Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2014-08-31

やっと見つけた、実用的な紛失防止キーホルダータグの"REX-SEEK1-X"

 朝の忙しい時に、たまにキーホルダーを家の中のどこに置いたか分からなくなり、探し回ることがあります。携帯電話はiPhone 4Sなのですが(id:consbiol:20140126)、こちらは「iPhoneを探す」機能で、PCからでもiPadからでもすぐに呼び出せるんで、朝に大騒ぎになることはないです。で、キーホルダーにも呼び出せる電子タグを付けられたらなぁと思っていました。そういったのはあることはあるのですが、ロジテック製のもサンワダイレクト製のも、誤動作が多いというイマイチな評判だったので、この手の品はそういうものだと諦めてました。しかし、ノーマークだったラトック製の「REX-SEEK1-X」の評判が抜群に良いのを見つけまして、やっとこさ購入しました。アマゾンにて2,782円也。

iPhoneアプリユーザーインターフェースが優れており、タグ呼び出し機能も文句ない。Bluetooth 4.0+LE対応で消費電力が少ない。普段は接続を切っておいて、タグを呼び出したい時だけiPhoneアプリから接続し呼び出すことも可能。デザインも好き。

×プラスティック製で防水能力は皆無なので耐久性が弱い

f:id:consbiol:20140831133147j:image

↑こんな感じで、チープながら分かりやすく使用法の記述が見て取れるパッケージ。ちなみに省電力機能が売りのBluetooth Low Energy(LE)はiPhone 4S以降の機能です。

f:id:consbiol:20140831133148j:image

↑電力は、ボタン電池(CR2032)で、付属しています。Bluetooth LEなので接続しっぱなしでも半年ぐらいは持つと思いますが、切れた場合は100均などですぐに手に入るでしょう。

電池の出し入れは、かなりチープな引出し機構になってまして、すぐに壊れてしまいそうです。

f:id:consbiol:20140831134714j:image

↑キーホルダーに装着。個人的には、大きすぎもせず小さすぎもせず、デザインもシンプルで結構好きです。一応、剛性もあり、ポケットに入れたぐらいでは壊れなさそうなのですが、如何せんプラスティック製なので耐久性が心配です。あと、隙間が多く耐水性は皆無で、少しでも水がかかると壊れてしまうでしょう。

f:id:consbiol:20140831135913j:image

iPhoneアプリの方も良くできています。

↓一度ペアリングした後、アプリを起動すると以下のように接続状態が表示されます。

f:id:consbiol:20140831135914j:image

↑画面で”呼び出し”をタップすればタグからピッピと音が出ます。またこの画面では、見た通り電池残量もわかります。”切断”をタップすると簡単に接続を切ることも可能。

さらに”>”をタップすると…

f:id:consbiol:20140831135915j:imagef:id:consbiol:20140831135916j:image

↑のようにタグまでの距離情報や、様々な設定をすることが出来ます。タグがiPhoneから離れた場合の通知の有無や、その距離。ブザーの長さやバイブレーション。iPhoneに電話がかかった場合にタグを鳴らすなんてのもあります。

タグとiPhoneが離れて接続が切れてしまった場合、あるいはアプリから故意に接続を切った場合は↓のように、その場所のマップが表示されます。まあ、切れた時点でブザーが鳴るので、必要ないかもしませんが。

f:id:consbiol:20140831143816j:image

↓おまけに遠隔シャッター機能まであります。

f:id:consbiol:20140831143817j:image

タグのボタンがiPhoneのカメラのシャッターになる…本来の使い方と違いますし、機能の詰め込みすぎてゴテゴテ感がありますが、まああっても困るもんじゃないし、なんか面白いのでOKとしときます。

メーカーのウェブサイト」によりますと、タグは4つまでiPhoneアプリに関連づけられるそうです。うーん、追加で買ってしまいそうだ。

さて、ここから私用の運用の仕方。

iPhoneアプリをバックグラウンドで起動しておくと、キーホルダーとiPhoneの距離が離れた場合、iPhoneやタグからブザーを鳴らすという機能は、便利そうですし、実際に実用的な利用が出来ます。が、その場合、私は便利さよりもアプリ起動によるiPhoneのバッテリの減りが心配です。

ということで、普段はbluetooth接続を切っておきアプリを終了しておいて、キーホルダーが見つからない場合のみアプリを起動しタグを呼びたす、という使い方をしたいのです。そして、この製品は、そういった使い方もOKです。

接続を切っておいた場合、iPhoneアプリを起動すると↓のような画面になります。

f:id:consbiol:20140831141932j:image

ここで接続ボタンを押せばOK。ただ、Bluetooth LEの特性として、瞬間に接続というわけにはいかないです。これは超省電力機能とのトレードオフで生じてしまうものでしょうがない。

f:id:consbiol:20140831141933j:image

↑のようなメッセージが出ます。実際には、10秒ちょっとで接続できます。待てない時間ではないです。

接続したら、”呼び出し”をタップするだけ。それでタグがピッピと鳴り始めます。

すばらしい製品という他ありません。競合他社の製品はヒドイ出来という評判ですが、ラトックさんよくぞいい製品を作ってくれました。

2014-08-27

Google Chrome 37から導入されたDirectWriteによってMactypeが無効になってしまうので対策してみた

 Google Chrome 37からDirectWriteレンダリングが導入されました。フォントのレンダリングをCPUではなくGPUでハードウェアアクセラレートする機能です。困ったことにフォントレンダリングを乗っ取って綺麗に描写するソフト「Mactype」(id:consbiol:20120413)が無効になってしまいます。Firefoxの場合と同じように(id:consbiol:20130531)、Mactypeを効かせるためにChromeのDirectWriteを無効にしてしまいましょう。方法は以下の通り。

1.Google Chromeのアドレスバーに"chrome://flags"と入力しEnterキーを押す

 

2."試験運用機能"の一覧が表示されるので、"DirectWriteを無効にする"で"有効にする"をクリック(ややこしいけど、無効にするのを有効にするということで、ようは無効になるということです)

f:id:consbiol:20140827191301j:image

↓こうなればOK

f:id:consbiol:20140827191302j:image

 

3.最後にChromeを再起動。

↓このようにDirectWriteによる細いフォントレンダリングから

f:id:consbiol:20140827191303j:image

↓このようにMactypeの太く見やすいフォントレンダリングが有効になります。

f:id:consbiol:20140827191304j:image

ちなみに今バージョンから安定版として正式に加わった「64bit版のChrome 37」でも、この方法でMactypeが有効になることを確認しました。安心して64bitに移行してしまいましょう。

DirectWriteによるGPUアクセラレートは、CPU負荷を減らし高速化するのが売りですが、最近のCPUならたかがフォントレンダリングぐらいで大したCPU不可はないので、なくても全く問題ないと思います。それよりも私はMactypeによる見やすい描画の方を優先したいです。

2014-08-26

iwaki製オイル差しは良く考えられた機能的な一品

 勢いでオリーブオイルをボトルで買ってしまい、良さそうな油差しを探していました。近くのショッピングモールのお洒落な調理用品店で探すも、やっぱり高価なんですよね。ということでどうしてもネット通販に頼ってしまうのですが、良さそうなものを見つけましたので購入。iwaki フタ付きオイル差し(M)160ml KT5032-BKOというやつです。アマゾンにて送料込み973円也。

○100均などで売っているものとは一線を画す機能性。大変使いやすい。

×透明ガラスなのでオリーブオイルなどを遮光できない。注ぎ口が若干広すぎ

f:id:consbiol:20140826231711j:image

↑なんかあまり冴えなさそうな特徴のない、店頭で見かけたら買う意欲が失せるようなパッケージです。しかし、使ってみての感想ですが、全く言うことがないほど素晴らしい一品です。アマゾンの好感レビューがなければ絶対買ってませんでした。

↓オリーブオイルを詰めてみた

f:id:consbiol:20140826231712j:image

オリーブオイルってこんな色してたのね。普段は遮光用の色つきガラス容器に入っていることが多いオリーブオイルは、透明なガラスでは劣化してしまうそうです。光の当たらない戸棚の中にしまうなど対策が必要。ちなみにメイドインタイランドと書かれていました。タイ製なので、中国製が嫌いなスジの人も安心。

注ぎ口が付いている黒い蓋は、液が漏れない構造になっています。また、注ぎ口自体の構造も↓のように、特殊でこぼれ落ちない形状になっています。よく考えられています。

f:id:consbiol:20140826231713j:image

↑のように注ぎ口の回りには、傾斜があり、その傾斜の一番低いところに空気穴が空いてまして、仮にこぼれたとしてもそちらに流れ込み、溢れない仕掛けになっています。そんなこんなで、油でベトベトになりがちな油差しですが、この品に限っては今のところ全く大丈夫。

ただ、これは個人的な好みかもしれませんが、注ぎ口の口径が大きく、スムーズに油が流れすぎな気がします。これは慣れで何とか出来ますけど。

お洒落なお店で数千円するものを買わなくて良かったです。この油差しは1000円に満たない値段に見合わない機能性に溢れた一品でした。買って良かったです。

2014-08-14

Googleドキュメントの表計算で、為替や株価をオンラインで取得するための関数が判明

 以前から、Googleドキュメントの表計算のImportXML関数で、ヤフーファイナンスから為替や株価をオンラインで取得してたのですが(id:consbiol:20130103)、1つの株価ごとにスプレッドシートを1つ作らなければならないという面倒なものでした。面倒だなぁと思いながら検索してみると、もっと簡単な取得方法を発見(「こちら」)。方法は以下の通り

=ImportXML("http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=証券コード","//td[@class='stoksPrice']")

証券コードの部分は、取得したい証券コードを入れます。例えば日本マクドナルドの場合は、"?code=2702.t"です。投資信託もOKです。例えば、ひふみプラスの場合は、"?code=9C311125"と言う具合。

これでますますオンラインでの資産管理が捗るようになりました。ちなみに以前の記事(2013年1月3日)では投資での利益総額が120万円ぐらいと書いてましたが、現在では利益はその倍以上になっています。一時期ガッと上がった日本株(2013年の春以降は全く上がりませんが)に加えて、インデックス投信で買ってる海外株の順調な伸びで利益も順調に伸びてる感じですね。投資って楽しい!

2014-08-02

取り付け簡単で大活躍のコロナ製窓用クーラー”CW-1614”

 4月からの新居は、勤務先で用意してくれたマンションタイプの古い単身寮で、安く借りられるのですが、エアコンは備え付けではありません。アパートの壁掛けエアコン用の穴はリビングルームにありました。しかし、このリビングルームというのがくせ者で、空間的にダイニング・玄関・風呂場まで繋がっているので、ここにエアコンを付けると15畳ぐらいの広さを空調することになり、電気代が恐ろしいことになってしまいそうでした。もう1つの部屋、6畳+α(窓よりの幅の狭い板の間)の和室は、ふすまで空間的に隔離できるので、ここにクーラーを設置するのがベターです。しかし、ここにはエアコンの穴が空いていない。ということで、消去法で窓用エアコンを買ってみました。冷房機能のみのコロナ製「CW-1614」。カカクコムの最安店で31,800円也。上位機種で暖房機能の付いたものもありましたが、重量とサイズが重く扱いづらそうだったので、冷房機能のみのにしました。

 ちなみに、主要な窓用エアコンメーカーには、コロナ、ハイアール、トヨトミの3社あります。コロナを選んだのは内部クリーン機能を明記しているところと、アマゾンの評判で音が一番静かみたいなところ、後はメーカーとしての知名度です。

○意外と騒音は少なく、冷え型もまずまず。若干重かったが、自分で取り付け簡単で手軽。

×インバータが付いておらず効率も悪いので、壁掛けエアコンに比べて電気代が若干増える。窓の半分ぐらいが埋まるので、半分ぐらい開かなくなる。

↓窓に装着したところ

f:id:consbiol:20140801222805j:image

まず、窓への取り付け方法ですが、これは自分で比較的簡単にできて良かったです。

手順としては、まず窓のステンレスレーンに外枠を装着(レーンが上手く合わない場合は、付属のレーンを窓の木枠にネジで取り付けてそこに装着可能)。そこに本体を乗っける感じです。本体重量が21kgありますのでそこそこ大変ですが男1人でも問題なしでした。

さて、使用感です。

 まず、冷却能力ですが、十分だと感じました。「メーカーによると」で4〜6畳となっていたので、6畳+αの和室での冷却能力に不安になってましたが問題なし。ただ若干のパワー不足と、窓に取り付けるという構造上の問題で、風が真横にしか出ないので、エアーサーキュレーターを使った方が良いなと感じました。少なくとも、この猛暑の中で、実用的な空調余裕です。

 あと窓用クーラーとして気になる騒音ですが、意外と大丈夫でした。確かにクーラー稼働時にウィーンという稼働音はあるのですが、そんなに騒音だと感じません。少なくとも私は、室内でTVを見たり、睡眠したりするときのに妨害となるような騒音は感じませんでした。

最後に、気になる消費電力。

 ワットチェッカーで消費電力を測定してみました。ちなみに窓用クーラーでは、壁付けクーラーと違いインバータ(無段階の出力調整機能)がついてません。したがって、室温が高い時は、冷房機能全開オン。室温がターゲット温度まで下がったら完全オフ(室内の空気循環)となります。

それで消費電力ですが、クーラーオフ時10W、クーラーオン時はぴったり500W。「メーカーによると」関東(50Hz)では545Wなので、それよりも若干低めとなってますね。

 壁掛けエアコンに比べての消費電力ですが、「こちら」によると壁掛けエアコンでは冷房能力2.5kWで500Wに対し、窓エアコンでは1.4kWで500Wですから、能力比で倍くらい違うのかな… さらに窓エアコンではインバータがないので効率も落ちますし、窓に隙間が出来てしまい(一応ゴム弁で塞ぐような構造にはなってますが)そこから暑い空気が漏れ出しまいますので、そこら辺も効率を落とすところです。

とまあ、壁掛けエアコンに対して倍くらい?の電気代が生じる可能性がありますが、取り付けの気軽さ、引越の際の楽さなどを考えると実用レベルかなと思います。特に私の家のような、消去法で窓用エアコンしかない部屋の場合は、十分快適に使用できますね。