Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2014-11-02

iPad2が壊れたので(air2じゃなくて)iPad airを買ったが、とんでもなく使いやすくなった

 iPad2が壊れました。ていうか、壊しました(水没で)。iPhoneならともかく、iPadを水没させることなんてないと思ってましたが、カバンに入れてた水筒のキャップが緩んでて、麦茶に水没してしまいました。

f:id:consbiol:20141102001018j:image

↑一応、動作は正常なのですが液晶がひどい。

 ということで、心置きなく新しいiPadを買いました。iPadの最新モデルは、air2であり、メモリが2GB・CPUが3コア・touchID付とかなり惹かれました。ただ、前モデルであるairの「Apple公式リファビッシュ品」が安くなってたので、そっちを購入することに。iPad2で16GBが厳しかったですが、iPhone4Sで32GBを使っており、32GBで十分だったので、iPad air 32GB選択。値段はたったの41,400円(税抜)で買えました。これで、air2 64GBを買おうと思うと、64800円(税抜)。23400円の差は大きかった。

iPad2からiPad airからの乗換で、OSは同じなのに全くの別物と思って良いほど使いやすくなった。ソフトウェアは同じなのに、速くて高解像度になるとiPadはここまで使いやすくなるのか…

×サイズ、重量は減ったがそれほど良くなったように感じなかった。

届きましたよ↓

f:id:consbiol:20141102004124j:image

アップルストア(ネット)で注文してから、中国から発送で3日かかりました。

iPad2ユーザーに送る。iPad airに変えて、劇的に使いやすくなったiPadの感想!

↓サイズの比較。

f:id:consbiol:20141102001340j:imagef:id:consbiol:20141102001233j:image

確実に小さく薄くなってます。また重量も、最初iPad airを持った時はオモチャのように軽く感じました…が、それほど劇的な違いはないように思われました。技術革新が激しいモバイルの世界で、3年半以上も前に発売されたiPad2の完成度の高さを改めて感じました。

では、実際の使い勝手はどうか?これはiPad2とは比べものにならないくらい、とんでもなく使いやすくなりました。基本は、インターネットとPDFビューワー(i文庫HDなど)、Officeファイルのビューワーとして使ってますが、どれもiPad2とは別物でした。特にPDFは、高解像度とスピードアップが功を奏し、クリアで引っかかりが全くなし。

また、回線速度が変わってないのに、ネットの速度が劇的に増加。

Bluetoothキーボードを使ったタイピングも、iPad2では1テンポ遅れる感じで慣れが必要だったのに対して、airではラグがゼロで、テンポ良く文字入力できる。

新しいモデルのiPadでもOSなどのソフトウェアは一緒なのでiPad2でも十分だと思ってました。しかし新しいハードウェアはiPadの素晴らしさを再確認させます。iPad万歳。

 ちなみに、最近安くなったwindowsタブレットの購入も検討してました。ただ、タブレット端末としてのwindowsは速度と使い勝手が悪く(メモリやCPUの問題)、電池の持ちが悪い。surface proなら十分な速度を持ってそうですが、重量感があり高価なのがイマイチ。やっぱり、まだiPadの時代は終わってないと思い、iPad airを買ったのですが大正解でした。