Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2011-12-29

AM2+のマザボが壊れて代わりに選んだマザボはASUSのM5A88-M

 3rd PC(職場PC)が壊れました。BIOSが立ち上がらなくなり、たまに起動してもすぐにフリーズするので、かなりの確率でマザーボードの故障(まれに電源ユニットの故障)ではないかと推定。ちなみに壊れたと思われるマザボはA7GM-S(CPUはAthlonIIX4 630 C2)。5〜6年前に買って、最近は職場PCとして朝から夜遅くまで電源入れっぱなしということで寿命だったんじゃないかと思います。で、新しいマザボを買っちゃいました。ASUSのM5A88-Mです。クレバリー楽天市場店にて送料込み9970円也。ついでに古くなった電源ユニットも新調。こちらは安売りしてた、サイズのENERGIA-450。Sofmap.comにて送料込み5,980円也。このお値段で80+GOLD、5年補償は安い!

f:id:consbiol:20111229215416j:imagef:id:consbiol:20111229215432j:image

 ちなみにメモリはDDR2からDDR3になりましたが、メインPC(ゲーム用)に乗せていたCFD Elixir W3U1333Q-2Gx2を移植しました。2X4GBで十分かなと。電力も無駄ですしね(id:consbiol:20110130

 マザボ交換は、とくにOS再インストールせずに、交換してドライバの入れ直しでOK。作業時間3時間でした。意外と楽ですね。

ちなみにASUSのM5A88-Mを選んだ理由は…

1.廉価マザボではない

 自作してきた経験上、一番壊れやすいのはマザボ。廉価マザボって本当に安かろう悪かろうなので、ある程度の値段のマザボ(ミドルグレードあたり)を選んだ方が良いかなと思いました。

2.AMDFXに対応

 現状AthlonIIX4 630 C2ですが、やっぱりアップグレードパスはあった方がいいかなと。職場PCだと、データ解析で大きな計算をさせることがあるので、AMDFXのターボコア機能は魅力です。9XXチップセットはまだ高価なので、安くなった880Gを選んだわけです。

3.内蔵GPU

 職場PCなので特にGPUを酷使する作業はしないです。したがって内臓GPUがシンプルでいいかなと。

で主観レビュー。

○すっきりしたデザイン。BIOS設定の豊富さが半端ない。ユティリティソフトも充実。SATA-6GとUSB3.0に対応と豪華

×すっきりしてる思ったらIDE端子がない。ついでにFANコンが2つ(CPUファン+ケースファン)しかない。

↓本体はこんな感じ。すごくシンプルなデザインだと思いました。固体コンデンサが目立ちますね。

f:id:consbiol:20111229215647j:image

付属品はSATAケーブル2本と、グラボ固定用のネジ数本。マザボ固定ネジぐらいは欲しかった。

 FANコンが2つしかないのが不便ですね。まあもとのA7GM-Sもそうだったんですが。吸気用前面ファンは、FDD用4pinーFAN端子変換ケーブルとFANコンを噛ませて、電源ユニットから直接電源を取ることにします。

BIOS設定をのぞいてみましたが、オーバークロック関連の機能が豊富ですね。付属ソフトも充実でさすがASUSだと思いました。

 SATA端子がちゃんと上を向いているのが良いです。前に買ったASROCKはそっぽ向いていましたから使いやすい感が格別です(id:consbiol:20110717)。

 あと↓がすごい便利でした。

f:id:consbiol:20111229174940j:image

何かっていうと、ケース前面のLEDやら電源スイッチやらの端子の中継ブロック。ここらの端子はバラバラになりがちなので、まずこの中継ブロックに刺して、それをマザボに刺すというのが便利。ASUSさんの心遣いが身にしみる一品です。