Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2013-05-31

FirefoxでMactypeを効かせるために”Configuration mania”でDirect2Dをオフに

 Firefoxでは、ハードウェアアクセラレーションがオンになってると、Mactypeが効きません(id:consbiol:20120503)。ハードウェアアクセラレーションをオフにすればよいのですが、具体的にはDirect2DでWindowsのデフォルトのフォント描画が適用されてしまうのが問題。つまりDirect2Dだけを切ってしまえばよいわけです。

 「Configuration mania」というアドオンを入れることで、Direct2Dだけをオフにすることが出来ます。

 ”Configuration mania”をインストールすると、Firefoxのメニュー>オプション、の場所に”Configuration mania”という項目が追加されます。それを選んで、ページ表示制御>Direct2Dを使用しない、にチェックすればOK。

f:id:consbiol:20130531232307j:image

 再起動で無事にMactypeが適用されるようになります。

2013-05-28

feedlyにニコニコ動画のマイリストを登録する方法

 Googleリーダーだとニコニコ動画のマイリスト登録は、マイリストのURLを直接入力するだけでいけました。が、feedlyでは駄目だったので、どうしたものかと思ってましたが、登録方法がわかりました。マイリストのURL(http://www.nicovideo.jp/mylist/XXXXXXXX)の最後に”?rss=1.0”を加えるだけです。

f:id:consbiol:20130528200935j:image

 ちなみにfeedlyへの新規フィードの登録自体は、右端の虫眼鏡アイコンをクリックして、URLを入力すればいけます。

2013-05-17

FX-8320を低電圧化したら消費電力が50W以上も減った

 定格でOCCTエラーが出るハズレ石だと思っていたFX-8320(id:consbiol:20130217)。BIOSアップデートでエラーが出なくなり、悪いのがBIOS出会ったことが判明(id:consbiol:20130510)。ということで、このたび、省電力化をめざすべく、PScheckを使って低電圧化を試してみました。そして、驚くべき結果が…

○定格から0.25Vも下げることが出来、消費電力が50W以上も下がった

×それでもivy bridgeには及ばずか

とりあえず、結果を以下に

マザボ970 Extreme4id:consbiol:20110717

・CPUクーラー:ETS-T40-TBid:consbiol:20130513

・室温22℃

・OCCT4.4.0でロード

ワットチェッカーによりるシステム全体の消費電力

 

1.定格 :P0 (3.5GHz 1.325V):275W(60℃)

2.低電圧:Pb1(3.7GHz 1.150V):223W(53℃)

 

ちなみにアイドル時は定格で1.4GHz 0.887V 99W(C6にすればもっと下がるが、コイル泣きがするので断念)

 低電圧化すると、TDPが下がりますから、CPUロード時のCPUステートが、定格のP0からPb1に移るようです(0.2GHzオーバークロック)。定格のPb1は1.4Vであることから、低電圧化(1.150V)によって0.25Vも低電圧化が可能になりました(もう0.025V減らせたが、念のためマージンを取った)

 そして、低電圧化によって52Wも消費電力が減らせてます。これは定格から0.2GHzオーバークロックされての結果ですから、同じ周波数ならあと10Wぐらいは減らせたかもしれません。俺のFXがこんなに優秀なわけがない…

 さて、ivy bridgeと比べてみます。「PC Watch」を参照にします。”ロード時消費電力”マイナス”アイドル時消費電力”で消費電力を比較。

i7 3770K:90W

i5 3570K:79W

FX-8350:176W

FX-8320:176W(定格・今回のデータ)

FX-8320:124W(低電圧・今回のデータ)

 FX-8320のライバルはi5 3570Kですが、ロード時の消費電力差が45Wで、流石にまだかないませんね。ただ、フルロードではなく、ゲーム程度の負荷なら消費電力の差は縮まりますし、値段も6000円近く違うので、FX-8320のお買い得感が俄然増してきたと思います。

 まあ、低電圧耐性は石による個性があるので、ここまで電圧を下げられないものなのかもしれません。相変わらずAMDのCPUは、おみくじ要素が強そうですね。

2013-05-16

Firefoxでサイトごとのズーム設定が保存されなくなってたが、元に戻すための設定場所が見つかった

 最近、Firefoxの良さを再確認して、使ってみようかなと思っていました。しかし、何故かメインPCでサイトごとのズーム(拡大縮小)設定が保存されず、新しくサイトを開くたびに100%に戻ってしまいます。この設定場所を探してたのですが、見つけました。

○サイトごとのズーム設定を保存(Firefox

 

URL入力箇所に”about:config”>browser.zoom.siteSpecific>true

f:id:consbiol:20130516202252j:image

ここが”false”になってたので、ズーム設定が保存されなかったみたいです。何故にこのPCのFirefoxだけ”false”になっていたか不明ですが、他の目的のためにconfigをいじくってる時に、偶然ここを触ってしまったのかもしれません。まあ、とりあえず設定が元に戻って良かったです。

2013-05-13

静音FANメーカーENERMAXのCPUクーラー”ETS-T40-TB”の冷え方は尋常じゃない(主観レビュー)

 FX-8320(id:consbiol:20130214)を冷やすのには荷が重い「KABUTO」(id:consbiol:20100221)をセカンドPCに下ろし、新しいCPUクーラーを買うことに。噂によるとFANメーカーであるENERMAXが出している「ETS-T40-TB」がめちゃくちゃよく冷えるとのこと。買っちゃいました。ソフマップ楽天店にて2,858円也。円安で値上がりする前に買いたい物は躊躇せずに買っちゃえ。

○尋常じゃないくらい、すごいよく冷える(KABUTOとか比べるのもおこがましい)。FANはそこそこ静か。

×AMDのクリップ式取り付け法に対応しておらず、マザボのCPUクーラーの土台を外し、専用の土台を取り付ける必要があり面倒。構造上FANの向きを水平方向にしかできない。付属のグリス量が少なすぎる

↓パッケージです。TDP200W対応というのが目立ちます。ETS-T40-XXの”XX”の部分はFANの種類です。一番安い”TB”はLEDが付いていないモデルです。FANの種類が多様なラインナップはさすが静音FANメーカーというところです。まあ、FAN自体の性能は大して変わらないと思います。

f:id:consbiol:20130513222326j:image

↓こんな感じでヒートパイプが直接CPUに触れる機構になっています。

f:id:consbiol:20130513222714j:image

↑最近のCPUクーラーではこの機構は標準となってますが、一昔前は見たこともなかったですよね(一昔前のKABUTOも当然ヒートパイプはCPUに直接触れない機構となってる)

AMDマザボのCPUクーラー取り付けと言えば、クリップで引っかけるお手軽な装着法に馴染みがあると思います。

しかし、ETS-T40-TBの場合は、土台を換装しないといけないので、装着がかなり面倒↓

f:id:consbiol:20130513223254j:image

もともとマザボに付いているクリップの土台を外し、↑のような専用の土台を装着する必要があります。まあ、自作PCやってるぐらいの手先の器用な人なら、それほど難しくないでしょうけどね。

↓はマザボ裏側からクーラーの土台を支える金具。デザインはちょっとかっこいい。

f:id:consbiol:20130513223729j:image

思えば、KABUTOはクリップでの装着にコツが必要で、クーラーが浮かないようにするのが面倒でした。↑ETS-T40-TBにように専用の土台でクーラーを装着すれば、クーラーがCPUにきちんと密着しますね。よく冷えるのは、このお陰もあると思います。

残念なのはFANの方向。上面にメッシュがあるPCケース(id:consbiol:20130201)を使っているので、CPUの熱を上方に吹き上げるようにしたかったのですが、物理的に無理。土台とヒートシンクの構造からして、FANの向きは水平方向しか駄目でした。

しょうがないので、↓のようにケースの背面に熱が抜けるようにしました。

f:id:consbiol:20130513223920j:image

ということで「KABUTO」(id:consbiol:20100221)との比較です。

室温22℃

FX-8320 OCCTロード

定格(3.5GHz 1.325V)

・KABUTO 71℃

・ETS-T40-TB 59℃

比べものにならない(笑)

FAN自体は静かなのですが、うちのマザボ970 Extreme4」(id:consbiol:20110717)だと、なんかFANスピードが速すぎてうるさいです。KABUTOだとBIOS設定でLEVEL4で十分静かでしたが、ETS-T40-TBだとLEVEL1でやっと静かになります。

あと付属のグリスは銀グリスっぽくて性能は良さそうです。が、なにせ量がショボ過ぎて足りない。まあ、自作erなら、別に持ってるから問題ないでしょうが。

結論。ETS-T40-TBはすごい。今、ETS-T40-TBは結構安売りしてるので、すぐに買っちゃった方がいいですよ!

2013-05-10

FX-8320の定格でOCCTがエラー出してたのに、マザボ(Asrock 970 Extreme4)を最新BOISに更新したらエラーがなくなった

 以前、FX-8320の定格クロック・電圧でもOCCTを走らせるとエラーが出てしまい、飛んだハズレコアを引いてしまったという日記を書きました(id:consbiol:20130217)。しかし、このたびマザボ(Asrock 970 Extreme4)のBIOSを最新の2.30に更新したら、なんとエラーが出なくなりました。

f:id:consbiol:20130510223521j:image

↑には”Improve AM3+ FX-8350 and FX-8150 CPU compatibility”とあり、FX系のコアの動作に何らかの修正がかかったみたい。そのお陰かなぁと思っています。

よーし、定格でOCCTが落ちなくなったから、今度は低電圧化にチャレンジしてみるか。

2013-05-04

イーモバイルのUSBモデムをD33HWへと乗り換え、ルータも対応のMZK-MR150に変更

 GMOとくとくBBでイーモバイル回線(id:consbiol:20120517)を使っていて契約時の端末はポケットwifiルータのGP02なのですが、在宅時での回線性能を上げるためにSIMカードをUSBモデムD31HWに付け替えて(id:consbiol:20120909)、対応の無線LANルータを使ってました。が、D31HWのUSB端子部分の接触が悪くなってきた模様…物理的に動かすと回線が切れることがしばしば起こるように。しょうがないので新しいUSBモデムD33HWをヤフオクで安く買いました。ついでに安かったので、対応の無線LANルータであるMZK-MR150も。

f:id:consbiol:20130504013738j:image

○D31HWからD33HWに移行してより速い通信規格に対応。電波感度や安定性、接続時の反応がやや向上した気がする。MZK-MR150は小型で安定、省電力と素晴らしい限り。電源がminiUSB端子なので汎用性が高い。

×D33HWはフラッシュメモリスロットがない。内蔵アンテナの角度によって回線安定性が結構変わる。

f:id:consbiol:20130504013230j:image

↑な感じで、無線LANルータであるMZK-MR150はかなりコンパクト。こんなにコンパクトでも、必要十分な機能があり、素晴らしい。Splashtop Remote Desktop(id:consbiol:20120219)を使ったPCから無線LAN経由での地デジ放送のiPad視聴も、実用的です(若干のラグは出ますけど)。おまけに省電力で、値段も安いと。一昔前は、下位の無線LANルータは安定性など問題が多かったけど、この安さでこの安定性はすごい。良い時代になったもんです。

↓USBモデムスロットだけではなくて、有線のWANポートも付いてますし、電源の端子がminiUSBですので、持ち歩いてホテルで使うとかも便利に使えるんじゃないでしょうか。

f:id:consbiol:20130504014036j:image

D33HWの方はD31HWに比べて、順調に機能も上がってるという感じ。まあ、D31HWも十分快適だったので、気分の差かもしれません。フラッシュメモリスロットはないけれど、あっても使わないので問題なし。ただ、気になったのは、角度によって回線の安定度の違い。安定しなかったり、回線がすぐ切れたりする場合、90度向きを変えると直るので、アンテナの感受性が向きによって違うのかも。