Hatena::ブログ(Diary)

consbiol のエコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

==エコロジストの consbiol がデジタルデバイスへの日々のつれづれな思いをつづる日記です。==

2014-11-28

寒さに強い私が選んだ暖房器具はシャープ製の加湿セラミックヒーターHX-C120

 現在は、就職先で用意してくれた宿舎に住んでるのですが、エアコンがありません。古い宿舎で、色々部屋の作りが悪く、エアコン用の穴が非効率な場所に開いています。夏の暑さは、窓用クーラーで我慢しました(id:consboil:20140802)。

 さて、寒さには強い方なのが、さすがに寒くなってきたので買うことに。石油ファンヒーターは、灯油を買ったりストックしたり継ぎ足したりするのが面倒。ガスファンヒーターは、ホースを引っ張るのが大変。ということで、電気代的に非効率ですが、手軽に扱える電気ヒーターを買うことに。

 電気ヒーターにも色々あります。基本的にメインで使うので、遠赤外線で直接皮膚を温めるだけのハロゲンヒーターやパネルヒーターは除外。暖まるまでに時間がかかり、持続的に電気を消費するオイルヒーターも除外。セラミックヒーターなら、スイッチオンですぐに温風がでて、ついでに加湿機能も付くのでいいかなと思い、これに決定。

 セラミックヒーターの主なメーカーは、シャープ、パナソニック山善がありますが、「こちら」を参考にし、個人的に加湿機能が充実しているシャープを選ぶことに。型番は”HX-C120”。アマゾンにて16,800円也。

○意外と多量の温風が出て暖かい。スイッチオン数秒で温風マックスなので手軽だし、こまめにオンオフして電気代も節約できそう。加湿センサーが付いており、適湿状態にコントロールしてくれるし、お手入れも楽らしい。

×1500Wという恐ろしい電気代。

↓正面

f:id:consbiol:20141128215706j:image

デザインは日本メーカーらしいダサ目な感じ。ただ、石油ファンヒーターに比べてコンパクトさと軽量さは流石です。向かって右側の円筒が、加湿用の水タンクですが、残量が分かるように若干透けてます。

↓上面のコントロールパネル

f:id:consbiol:20141128220133j:image

分かりやすいです。あとシャープなので一応(胡散臭い)プラズマクラスタもあります。

使ってみた感想。

 思った以上に温風が多量に出て、驚きました。お世辞ではなく、石油ファンヒーターに匹敵するほどの温風です。電気代を気にしなければ、メインで十分いける温風量です。6畳+αの和室で、15℃の室温が10分足らずで20℃に。

 さらに、スイッチオン数秒で温風マックスです。当然のことながら石油ファンヒーターのように臭いも二酸化炭素など悪い空気も無し。加湿機能でさらに体感温度も上昇。これは快適ですわ。ただ、ワットチェッカーで調べたところ、スイッチオン時の立ち上がり数秒間で1700Wまで上がってました。ワットチェッカーが警告音出すなんて初めて経験しました。ブレーカーが落ちないように要注意。ちなみに通常運転時は1500W(温度がある程度上がると1200W→580Wと段階的に下がる)です。

 本当に手軽にオンオフできるので、ちょっと暖まったらオフにして、また寒くなったらオンにするという運用も可能。1台で加湿機能も付いてますし、小まめにオンオフすれば、もしかしたらエアコン+加湿器よりも節電できるかもしれません。ただ、運転時の消費電力が1500Wという恐ろしい値なので、やはり電気代は気になります。

電気ストーブといったら、子供の時に経験した、あの管が赤く光るやつで、あまり暖かくないとうのが常識でしたが、このシャープのセラミックヒーターはその常識を打ち砕く快適さで本当に驚いています。電気代を気にしなければ、理想のヒーターですね。ただ、その電気代が一番のネックなのですが。