Cask Strength このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

3-31

読『史記』

| 15:26 |  読『史記』を含むブックマーク

モイモイさん宛ての私信みたいなものですが、ほかの読者のみなさまにも資するところがあると思いますので、こちらにあえて載せておきます。

劉邦項羽、つまり「漢楚」の争いを描いているということで、『史記』は大陸王朝正史のなかでも『三国志』に次いで親しまれていると思いますが、どのような内容なのかを知りたい、日本語訳で読みたいという当座の要望を満たすものとしては、小竹兄弟によるいわゆる「小竹史記」、

と、

  • 野口定男・頼惟勤・近藤光男・吉田光邦訳『史記』(中国古典文学大系、平凡社

あたりが良いと思います。古本屋に結構出回っているので、苦労せずに入手できるのもポイント。抄訳ですが、岩波文庫本も、もちろん有益です。

ただし、いずれも原文がないので、厳密な意味ではテキストとして利用できません。そうなると、中華書局点校本正史のシリーズに収められた『史記』(中華書局)、あるいは原文・読み下し・日本語訳・注が完備されている吉田賢抗・水沢利忠『史記』(新釈漢文大系、明治書院)などにあたるのが常道ですが、一歩先に進んで、自分なりに『史記』を深く掘り下げていきたいという知識欲にかられたら、いっそのこと、

  • 滝川亀太郎『史記会注考証』(史記会注考証校補刊行会)
  • 水沢利忠『史記会注考証校補』(同上)

図書館等で利用するのがいいでしょう*2。ただ、先日、勝村哲也「目録学」(『アジア歴史研究入門 第三巻』 同朋舎)を読んでいたら、

こうした佚文*3を全部集めて『史記』の解釈に役立てようとしたのが、滝川亀太郎の『史記会注考証』であって、研究者にとってはたいへん便利なものなのであるが、顧頡剛など中国の学者の評によると、滝川本は杜撰だと言われるので、これまた注意を要する。施之勉撰『史記会注考証訂補』(台北 華岡出版有限公司、1976年)、厳一萍撰『史記会注考証×*4訂』(ただし五帝本紀のみである。台北 芸文印書館、1976年)を参照すべきである。 (6頁)

とあるので、大変なものですね。実際は上記滝川・水沢の二書で十分間に合っているのですが。

ちなみに、この勝村氏論文は大いに面白かったので一読をオススメします。

当初私が意図したのは、私の経験に照らして、できるだけ研究の実際に役立つ紹介を行ないたいということであった。だから目録学の概説を試みようという考えは毛頭なかった。 (46頁)

というご自身のまとめにあるように、ある程度の予備知識を必要としますが、きわめて実践的で、“裏話”的な指摘・注意喚起に満ち溢れています。

*1:現在はちくま学芸文庫全8冊として再刊

*2:あまり大きな声では言えませんが、台湾版・大陸版が廉価で販売されています

*3:唐の時代の『史記』の注釈である『史記正義』の佚文

*4:カク、構のつくり+斗

モイモイモイモイ 2005/04/03 15:26 『史記』について、書いてくれてありがとうございます。これから、紹介してくれた本を読んでみます。

consigliereconsigliere 2005/04/03 17:35 どういたしまして。少しでもお役に立つことがあれば幸いです。これからもよろしくどうぞ〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050331

3-30

I Don't Want To Be

| 09:28 |  I Don't Want To Beを含むブックマーク

おれおれさんから、no title と、no title を教わりました。bounce.com の方はトラバ機能も備わって、レビューが手軽に読めますね。

ちなみに、私が愛用(とまではいかないけど)しているのは、launch.yahoo.com さんでして、たまに大きな拾い物をしたりします。例えば、Gavin DeGraw の“I Don't Want To Be”の music video を見ていたら、かなり私の好みが入っている Shiri Appleby が登場していて目を見張りました。→no title(登録が必要)

普通にMTVを観ればいいだけの話なのですがね。

『ウィスキー・ワールド』誌創刊

| 17:10 |  『ウィスキー・ワールド』誌創刊を含むブックマーク

めまぐるしく職務・私事をこなしているうちに、購入するのをすっかり忘れていました・・・。

3・6・9・12月の25日刊行ですので、愛飲会のみなさまを始め、酒好きは要チェックです。とりあえず、コチラをどうぞ→ページが見つかりませんでした – ウイスキー文化研究所

手に入れたら書評を書くかも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050330

3-28

イースター

| 20:16 |  イースターを含むブックマーク

昨日は Easter Sunday でした。日本のお彼岸キリスト教社会での復活祭、これを過ぎるといよいよ春本番だなぁ、としみじみ思いますね。

いつかは訪ねてみたいスコットランドですが、彼の地の諺を一つ。

When Pasch comes, grace comes. Butter, milk, and eggs.

“Pasch”はイースターの古語です。「イースターが来ると、恵みがやってくる。バターも、牛乳も、それから卵も。」

純朴な土地柄なのでしょうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050328

3-27

マーチS 高松宮記念・予想

| 09:43 |  マーチS 高松宮記念・予想を含むブックマーク

春の嵐を思わせる波乱含みのマーチS。本命党の人は見向きもしないレースでしょう。今年は意外と(と言ってはこのレースの主催者に失礼かも)粒揃いのメンバーに目がひかれますね。結構楽しみです。

  ◎ ハードクリスタル

  ○ レマーズガール

  ▲ サカラート

  △ ユートピア タイキエニグマ サミーミラクル カフェオリンポス

何度も申し上げる通り、こういうハンデ戦は能書きがあまり意味ないので・・・。ただ、本命視するハードクリスタルの56キロは、ラッキーですね。G1級には歯が立たない分、知名度も低いと思うのですが、先行差し型の良い脚の持ち主です。

レマーズガール(牝)に55キロはちょっと酷ですが、クーリンガーに半馬身まで迫った前走の名古屋大賞典がブラボー、の一言。しかも、こういう馬に江田照男騎乗ですから、これは何かありますよ。ちなみに父の Defrere というのは、あのデヒア(Dehere)の全弟です。紛らわしいですね。

半弟のヴァーミリアン(母スカーレットレディ、母父サンデーサイレンス)に続いて、サカラートもここら辺で重賞を狙えるほど本格化したのではないかと、そう睨んでいます。

ヒモは手広く。ユートピアは、57くらいだったら◎か○でした。タイキエニグマは条件戦を抜け出たばかりなのに、なぜか妙に人気を集めているので、あまり買う気が起きません。当日の気配にもよりますが、いとも簡単に飛んじゃいそう。

さて、ついに春のGI戦線開幕ですね。今年大きく飛躍する馬は果たしてどれか。

  ◎ ゴールデンロドリゴ

  ○ カルストンライトオ

  ▲ プレシャスカフェ

  △ ウインクリューガー タマモホットプレイ

悩んだ挙句、三強の一角、メイショウボーラーは切ります。1600以下のダートなら、もう日本に敵はいませんが(だからこそドバイに遠征してもらいたかったけど)、よく考えたら、芝に関しては、第一線の古馬を相手にしていい所を見せたことがない。速いのは確か。しかし、現在の短距離路線、カルストンライトオといい、ゴールデンロドリゴといい、老いてなお元気な方々ばかりです。

そのゴールデンロドリゴで勝負。前走・前々走と二桁着順。しかし、前々走(シルクロードS)は道中に不利、前走はスタートの躓き、というわけで敗戦は問題視する必要がありません。しかも今回は、メイショウボーラーカルストンライトオが激しい先行争いをして消耗するのは確実なので、後方待機馬の出番。中京で2勝、2着1回の中京巧者が、ついにこの大舞台で初の戴冠、というシナリオが見えました。

消耗するとは言っても、カルストンライトオは天下の至宝です。前走の阪急杯は海外遠征帰り二ヶ月ぶりのレース、59キロ、と完全に不利な状況で、あわや逃げ切り。今回は、叩き良化、斤量も2キロ減の57キロ。スプリントGI連覇も射程圏内。

プレシャスカフェは前走、着差以上に楽々勝ったという印象が強いので、ここでも勝ち負けぐらいは行くと思うのですが、上位を争って当然のレースで大ポカを二回ほどやっているというのが、信頼性という点で心配です。人気が出過ぎているし。

ウインクリューガーは、後ろからの追い込みを完全に習得したのならば、ここは要注意(吉田稔鞍上)。タマモホットプレイは、何となく。メイショウボーラーと違って、一応古馬相手にG2タイトルを獲っていますし、本田Jの乗り方に興味津々。軽視してはいけないでしょう。

ところで、クリノワールドの半姉はテンシノキセキでして、ここのコースレコード保持者(1.06.9)。お姉さんのような強いスプリンターになれるといいですね!

ドバイワールドカップ・結果

| 09:53 |  ドバイワールドカップ・結果を含むブックマーク

アジュディミツオーは6着。実力を反映した結果ではないでしょうか。掲示板に乗るだけの力は持っていると思っていたので、その点は少し残念ですけど。

  1 Roses in May

  2 Dynever

  3 Choctaw Nation

  4 Jack Sullivan

  5 Congrats

我らが日の丸戦士というと、

スタートで若干後手を踏み、道中は3番手の外目を追走。直線入り口から追い出しにかかるも、直線半ばで手応えがなくなり6着に敗れた。

だそうです。グリーンチャンネルで生中継を御覧になった方は、おつかれさまでした〜。この海外競馬中継、どこか地上波かBSでやってもらえないでしょうかね。

マーチステークス 高松宮記念・結果

| 16:08 |  マーチステークス 高松宮記念・結果を含むブックマーク

両方ともノーマークの馬が上に来ました。

  1 クーリンガー

  2 サミーミラクル  △

  3 ユートピア  △

  4 サカラート  ▲

  5 カフェオリンポス  △

(◎ハードクリスタル10着、○レマーズガール8着)だからハンデ戦は(以下略)。

地方交流戦で名を馳せていたクーリンガー、ついに中央重賞に手が届きましたね!中央では力が足りないなどと陰口を叩かれていただけに、関係者は溜飲を下げたことでしょう。おめでとう〜。和田竜二Jも久しぶりの重賞勝利じゃないかな?

  1 アドマイヤマックス

  2 キーンランドスワン

  3 プレシャスカフェ  ▲

  4 カルストンライトオ  ○

  5 ナイキアヘッド

(◎ゴールデンロドリゴ8着)メイショウボーラーを切ったまでは良かったですが、アドマイヤマックス、中京1200を大外からまくって勝ってしまうとは!とんでもない馬ですね。めぐり合わせというのもあるのでしょう。GIタイトルにようやく手が届いて、本当におめでとう〜。武もこれで高松宮記念を初制覇。

ちなみにスーパー競馬も来週からメンバー交代で、若槻千夏がキャスターとのこと。しかし、アイドルが競馬に絡むとなぜかみんな「逆女神」になってしまい・・・。そう考えると、川村ひかるは、競馬の神様に嫌われなかったほうでしたね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050327

3-26

2005-03-26

日経賞 毎日杯・予想

| 11:13 |  日経賞 毎日杯・予想を含むブックマーク

  ◎ コスモバルク

  ○ オペラシチー

  ▲ アクティブバイオ

  △ ユキノサンロイヤル トウショウナイト

バルクはここで2着を確保できない場合、天皇賞(春)のために中央転厩とか。そんな結末では今まで応援していたファンは到底納得しないでしょうから、ここは奮励してもらいたい。

データ的に見れば、中山は相性の良いコースですし、実績も持ちタイムも申し分ない。このメンバーなら、途中で掛かってしまったとしても、持ち前のスピードと最後の二枚腰で押し切れるのではないかと。有馬記念のときみたいに、後方からの競馬は厳禁。

オペラシチーも人気を集めそうで、能力を考えると当然。長い距離での良績がありますし(菊花賞3着、前走御堂筋S1着)。関西の馬ながら、ここは比較的安心して買えると思います。ペースが落ち着いた場合、前を行くバルクを捉えるのは無理だろうという判断で、○止まり。

アクティブバイオは一昨年のアルゼンチン共和国杯以来重賞勝利から遠ざかって、障害競走などもこなしていますが、あっと言わせる馬がいるとしたら、これ。

ちなみに、経験不足で印は打っていませんが、プラズマ辺りも気になる一頭。大成するのはもう少し後かな、という気がします。

毎日杯は地味な重賞というイメージがありますが、去年はキングカメハメハでしたね。傷心のクロフネによる鬱憤晴らしの圧勝というのも記憶に新しい。

  ◎ コンゴウリキシオー

  ○ コスモオースティン

  ▲ マルカジーク

  △ ローゼンクロイツ レットバトラー

ここは平穏に収まりそう。コンゴウリキシオーはどこから見てもマイナス材料がない。ここもスロー展開になりそうですが、それは前回のきさらぎ賞でも同じこと。

コスモオースティンを対抗に抜擢。この面子のなかでは最高の時計(2.01.6)。このときはウインクルセイドにやられてしまったわけですが、ご承知の通り、その後スプリングSで2着に入っているわけですし、当馬も2〜3着争いなら十分。

ローゼンクロイツの評価を下げるかわりにマルカジークを▲でいかがでしょうか。今年に入って、重賞戦線でコンスタントに活躍しています。大幅な上昇は見込めませんが、コンゴウリキシオーより1キロ斤量有利なら、見限るのはまだ早い。

△の良血レットバトラーにはそろそろ結果を出してもらいたいです。上がり時計33秒台を持ち、弥生賞からの巻き返しを期するエイシンサリヴァンにも注目。

ドバイWC

| 11:42 |  ドバイWCを含むブックマーク

アジュディミツオーには一世一代の大勝負を期待します。Roses in May など格上の強敵も多いですが、先行力があるので見劣りしないですね。当面の目標は掲示板。でも、欲を言えば、一刻も早く日本馬に故ホクトベガ号の無念を晴らしてもらいたい、そう願う一競馬ファンです。

(画像はドバイワールドカップの公式サイトより。22日の調教の模様だそうです)

おつかれさまです

| 15:57 |  おつかれさまですを含むブックマーク

日経賞の結果もショックなのですが、川村ひかるがウイニング競馬やめてしまうのは寝耳に水・・・。北野誠もやめるということで総とっかえ、長いこと見慣れた顔が来週から見られなくなるというのは、正直寂しい。

日経賞 毎日杯・結果

| 16:08 |  日経賞 毎日杯・結果を含むブックマーク

  1 ユキノサンロイヤル  △

  2 トウショウナイト  △

  3 オペラシチー  ○

  4 アンフィトリオン

  5 スパークホーク

(◎コスモバルク6着、▲アクティブバイオ8着)心配していた通り、バルクは終始頭をあげて前に行きたがっていて、折り合いを欠きました・・・。それとは対照的に、一・二着を飾った二頭はスムースな走りでしたね。ユキノサンロイヤルは危なげない勝利、おめでとう〜。

毎日杯

  1 ローゼンクロイツ  △

  2 コスモオースティン  ○

  3 コンゴウリキシオー  ◎

  4 マルカジーク  ▲

  5 コメディアデラルテ

特にコメントはないです。ローゼンクロイツはこれで5戦全て連対。おめでとう〜。ロゼカラー号を母に持つ兄弟たちのなかではローズバド号に続く二人目の重賞ウィナーになりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050326

3-25

初 saku(×2)

|  初 saku(×2)を含むブックマーク

気を新たに、普段のブログの空気に戻したいと思います。


というわけで、いまさらながら sakusaku です。

言い訳するわけではないですが、この番組のことは早くから把握はしていました。行きつけのバーのバーテンKさんのお気に入りでして、以前「最近どんな番組見てます?」という話題に、目の色変えて食いついてきましたw

「とにかくハマル。カエラちゃん可愛いし*1。毎日録画している。絶対見なきゃダメ」と、かなり強烈にプッシュしていまして。

取りあえず今日のオンエアから試聴。

いや、なんと言うか、一体何ですか、この倦怠的でアバウトな空間はw カエラ、やる気があるのか、ないのか。そして、ジゴロウはいいとして、途中で出てきたコスプレ(?)男、お前は誰だ?w

噂に違わず、独特なオーラを漂わせているディープな30分でしたね。これ、一週間継続して目に入れていたら、おそらく中毒になるでしょう。支持者たちの熱狂ぶりもわからなくはない、という印象。

*1:同性から支持されるようですね

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050325

3-24

Walking Tour

| 10:04 |  Walking Tourを含むブックマーク

あまりにもベタですが、名作フラッシュを。

walkingtour

今見たら、音源(というか歌)が入っているのですが、前からありましたっけ?

追記

下の方に注意書きがあって、やはりヴォーカルは最近になって入れたようですね。(以前に比べると、しっくり来ないのですが・・・)

シンセだけだった主題歌にボーカルを入れてみました。

FAQはコチラだそうです→エラー - Yahoo!ジオシティーズ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050324

3-23

涙雨

|  涙雨を含むブックマーク

ご遺影を拝見したら、やはり胸がつまりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050323

3-21

哀悼

| 21:03 |  哀悼を含むブックマーク

思いがけない訃報に触れました。

……およづれか 我が聞きつる たはことか 我が聞きつるも…… (万葉集、巻3・四二○)

お体が悪かったのでしょうか。あまりにも実感がわきません。

レトリバーレトリバー 2005/03/21 23:16 私もメール見てびっくり。先生の下で博士論文書いている人に電話したら彼女は論文のことで明日研究室に来るようにというメールもらったって。私の話でショックを受けたようで、なんと言ったらいいのか分からなかった。

consigliereconsigliere 2005/03/22 10:07 レトリバーさん、どうも。
ご家族は言うに及ばず、われわれ関係者もただただ驚き悲しむばかりです・・・。
そのお友達のお話によれば、やはり突然のことだったようですね。詳しい事情は明日か明後日にいろいろと聞くことになると思いますが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050321

3-20

スプリングステークス 阪神大賞典・予想

| 10:49 |  スプリングステークス 阪神大賞典・予想を含むブックマーク

来年あたり「ライブドアテレビ賞スプリングステークス」になっていたりして。

  ◎ ペールギュント

  ○ マキハタサーメット

  ▲ ウインクルセイド

  △ ヴァーミリアン スキップジャック パリブレスト

ちょっと難しいですね。ペールギュントは評価通りの走りを見せるはずですが、人気を分け合っているヴァーミリアンの場合、デムーロ→北村Jへの変更がどう影響するか。△まで下げる必要はないかもしれないけど、このレースは例年、波乱含みなので薄めにしておきます。

相手はマキハタサーメットきさらぎ賞では、大器コンゴウリキシオーにハナ差で屈しましたが、何度見てもほとんど同着ですからね。昨日の若葉Sに完勝したアドマイヤフジの猛追撃をかわしての2着の意味は重い。中山は今なお先行馬が有利の芝状態になっているようですから、ここは絶対にオススメ。

名牝系の血統、▲ウインクルセイドで勝負。前走の敗北はおそらく重馬場が原因。ここは巻き返すはずですよ(なぜ人気が低い?)。

スキップジャックやパリブレストは連下辺りかなと思いますけど、一発があってもおかしくはない。

次、阪神

天皇賞(春)といい、ダービーといい、そしてこの阪神大賞典といい、予想自体は簡単。一番人気をおさえる。実績馬をおさえる。それだけ。去年の菊花賞馬の回避は残念ですけど、仕方ない。

  ◎ サクラセンチュリー

  ○ アイポッパー

  ▲ ウイングランツ

  △ リンカーン ペルフェット

サクラセンチュリーアイポッパーのどちらかが勝つのはほぼ確実。近走の成績、ステイヤーとしての素質、ともにこの両馬は上位です。でも、どちらかしか選べないとしたら、重賞街道連勝中で、スローペースになったときの決め手のあるサクラセンチュリーですかね。

ウイングランツは前走のダイヤモンドS勝ちが光っている。ダンスインザダーク産駒の場合、長距離競走ならば、どんな馬が出てきてもおさえたほうがいいと思う今日この頃。

本来の力を発揮できるならリンカーンは連に絡んでくる馬ですが、体調不良が原因の長期戦線離脱でしたからね・・・。本番はまだ先ですからここは無理なレースはしないでしょう。

穴はペルフェット。なぜ単勝で100倍以上がついているのか、不可解。ここに出ているはずのデルタブルースの替わりに角居厩舎が送り込むのだから、それなりに考慮したほうがいいのでは?リンカーンと一緒に出た一昨年の菊花賞の惨敗(15着)というのが念頭にあるのでしょうが、距離は十分こなせるはずです。

さて、中山の最終レースは、岡部幸雄騎手引退記念レース。重賞馬が名を列ね、豪華な顔ぶれになりました。ここは予想とかそういう野暮なことは抜き。とにかくいい競走をして名手岡部を送り出してあげてください。

とはいえ、一言だけ。インセンティブガイ(エンドスウィープ産駒)。今後のために記憶しておいたほうがいい名前。

スプリングS 阪神大賞典・結果

|  スプリングS 阪神大賞典・結果を含むブックマーク

  1 ダンスインザモア

  2 ウインクルセイド  ▲

  3 トップガンジョー

  4 ディーエスハリアー

  5 スキップジャック  △

(◎ペールギュント6着、○マキハタサーメット9着)ウインクルセイドに印をうったまでは良かったけど、ダンスインザモアとは。ペールギュントの足が止まったのとは対照的に、後ろからよく伸びましたね。おめでとう〜!でも、ディープインパクトを倒せそうなほどの“インパクト”はなかったかな。

  1 マイソールサウンド

  2 アイポッパー  ○

  3 リンカーン  △

  4 サクラセンチュリー  ◎

  5 ウイングランツ  ▲

誰もがマイル馬・中距離馬だと思っていたマイソールサウンドがこの3000メートルを勝つから、競馬はわからない。タマモクロス産駒というのは、摩訶不思議です・・・。それにしても、本田騎手は早めに仕掛けて正解でしたね。馬の体力・勝負根性をひたすら信用した騎乗で、好感持ちましたよ。おめでとう〜。でも、本番ではこんな抜け駆けは許されないでしょうね・・・。

ただ、微妙なところで判断つかなかったのですが、最後の直線、アイポッパーが追い込んできてマイソールサウンドの真後ろ辺りに来たときに(斜行で)少しひるんだように見えたのですが、審議にはならなかったのですか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050320

3-19

フラワーC・予想

| 09:51 |  フラワーC・予想を含むブックマーク

出走14頭のうち、重賞は言うに及ばず、オープン勝ちの馬すらいないというのは少し白けます。まあ、去年はダンスインザムードも出てきましたし、過去を振り返ると、かなりの数の出世馬が名を連ねてはいますけど。

展開の中心に座るのは、おそらく三頭: シーザリオ・ラドランファーマ・ウェディングヒミコ。このうちのどれかから本命を打ちたい。

  ◎ ラドランファーマ

  ○ シーザリオ

  ▲ スルーレート

  △ ウェディングヒミコ アルフォンシーヌ

ラドランファーマで堅いだろう。惜敗した二つのレース(クイーンC・赤松賞)は敵手強しというなかで、今回はかなり相手に恵まれたといえます。いかにもパワーありそうな体格も好感。

しかし、真の決め手は鞍上の田中勝春騎手。まだ記憶に新しい先週の同じ条件(中山1800メートル牝馬戦)の中山牝馬Sをウイングレットで勝っています・・・と、思ったら、なんとそれだけではなくて、2月27日の中山記念(やはり中山1800メートル)もバランスオブゲームで勝っている!二度あることは三度ある?!とにかく、道中の折り合いが課題です。

対抗はシーザリオ。2戦2勝、前走はアドマイヤフジに先着しており、経験は浅いけど有実力。わざわざ関東に来るわけですから、勝算十分と陣営は見ているのでしょう。ここは牝馬限定戦ですから、勝ち負けぐらいは確実ですね。本来なら本命でもいいくらいだけど、休み明けということで評価下げ。

スルーレートは、ここではススーっとハナを取って、そのまま楽逃げ・前残りしちゃいそうな気がするんですよ。芝初挑戦でどこまでやれるか楽しみ。

ウェディングヒミコは、体が小さいこともあって、なんとなく頼りない。デビューしたときは390キロですよ!競走能力だけを測れば重賞級だと思うのですが、どれだけ成長したのか、ここは様子見。サクラバクシンオー号の姪にあたる、良血のアルフォンシーヌ(母ラトラヴィアータはサクラバクシンオーの全妹なので、血統的には実子みたいなもの)は絶好の枠を引きました。ここはヒモで。

明日は中京競馬名物、名鉄杯

| 10:18 |  明日は中京競馬名物、名鉄杯を含むブックマーク

一応、告知。

明日(20日)の中京第11競走は、もう恒例となった名鉄杯です。

なにが有名かと言うと、別に重賞でも何でもないのに、専用のファンファーレを使用することですね。名古屋鉄道のブラスバンドにとって、一年に一度の大舞台。ファンの間では評判はあまり芳しくないのですが、どことなく悲愴感(?)が漂っていて、私は嫌いじゃない。

シスの「復習」

| 10:25 |  シスの「復習」を含むブックマーク

ロイター校閲係、今日は反省文提出ですね。 no title

[ラスベガス(米ネバダ州) 17日 ロイター] 日本では今年7月に公開される映画「スターウォーズ」シリーズ最終章「エピソード3/シスの復習」が17日、ネバダ州ラスベガスで開かれた全米劇場主協会(ショーウエスト)の定例コンベンションで劇場向けとしては初めて上映された。

ところで、ジョージ・ルーカス師の

タイタニック”の宇宙版のように描いている。本当に泣かせる。誰もが予想できない手法と受け取るだろう

発言は興行的にどうなのでしょう。「誰もが予想できない」という譬えとしてタイタニックは良くないと思うのです。予想できるでしょw

ロイター、訂正しました

| 16:09 |  ロイター、訂正しましたを含むブックマーク

どうしようもないのでアレルギー科へ。

「少なくとも二時間ほどお待ちいただきます」「じゃ、予約を・・・」「残念ながら、予約は受け付けておりませんので」仕方なく待つ。二時間。「あの、あとどれくらいですかね」「そうですね、あと二時間ほどお待ちいただきます」(実話)

もうブチ切れですよ。

フラワーC・結果(付・若葉S結果)

| 16:36 |  フラワーC・結果(付・若葉S結果)を含むブックマーク

  1 シーザリオ  ○

  2 スルーレート  ▲

  3 アルフォンシーヌ  △

  4 ラドランファーマ  ◎

  5 タマヒカル

シーザリオ強過ぎ。2ヵ月半ぶりもなんのその。好スタートだったのも幸いしましたが、そんなことよりも、一頭だけ次元が違った感じですね。おめでとう〜。桜花賞の波乱要素が増えました。

関西での皐月賞トライアル。シックスセンス(4着)やマイネルハーティー(8着)にとっては、ほろ苦い結末になりましたね。

  1 アドマイヤフジ

  2 タガノデンジャラス

アドマイヤフジは4コーナーでムチが一つ入ると、そのまま加速して完勝。こんなに強いのに今まで勝ちきれなかったのはなぜ?という感じで、皐月賞へ。そして、今まで一度も一番人気を背負ったことのないタガノデンジャラスも最後は見事な追い込みで、優先出走権を確保。おめでとう〜。

おれおれおれおれ 2005/03/19 23:27 帰ってきたとです。アレルギー科ですか。ちなみに僕ならぶちきれて、責任者を呼び出します。
東寺に行ったら16時で閉まっていました。。。京都は早いですなあ。。

consigliereconsigliere 2005/03/20 10:52 おれおれさん、ご無沙汰です。今、ちょっと急いでいるので、また後ほど・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050319

3-18

花粉のピーク

| 22:58 |  花粉のピークを含むブックマーク

http://www.iiv.ne.jp/news/DN/friday/0318/5.html:title より引用。

観測史上最大の量が予想されているこの春の花粉ですが、東京の多摩地域では18日朝から、肉眼で確認できるほど大量に飛び交っています。多摩地域では先月20日から花粉の飛散が始まっていましたが、ピークは3月の2週目から3週目との予報通り、駐車している車の上に黄色の花粉が積もるほどとなりました。青梅では18日、今シーズン最も多い1平方センチ当たり942.6個の花粉が観測されています。この週末は晴天が続き、最高気温も15度を超える予報が出ていることから、東京都福祉保健局では今シーズン前半のピークになるだろうと予想しています。花粉症の方は十分な対策をしてお出かけください。

今日はかなりシンドイなぁ、と思っていたら案の定・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050318

3-17

2005-03-17

沈丁花

| 13:00 |  沈丁花を含むブックマーク

今年は蕾が開くのが遅く、庭の沈丁花は未だに咲きそろっていません。漢名は「瑞香」、あるいは「睡香」。あるお坊さんが岩の上で昼寝をしていたら、夢のなかで非常に強い薫りを聞き、目が覚めてからその元を尋ねて見出した花だから「睡香」と名付けた、という説話が残されています(『清異録』、『五雑俎』など)。

万葉集(巻5・九○四、巻10・一八九五)や古事記に出てくる「三枝」(さきくさ)は沈丁花を指すという説がありますが、大陸から移植されたのはもっと後世でしょう。漢詩に詠まれるようになるのも、宋の時代以降ですし。


最も愛するアロマの一つです。

沈丁花リキュールって、ないですかね?

ニホンピロウイナー号、逝去

| 23:58 |  ニホンピロウイナー号、逝去を含むブックマーク

巨星墜つ、という慣用句がまさにふさわしいですな・・・。

もちろん、現役の姿は生では見たことがありません。しかし、この馬の戦績を見ると、つくづく時代性というものを感じます。

このブログでも何度か話題にのぼったタイキシャトル号は、短距離馬で初のJRA顕彰馬になりましたが、もしニホンピロウイナー号が何年か後に生まれていたら、その最初の栄誉は果たしてどちらに行っただろうか。1600メートル以下のレースは18戦14勝、2着が3回、と無敵を誇りましたが、短距離専用の馬は当時、正当に評価されなかったという。そんな時代だった。それでも、グレード制導入(84年)以降に活躍できたのは、不幸中の幸いだった、とも思う。マイルCS、安田記念、そしてマイルCSの連覇、とマイルGIを3連勝。そんな離れ業をやってのけたのは、ほかにはタイキシャトル号しかいない。

愛息メガスターダム中京記念優勝を見届けるかのようにして、亡くなりました。ご冥福を祈ります。ヤマニンゼファー号を通じて、この血脈がますます栄えることを期待したい。

モイモイモイモイ 2005/03/22 10:05 なるほど。漢名は「瑞香」「睡香」ですか。ところで「沈丁香」の名前はどこからきたのでしょうね。』

consigliereconsigliere 2005/03/22 10:10 香りが沈香や丁字に似ているから名付けられた、と一般には説明されているようですね。真偽のほどはオレには判断つきませんが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050317

3-16

今日の収穫

| 19:54 |  今日の収穫を含むブックマーク

古本屋を巡っても探していた本は見つからず。でも、徒労ではなかったです。

  • 陳伯君校注『阮籍集校注』(中華書局)

1987年刊。もう増刷はしばらくないかなと諦めていましたが、去年6月に本国で第二刷が出たんですね。なくなったら再び入手困難になると思うので、買っておいたほうがいいです。

阮籍は竹林の七賢の一人。大酒をくらい、奇行も多かったと伝えられますが、狂気を装うことは、陰謀や疑心暗鬼が渦巻く魏王朝の末期を生き抜くために必要だった(口は災いのもと、の言葉通り、盟友の●(ケイ)康は司馬昭に処刑される)。「詠懐詩」(四言、三首。五言、八十二首。計八十五首)によって、後世のわれわれは、かれの孤独な心を垣間見ることになります。

  • 村山修一『日本陰陽道史総説』(塙書房)

その筋の人にとって必読文献とされている通史ですね。線引きと蔵書印があって安かったので購入。日本社会への隠然たる影響力を思い知らされます。安倍晴明の著作だと確実に認定されるのは、わずかに『占事略决』だけだそうで、その尊経閣文庫所蔵鎌倉時代写本が139〜169頁に翻刻されています。陰陽師関係の小説を書きたいという人(もう時代遅れか?)は、ここからネタを調達しましょう。

ダイオライト記念・結果

| 20:11 |  ダイオライト記念・結果を含むブックマーク

船橋の交流重賞。今週月曜には宇都宮競馬が最後を迎え、北関東競馬がなくなったという公営レース冬の時代。地方所属馬には頑張ってもらいたい・・・。

  1 パーソナルラッシュ

  2 タイムパラドックス

  3 ヒシアトラス

  4 モエレトレジャー

  5 ジェネスアリダー

3着までJRA馬、そして4着とは7馬身差。ある程度予想されたこととはいえ、少し寂しい。それにしても、パーソナルラッシュはいいレースしましたね。出負けしなかったし。タイムパラドックスは追いきれなかったけど、今日のパーソナルラッシュは、どうやっても負けそうではなかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050316

3-15

2005-03-15

坂本直子・目録(ネット篇6)

| 10:14 |  坂本直子・目録(ネット篇6)を含むブックマーク

坂本選手は横浜国際女子駅伝に続き、先日の全日本実業団ハーフマラソンも体調不良のために、エントリー済みながらも欠場。マイネルセレクトみたいになってきているので心配です・・・。今週末は金沢ロードレース。元気な姿が見られれば。

さて、「今後のスケジュール」の部分を除いて、去年暮れから完全に放置されてきた天満屋女子陸上部サイトがリニューアル。

天満屋女子陸上競技部|企業情報|天満屋

引退を表明した山口衛里選手がいまだに現役扱いなのはご愛嬌。

それから、「岡山市国体障害者スポーツ大会局」サイトに坂本選手のインタビューが掲載されていました。相変わらずの写真うつりですが、このマスコットと一緒のものはなかなか。

no title

  1. 目録ネット篇5→http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050216
  2. 目録ネット篇4→http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050131
  3. 目録ネット篇3→http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20041224
  4. 目録ネット篇2→http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20040921
  5. 目録ネット篇→http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20040913
  6. 目録雑誌篇補遺→http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20041012
  7. 目録雑誌篇→http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20040907
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050315

3-13

クリスタルC フィリーズレビュー・予想

| 10:23 |  クリスタルC フィリーズレビュー・予想を含むブックマーク

まずはクリスタルC。NHKマイルCには直結しないことで有名なので、「なんでこの馬がここに?」というのもいますが、それはさておき。

  ◎ アイルラヴァゲイン

  ○ チアフルワールド

  ▲ エイシンヴァイデン

  △ セレスエンブレム フサイチアンテウス ディープサマー

出世馬を輩出した新潟2歳Sで5着に入ったアイルラヴァゲインを本命に。2ヶ月以上レース間隔があいたけど、鉄砲は問題にしないタイプ(実際にその前走も、新潟2歳S以来3ヶ月ぶりで快勝でしたし)。なんといっても、1.07.8という持ちタイムが良い。

○チアフルワールドは、考え抜いての印なので自信あります(人気が出なければいいけど)。確かにクリスマスローズSでは上記のアイルラヴァゲインに完敗してますが、中一週のレースだったこととハイペースでばてたことが原因。今回も、展開がどうなるかが鍵ですが。

エイシンヴァイデンは人気出ると思うけど、難しいですね・・・。唯一の57キロだし、重賞レベルでは今のところ力不足という感じなので買いづらいところ。

面白いと思うのは、△セレスエンブレムです。初の芝挑戦なので、実力は「?」ですが、この時期の外国産馬は仕上がりが早い(Raise a Native の血があると特にそう)。スプリント適性もありそう。

最後の桜花賞トライアル、フィリーズレビュー

  ◎ ディアデラノビア

  ○ ラインクラフト

  ▲ カシマフラワー

  △ エアメサイア コスモマーベラス フローラルパレス

ラインクラフトは、はっきり言って強いです。でも、ここはディアデラノビアで行きましょう。チューリップ賞はまさかの惨敗でしたが・・・。賞金の関係で桜花賞は当選ラインぎりぎり。連闘になってしまいました。ここは、「何が何でも勝たなくちゃ」精神に賭けます。今回は、チューリップ賞の轍を踏まないように、もう少し前で競馬するでしょうし。

デビューしてから休みなしでフル稼働しているカシマフラワーを▲に。それにしても、ディアデラノビアといい、カシマフラワーといい、ここで好走しても本番はダメそうな予感ですなw

エアメサイアはすでに世に知れ渡っていますが、コスモマーベラス・フローラルパレスも注目されていい馬だと考えています。コスモマーベラスの場合、萌黄賞がいい内容でした。ラインクラフトなどに勝てるとは思えないけど、萌黄賞で先着しているタケカワルキューレが昨日のアネモネSで4着なので、ここの3着なら可能性十分。フローラルパレスは、なんといってもあのフラワーパーク号の子供ですからね。新馬戦を勝ったばかりですが、抽選を突破した強運の持ち主。底も見えないので、ここもひょっとすると?

クリスタルC フィリーズレビュー・結果

|  クリスタルC フィリーズレビュー・結果を含むブックマーク

まずは、中山メインのクリスタルC

  1 ディープサマー  △

  2 コパノフウジン

  3 アイルラヴァゲイン  ◎

  4 チアフルワールド  ○

  5 エイシンヴァイデン  ▲

ディープサマーはフロック説も囁かれていただけに、雑音を封じ込めましたね。着差を見る感じでは完勝ですね。おめでとう〜。小野次郎テン乗りは、やはり要注意だ。

次、桜花賞トライアル

  1 ラインクラフト  ○

  2 デアリングハート

  3 エアメサイア  △

  4 ディアデラノビア  ◎

  5 ジェダイト

(▲カシマフラワー7着)普通に強い馬が、普通に勝ったようですね!おめでとう〜。エアメサイアも桜への出走が決定。お母さん(エアデジャヴー号)は牝馬クラシックを全て惜しいところで逃しているから、孝行娘に期待したいです。ディアデラノビアは4着に終わって、優先出走権を得られず!これからどうする。

モイモイモイモイ 2005/03/13 21:39 予想を面白く拝見しました。当たりましたか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050313

3-12

中山牝馬ステークス・予想

| 10:24 |  中山牝馬ステークス・予想を含むブックマーク

ニュースをチェックして愕然。あのストーミーカフェが骨折!手術をして復帰を目指すらしいけど、春のクラシックを棒に振ってしまいました・・・。スムースバリトンも骨折で戦線離脱したし、よくあることとは言え、ディープインパクトストーミーカフェを楽しみにしていた全国のファンの落胆が目に浮かぶようです・・・。

でも、先週の中京記念、優勝したメガスターダムは屈腱炎で2年以上も休養してからの復活Vだし、2着に入ったサンライズペガサスだって同じ病に苦しみながらも重賞レースで主役を張っています。ストーミーカフェの復帰を静かに見守りたい。

今日は阪神のメインで障害の重賞がありますが、それはスルーして、中山牝馬ステークス。時間があまりないので、短評はなし。印だけ。

  ◎ レクレドール

  ○ ユキノスイトピー

  ▲ ウイングレット

  △ オースミコスモ ブライアンズレター マイネヌーヴェル

重賞だけフォローするのではなく、是非とも中山牝馬Sの一つ前の第10競走、アネモネSもチェックしてくださいね。このメンバーを見る限り、アンブロワーズとペニーホイッスル、この二頭は格が違うという感じで、ここはすんなり決めて桜花賞へ、ではないか。実戦の数が少ないシャイニングスルーも注意。

以下追記

いまオッズを確認したら、人気上位をおさえてしまったようで、これは危険。そこで、フラワーチャンプとジョリーダンス、普段なら買うかどうかは悩むところですが、ここは手広く。

中山牝馬S・結果

|  中山牝馬S・結果を含むブックマーク

  1 ウイングレット  ▲

  2 メイショウオスカル

  3 チアフルスマイル

  4 オルレアン

  5 マイネヌーヴェル  △

(◎レクレドール8着、○ユキノスイトピー6着)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050312

3-10

花粉症

| 10:49 |  花粉症を含むブックマーク

遂に国民的疾病に罹ってしまいました・・・。

今にして思うと、去年・一昨年と、春先はくしゃみが出たり、目がしょぼしょぼしたり、ほてりがあったりと、その兆候は確実にありましたね。当時は重症ではなかったので、風邪だとか、疲れがたまったとか、季節の変わり目だからとかいろいろと自分で納得させていたのですが、昨日は、くしゃみ鼻水・目の違和感、充血がひどくて・・・頭痛ではないのですが、頭も重いです。

病気というのは、何でもそうなのですが、「まさか・・・」という感じ。

さまざまな民間療法が喧伝されていますが、「これは実際に利いた」などの対処法の情報を募ります。

岡部幸雄J、引退

|  岡部幸雄J、引退を含むブックマーク

おつかれさまでした。「これで馬券が買える」みたいなことを記者会見で言ってましたね。調教師にはならないと前から宣言していましたから、男に二言はなかった、と。

おれおれおれおれ 2005/03/10 23:31 鼻炎ですか。KW乳酸菌入り飲料がいいらしっす。あとは甜茶。ミント味のガム。鼻洗浄。僕は万年のアレルギー性鼻炎なのでなんですが、相当つらい病気です。。

さいきんは外出するときにマスクをするようにしました。花粉症ではないのですが、今年はあまりにも花粉が舞っていて症状が悪化しないようにするためです。花粉症が悪化すると、眠れなくなるくらいくしゃみと鼻水、目のかゆみが襲いますよ。だから、今後は晴れの日は花粉症対策用マスクをすることをおすすめします。

おれおれおれおれ 2005/03/11 09:37 抗ヒスタミン剤は眠気を誘発するので、あまりおすすめできません。しかも耐性が出来てしまうので、市販の薬は駄目です。病院でもらう薬は効き目があらわれるまで時間がかかるので早く行く必要があります。いちばんはマスクで予防ですね。。甜茶は戦中など、甘いものがないときに飲んでいたらしいです。

にこぽんにこぽん 2005/03/11 17:14 ヨーグルトは長期間摂取していないと、効果がなかなか得られないようです。以前スパスパで、花粉症の特集やっていました。レンコンがいいらしいです。こちら→http://www.tbs.co.jp/spaspa/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050310

3-8

『日本史文献事典』

| 15:58 |  『日本史文献事典』を含むブックマーク

高価な事典ですが、古本屋で半値以下で出ていたので買いました。日本史、およびその隣接分野における主要な「研究書」や「論文*1の内容のダイジェストを提供している。ご承知の通り、日本研究にはすでに膨大な蓄積があります。そのなかで、どういったものが基本文献であり、そして、それが研究史のなかでどのように位置づけられているのかを把握することの重要性がますます高まってきているわけです。

この事典は、そういった要望に応えるべく、3372点もの研究文献を紹介しているのですが、一番の特徴は、

本事典では、それぞれの研究文献の著者自身に、その意図・内容・意義などを執筆してもらうことにした。(中略)限られたスペースで内容を概括するのであればなおのこと、著者自身が最良の執筆者であるはずだ。限られたスペースでまとめるのは至難である。しかし、それをどのように成し遂げるかは、著者にふさわしい〈至芸〉となるはずである。本事典の読者も、そうした記述を楽しむことができる。 (iv頁)

研究者を中心に据えた構成であり、項目の配列が著者名の五十音順になっていることにも、その編集方針が反映されているといえます。

なお、物故者の著作については、もちろん他人が執筆するわけですが、友人の一人が big name の名著の項目を書いているのを発見し、身が引き締まる思いです。ちなみに、「自著の記述を拒否する研究者も少数だがおられた」(iv頁)ということで、確かに、それに該当する、現在の史学界における第一人者的な方を見出しました。お考えもあるのでしょうが、少し残念な気もします。

第局瑤蓮崛棺検γ作集」の細目、第敬瑤蓮峭嶌臓α兔顱廚虜挂棔△修靴憧末第孤瑤法崕駝勝論文名索引」「主題・事項索引」「人名索引」が付されていて、これらはなかなか便利。しかし、「主題・事項索引」は少し使いづらい。とりあえず主題別におおまかに分類してから五十音順の索引にすべきでしたね。細かく分け過ぎ。

最後に一言。

ただし、網羅的だけでは画期(活気)がない。そこで、〈日本史〉学の節目ふしめに登場した重要な研究文献を厳選して配することにした。同じく第吃瑤任△襦すなわち、古代・中世近世・近代・現代各10点程度、合計51点の「基本文献」(中略)を、編集委員の判断で選んだ。研究史的観点からみて重要な意義をもつ研究文献であることは間違いないと思うので、「基本文献」については長めの記述を用意することにした。 (iv頁)

それならば、「基本文献」は「基本文献」だけで独立させれば良かったと思うのですが・・・。そこで、みなさまの便宜も考えて、「基本文献」を第吃瑤里覆から選別し、時代別に並べてリストアップしておきます。通史的なものが1点、また、「近代」「現代」については、どちらに分類すべきかよく分からないので一つに束ねました。大著も含まれており、「気軽にどうぞ」とは言えませんが、夏休みなど、まとまった時間が取れるときにでもいかが?

古代

  石母田正 『日本の古代国家』

  井上光貞 『日本古代史の諸問題』

  北山茂夫 『日本古代政治史の研究』

  坂本賞三 『日本王朝国家体制論』

  竹内理三 『律令制と貴族政権』

  藤間生太 『日本庄園史』

  戸田芳實 『日本領主制成立史の研究』

  早川庄八 『日本古代官僚制の研究』

  吉田孝 『律令国家と古代の社会』

中世

  網野善彦 『蒙古襲来』

  網野善彦 『日本中世の非農業民と天皇

  安良城盛昭 『歴史学における理論と実証』

  石井進 『日本中世国家史の研究』

  石母田正 『中世的世界の形成』

  勝俣鎮夫 『戦国時代論』

  黒田俊雄 『日本中世の国家と宗教』

  佐藤進一 『日本中世史論集』

  清水三男 『日本中世の村落』

  林屋辰三郎 『中世文化の基調』

  藤木久志 『豊臣平和令と戦国社会』

近世

  朝尾直弘 『近世封建社会の基礎構造』

  安良城盛昭 『幕藩体制社会の成立と構造』

  井上清 『明治維新

  佐々木潤之介 『幕末社会論』

  高木昭作 『日本近世国家史の研究』

  遠山茂樹 『明治維新

  羽仁五郎 『明治維新史研究』

  尾藤正英 『日本封建思想史研究』

  古島敏雄 『近世日本農業の構造』

  丸山真男 『日本政治思想史研究』

  山口啓二 『幕藩制成立史の研究』

近代・現代

  家永三郎 『植木枝盛研究』

  五百旗頭真 『米国の日本占領政策』

  石井寛治 『日本蚕糸業史分析』

  伊藤隆 『昭和初期政治史研究』

  色川大吉 『明治精神史』

  岡義武 『近代日本の政治家』

  鹿野政直 『日本近代化の思想』

  高村直助 『日本紡績史序説』

  竹前栄治 『アメリカ対日労働政策の研究』

  中村隆英 『戦前期日本経済成長の分析』

  中村政則 『近代日本地主制史研究』

  坂野潤治 『明治憲法体制の確立』

  細谷千博 『シベリア出兵の史的研究』

  松尾尊叩 愨臉デモクラシー

  丸山真男 『現代政治の思想と行動』

  三谷太一郎 『日本政党政治の形成』

  宮地正人 『日露戦後政治史の研究』

  安丸良夫 『日本の近代化と民衆思想』

  山田盛太郎 『日本資本主義分析』

通史

  津田左右吉 『文学に現はれたる国民思想の研究』

*1:『日本書紀』とか「正倉院文書」とか、そういった一次資料ではない

モイモイモイモイ 2005/03/08 22:24 これはすごいですね。参考にさせていただきます。ありがとうございます。

consigliereconsigliere 2005/03/08 23:35 モイモイさん、おひさしぶりです。
たまにはみなさんの役に立つ情報発信をしなければ・・・w

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050308

3-7

ポジティブ妄想脳

| 14:28 |  ポジティブ妄想脳を含むブックマーク

まずは告知。今月の岩波文庫のリクエスト復刊のなかに、『制度通』(上巻・下巻)と『憲法義解』が含まれています。なくなる前に買っておきましょう。


さて、普段は読まないのですが『AERA』(3月14日号)の中吊り広告、「ポジティブ妄想脳」に思わず反応。「いまこそ妄想が求められているという。」(17頁)我が意を得たり。

昔から寝つきが悪いので、就寝前の30分〜1時間は、布団に入ってから常に妄想炸裂です。

「今回の取材では、妄想の場所ベスト3は入浴中、就寝時、電車の中だった」(17頁)というのも納得。車内では読書をしていることが多いですが、定期的に妄想モードに切り替えています。小説などを読んでいると、その頻度は高くなりますね。ちなみに、会話する相手がいなくて一人で歩いているときも大抵妄想しています。こういう話を以前したとき、結構白い目で見られたことがあるのですが、逆に、一人でボーっとしているときはみなさん何をしているんですか?と訊きたい。

「妄想のエキスパート」(16頁)島田雅彦が言っていることも、まさに私が子供の頃から実践していること。

一人称の妄想も対話的に行なわれたほうが盛り上がります。妄想のエキスパートになるためには、自分のスペアをいくつかもっていたほうがいい。妄想は創造・創作の鉱石。

「対話」、あるある。ちなみに、「なりきり型、記者会見型、リベンジ型、過去の岐路型の4つのタイプ」(13頁)のなかでは、私は「なりきり型」が圧倒的に多く、「リベンジ型」はほとんどないですね。「妄想の力とは、前向きに生きられる力」(15頁)ですから、みなさんも是非どうぞ。

おれおれおれおれ 2005/03/07 16:14 文学関係者で妄想・空想していない人がいますか??
ちなみに僕は思い出し笑いが多くて(祖父からの血筋)急に笑いだしたりして周りに危ぶまれたりします。想像力がたくましいのです!

consigliereconsigliere 2005/03/08 09:50 >妄想・空想していない人がいますか??
やはり、それを大っぴらに公言するかどうかの違いになりますね・・・。orz
思い出し笑いはオレもしますね。

レトリバーレトリバー 2005/03/08 13:14 不眠にいいものは、
カルシウム:牛乳、ゴマ、ひじき、パルメザンチーズ
マグネシウム:カシューナッツ、コンブ、イカ、ひじき
足の裏のかかとの中心にあるツボを押すのもいいですって。
ところで、この上の文、消したいけれど消し方が分からない。

consigliereconsigliere 2005/03/08 16:02 消しておきました。これ、一度投稿すると訂正がきかないので、ご注意を・・・。
これからもよろしくどうぞ〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050307

3-6

弥生賞 中京記念・予想

| 10:56 |  弥生賞 中京記念・予想を含むブックマーク

国民的関心事になってきた今年の三冠ロード。皐月賞と同条件の前哨戦に、あの馬が上京してきた。

  ◎ ディープインパクト

  ○ マイネルレコルト

  ▲ アドマイヤジャパン

  △ ブレーヴハート

三強のなかで、現段階における実力を証明済みなのは、58キロ負わされながらも2馬身半差で共同通信杯を楽勝したストーミーカフェのみ。それに対して、カリスマ性は3歳馬のなかでナンバーワンのディープインパクトと、実績ナンバーワンのマイネルレコルト(5戦4勝・G1ウィナー)の直接対決ですからね〜。ストーミーカフェとの力関係はどうなのか、これは見逃せない。

インパクトがスターホースへの階段を着実に登る。あの追い切りを見ても、躍動感が一味違いますね(もちろん、時計も言うことなし)。前を行くレコルトを、ちゃちゃっとつかまえそうな予感。

人気を分けるレコルトは、2歳チャンピオンとして、関東の総大将として、ここは恥ずかしいレースはできません。まあ、戦績はほぼ完璧(京王杯は出遅れが最後まで響いた)ですから、余計な心配ですけどね。

3着はどうでしょうか。馬場状態によるけど、アドマイヤジャパンブレーヴハートといった辺りを推しておきます。ただし、上記2頭に比べると一枚下くらいの印象。

ちょっと気になる事実。弥生賞は重要なステップレースですが、ここを実際に勝った馬で皐月賞馬になったのはアグネスタキオン号くらいで、それ以前になると、なんと“皇帝シンボリルドルフ号くらいにまで遡らなくちゃいけない。弥生賞は、毎回激戦なので・・・。インパクトにせよ、レコルトにせよ、ここは本番の前にエネルギーを節約しておいたほうがいい??

中京も遂に開幕。

  ◎ セフティーエンペラ

  ○ シンメイセレリティ

  ▲ エイシンシャイアン

  △ メイショウドメニカ グレイトジャーニー

去年と一昨年を見ていますから、もう何が来ても驚きませんよ。ただ、セフティーエンペラはいろいろな好条件を揃えていると思います。前走の小倉大賞典2着はいい走りだったし、開幕週ですから、こういう先行馬にはもってこいではないでしょうか。実力を勘案すると、56キロも恵まれたほうだと思います。

あとは、適当に54〜56キロくらいを背負っている中堅どころや、低人気の馬をボックスで購入して。そういう意味では、メイショウドメニカは、最近は涙が出るくらい成績が悪いので注目です。一昨年には福島記念にも勝っている、そこそこの馬なんですよ〜、みんな忘れているだろうからチャンスです(でも、穴人気になっていたら信用できないな・・・w)。中京も得意なほうですし。

どことなく投げ遣り気味な予想なのは、こういう波乱含みのハンデ戦は、いわゆる「能書き」があまり役に立たないからですw

弥生賞 中京記念・結果

| 16:09 |  弥生賞 中京記念・結果を含むブックマーク

  1 ディープインパクト  ◎

  2 アドマイヤジャパン  ▲

  3 マイネルレコルト  ○

  4 ダイワキングコン

  5 ブレーヴハート  △

まさに「ディープインパクト」の名前の通りですね!

レコルトが向こう正面で行きたがっていたけど、あのスローペースでは仕方ない。インパクトは、四角で大外をするすると進出すると、最後は例の豪脚。スロー展開と距離のロス(しかも、中山の外を回った)があったせいで、前の3頭が踏ん張って前走・前々走のようなぶっちぎりの圧勝にはならなかったけど、内容的には文句なしの完勝でしょう・・・。おめでとう〜。

アドマイヤジャパンは内々でよく粘ったけど、不良馬場での京成杯の疲れがまだあったかな・・・?いずれにせよ、絶好のレースをしたのに差されたのは痛い。

レコルトは、ひょっとするとマイラーの可能性あり、と密かに思っているのですが、みなさんはいかがお考えですか。まあ、チーフベアハート産駒だから、距離はそこそここなせるとは思うんですけど。

ところで、解説の吉田均氏などが「馬群を突っ込むような競馬をまだ経験していないから、(フルゲートになるだろう)本番はどうだろう」とか「良馬場でないとだめ」とか、いろいろと必要以上に不安を口にしているのは、皐月賞に向けての予防線か?w

中京記念

  1 メガスターダム

  2 サンライズペガサス

  3 アサカディフィート

  4 トレジャー

  5 グレイトジャーニー  △

(◎セフティーエンペラ6着、○シンメイセレリティ15着、▲エイシンシャイアン11着)オトコノユウジョウがハナを取るものの、第三コーナーでつかまり、最後はハンデ戦らしくごちゃごちゃ。でも、メガスターダムはスピードに乗っていましたね〜。タイムもいい。おめでとう〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050306

3-5

チューリップ賞

| 09:56 |  チューリップ賞を含むブックマーク

本番と同じ条件のトライアル(案の定、関東から下ってくる馬はいなかった・・・)。日経のコラムがおもしろい事実を指摘していました。チューリップ賞が重賞に格上げ(1994年)されて以降、全勝馬がこのレースを取ったことがないと。検証してみたら、本当ですね。記憶に新しい二年前のスティルインラブ号(2戦2勝)は圧倒的一番人気を背負いながらもオースミハルカに届かず、あのファレノプシス号(3戦3勝)も当レースは5着に終わっています。周知の通り、彼女たちはその後の本番では雪辱するわけですが、なんとも嫌なジンクスです。こんなジンクスは一刻も早く打ち破ってもらいたいですが、こういう傾向があるのも、十年一昔に比べて競走馬の層が厚いこと、このレースを明確な目標に据える馬が増えたこと、が原因でしょう。だとすれば、突出した馬がいない今年のチューリップ賞も、“予想”の観点からすれば、全勝馬(エイシンテンダーディアデラノビア)は最高でも○止まり!

  ◎ ハギノコマチ

  ○ エイシンテンダー

  ▲ ディアデラノビア

  △ オリエントチャーム ダンツクインビー

穴狙い。◎ハギノコマチは去年の阪神JF以来ですが、あのときは、わずか2戦目、しかもスタート出遅れという不利を跳ね返して4着。はっきり言って、天賦の才があります。阪神JF組は、着順も問題になりません。不安らしい不安といえば、枠です・・・。

○と▲は、全勝馬で分け合う。エイシンテンダーは、とにかく菜の花賞での完勝を見届けた瞬間、「クラシック馬だ!」おそらく少なからぬ人が私と同じ感想を持ったでしょう。ペニーホイッスルや、グランドエナジー辺りに先着したのは大きいです。ここですんなり勝っちゃったりしたら、桜花賞では◎打ちます。

ディアデラノビアはピッチ走法が特徴的な、鬼脚の持ち主。阪神の1600は新馬戦のときに経験しており、アンカツ騎乗ということで期待したいのですが、それにしても体格が小さい!410キロ台?明日はどう考えてもパワーを要する悪い馬場なので、それがどう影響するか。エイシンテンダーより評価を落としたのも、その点が大きいです。外枠だから馬群にもまれることはないだろうけど。

池江厩舎が送り込むオリエントチャームは、ゴールドアリュール号の全妹。とにかく前走のこぶし賞の圧勝ぶりが目に焼きついていて。相手強化のここではどうかな、という不安もあり、しかも井崎センセイの◎と聞いて、二の足を踏みましたw

ダンツクインビーは前走の1800(小倉)を勝利した勢いを持ち込みたい(前走1着馬は、成績がいい)。スペシャルウィーク産駒だし、応援したいですね。あと、オリエントチャームに勝ったことがあるエリモファイナル辺りも注目馬です。

チューリップ賞・結果

| 23:26 |  チューリップ賞・結果を含むブックマーク

ジンクス破れました。

  1 エイシンテンダー  ○

  2 アドマイヤメガミ

  3 ダンツクインビー  △

  4 オリエントチャーム  △

  5 エリモファイナル

(◎ハギノコマチ6着、▲ディアデラノビア7着)ディアデラノビアは少し出遅れた上に、向こう正面で前・外がふさがって、馬が首を上げちゃってましたね。あの時点で勝負あり。ハギノコマチに至ってはさらに深刻で、最後の直線で足が止まってしまい、レース勘を取り戻していない感じ。優先出走権はおろか、賞金を加えることもできなかったので、陣営は焦っているでしょうね。

その一方で、エイシンテンダーの勝ちっぷりには胸が躍る。菜の花賞のときよりも、さらに成長した感じです。最初から最後まで3番手辺りにつけ、最後も内側をきれいに突いて圧勝。おめでとう〜。大事なのは、桜花賞での勝ち方のイメージが、騎手と馬の頭の中にしっかりできたことですね。

アドマイヤメガミは、7番人気(ちょっと過小評価だとは思います)でしたが、信じられない差し脚。ただ、追い込み一辺倒の脚質から脱却しないと、一流馬に比べて力不足が否めないだけに、今後もレース展開に左右されてしまいますね。もう少し前からの競馬というものを習ってほしいです。

ダンツクインビーに印をうった私の目の確かさはどうですかw これでクラシックの舞台に出られるわけですね。現実は厳しいとは思うけど、一歩でも前へ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050305

3-4

花札

| 12:06 |  花札を含むブックマーク

埋草*1とはいえ、おれおれさんのご忠告通り、少しはちょっとイイ話でもしますかね。(←それでも、本質はほとんど変わらないのですが)

例のフラッシュ紅白にも参加していた作品、エラー - Yahoo!ジオシティーズ は御覧になりましたか?なかなかの出来だと思うのですが、ちなみに、花札関連のサイトといえば、断然これがイチオシです。

花札 今様花袷はせ絵巻

残念なのは、図柄の説明部分がまだ準備中であること。解説が見られるのは、一月(松に鶴)・二月(梅に鶯)・五月(菖蒲に八橋)・八月(月に芒)のみ。

*1:雑誌・新聞などの余白を埋めるために使う短い記事

おれおれおれおれ 2005/03/04 14:01 おお! 秀作ですなあ。。オイチョカブでもやりたくなるこのごろですなあ。。そういえば「比較でポン!」企画はどうなったのでしょう。Tくん、さいきん会わんとです。

consigliereconsigliere 2005/03/05 10:09 フラッシュもいいけど、「花札 今様花袷はせ絵巻」もいいよね。完成が待たれます。
おいちょかぶ(ジャパニーズブラックジャック)って、「おいちょ」と「かぶ」は全国共通の呼び名だけど(当たり前か)、他の数字の呼び方はローカル色が強いですよね。4を「四谷」と呼ぶのは東京近郊だけと思われ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050304

3-2

2005-03-02

The Cyborg Name Generator

| 23:39 |  The Cyborg Name Generatorを含むブックマーク

目立たないですが、本サイトの左下に設置されている“Hot URL”のコラム(「最近こんなのが流行ってるようで」)のところに現われていたのでチェックしてみました。

no title

ちなみに、フセインは(画像を参照)、「効率的な侵入と戦力無効化に長けた、水力式の高性能兵士」ですが、その好敵手ブッシュは、なんと“Biomechanical Unit Skilled in Harm”(殺傷に熟練したバイオメカニカルサイボーグ)w

コイズミは“Kinetic Obedient Individual Zoned for Ultimate Mathematics and Infiltration”で、いささか晦渋w

ヒトラーになると、“Hydraulic Individual Trained for Logical Exploration and Repair”(論理的な探索と修理のために訓練された水力式サイボーグ)で、少し考えさせられます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050302

3-1

第三回紅白FLASH合戦作品完全ガイドなど

| 10:57 |  第三回紅白FLASH合戦作品完全ガイドなどを含むブックマーク

紅白FLASH合戦とフラハク(FLASH EXPO '05)に登場したフラッシュ作品をまとめてくれているので、ありがたいです。

ちゃんねるぼっくす

暇潰しにどうぞ、と言いたいところですが、「暇潰し」とするのは余りにも失礼な力作揃い。いくつか厳選して紹介しようかと最初思いましたが、選択するのは無理(フラハク第一部には、あの「マイヤヒー」も出品されました)。

みなさんも、お気に入りのフラッシュ職人が見つかるといいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20050301