Cask Strength このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

6-30

しもつけの花にまつわる説話の謎

| 16:57 |  しもつけの花にまつわる説話の謎 - Cask Strength を含むブックマーク

 しもつけを買ってきましたー。愛らしい、とても清楚な白い花。

f:id:consigliere:20170630165617j:image

 しもつけは以前も記事にしましたので、よろしければ御覧ください。→ 「さてさてこの野州はやういかり参らせたよ」 - Cask Strength 某資料館にはもうほとんど行かないので確認できませんでしたが、今年もキレイに咲いたかな?

 ところで、しもつけのことを検索したところ、いきなり奇妙な話が出てきたのですが・・・

 捕虜にされていた父を助けに行った娘が、父のもとへ行くと父は既に病死していたという中国のお話があります。その際に持ち帰ったのがシモツケだったことから、「無駄」と「無益」という花言葉が生まれました。

https://tanpure.com/articles/1979/#i-2

 おそらく、元になったのは松田修氏『カラー歳時記 野草』の以下の記述だと思われます。ブログによっては「元」を「元騎」にしているものもありますが。

 戦国のころ韓の国に繍線という少女があった。彼女の父元は軍に従って斉と戦い、不幸にして敵に捕らえられて獄舎に投ぜられたのであった。繍線はこれを聞いて悲しみに耐えず、ついに心を決して自ら男装し、単身敵国に入り、つぶさに辛苦をなめて二年目にようやく獄吏となることができたのであった。そこでいかにでもして獄舎の父を救わんものと、獄舎の中を尋ね捜したが、父らしい影はそこにはなかった。繍線は不思議に思って、あるときひそかに父の所在を尋ねてみると、父の元はすでに獄裡に病を得て、その年の春三月ごろ、散りゆく花とともに死んでしまったということである。初めて知った父の死に、繍線は悲しみと恨みを抑えることができず、死囚として埋められている父の墳墓に詣で、しばらくは血の涙をこぼして泣き悲しんだのであった。かたわれでこれをみた人びとは、かわいそうに思ってたすけ起こし、いろいろ慰め、今は故郷に帰るようにすすめた。少女はあたたかい言葉にほだされて、今は詮なしと父の記念に墓の側に咲いていた一輪の花を携えて、わびしく故郷に帰り、この花を庭の一隅にさしたのであった。この花は根を生やし、その季節になるといつも美しい花をつけるのであった。人びとはその花に、孝心深い少女の名をつけて、繍線菊と呼んだ。これがシモツケソウの花であるという。

https://books.google.co.jp/books?id=eAS95TRKwJsC&lpg=PP1&hl=ja&pg=PA116#v=onepage&q&f=false

 ところが、こんなに具体的に語られているのに、この出典がわかりませんorz 『列女伝』とかにあるかな、と思ったのですが、どうも違うようです。あるいは、何か小説類にあるのか。あるいは、『枕草子』(「草の花は・・・しもつけの花」)の古注にそういう説があるのか。私、何か甚だしい見落としをしているでしょうか・・・?みなさまの御教示を乞う。

6-17

ザクロが咲いたよ 付・鬼子母神とザクロのこと

| 01:30 |  ザクロが咲いたよ 付・鬼子母神とザクロのこと - Cask Strength を含むブックマーク

 ザクロといえば実ばかりが注目されますが、

f:id:consigliere:20160617012841j:image

 なかなか豪華でキレイなんですよ。

 それで、ザクロといえば、その実が人肉の味に似る、子を喰らう鬼子母神に仏が生飯を与えてザクロで味付けした、などという民間伝承があるわけですが・・・(この説話に取材した一茶の句があったはずです)

右手にザクロを持つ鬼子母神(きしもじん)像は、釈迦(しゃか)が訶梨帝母(かりていも)にザクロを与え、人の子のかわりにその実を食べよと戒めたという仏教説話が日本に伝わって、できあがった。このため、ザクロは人肉の味がするとして、昔は好まれなかった。

https://kotobank.jp/word/%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%AD-766201

 でも仏典にはないと思うのですよ。松岡恕庵『蕁晃澄戮砲垢任忙愿Δ気譴討い襦

鬼子母神石榴ノコト仏経ニ見ヘス日本ニテコシラヘタルコト也

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536483/22

 この話の古い例をご存じの方はいらっしゃるでしょうか。

1-24

日本書誌学大系『増訂 新編蔵書印譜 上 【ア〜ソ】』

| 19:59 |  日本書誌学大系『増訂 新編蔵書印譜 上 【ア〜ソ】』 - Cask Strength を含むブックマーク

 『新編蔵書印譜』の増訂版が刊行されました。篆刻はロクに読めないくせにハンコが好きなので、楽しく拝見しています。

日本書誌学大系 増訂 103−1 新編蔵書印譜 上 ア−ソの通販/渡辺 守邦/後藤 憲二 - 紙の本:honto本の通販ストア

一、旧版はA4判一冊であったが、今回A5に改め、構成は、上巻(ア-ソ)、中巻(タ-ワ・所有者不明)・下巻(総索引)の三分冊とした。

一、旧版以後成し得た改訂増補は約八〇〇件にのぼる。

一、原色、原寸大、所有者の五十音排列、また物故者を対象としたことは旧版同様。

(以下略)

(凡例)

 「八〇〇件」の改訂増補があるということですから、旧版と比較するといろいろと楽しいのでしょうけど、残念ながら旧版は手元になく・・・。それでもパラパラと覗いていると、ごく最近お亡くなりになった方々の印影もあって驚きます。

f:id:consigliere:20140123153245j:image

(100頁)

f:id:consigliere:20140123153345j:image

(327頁)

 まだ記憶に新しいところです。当然のことながら、『近代蔵書印譜 第五編』(2007年刊)にも収録されていないわけですね。そのような最近の例ということでいえば、ほかにも下垣内和人(平成24年。481頁)、鈴木勝忠(平成24年。515頁)、大野晋(平成20年。179頁)、雲英末雄(平成20年。337頁)、桜井武次郎(平成19年。434頁)諸氏の蔵書印は、おそらくは今まで公に目にする機会はあまりなかったということでしょう。

 ところで、つらつら拝見していて、印とは関係ないですけど、思い出したことがありまして、

f:id:consigliere:20140123153442j:image

(279頁)号は「李莽湖」なのか「李莽古」なのか、結局どちらでもいいんでしたっけ?ちゃんとフォローしていないので、わからないのですけど。

 あと、よくわからないことといえば、なぜ「久世家」(くぜけ)があの位置(530頁。配列としては「せ」の箇所)にあるのでしょうか・・・?

 さて、その「せ」のところでいえば、関根俊雄氏の蔵書印は以下の通り。

f:id:consigliere:20140123153707j:image

(528頁)「いずれは公共のために」でしょうか?

 たしかに、個人の蔵書は、いずれ散逸する運命にしかありません。それでも、

私なども、ずつと前に、どうせいつかは散ずるものであるから、私が蔵書印を作るなら、初から曽蔵などと雕らせようと考へてゐたこともあるが、已に先輩があるのである。その最も有名な例は、本邦にも旧蔵書が往々伝来してゐるが、清の李馥の蔵印に「曽在李鹿山家」とあり、此印文が讖をなして、李家は振はず、群書が散佚したといふ、支那流の話がある(文芸雑誌第一号)。

(長沢規矩也「蔵書印の話」、『長沢規矩也著作集 第六巻』44〜45頁。初出、1936年)

9-18

「下絵万葉集切」

| 22:21 |  「下絵万葉集切」 - Cask Strength を含むブックマーク

和様の美- かな古筆名跡便覧

和様の美- かな古筆名跡便覧

 2月に刊行されたガイドブック『和様の美――かな古筆名跡便覧』を下調べのために拝読していたのですが、117頁下段〜118頁上段が不思議なことになっている。

f:id:consigliere:20130918172023j:image

f:id:consigliere:20130918172209j:image

 本書、ほかにも気になるところはあるのですが、ここが一番大きい。「下絵万葉集切」とは別に「下絵万葉集抄切」というものがあるように記述されていますけど、それでいいのでしょうか。

 校本万葉集による解説を引用しておきます。

  下絵万葉集切

 縦二四・二糎(八寸)の茶色の絹の裂地に銀泥、群青、緑青で雲や山、草木の類を下絵に描き、その上に万葉集巻第十九〔四二七四〕の歌を書いた一葉(穂久邇文庫蔵)と巻第二十の〔四三一三〕前後の歌を書いた一葉(五島美術館蔵)とが存する。ともに本文はなく題詞と訓とのみであるが、その訓は万葉仮名からひらがなに移行する中間体、いわゆる独草体の仮名で書かれている。ただし、〔四三一三〕のあとに〔四二九五〕の題詞を書くなど、歌順が万葉集のままでなく、また文字の重複や誤脱もあって、万葉集そのものの断簡とはいえない。筆者は、前者が藤原佐理、後者が小野道風と伝えるが、何れも疑わしい。

(『校本万葉集〔新増補版〕十一』「万葉集諸本並びに断簡類の解説」58〜59頁)〔 〕内の数字は歌番号です。

 ただ、古筆切の分野は、素人はまったく手に負えないものでして、次々に出現する新出資料に関しては、そういう情報のネットワークに入っていないと、見落とすことが非常に多い。今回も「二葉」ではなくて「三葉」となっていますし、あるいはそれが何か関係あるのでしょうか。今度『古筆学大成』を見ておこう・・・(古筆切所収情報データベース)。

7-10

「蹄」の古訓「ツマフサ」

| 20:42 |  「蹄」の古訓「ツマフサ」 - Cask Strength を含むブックマーク

 

 ↑をつらつら読んでいたところ、第十章「平安初期における訓読語の変移」(初出1998年)第二節「平安初期の前半期訓点資料と後半期訓点資料との語彙の比較」において、石山寺蔵『大方広仏華厳経』古点(第二種点、貞観年間頃の加点)と観智院本『類聚名義抄』所収の和訓を比較していまして、「観智院本類聚名義抄に収載されていない和訓」の一つに、

ツマフサ 蹄 巻六十六

(802頁)と。「蹄」は普通は「ヒヅメ」「アシ」等と訓むことが多いと思うのですが、これは一体何でしょう。おそらく語構成は「ツマ」+「フサ」で、「ツマ」は「ツメ」(爪)の被覆形でしょうけど、「フサ」がどうにもわかりません。「輔佐」かなとも思ったり。

 石山寺の『大方広仏華厳経』の訓点語については、専著である、

にまずあたるのが常道なのですが、今回はその第六章「語彙」第二節「語彙抄」(223〜320頁)にも考察は見られませんでした。残念。

 そこで、今、『訓点語彙集成 第五巻 た〜と』で確認したところ、「ツマフサ」の例は拾われていているのですが、

f:id:consigliere:20130710203033j:image

「存疑」・・・うーむ。訓点語彙集成に収録されたのは石山寺蔵『大方広仏華厳経』ではなく、興福寺蔵『妙法蓮華経玄賛』(11220002)の訓のようです。だとすると、単に「存疑」では片付けられないのではないかという気がします。どうでしょうか。

【追記】『安驥集』のような馬医書の類を見てみますと、「つまふさ」(つまぶさ)は普通に出てくる表現でした。ただ、その場合も「爪ふさ」となっているものが多く、「ふさ」の正体はなお不詳です。

2-11

(い)…(ろ)…(は)…、と箇条書きで列挙する際、(す)…の後に来るもの

| 12:29 |  (い)…(ろ)…(は)…、と箇条書きで列挙する際、(す)…の後に来るもの - Cask Strength を含むブックマーク

 『解体新書』を調べる必要が出てきて、このたび初めて目を通したのですが、本旨と関係ないところで面白いことに気づきました。

日本思想大系〈65〉洋学 下(1972年)

日本思想大系〈65〉洋学 下(1972年)

 物を箇条書きで列挙していく時に、(い)・・・(ろ)・・・(は)・・・、と、仮名を符号として用いることがあります。条数が多ければ、はじめから数字を用いたり、『千字文』の漢字(天・地・玄・黄・・・)を用いるのが常識だと思うので、今まで全然気にしていなかった、というか、あまり目にしたことがなかったのですが、(す)の後には何が来るのか。

f:id:consigliere:20130211122450j:image

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/ya03/ya03_01060/ya03_01060_0002/ya03_01060_0002_p0023.jpg

 ふむふむ。こ・え・て・あ・さ・き・ゆ・め・み・し・ゑ・ひ・も・・・

f:id:consigliere:20130211122451j:image

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/ya03/ya03_01060/ya03_01060_0002/ya03_01060_0002_p0024.jpg

 せ・す・・・の後に「ん」と「春」(というか、変体仮名の「す」)となー。(その後の西洋占星術的な記号はさておき【追記】一部誤解を与えかねないので補足しますと、この記号は下位項目の箇条書きで用いられる記号だと思います。つまり「*」(245頁)→「×」(247頁)→「++」→「××」→「n」→「〇」という流れ。ただし、付された記号にいろいろと混乱がありそうなのは確かです。)なお、思想大系本では251頁(原文332頁)で、この字形をそのまま翻じています。

f:id:consigliere:20130211122226j:image

 「ん」は十分にあり得るのですが、その次の「春」(す)が意外でした。「京」とかではなく、なぜこの字が?

 そして、この「春」(す)の後はどう続くのでしょう。不勉強なので知りません。やはり、夏・秋・冬・・・なのか。いかにも箇条書きが多そうな、たとえば、法律に関わる文書や契約書等には普通に出てくるのかな。ご存知の方がいたら御教示ください。

2-9

特別読切・黒鉄ヒロシ「伊勢物語」(『ビッグコミック』2013年2月25日号)

| 21:25 |  特別読切・黒鉄ヒロシ「伊勢物語」(『ビッグコミック』2013年2月25日号) - Cask Strength を含むブックマーク

黒鉄ヒロシが雅な「伊勢物語」読み解く、ビッコミ読み切り

「赤兵衛」の黒鉄ヒロシによる読み切り「伊勢物語」が、本日2月9日に発売されたビッグコミック4号(小学館)に掲載されている。

http://natalie.mu/comic/news/84624

 早速買ったよー。とりあげられているのは(案の定)第九段。

 ご安心を。業平は赤兵衛のような風采ではなく、美男ですw

f:id:consigliere:20130209211325j:image

(155頁)これは良い着想のコマだ!*1

 「マンガ古典文学シリーズ」もちょっとチェックしようかと思います。

 ところで今手元に『伊勢物語』諸本の影印本等がほとんどないので各位にお伺いしたいのですが、冒頭(154頁)の

f:id:consigliere:20130209212115j:image

「むかしおとこありけり」、どの本からとっているのでしょうか。意外と有名な本で見落としているのかもしれませんけど。

*1:繰り返し申し上げていますが、権利上問題がある場合は削除いたします。