Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2014-09-21

Windowsのメモリ不足の警告がうるさいのでレジストリをいじってメッセージが出ないようにした

 Windows7SSDの容量取られるのが嫌なので、仮想メモリを少なめにしているのですが、”コンピュータのメモリが不足しています”という警告ダイアログがたびたび出ます↓

f:id:consbiol:20140918232530j:image

 物理メモリ(RAM)+仮想メモリの空き容量が一定率(70%?)を下回った時に、この警告が出るみたいです。したがって、仮想メモリをオフ(または少なめ)にしていると、RAMの空きが比較的多くても(1GBぐらい残ってても)頻繁に警告してくるので、うるさいことこの上ない。

 それでなんとかこの警告メッセージを出ないようにしたくて、ネット検索していましたが、ついに方法を見つけました(「こちら」)。方法は以下の通り。

”コンピュータのメモリが不足しています”という警告ダイアログを出さない方法

 

レジストリエディタで以下のレジストリを削除(右クリック>削除)

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\WDI\DiagnosticModules\{5EE64AFB-398D-4edb-AF71-3B830219ABF7}
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\WDI\DiagnosticModules\{45DE1EA9-10BC-4f96-9B21-4B6B83DBF476}
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\WDI\DiagnosticModules\{C0F51D84-11B9-4e74-B083-99F11BA2DB0A}

今のところ、上記レジストリを削除しても問題は出ていませんが、一応、レジストリのバックアップを取っておきました。レジストリバックアップ方法は、対象のレジストリ>右クリック>エクスポート>regファイルを保存、でいけます。問題が起こり、削除したレジストリを戻したくなった場合は、保存したregファイルをダブルクリックするだけ。

標準では上記3つのレジストリを削除しようとすると↓のように”{…}を削除できません。削除中にエラーが発生しました。”というメッセージが出て、削除出来ないと思います。

f:id:consbiol:20140918232531j:image

削除するためには、レジストリのアクセス権限をいじる必要があります。以下の2つの設定を変更すればOK

レジストリがいじれない時に、アクセス権限を変更して、いじれるようにする方法

 

1.対象のレジストリ>右クリック>アクセス許可>グループ名またはユーザー名>Usersをクリック>Usersのアクセス許可の欄>フルコントロールの許可にチェック>適用ボタンをクリック

f:id:consbiol:20140918232532j:image

 

2.対象のレジストリ>右クリック>アクセス許可>詳細設定ボタンをクリック>所有者タブ>所有者の変更欄でログインユーザをクリック>適用ボタンをクリック(>現在の所有がtrastedInstallerからログインユーザー変更されていることを確認)

f:id:consbiol:20140918232534j:image

ということで、うるさい警告はピタリと出なくなりました。

2014-09-13

Outlookを使ってGoogleカレンダーからiCloudカレンダーへ移行(大変な作業だった)

 今まで使ってきたGoogleカレンダーからiCloudカレンダーに移行することにしました。理由は、Googleカレンダーに予定へのファイル添付機能がないこと。正確には、Gooleカレンダーにも「ファイル添付機能はある」んですが、iPhoneから使えないし、Web版のも使いづらい。

 その移行の方法を色々調べましたが、結局、MS Outlook経由でするしかないという結論に至りました(MacユーザーはiCal同期で簡単にできるみたいですが)。Office 2007のものを使いましたが一応移行完了。かなり面倒臭かったですが、方法を書いておきます。

Apple純正だけあってiCloudカレンダーはiPhoneと同期の親和性が高い。予定への添付ファイル機能が実用的に使える。

×移行は色々面倒臭い。タイムゾーンや祝祭日などがデフォルトで設定されておらず不親切。

1.Googleカレンダーの予定をエクスポート

 GooleカレンダーとOutlookの「同期サービスは終了」しています。なのでGoogleカレンダーの予定をエクスポートし、それをOutlookに読み込ませる必要があり。

Googleカレンダーのマイカレンダーの▼から設定を開く

f:id:consbiol:20140913152406j:image

↓カレンダータブから”カレンダーをエクスポート”を選択

f:id:consbiol:20140913152407j:image

↓ZIPファイルがダウンロードされるので解凍

f:id:consbiol:20140913152408j:image

ZIPの中身の拡張子”ics”ファイルが予定データです。複数のカレンダーがあると、このicsファイルも複数生成されます。

2.iPhoneメーラーからicsファイルを読み込ませる方法は失敗

icsファイルをメールに添付してiPhoneメーラーから開いてiPhoneカレンダーにインポートする方法もあるみたいですが(「こちら参照」)、私の場合は予定数が多かったせい(1000ぐらい)か全部読み込まれず、失敗。

3.WindowsのOutlookにicsファイルをインポート

Outlook>ファイル>インポートとエクスポート、から”iClalendar(.ics)またはvCalendar(.vcs)のインポート”を選択↓

f:id:consbiol:20140913152409j:image

Googleカレンダーからダウンロードしたicsファイルを全て読み込みます

↓のようなメッセージが出ますが、”インポート”でOKだと思います

f:id:consbiol:20140913152410j:image

インポートが終わったらOutlookの予定表にちゃんとデータがインポートされているか確認しておきます。

4.icloudコントロールパネルでOutlookとicloudの同期設定

↓「iCloudコントロールパネル」を開き、Outlookとの同期にチェックを入れます

f:id:consbiol:20140913152411j:image

↓のようなメッセージが出ますが、私の場合は面倒だったので上を選択

f:id:consbiol:20140913152412j:image

上手くいけば↓のようにOutlookから予定データをiCloudカレンダーに同期設定してくれます。

f:id:consbiol:20140913152415j:image

アップロードが終わったらウェブブラウザーからiCloudカレンダーを開いてみて、正常にアップロードされているか確認。

(注意1)iCloudコントロールパネルを修復しろとのメッセージ

この場合は、Windows>コントロールパネル>プログラム>プログラムと機能>iCloud、をダブルクリックし↓

f:id:consbiol:20140913152413j:image

修復をする必要がありました。

(注意2)既定のメールクライアントを設定しろとのメッセージ

↓のようなメッセージが出たら

既定のメールクライアントが設定されていないか、または現在使用されているメールクライアントがメッセージングの要求を実行することが出来ません。Microsoft Office Outlookを実行して、既定のメールクライアントとして設定して下さい。

Outlook>ツール>オプション>その他>既定のプログラム、で既定に設定する。

f:id:consbiol:20140913152414j:image

5.予定時間がずれている場合、タイムゾーンを設定

 iCloudカレンダーではデフォルトで、アメリカのタイムゾーンが設定されているために、インポートした予定の時間がずれます。ということでタイムゾーンを日本に設定し直す必要あり。

ウェブブラウザーiCloudカレンダー>右上のユーザー名>アカウント設定>タイムゾーン、で”日本標準時”に設定↓

f:id:consbiol:20140913161042j:image

6.祝祭日データをインポート

 iCloudカレンダーにはデフォルトで、日本の祝祭日データが入っていません。したがって、データを取ってきてインポートする必要があります。「こちら」を参考にしました。

○「こちら」から祝祭日のicsファイルをダウンロード

○Outlookにインポート。”新しい予定表として開く”↓

f:id:consbiol:20140913152410j:image

○Outlookにインポートされた祝祭日の予定表を右クリックしてダイアログから”移動”を選びiCloudフォルダに移動(ドラッグ&ドロップでは駄目)

のように、色々迷いながらようやくGoogleカレンダーからiCloudカレンダーに移行完了。GoogleAppleはライバル会社同士なので、Outlookを踏まないとカレンダーデータを移行出来ないのは(面倒だが)しようがないとしても、タイムゾーンや祝祭日ぐらいはデフォルトで入れておて欲しかった。