くはないと思います。大規模金融緩和は、日本において誰かがいつかはやらなくてはいけない決断。安倍首相の決断は素晴らしいと思います。まあ、自分が年寄りなら絶対反対しますが。

 インフレ化と円安化は、「仕事はあまりないけどそこそこ裕福に暮らせるやる気のでない社会」→「お金はないが仕事はたくさんあるからやる気だけは出せる社会」、という転換です(極端ですけど)。どちらを選択するかは、個人の自由ですが、インフレ円安を主張する安倍総裁の自民が選ばれたと言うことは、国民全体としては後者が選ばれたということですね。

 銀行預金資産がメインの人なら、お年寄りじゃなくても損します。で、我々がどうすべきかですが、買い控えてた物品を買ってしまうか、金(ゴールド)を買うか、株や海外資産やらを買うか、とにかく現金・預金は無くした方が良いです。てか、インフレターゲットは、国民がそうしてくれることを狙った施策ですし。

2.政策

 インタゲ政策はよいとして、それで溢れるお金を土建屋に使うというアベノミクスは間違いです。震災復興需要による好景気がもう息切れしてるのが証拠で、先進国ではインフラ投資の経済波及効果は少なく、はっきり言って無駄遣いです。重要なインフラを補修するだけにしといてほしいものです。過疎地域のお年寄りのために道路は必要だ、とか(インフレ政策でお年寄りから搾取しておいて)どの口がいってるんでしょうね。

 ちなみにアメリカでは、不景気のたびに金融緩和を行っていますが、その結果、IT革命やシェール革命など新しい産業を興し景気を持ち直しています。日本で言えば、頑張っているのは中小企業の部品産業で、ここら辺の資金援助(ゼロ金利で貸し出す基金を作る)とかをすべきだと思います。しかし、経団連の言いなりで大企業優遇するんでしょうねぇ…

 日本国債は、いよいよ危ないでしょう。日本国債の破綻はするわけないから大丈夫だという人がいます。確かに破綻はしないですが、そもそも破綻の前に経済的な大混乱になると思います。具体的には銀行破綻による預金封鎖かな。その際直撃するのは、当然、銀行預金ですので、やっぱり早々に他の資産に変えておいた方がいいですね。

3.外交

 安倍首相は、祖父の代から筋金入りの親韓の一族ですから、日韓関係は回復するでしょうね。排外主義的なネトウヨと呼ばれている層も、麻生大臣と盟友である安倍首相なら親韓でも受け入れそうです。日中関係は未知の部分がありますが、参議院選までは大人しくしていそうです。個人的には、早いところ尖閣を初めとして南西諸島の防衛を強化して欲しいところですが。民主党(野田政権)時代から、やっと政府は土下座外交から抜け出しつつあるので、安倍政権でもその路線の継承を期待します。

 特に我々個人レベルで注意する必要はなさそうです。中国人は、外交の悪化によって個人レベルでの付き合いが悪くなるような国民性は持っていませんし。

4.結論

 安倍政権によって、2013年は景気が持ち直す1年となるでしょう。ただ、それも続かず、今年の暮れ当たりに振り戻しがきそう。やっぱり自民でもあまり暮らしは良くならなかったねとなりそうです。インフレと日本国債の暴落は、確実に速度を上げて迫り始めるので、資産が預金・現金だけの人は要注意ですね。