We are up for sale このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-10-08

[]先月のこの欄 11:13

ナチュラルに見出し書き忘れて空白だったことをこの日記を書くために見返して気付く駄目さよ。

  • 札幌へと旅行してきました。2月にPlastic Treeの『インクツアー』札幌公演を観に行った以来ですが、今回はいい時期に行けたな、と(正直前回は積雪がひどすぎた)。旅行の主目的は人間椅子のライブ(ツアー『萬燈籠』)とzabadakのライブ(吉良知彦x木村林太郎x菅野朝子『秋巡業』)、ついでに買い物と食事、な感じでしたが現地で久々の友人にも会え、楽しいひと時を過ごしました。
  • そんな人間椅子のライブですが、本当に凄いものを観た、という感慨で胸がいっぱいです。正直予習がまともに出来ていなかったし熱心なファンという訳でもなかったのですが、興味を持った勢いで参戦して良かった、と心から思える時間でした。こういうと笑われるかもしれませんが、『悪魔の音楽』としてのヘヴィ・メタルの邪悪さ、みたいなものに初めて触れた気がします。反面MCが和み系なのも面白かった。
  • 一方zabadakの方はと言いますと、こちらもやはり凄まじかった。zabadakの北海道公演にはわりと通っていたのですが(顔を覚えられていたりした。恥ずい)、ここ2年ほど観ないうちにとんでもないことになっていました。吉良さんの機材にエフェクタが増えただけ、では間違ってもないハズ。クライマックスの「遠い音楽」なんてシャーマニックというか、『音楽』という概念そのものみたいな大きなものを喚ぶための演奏だったように思います。あくまでロック・ミュージックのライブでありながら敬虔な体験。
  • 引き続き音楽関係ですと、ClariS『SECOND STORY』、新谷良子『Blooming Line』、RO-KYU-BU!Dear friends』、豊崎愛生『Love letters』といった声優ポップス/アニソン周りをまとめて聴きました。概ね名盤、というかどれも年間ベスト入りと言って良い出来で、本当に今年は大変な豊作です。中でも豊崎愛生さんは元々ファンということもあり、ガツンときたのでライブを観に行けないかと画策中です。
  • 『今日は一日“プログレ”三昧 3』を聴きました。ひたすら楽しい番組でした。やはり、というか栗コーダーカルテットのライブは『してやられた!』感の連続で流石だなあと。毎回上がるハードルをきちんと超えてくる、さすがのNHK-FMといった感じでした。そのせいで久しぶりにプログレ熱が再燃中。
  • 札幌旅行で買ってきたえろげ『ラブesエム(Noesis)』をコンプリートしまして、これが本当に最高です。SMに対するフェティシズムから恋人/家族のコミュニケーションへと繋ぐシナリオは軽い読み口でありながらきちんとエモーショナルであり、ヴィジュアルから音楽面までコンセプチュアルで小洒落た雰囲気も素晴らしいです。『CURE GIRL』は同時購入しましたが、『フリフレ』も早々に揃えたいところ。Innocent Grey作品も余裕があればいくつかプレイしてみたいですね。
  • 恥ずかしながら、本当に恥ずかしながら『艦隊これくしょん』を始めてしまいました……。友人にはあれだけ「何があってもやらない」的なことを嘯いていたというのに……。霧島さんが可愛すぎて生きているのが幸せすぎる……。

[]9月の読書メーター 11:12

せんげつはよんさつもよめたぞ(棒)。

……真剣にどうにかせにゃと思う次第です。いや単純に冊数を増やせば良いという話でもないのですが。

2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:753ページ
ナイス数:58ナイス

ファンタジスタドール イヴ (ハヤカワ文庫JA)ファンタジスタドール イヴ (ハヤカワ文庫JA)感想
小説。アニメを中心とした?メディアミックス企画のスピンオフ前日譚。とはいえ、この作品は多くの人に出来るだけ何も情報を入れず読んで欲しいですね。一言でまとめると『バカ小説』です。最高。
読了日:9月26日 著者:野崎まど

うちのメイドは不定形 2 (スマッシュ文庫)うちのメイドは不定形 2 (スマッシュ文庫)感想
ライトノベル。だいたいタイトル通りの作品。2巻も相変わらず、とも言えますが、少しばかり後半が性急だったようにも思いました。分厚いのに。強いて言うと今巻は『王道』の詰まった話だった気がします。それはラブコメであったり、ライトノベルであったり。続刊の構想はあるようなので、あとは執筆と刊行のペースがどうなるか見守っていきたい。
読了日:9月11日 著者:森瀬繚,静川龍宗

juicy (ジューシー) vol.03 [雑誌]juicy (ジューシー) vol.03 [雑誌]感想
成年向け漫画雑誌。正直vol.3『だから』とも『まだ』とも言える方向性あやふやさではありますが、軒並み高クオリティの作品が並んでおり常に損はさせない雑誌だな、と思います。とはいえ、今号は好みの作家が軒並みお休みだったのが残念。次号まとめてくるようなので期待しておきます。それにしても内藤らぶか先生の作品が2作載っていたのは嬉しかったな。いい雑誌です。買い支えていきたい。
読了日:9月8日 著者:

ノートより安い恋 (Yuri‐Hime Novel)ノートより安い恋 (Yuri‐Hime Novel)感想
ライトノベル。『百合』をテーマにした短篇集ですが、とにかく『かっこいい』一冊だったなと。本を投げるくだりで古川日出男の作品が出てきますが、彼の掌編を少し思い出すようなけれんの強さにただ惚れ惚れとするばかり。耽美、と言い切ることが果たして褒め言葉になるのかどうか、とは思いますが、そういった側面に強く惹きつけられた作品集でした。「少女よ、本を投げろ」が特に好きかな。
読了日:9月6日 著者:森田季節

読書メーター

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/conspiracy/20131008