Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2014-02-28

Google Chromeでデータ圧縮で読み込みを高速化できる拡張機能”Data Compression Proxy”を使ってみた

 「こちら」で知りまして、PCのGoogle Chromeに導入してみました。この拡張機能は「こちら」からダウンロードできます。

 もともとスマホ版Chromeに開発された機能なのですが「こちら参照」、それをPC版Chromeでも利用できるようにした拡張機能です。いったんグーグルのサーバーを通して圧縮してから端末にダウンロードする機能でして、昔の携帯電話ブラウザなどによく搭載されていたのと似たようなものですね。私の場合は、家の回線がモバイル回線(id:consbiol:20131206)ですので、多少なりとも速度アップ効果があるかなと思い導入。

 導入するとChrome右上の拡張機能一覧に緑色の○印に雷が入ったアイコンが出ます↓

f:id:consbiol:20140228211745j:image

これが緑色ならデータ圧縮機能が有効。このアイコンをクリックすると赤くなります↓

f:id:consbiol:20140228211801j:image

これが赤いと無効になります。

 chromeブラウザのアドレス窓に“chrome://net-internals/#bandwidth”と入力すると今まで圧縮で節約されたデータ量が表示されます。感覚ですが、テキスト+画像のWEBページですと25%ぐらいの節約が望めますが、動画とかはほぼ圧縮されてない感じです。

 Data Compression Proxyを有効にしていると、ニコニコ動画の一部の動画(アニメ配信など)がアクセスできない状態となります↓

f:id:consbiol:20140228212305j:image

”お探しの動画は再生できません””お住まいの地域・国からは視聴することが出来ません”と出てます。グーグルの海外サーバを介してますので、海外からのアクセスであると見なされてしまうようです。データ圧縮機能を無効にすれば問題なく視聴できるようになりました。