Cask Strength このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 |

3-31

フェスティバル購書記(2)

| 13:07 |  フェスティバル購書記(2)を含むブックマーク

 昨日予告した漢籍編。

  • 富寿蓀選注『千首唐人絶句』上・下(上海古籍出版社)


 宋・洪邁『万首唐人絶句』と紛らわしいですが、これは現代の選集。

 注釈は簡素で特に見るべきものは少なそうな印象ですが、本書で一番便利なのは【集評】欄でして、詩話・随筆・選注本などに見られる評語を作品ごとに集成していて一覧できるのが良い。個別のものとは別に、下巻巻末には「唐人絶句輯評」(「溯源与弁体」「唐絶句概説」「作家与作品」「絶句之特点与作法」)という総論的な評語を集めていて、これも腰を据えて読みたい。

  • 程湘清主編『隋唐五代漢語研究』(山東教育出版社)


 論文集。収録論文は以下の通り。まあとにかく、古いところでは楊樹達・裴学海、そして呂叔湘・程湘清・何楽士、この辺りの名前が出てきたらチラとでも中身を覗いておくべき。

  1. 程湘清「変文複音詞研究」
  2. 何楽士「敦煌変文与《世説新語》若干語法特点的比較」
  3. 馮春田「唐五代某些語法現象浅析」
  4. 王紹新「唐代詩文小説中名量詞的運用」
  5. 楊克定「李白詩歌中的自然V」
  6. 劉暁農「唐五代詞畳音初探」
  7. 馮蒸「《切韻》“痕魂”“欣文”、“咍灰”非開合対立韻説」
  8. 張鴻魁「王梵志詩用韻研究」
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100331

3-30

2010-03-30

さくらみちフェスティバル購書記

| 10:50 |  さくらみちフェスティバル購書記を含むブックマーク

 週末に神保町さくらみちフェスティバル(http://jimbou.info/news/sakura_2010.html)に行ってきました。幸い天気にも恵まれましたし、欲しかった本も買えました。

 古典文庫が一冊500円とか100円で出ていましたよ。『九代集抄 乾』『九代集抄 坤』は持っていたので、これだけが出ていて助かった。本書は注文だけを翻刻していて歌番号は『九代集抄』によっているので『九代集抄』がないと用をなしません。ご注意を。

 注意といえば、ここでいう「九代集」というのは『古今和歌集』(最初の勅撰集)を除外しているので、『後撰和歌集』(二番目の勅撰集)〜『続後撰和歌集』(十番目の勅撰集)の九代です。いわば古今集は別格扱い。

  • 三村晃功編『摘題和歌集 上』(古典文庫)
  • 三村晃功編『摘題和歌集 下』(古典文庫)

 『古今和歌六帖』とか『夫木和歌抄』といった比較的古い時代の類題和歌集は便利でよく使うのですが、中世後期以降のものは全然知らずにいたのでちょうど良い機会だと買ったところ、解説で大いに啓蒙されることがありました。

この時期には……『題林愚抄』などからの抄出歌で編纂した『資賢集』『為季集』『光俊集』『為兼前集』『為冬集』『済継集』『邦高集』などの私家集名を冠するが実は類題歌集的性格を有する私撰集……などが出る一方……

(232頁)『為季集』はたしか古典文庫ワゴン内にあったはず・・・。無知というのは、こうして本を買う良い機会をも奪ってしまいますね。

 これはずっと前に欲しい欲しいと思っていた本で(品切れ状態でした。今でも新刊では買えないかな?)、でもすっかり忘れていた一冊。目の前にした瞬間思い出しました。こうして廉価で入手できていささかの感慨もあります。本書は所功氏による付録「註解部分引用書要覧」(434〜441頁)も見どころでして、この一覧を眺めるだけで、勉強しなきゃと人を奮い立たせます。

 あと漢籍二点を購入しましたがそれはまたいずれの日にか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100330

3-29

マーチS 高松宮記念・結果 付・ドバイミーティング結果

| 12:56 |  マーチS 高松宮記念・結果 付・ドバイミーティング結果を含むブックマーク

 中山のダート重賞は鮫島厩舎の親子丼に。

   1 (4)マコトスパルビエロ

   2 (6)ナニハトモアレ

   3 (3)シビルウォー

   4 (1)モンテクリスエス

   5 (14)マルブツリード

天候:曇 ダート稍重

優勝タイム:1.51.7(以下、2 1/2・3/4・アタマ・クビ) ハロンタイム:12.3 - 11.8 - 12.4 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 12.2 - 12.6 - 13.3 上がり3F:38.1

 マコトスパルビエロの完勝でした。おめでとう〜。体には張りがあって充実感が漂っていましたね。JBCクラシックではヴァーミリアンの2着、好レースだった先日のダイオライト記念でも3着と安定感は抜群。これでブライアンズタイム産駒は18年連続重賞勝ち。サンデーに並ばれていましたが、また一年突き放しました。母父としても近年はブルーコンコルドエスポワールシチーを出していますし、もう25歳になりましたがこれからも日本競馬界を支えていってほしい。

 2着と3着は重賞初挑戦組。素質はもとより高く、ようやくここまで辿りついたという感。

 この平坦小回り中京コースでは最後となる高松宮記念。各馬それぞれ持ち味を発揮して、それほど厳しい内容ではなかったですが、記憶に残るレースにはなりましたね。

   1 (1)キンシャサノキセキ

   2 (6)ビービーガルダン

   3 (3)エーシンフォワード

   4 (4)サンカルロ

   5 (2)アルティマトゥーレ

天候:曇 芝:良

優勝タイム:1.08.6(以下、ハナ・クビ・クビ・ハナ) ハロンタイム:12.0 - 10.4 - 11.1 - 11.4 - 11.4 - 12.3 上がり3F:35.1

 キンシャサはGI7回目の挑戦で遂に初優勝。もう7歳ですが、南半球遅生まれ(よって父名表記は Fuji Kiseki)で体はまだ若く、晩成の血統も手伝ってようやくその素質を開花させました。本当におめでとう〜。重賞3連勝の後でここにピークを持ってくるのは大変だったと思いますが、関係者の努力にも頭が下がります。

 ビービーガルダンスプリンターズSに続いてまたもやハナ差惜敗・・・今回は脚色が良くて最後交わしたかのように見えただけに悔しさもひとしおでしょう。でも苦手とされる左回りを克服してのこの結果ですから、秋の再挑戦が楽しみ。

 アルティマトゥーレも最後キンシャサに並びかかるような勢いだっただけにスタートの躓きが実にもったいなかった。良い仔を産んで、この舞台に送りだしてあげたい。


 さてドバイミーティングは結局シーマクラシックブエナビスタの2着が最高。ビデオを観ましたが、ブエナビスタは直線で前にいる馬がフラフラしていたのに邪魔されて前に出るのが遅れた・・・ペリエを責めることはできない。でも悔しい。レッドディザイアはスミヨンを乗せた段階で勝利はほぼ諦めましたがw グロリアスノア(4着)は大健闘と言って良いでしょう!矢作・小林ペアを応援する盟友A氏の祈りが通じたか。「騎手はうまく騎乗してくれました」という矢作師の温情あるコメントに小林Jはいつかきっと大きな仕事で恩返しをするはず。

 ゴドルフィンマイルの勝者は Calming Influence(愛。父King's Best 母Idilic Calm。母父Indian Ridge)。Kingmamboの血統はどの国でも孫の代までよく走る。

 ゴールデンシャヒーン(ローレルゲレイロは4着)の勝者は Kinsale King(米。父Yankee Victor 母Flaming Mirage。母父Woodman)。Yankee Victor号はSaint Ballado産駒。

 デューティーフリーの勝者は Al Shemali(英。父Medicean。母Bathilde。母父Generous)。Medicean号はMachiavellian産駒。

 シーマクラシックの勝者は Dar Re Mi (英。父Singspiel。母Darara。母父Top Ville)。去年のブリーダーズカップターフで3着と好走。面白い馬名だと思っていたら、馬主はアンドルー・ロイド・ウェバーではないですか!

 ワールドカップの勝者は Gloria De Campeao(伯。父Impression。母Audacity。母父Clackson)ブラジル産の馬が快挙!南米諸国はInvasor号を出したりとか近年目覚ましい活躍をしていますね。日本はまだまだ二流ですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100329

3-27

日経賞 毎日杯・結果

| 21:08 |  日経賞 毎日杯・結果を含むブックマーク

   1 (6)マイネルキッツ

   2 (4)エアシェイディ

   3 (7)トーセンクラウン

   4 (2)ネヴァブション

   5 (5)トリビュートソング

天候:晴 芝:稍重

優勝タイム:2.34.1(以下、3/4・アタマ・ハナ・1 1/4) ハロンタイム:7.0 - 11.0 - 11.8 - 11.9 - 12.4 - 12.5 - 13.0 - 12.7 - 12.6 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 12.3 上がり3F:36.5

 馬券対象圏に入ったのは6・4・7番人気ですが、マイネルキッツ天皇賞馬、エアシェイディは去年の有馬記念で3着、トーセンクラウンはこの間の中山記念覇者と実績は優秀。要するにいずれもまぐれ扱いされていたわけで、予想する側は反省しなくてはいけませんね。馬場が荒れて底力が試される持久戦になると百戦錬磨のベテラン(7歳・9歳・6歳)は本当に強い・・・。特に、優勝したマイネルキッツは「中山では勝てない」(最高2着2回)というジンクスを覆しての勝利ですから価値は高い。おめでとう〜。6着のダービーロジユニヴァースは、久々が響いたということ以上に、脚に不安を抱えたままでこういうコースで戦うのは厳しい。距離も長かった。去年のダービーで戦ったメンツは皆その後低迷していますね。

 毎日杯スティルインラブ号の甥で才気に満ち溢れていたザタイキ号が最後の直線でバランスを崩し落馬。予後不良となってしまいました・・・。本当に傷ましい事故で、言葉を失います。武騎手も大怪我を負いましたが、命は無事で良かった。

   1 (3)ダノンシャンティ

   2 (5)ミッキードリーム

   3 (2)リルダヴァル

   4 (9)シャイニーナイト

   5 (1)ルーラーシップ

天候:晴 芝:良

優勝タイム:1.49.3(以下、1 1/4・3/4・ハナ・1 1/4) ハロンタイム:13.1 - 11.4 - 12.1 - 13.0 - 12.7 - 12.9 - 11.5 - 11.1 - 11.5 上がり3F:34.1

 ああいうことがあると勝った馬や関係者も素直に喜べないでしょうけど、ダノンシャンティは強い競馬を見せることができました。おめでとう〜。この子、先週のスプリングSを完勝したアリゼオに先着していますし、皐月賞の行方は本当に渾沌としていますね。ちなみにミッキードリームもスプリングS2着のゲシュタルトに前走勝っていますし。リルダヴァルは2歳時にエイシンアポロン弥生賞2着)を子ども扱いしてますし。力関係どうなっているのだ。

 それに、4着のシャイニーナイトも将来性は十分にあるのでは。ダイタクリーヴァ号の全弟で、兄を超えるオーラを感じます。

 ルーラーシップはスタートの失敗が全て。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100327

3-26

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100326

3-25

領有権を争っていた島が「水没」

| 12:37 |  領有権を争っていた島が「水没」を含むブックマーク

 過目抄のためにつらつらと目を通していたら。

"Disputed Bay of Bengal island 'vanishes' say scientists

A tiny island claimed for years by India and Bangladesh in the Bay of Bengal has disappeared beneath the rising seas, scientists in India say.

http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/8584665.stm

 1974年にハリアバンガ河口に忽然と現われた無人島の領有権をインドバングラデシュが争っていた件( http://en.wikipedia.org/wiki/South_Talpatti_Island )で、海面上昇により島が水没。

 「長年の二国間協議で解決できなかった問題を、地球温暖化が解決してしまった」(Sugata Hazra教授)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100325

3-24

本棚にあったらいいな

| 00:09 |  本棚にあったらいいなを含むブックマーク

顔真卿の書

顔真卿の書

比較考古学の新地平

比較考古学の新地平

古代〈中華〉観念の形成

古代〈中華〉観念の形成

大月氏―中央アジアに謎の民族を尋ねて (東方選書 38)

大月氏―中央アジアに謎の民族を尋ねて (東方選書 38)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100324

3-23

黒船賞・結果

| 00:01 |  黒船賞・結果を含むブックマーク

 GI馬スーニが59キロを背負いながらも、連覇を狙うトーセンブライトらを退けて貫禄勝ち。おめでとう〜。上位は例のように中央馬が独占しましたが、いずれも前走フェブラリーSでは9着・8着・11着と低迷した馬でして・・・。とはいえトーセンブライトなどは最低人気を覆しての8着だった馬ですから、このベテランの屈強さには頭が下がります。

   1 (1)スーニ

   2 (2)トーセンブライト

   3 (3)ミリオンディスク

   4 (7)アルドラゴン

   5 (10)キングスゾーン

天候:晴 ダート:不良

優勝タイム:1.27.7(以下、1 1/2・1・4・1) 上がり3F:37.6

 ヴァンクルタテヤマリミットレスビッドの関係者は「引退」の二文字がもう眼前にあるでしょうね。アルドラゴンももうキツイかもしれません。フレッシュな顔でいえば昨年に高知に移籍したグランシュヴァリエに期待したのですが、こんなに実力差があるとは。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100323

3-22

フラワーC ファルコンS スプリングS 阪神大賞典・結果

| 11:03 |  フラワーC ファルコンS スプリングS 阪神大賞典・結果を含むブックマーク

 今日は黒船賞ですが、その前に週末中央競馬の結果を。4つも重賞あったのか。まずは土曜。

   1 (3)オウケンサクラ

   2 (4)コスモネモシン

   3 (1)サンテミリオン

   4 (6)ベストクルーズ

   5 (2)シンメイフジ

天候:晴 芝:良

優勝タイム:1.50.3(以下、1 1/4・1 1/2・アタマ・アタマ) ハロンタイム:12.3 - 11.5 - 12.7 - 13.1 - 12.9 - 12.7 - 12.1 - 11.7 - 11.3 上がり3F:35.1

 オウケンサクラはちょっと使い詰めという感じで本番に向けて疲労が気になりますが、タフなんでしょうね〜。おめでとう〜。バゴ産駒の初クラシック制覇を目指します。シンメイフジ桜花賞に間に合わなかったか…。

   1 (4)エーシンホワイティ

   2 (10)トシギャングスター

   3 (5)サリエル

   4 (2)ダッシャーゴーゴー

   5 (17)ビービーエーディン

天候:曇 芝:良

優勝タイム:1.08.7(以下、ハナ・3/4・1 1/4・1/2) ハロンタイム:12.1 - 10.1 - 10.8 - 11.5 - 12.2 - 12.0 上がり3F:35.7

 勝ったのはもう一頭のエーシンの方でしたか。おめでとう〜。同日出走した、近親にあたるベストクルーズは残念な結果になりましたが、素晴らしい勝負根性を発揮しました。バクシンオーは地道に重賞馬を輩出していきますね。

 日曜。

   1 (2)アリゼオ

   2 (10)ゲシュタルト

   3 (1)ローズキングダム

   4 (3)サンライズプリンス

   5 (4)バシレウス

天候:晴 芝:良

優勝タイム:1.48.2(以下、1・アタマ・1 1/4・クビ) ハロンタイム:12.4 - 11.5 - 11.9 - 12.2 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 11.5 - 12.0 上がり3F:35.6

 ローズキングダムは最後アリゼオに追いつけそうな雰囲気は全くなかったですね。そもそも2歳のときから馬体重が-2キロはどうなのでしょう。もともと体が大きくない一族ですが、成長力に疑問符がつきました。アリゼオは今回うまく折り合ったのが勝因。中山もあっているのかも。おめでとう〜。

   1 (5)トウカイトリック

   2 (4)ジャミール

   3 (1)メイショウベルーガ

   4 (6)アサクサキングス

   5 (3)ホクトスルタン

天候:晴 芝:良

優勝タイム:3.07.3(以下、クビ・ハナ・1 1/4・1) ハロンタイム:13.3 - 11.9 - 12.0 - 12.2 - 12.4 - 12.4 - 12.7 - 13.5 - 13.0 - 12.4 - 12.3 - 11.8 - 12.1 - 12.2 - 13.1 上がり3F:37.4

 レースの質はそんなに低くなかったと思うのですけど、これほど戦前に話題の乏しかった阪神大賞典は近年あまり記憶にないですね。それでもトウカイトリックが「五度目の正直」で大賞典のタイトルを射止めたのは本当に嬉しい。いろいろな人に勇気を与えると思います。おめでとう〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100322

3-21

益田勝実氏

| 21:52 |  益田勝実氏を含むブックマーク

人は文章を感動してそらんじている。敵愾心をかりたてられた文を、肝に銘じて忘れない。とっくに忘れたと思っていた言い回し、なにかで読んだ句が、どこかで聞いたことばのひとくさりが、突如としてよみがえってきて、現にそれを使って書いている。記憶のかなたからもどってくる語にいたっては、数しれない。ことばを操るとき、表現が主体の内部世界の闇をついて出てくるというのは、この〈たくわえられた内言〉あってのことである。もろもろの日常の生活言語、同時代の〈文学〉、古典遺産の言語表現、それらがわたくしたちの〈内なることばの国〉を形成するものとして、持続的に機能しており、決して生のままの姿を見せようとしないが、内側での表現の組み立てに参加し、大きな作用をしている。直接そのはたらきは眼には見えないが、人ごとの〈内なることばの国〉の乏しさが、人の言語表現をはばみ、あるいはやせ細らせている現象から、逆にそれを推測することができる。

「〈内なることばの国〉建設のために」(『益田勝実の仕事5』、411頁。初出1979年)

益田勝実の仕事〈5〉 (ちくま学芸文庫)

益田勝実の仕事〈5〉 (ちくま学芸文庫)

益田 勝実さん(ますだ・かつみ=国文学者、元法政大教授)が2月6日、老衰で死去した。86歳。葬儀は近親者で行った。喪主はめい岡田清子さん。

http://www.asahi.com/obituaries/update/0320/TKY201003200245.html

御著書を通じて学ぶばかりで、残念ながら親炙に浴する機会はありませんでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100321

3-18

忍頂寺文庫洒落本データベース・書名読み方

| 17:21 |  忍頂寺文庫洒落本データベース・書名読み方を含むブックマーク

 過目抄のほうでもブクマしましたが。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~iikura/Ninjoji_Ono/syarebon.html

 まあ解釈データを見れば済む話ですが、『真女意題』と『一文塊』は難読ではないかと。「しんめいだい」と「いちもんにんぎょう」です。

ついでに備忘用。

http://www.museum.osaka-u.ac.jp/db/ninjoji/

  • 倡客竅学問(しょうかくあながくもん)
  • 通新戯(つうじんくら)
  • 客衆一華表(きゃくしゅういちのとりい)
  • 面美多勤身(おもいたつみ)
  • 面美知之娌(もみじのり)
  • 女鬼産(おきみやげ)
  • 婦美車紫鹿子(ふみぐるまむらさきがのこ)
  • 青楼夜世界闇明月(せいろうよるのせかいみそかのつき)
  • 襍土一覧(ざっといちらん)
  • 色深猍睡夢(いろふかみそらねのゆめ)
  • 窃潜妻(ていけのはな)
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100318

3-17

名古屋大賞典・結果

| 16:54 |  名古屋大賞典・結果を含むブックマーク

 久しぶりの更新です!御無沙汰しました。

 実況を聞いていて今更気付いたのですが、「ラヴェリータ」って La Verita か!

   1 (4)ラヴェリータ

   2 (1)アドマイヤスバル

   3 (2)ラッシュストリート

   4 (5)マルヨフェニックス

   5 (6)マイネルアラバンサ

天候:晴 ダート稍重

優勝タイム:2.02.1(以下、2・6・1 1/2・4) 上がり3F:38.4

 岩田はブラボーデイジーとの叩き合いに競り負けたエンプレス杯の雪辱を果たしましたね。おめでとう〜。

 3着ラッシュストリートは、やはり佐賀記念が「これ以上ないだろう」という絶妙の走りで、いわばピークだったようです。今の武に好騎乗を二戦連続でやれと要求するほうがシビア。

 どころで、200メートルしかない直線コースにおいてラヴェリータの後方で馬を走らせるというのは、もう勝つ気はないということですか。ついて行けなかったのかもしれませんけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100317

3-13

十年常に苦学す

| 15:51 |  十年常に苦学すを含むブックマーク

昨日は私にとって本当に晴れやかな日になりました。

2007-02-22 - Cask Strength

今回は「代」ではないですけど!

十年常苦学

一上謬成名

擢第未為貴

親方始栄

白居易「及第後に帰覲し、諸同年に留別す」

sleepsleep 2010/03/14 23:41 心よりお祝い申し上げます。
本当によかったですね!

consigliereconsigliere 2010/03/15 22:59 ありがとうございます!
時間かかり過ぎましたけどw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100313

3-9

本棚にあったらいいな

| 10:59 |  本棚にあったらいいなを含むブックマーク

史跡で読む日本の歴史〈3〉古代国家の形成

史跡で読む日本の歴史〈3〉古代国家の形成

平等院鳳凰堂―現世と浄土のあいだ

平等院鳳凰堂―現世と浄土のあいだ

平安京とその時代

平安京とその時代

律令国家史論集

律令国家史論集

中世前期女性院宮の研究

中世前期女性院宮の研究

検証・日本史の舞台

検証・日本史の舞台

白村江の真実 新羅王・金春秋の策略 (歴史文化ライブラリー)

白村江の真実 新羅王・金春秋の策略 (歴史文化ライブラリー)

『狭衣物語』享受史論究

『狭衣物語』享受史論究

大伴家持の歌群と編纂

大伴家持の歌群と編纂

近代漢語研究文献目録

近代漢語研究文献目録

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100309

3-8

はてなハイク

| 10:21 |  はてなハイクを含むブックマーク

f:id:consigliere:20100308100804j:image

 ※猫の画像は本文の内容と関係ありませんw

 去年の暮から今年にかけてはてなのサービスを新たに試しているので、その流れで。

  http://h.hatena.ne.jp/consigliere/

 これは一体どう使いこなせばいいのかな、掲示板みたいなものでしょうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100308

3-7

弥生賞・結果 付・ウオッカ引退

| 16:27 |  弥生賞・結果 付・ウオッカ引退を含むブックマーク

 ウオッカが鼻出血で引退と・・・orz 結果論とはいえJCの後に鼻出血して有馬を回避した時点で引退すればよかったか。

 本当におつかれさまでした。シーザスターズとの初仔、無事に産まれますように。

 こうなったらレッドディザイアにはWCに戦場を移してもらいたい。ウオッカも後押ししてくれるでしょう。

   1 (1)ヴィクトワールピサ

   2 (2)エイシンアポロン

   3 (7)ダイワファルコン

   4 (6)ダイワバーバリアン

   5 (8)コスモヘレノス

天候:雨 芝:重

優勝タイム:2.06.1(以下、1/2・1 3/4・3/4・3 1/2) ハロンタイム: 上がり3F:

 内枠でじっくり脚をためていたヴィクトワールピサが最後は力でエイシンアポロンをねじ伏せて4連勝。重馬場はマイナスに働くだろうという大方の予想に反してタフな走りを見せましたね!おめでとう〜。これでクラシックに向けてだいぶ展望が開けましたが、翌々週のスプリングSに出てくるローズキングダムの様子を見なくては。それに、市川氏の馬(冠名ピサとかピサノ)はステップレースまでは好結果を残せても大一番で結果を出せない馬が多いというのも気になるジンクス(参照:シャイニンルビーフェラーリピサ等)。

 エイシンアポロンは血統的には鈍重の馬場で力を発揮できそうだったところを完敗。これで世代上位馬に対して2戦連続2着で、評価見直しはちょっと厳しい。良血ダイワファルコンが3着に滑り込んだことで皐月賞への出走権を得て、叔父甥皐月賞制覇を目指せるようになったのは陣営にとって嬉しいでしょうね。ダイワバーバリアンはむしろNHKマイルCを目指すのが良いのでは。

 アドマイヤテンクウは体重-20キロのガレた体をもう一度立て直して重賞戦線に復帰してもらいたい。馬場が渋っていた今回こそがチャンスだったのですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100307

3-6

オーシャンS チューリップ賞・結果

| 22:25 |  オーシャンS チューリップ賞・結果を含むブックマーク

 東の重賞では外国産馬が、そして西の重賞ではキングカメハメハ産駒が表彰台を独占するという珍事。雨が降ると春先は本当に荒れますね。

   1 (2)キンシャサノキセキ

   2 (7)エーシンエフダンズ

   3 (8)シンボリグラン

   4 (5)プレミアムボックス

   5 (16)ファイングレイン

天候:雨 芝:重

優勝タイム:1.09.8(以下、クビ・アタマ・1/2・クビ) ハロンタイム:11.9 - 10.4 - 11.1 - 11.4 - 12.1 - 12.9 上がり3F:36.4

 二週続けて重馬場競馬となった中山では、またもや欧州系の重厚なパワーを秘めた血を引く馬が好成績を収めました。キンシャサは順当勝ちのようにも見えますが、最近は1400を主戦場にしていてスピード一辺倒の勝負はどうなのといった感じでしたし、母系はやはり基本的に欧州系。良馬場でこそ、というイメージが強かったようですが、本来は晴雨兼用の馬ですね。おめでとう〜。

 エーシンエフダンズは格下扱いされていますが、一度重賞で3着降着のある馬ですから実はこのレベルだったら互角。この上に行ったら厳しいでしょうけど、これから先も要注意。シンボリグランは去年の段階ではもう終わった馬といった感じでしたが、今年に入ってまた復調してきました。ムラがあるけれども衰えたわけではない。

   1 (9)ショウリュウムーン

   2 (1)アパネネ

   3 (8)エーシンリターンズ

   4 (2)オウケンサクラ

   5 (6)ラフォルジュルネ

天候:曇 芝:重

優勝タイム:1.36.1(以下、3/4・アタマ・1 3/4・1/2) ハロンタイム:12.7 - 11.0 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 11.9 - 11.3 - 12.1 上がり3F:35.3

 兵庫所属の木村健に導かれて伏兵のショウリュウムーンが見事に優勝、桜花賞への切符を手にしました。おめでとう〜。この馬のプロフィールを見ると2007年6月7日生まれですから南半球とまでは行かないですけど遅生まれ。まだまだ伸びるかもしれませんね!現に使われつつ良くなっています。

 アパネネの2着は織り込み済みでしょうけど、優先出走権を逃したオウケンサクラ陣営はショックでしょうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100306

3-5

Roman Dodecahedron

| 14:43 |  Roman Dodecahedronを含むブックマーク

 あ、昨日の記事の答えです。もうグリーンスター削除したので意味ないのですが、一応・・・

Roman dodecahedron - Wikipedia

f:id:consigliere:20100305144210j:image

 前から気になっていたのですけど、何なんでしょうね、これ。「祭儀」に用いられたというのが有力な説なのですが、「よくわからない物は祭儀用にしておけば安全」という風潮があることを皮肉った読者もいらっしゃいますがw ただ、十二面体の12という数字は、12ヵ月、黄道12宮など天文に関わるものなので、何かありそうな気はします。

 ちなみに正多面体は5種類しかありません。私たちみたいにTRPGに慣れ親しんだ者ならそれが何であるか即座に答えられるのですが、正四面体・正六面体・正八面体・正十二面体・正二十面体、ということになります。サイコロを思い浮かべれば良いわけです。

 プラトンティマイオス』は、これら正多面体に四元素(火・土・水・空気)を配分するということをやっているのですが、結論だけまとめると、「火」は正四面体、「土」は正六面体、「水」は正二十面体、「空気」は正八面体。正十二面体はどうなったのか?なにやら不思議ですね。

 プラトンは四・六・八・二十面体を紹介した後に、こんな謎めいたことも言っているのです。

なおまたもう一つ、第五の構成体がありますが、神はこれを、万有のために、そこにいろいろの絵を描くにさいして用いたのでした。

(『プラトン全集 第12巻』岩波書店、93頁)

プラトン全集〈12〉ティマイオス・クリティアス

プラトン全集〈12〉ティマイオス・クリティアス

注に「「絵を描くために」というのが具体的に何を意味するのか、いろいろ解釈の試みはあるが、いずれも説得力がない」とあるように、意味不明。プラトンはなぜか正十二面体を敬して遠ざけるような態度をとります。そして、ローマ時代の遺跡から出てくる謎の正十二面体・・・神秘のベールは厚いですが、どなたか説明を試みてみませんか?

レッドディザイア海外重賞制覇

| 20:41 |  レッドディザイア海外重賞制覇を含むブックマーク

 いろいろな意味で失礼極まりないですが、レッドディザイアは我が競馬界の日本女子パシュートですね!w

 現地時間4日にドバイ・メイダン競馬場で行われたマクトゥームチャレンジラウンド3(北半球産4歳上・南半球産3歳上、首G2・オールウェザー 2000m、1着賞金18万米ドル)に日本から昨年のJRA年度代表馬ウオッカ秋華賞レッドディザイアの2頭が出走。

 レースはグロリアデカンペオン Gloria De Campeaoが引っ張り、C.ルメール騎手騎乗のウオッカは5番手、O.ペリエ騎手騎乗のレッドディザイアは後方2番手からという展開。直線を向いて手応えが鈍るウオッカに対し、大外に持ち出したレッドディザイアが直線強襲。ゴール直前、逃げ込みを図るグロリアデカンペオンをわずかに交わして見事海外重賞初制覇の快挙を達成した。勝ちタイムは2分02秒62(稍重)。

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=44410

 完全に主役を食いました。見事な名優ぶり、本当におめでとう〜。当初の予定だったシーマクラシックではなくてWCに行ってみてはどうでしょう。引退試合となる我が年度代表馬の面に泥を塗ることになるのは気が引けるとはいえ、引導を渡すのも後輩の役目です。

 それにしてもペリエも久しぶりによく頑張った。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100305

3-4

いるか賞初受賞

| 16:51 |  いるか賞初受賞を含むブックマーク

 私が寝ている間にいるか賞をいただいたようです。 http://q.hatena.ne.jp/1266933933

いるか賞とは、回答者がこれまで一番役に立つ回答をした勲章の数を示します。

もっともけてるかいとうの略です。

 なるほど、こういう勲章制みたいなものがあったのですね・・・。ついでにはてなからカラースターももらいました。

はてなよりカラースターをプレゼントいたします。

★の種類: グリーン 2個

★の理由: 人力検索で回答がいるか賞(ベストアンサー)に選ばれたため

 おお〜。でもはてなスターもまだ誰にもつけたことないんですよね・・・w

 どうやらはてなダイアリーはてなブックマークの記事だけではなくて、Wikipediaの記事等にもつけられるみたいなので、さっそくつけてみました。場所は・・・秘密です。探してみます?

  ヒント1:英語 Wikipedia での記事

  ヒント2:数学的にも大きな意味があり、デザインそのものも優れているのですが、その用途が全く解明されていない出土品(欧州

  ヒント3:正〇〇面体

 見つけた方にはグリーンカラースター差し上げますw

〈追記〉どうやら、Wikipediaの記事にはてなスターをつけたり見ることができるのは、私がFirefoxのアドオンはてなツールバーを導入しているからだということが判明しました・・・orz これでは見つかりようがないですよね。読者のみなさまには御迷惑をおかけしました・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100304

3-3

病欠

| 23:26 |  病欠を含むブックマーク

 見た目と違って(?)病に対する抵抗力が弱く、ちょくちょく体調を崩したりするのですが約三日間寝込むという大病は久しぶりですね。病欠で御心配をおかけしました・・・葬儀に参列できなかったのも悔やまれます。


 先週末の競馬の優勝馬だけ備忘のために記しておくと、アーリントンCはキンカメ産駒コスモセンサー。おめでとう〜。展開が向いた。ザタイキを抑えたのは立派ですが、3歳牡馬は力関係がグチャグチャでよくわからない。母方に Northern Dancer の全弟である Transalantic の血が入っているという、オグリの子孫がぱっとしない今となっては珍しい血統。

 中山記念はグチャグチャの馬場でトーセンクラウンが優勝。おめでとう〜。というか、2着テイエムアンコール(父オペラハウス、母父ブライアンズタイム)、3着ショウワモダン(言わずと知れた重馬場の鬼)と、スピード勝負だと苦しい方々ばかりが上位に。切れ味が身上の馬にとっては恨みの雨となった。

 阪急杯エーシンフォワード。おめでとう〜。前走の東京新聞杯は3着に敗れながらも最後は差し返してみせるなど強さを見せ、今回は期待に見事に応えました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20100303