呂律 / a mode distinction Twitter

2007-03-31

[] 社会学的告知>2007/04/07 関東社会学会例会:現代の保守  社会学的告知>2007/04/07 関東社会学会例会:現代の保守を含むブックマーク  社会学的告知>2007/04/07 関東社会学会例会:現代の保守のブックマークコメント

http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070407

viaさのさ

[] 仙台ルーマン読書会  仙台ルーマン読書会を含むブックマーク  仙台ルーマン読書会のブックマークコメント

東北地方在住の方むけ。

http://groups.google.co.jp/group/Sendai_Luhmann

『パッシオン』につづき、『社会の法』を読むそうです。

[] お買いもの思案:小峯『福祉の経済思想家たち』  お買いもの思案:小峯『福祉の経済思想家たち』を含むブックマーク  お買いもの思案:小峯『福祉の経済思想家たち』のブックマークコメント

福祉の経済思想家たち

福祉の経済思想家たち

[] 神谷『リビドー・ガールズ』 22:05  神谷『リビドー・ガールズ』を含むブックマーク  神谷『リビドー・ガールズ』のブックマークコメント

夕食。瞬殺。

おもしろかった。心に染みる名言多数。

リビドー・ガールズ―女子とエロ

リビドー・ガールズ―女子とエロ

  • 雨宮 何が欲しいんだ言ってみろって言っても、あっさり言われちゃうから。それを嫌がりながらためらいながら言ってくれるっていうのは、もうオーバー30になっちゃうんですよ。
  • 堀越 今熟女ブームがわかりましたね![p.128]

わかりました!

しかし「何が欲しいんだ言ってみろ」って言いたいほうのひとはいったい幾つなのでしょうか!?

「一度お願いしたいと思う有名人アンケートアンジェリーナ・ジョリーが入っている件。なんとなくわからんでもないですが。えぇ。

[] 宮坂和男『哲学と言語―フッサール現象学と現代の言語哲学』 22:42  宮坂和男『哲学と言語―フッサール現象学と現代の言語哲学』を含むブックマーク  宮坂和男『哲学と言語―フッサール現象学と現代の言語哲学』のブックマークコメント

ぱらぱらする。駄本の予感。

目次

  • 序章 現象学とはなにか

第1部 フッサール現象学の問題性

  • 第1章 志向性と言語考察
  • 第2章 現象学的還元構造
  • 第3章 「現象学的心理学」と「超越論的現象学」

第2部 晩期フッサールの帰趨

  • 第4章 現象学的還元の徹底化と≪現在≫
  • 第5章 晩期フッサールにおける歴史

第3部 フッサール現象学と現代の言語哲学

  • 第6章 脱構築的言語論──デリダ=サール論争──
  • 第7章 志向性
  • 第8章 解釈学と脱構築
  • 第9章 脱構築の限界と課題


いちおう読んだ。

なんと、「現代の言語哲学」についてはほとんど何も書いてないよ。どういう商売だろうねこれは。

9-5 結語

 脱構築の議論が、〈規則〉の反復的適用という平凡な事象として捉えられるということは、意外に感じられるであろう。だが、デリダの主張の一端はこの点にあるのであり、その点でヴィトゲンシュタインが提示した問題性と重なるところをもっている。注目されるべきなのは、『哲学探究』の次のような箇所である。〈規則〉について深く考えたヴィトゲンシュタインの思索のなかには、脱構築的な見方に合致するものが含まれている。

「あたかもわれわれは、語の全使用を一瞬のうちに把握することができるかのようである。」……奇妙なことがあるとすれば、それはわれわれが、その後の未来における使用が、何らかの仕方でその把握の行為のなかに現在すでに存在していなくてはならず、とはいえしかし、その未来における使用は、現在はもちろん存在していない、と考えるように導かれるときである[探究§197]。

 「規則に従う」ということは、[‥]、現在において行われる発言が別の機会にも同じように発せられる≪可能性≫を伴っていることを意味している。したがって、規則にしたがって発言が行われたとき、この現在における語の使用のなかに、未来における使用があらかじめ浸入しているということができる。未来は現在とは別に存在するはずであるにもかかわらず、ある仕方で現在に属しているということに着目している右の箇所には、脱構築の見方に重なるものが現れている。[p.254]

眉唾。

むしろこれは、「未来は現在とは別に存在するはずである」という見方には どこかおかしいところがあり、その点をうまく捌くことができれば、われわれは「脱構築」などというヘンな考え方を必要としない

「逆説」についてベタに(=ダチコウツク的に)スペキュレーションをおこなってみたりするより、規則の使用あれこれについてよくみてみたほうがずっとよく、しかもデリダが議論しているようなことの少なからぬ部分は、そういった仕事でもって(=もっとトリヴィアルかつ穏当なやりかたでもって)カヴァーできてしまう

‥‥ということを示唆している議論であるようにも思われますがどうか。



結語もすごい。

 デイヴィドソン的な方向の探究において、言語と事象とのかかわりがどのようにしてどの程度まで確保されうるのかは、今後明らかにされなければならないであろう。また、ヴィトゲンシュタイン的な方向の意味論において、規則が適用されるときの≪反復≫がいかなる形態のものであり、どの程度可能なものであるのかも、これから検討されなければならない。この両者の名前は差し当たって私に思い浮かぶものにすぎないが、ともあれ、これらをはじめとして本当の課題は今後に控えているといわなければならない。[p.257]

工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェΣ(゜Д゜ノ)ノ

eculuseculus 2007/04/01 10:07 宣伝ありがとうございますm(_ _)m>仙台ルーマン読書会
誰でも入れますので興味を持たれた方は是非是非。

2007-03-30

[] 指来t(ryアジアからパラダイム創成  指来t(ry:アジアからのパラダイム創成を含むブックマーク  指来t(ry:アジアからのパラダイム創成のブックマークコメント

キットラー来るよ。

The Theory Culture & Society 25th Anniversary

晦渋大集合みたいなメンツです:http://www.u-mat.org/jp/jpn/speaker/index.html

viaさのさ

[] 立命館大学土曜講座2007年4月「生存学」の創成 障老病異と共に暮らす世界 立命館大学土曜講座2007年4月「生存学」の創成 障老病異と共に暮らす世界へを含むブックマーク  立命館大学土曜講座2007年4月「生存学」の創成 障老病異と共に暮らす世界へのブックマークコメント

http://www.arsvi.com/a/200704.htm

  • 04/07土 天田城介「衰えゆくことをめぐる困難――何がいかに問われたのか?」
  • 04/14土 大谷いづみ「「よく死ぬ」ことと「よく生きる」ことの「間」――「尊厳死」言説をめぐって」
  • 04/21土 林達雄「エイズとの闘い――世界を変えた人々の声」
  • 04/28土 立岩真也「生きて在るを知る――「生存学」という企み」

via 天田さん http://www.josukeamada.com/bk/bsp070407.htm

[][][] To be going to die - Sein zum Tode 00:13  To be going to die - Sein zum Todeを含むブックマーク  To be going to die - Sein zum Todeのブックマークコメント

夕食。こんなに頽落してていいのか。


現実的なものは可能的なものとともに与えられる。この働きが意味と呼ばれる。

意味がわかると、いろいろなことができてしまう*。たとえば、或るもの「では無い」とか 或るもの「が無い」とかいう可能性についてかんがえることができてしまう。これはいろんないみですごいことだが、そのすごいことの例の一つに「自分が無い(〜死ぬ)という可能性──無いことができる〜死ぬことができる、ということ──についてわかってしまう」というのがある。

* といっても、人間に その他のやり方ができるわけではないが。
別様可能性なしに わかってしまう者 は 天使あるいは人でなし。(そして石には世界がなく、動物は世界貧乏だ((c) ハイデガー)。)

そこで、「死」というのを手がかりにして 可能性様相について──〈可能性/現実性〉という様相的区別(〜意味)について──検討してみましょう*、というのが『存在と時間』中盤のハイライト

* ちなみに「死」はこの本の主題ではない。主題はあくまで「在るということのいみがわかる」とはどういうことか、のほうにある。

さて。

可能性について二値論理的にかんがえると なんだかおかしなことになる。──ということが、「死の可能性」を例にしてみるとわかる。

もしも死んでいるなら君は無い。

もし君が在るならまだ死んでいない。

から──エピキュロス曰く──君は死を恐れる必要は無い。

ハイデガーが言うには、「可能性」というものを「現実化するもの(=未来の現実性)*」とだけ捉えていると、この──ただしいようにもみえるけどでもやっぱりどこかヘンな──エピキュロス的議論からは抜け出せない。

* ハイデガーは、この、「現実化するもの」として捉えられた「可能性」──なにかを来るべき現実として待ち受けること──を「期待Erwartung」と呼ぶ。

なので、なにかべつの捉え方ができるはずだ。

「可能的なもの」への別のかかわりかたがあるはずなのである。そこでまずそれに名前をつけてしまう(ハイデガーが)。 ──「Vorlaufen」。

てことで、「無いことができる」ということをめぐる〈Erwartung / Vorlaufen〉という区別。それが問題だ。


以下略

[] 【( ´∀`)著者さんと】大黒本合評会【語ろう(°∀°)】 01:11  【( ´∀`)著者さんと】大黒本合評会【語ろう(°∀°)】を含むブックマーク  【( ´∀`)著者さんと】大黒本合評会【語ろう(°∀°)】のブックマークコメント

あまり頽落ばかりしているわけにもいきません。

ちょっと合評会準備。

分析哲学の起源―言語への転回

分析哲学の起源―言語への転回

フッサールとフレーゲ

フッサールとフレーゲ

ひさびさにぱらぱらする。

[] 識者のご教示を特に請わない。 11:18  識者のご教示を特に請わない。を含むブックマーク  識者のご教示を特に請わない。のブックマークコメント

別人ですよね?

[] 西田哲学会 11:23  西田哲学会を含むブックマーク  西田哲学会のブックマークコメント

無駄にオシャレな西田哲学会のウェブサイト。無〜〜〜。


幾多郎記念哲学館がつくってるからか ──と一瞬おもいかけたが本体はごくふつう

[][][][] The Practice Turn in Contemporary Theory 12:02  The Practice Turn in Contemporary Theoryを含むブックマーク  The Practice Turn in Contemporary Theoryのブックマークコメント

仕方がないので結局購入。

「The Practice Turn」ってどう訳すのか実践展開。

編者の Savigny って血縁者ですか?

つーか目次みたら、Barnes, Coulter, Bloor, Collins, Dreyfus, Pickering, Knorr Cetina などなどスター大競演でお得かもしれませんな。

[][][] 涜書:ローゼンフィールド&モービルWeb情報アーキテクチャ14:06  涜書:ローゼンフィールド&モービル『Web情報アーキテクチャ』を含むブックマーク  涜書:ローゼンフィールド&モービル『Web情報アーキテクチャ』のブックマークコメント

昼食。お仕事。

負けずに(仕方なく)こっちも読む。

I部 情報アーキテクチャ入門

  • 1章 情報アーキテクチャの定義
  • 2章 情報アーキテクチャの実践
  • 3章 ユーザーニーズとユーザー行動

II部 情報アーキテクチャの基本原則

まで。


定義、定義、定義.....

「システムは体系と構造からなる」らしい。体系ってなんだ。(>原著もってるかたの教えを請う

2007-03-29

[] いただきもの:伊藤『先住民知識人類学』  いただきもの:伊藤『先住民の知識人類学』を含むブックマーク  いただきもの:伊藤『先住民の知識人類学』のブックマークコメント

   ∋oノハヽo∈ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ( ^▽^) < 出版おめでとうございま−す♪
   = ⊂   )   \_______
   = (__/"(__) トテテテ

目次

  1. 序論
  2. 構造的変動の歴史とマオリ個別の知の発現
  3. 原住民学校からマオリ個別の教育
  4. マオリ個別の教育: クラ=カウパパ
  5. マオリ個別の学: マオリ学
  6. 人類学とマオリ、マオリ学
  7. マオリ個別の知をめぐる言明と実践
  8. 結論

[] 【( ´∀`)著者さんと】1周目【語ろう(°∀°)】 00:57  【( ´∀`)著者さんと】1周目【語ろう(°∀°)】を含むブックマーク  【( ´∀`)著者さんと】1周目【語ろう(°∀°)】のブックマークコメント

というわけで、再訪する夕食。

〈メディア〉の哲学 ルーマン社会システム論の射程と限界

〈メディア〉の哲学 ルーマン社会システム論の射程と限界

[][] ロールズガーフィンケルの時間概念」 01:20  ロールズ「ガーフィンケルの時間概念」を含むブックマーク  ロールズ「ガーフィンケルの時間概念」のブックマークコメント

アブストラクトが読めます。本文有料。

via ぷらてぃぱす博士

[][] 秋葉/永原編『ジェンダー言語学01:24  秋葉/永原編『ジェンダーの言語学』を含むブックマーク  秋葉/永原編『ジェンダーの言語学』のブックマークコメント

via OKDさん

3章。


杉並にあった。

[][][] 超越論──アプリオリな構造/アプリオリなカテゴリー 09:41  超越論──アプリオリな構造/アプリオリなカテゴリーを含むブックマーク  超越論──アプリオリな構造/アプリオリなカテゴリーのブックマークコメント

朝食。なにも読む気がしないときのハイデガー

ぱらぱらする。


第一批判においては「見て*物を知る」(認識する)ことが問題になっている。我々は、感性的に与えられたものが概念的に加工される、という仕方で 物を知る。見て物を知るときに、そこでどうしても使われざるをえないもの──たとえば「原因」/「結果」といった概念──が、カテゴリーと呼ばれる。

物が与えられるには それらがどうしても使われざるをえない ということも、「原因/結果」というのがそういうもの(=カテゴリー)であることも、このどちらもが、「見て知」られるわけではない。その意味で、それは経験に論理的に先立つ(→「ア・プリオリ」)。そしてまた、こうした構図をもった議論が「超越論」と呼ばれる。

* 知覚して

存在と時間』では、この議論の構図がほぼそのまま引き継がれている。「アプリオリな構造」「アプリオリなカテゴリー」といった術語も、超越/超越論という名称もそのまま使われている。

ついでにいえば、そのプロジェクトは「形而上学」という名で形容されてすらいる。

では何が違うのか。

  • 問われることが、「見て物を知る」から「在ること(の意味)がわかる」に代わっている。
  • 使われている方法が違う。カント伝統論理学に依拠して分析ができた。ハイデガーはそういうわけにはいかず、代わりに、解釈学的課題設定のもとで現象学という方法が選ばれている。
  •  
  •  
  •  

こうした変更によって、「見る」は、世界への様々な関わり方のうちの特殊なひとつへと格下げされる。

それだけでなく、「見る」こと自体の様々なあり方が分節される。──なにしろ議論は、いきなり Umsicht, Rücksicht, Durchsicht の区別からはじまるのだ。

「手前に在るものを見る」というのは世界とのプライマルな かかわりかたではない。そこから距離をとるために、分析領域は「手元に在るものを使う」というところに移される。 ここで焦点があたっているのは「〜を使って〜する」-というしかたで或るものとかかわりあっているときの-その〈そこda〉において-(何らかの仕方で-すでに)わかっていることである。狙われているのは、その 或るものとかかわりあっているときに(いつもすでに)わかってしまっていること の明確化である。

そして、分析を介して取り出されてくる「アプリオリな構造」は、たとえば「世界-内-存在」や「共在」のようなものに──また「アプリオリなカテゴリー」のほうは「配慮」、「情態性(→現にあるありかたがわかっている)/了解(→ありうるありかたがわかっている)/頽落(→それらを忘れている)」などなどに──代わる。

こうして、同じ構図をもちながら、『存在と時間』の議論の中味は第一批判とは似ても似つかないものとなる。「認識論」は「存在論」に取り替えられる。

正確には。「見て知る」ことは、「ひとと共に-ものと-かかわる」ありかたの一つとして位置づけ直されるのだから、認識論は存在論に「包摂」される、といったほうがよいかもしれない。


なんの話かと言うと。

以前ジェフ・クルターの論文「コンティンジェント・アプリオリ」が話題になったときに、私は「アプリオリ」という語の「認識論的」な響きが気に喰わない、と述べた。

「カテゴリー」という語のほうは、それがすぐに「認識論的問題設定」を呼び寄せる というようには聞こえないのだが(アリストテレスの語用があるから)。

けれども、これはこれ自体偏見だったようだ。ということに、今朝ハイデガーを読んでいていまさらながらに気がついた、‥‥という話。(と書くと、「ハイデガーも使ってるんだし いいじゃないか」と言っているように聞こえますが...

もっとも、この言葉を使うことにはやはり躊躇を覚えるが。
と同時に、ハイデガーが、『存在と時間』のあとで、〈存在論|アプリオリ|カテゴリー|超越論|形而上学〉という──存在論的-神学的-論理学的-形而上学の──ターミノロジーをワンセットで捨て去った事情について、あらためて知りたくなった。‥‥という話。

[] お客さま 18:30  お客さまを含むブックマーク  お客さまのブックマークコメント

もう忘れませんか。

2007-03-28

[][][] 【( ´∀`)著者さんと】大黒岳彦『〈メディア〉の哲学』合評会【語ろう(°∀°)】  【( ´∀`)著者さんと】大黒岳彦『〈メディア〉の哲学』合評会【語ろう(°∀°)】を含むブックマーク  【( ´∀`)著者さんと】大黒岳彦『〈メディア〉の哲学』合評会【語ろう(°∀°)】のブックマークコメント

ルーマン・フォーラム「著者さんと語ろう」シリーズ、今回は、長岡克行さんisbn:4326601957に続きまして 大黒岳彦さんでございます。


  • 対 象 : 大黒岳彦『〈メディア〉の哲学──ルーマン社会システム論の射程と限界』、NTT出版、2006、asin:4757101996
  • 評 者 : 馬場靖雄(大東文化大)
  • 会 場 : 都内(山手線周辺)
  • 参加資格: 当日までに対象を通読してこれるかた

※参加希望者は

を書いて、主催者宛()に、メールでご連絡を。

開始時間、会場そのほかの詳細は「合評会ML」にて告知されます。


私自身も、論文および著作が刊行された時に述べたこと以外のことが何かいえないものかどうか、再読しつつ考えてみようと思ってます。


その次は石戸教嗣さんの新刊を予定しています。

評者は小松丈晃さん&毛利康俊さん、時期は6月初旬です。

リスクとしての教育―システム論的接近 (SEKAISHISO SEMINAR)

リスクとしての教育―システム論的接近 (SEKAISHISO SEMINAR)

[][] 一橋大学社会学部連続市民講座2007「市民の社会史」 00:28  一橋大学社会学部連続市民講座2007「市民の社会史」を含むブックマーク  一橋大学社会学部連続市民講座2007「市民の社会史」のブックマークコメント

 一橋大学社会学部は、昨年度に続き、一橋大学社会学部の教員が担当する、全10回の連続市民講座を開講します。昨年度は「環境」という切り口で、今私たちが生きる社会に存在するさまざまな問題状況を読み解いてきました。今年度は、「市民」の立場から「社会史」を読み解くことで、現代という時代を歴史的に相対化してみたいと思います(→全講義概要)。昨年同様、一橋大学社会学部の学際的で総合的な特徴を生かす意欲的な取り組みとなります。8回以上出席の受講者には修了証も発行いたします。多くの市民・高校生のご参加をお待ちしております。

via tada8さん

[][][] モービルアンビエント・ファインダビリティ』 09:19  モービル『アンビエント・ファインダビリティ』を含むブックマーク  モービル『アンビエント・ファインダビリティ』のブックマークコメント

朝食。

  • 3章 情報とのインタラクション
  • 4章 錯綜する世界
  • 5章 プッシュとプル
  • 6章 ソシオセマンティックウェブ

6章途中まで。「アンビエント」とはユビキタスのこと。

本格的に飽きてきたがもうちょっとだがんばれ俺。これもお仕事(泣

[] お買いもの思案:稲田『存在の問いと有限性』 09:46  お買いもの思案:稲田『存在の問いと有限性』を含むブックマーク  お買いもの思案:稲田『存在の問いと有限性』のブックマークコメント

  • 究明とは何か

第1部 場所のうちへの指示

  • 存在の問いの発端
  • 存在の問いの課題
  • 超越概念の形成とそのテンポラールな解明──存在一般の意味への問いの超越論的遂行
  • 超越の有限性──存在一般の意味への問いの成立の場所

第2部 場所の尊重

  • 有限な場所における問いの変貌──存在の真理への問いへ
  • 有限性から原生起へ──存在の真理への問いの諸動向
  • 有限な場所のトポロギー──存在の場所もしくは所在場所への問い
杉並図書館にあった。

こっちは買う。

そもそも株式会社とは (ちくま新書)

そもそも株式会社とは (ちくま新書)

[] あとで読むコルバンイスラーム哲学史』 13:19  あとで読む:コルバン『イスラーム哲学史』を含むブックマーク  あとで読む:コルバン『イスラーム哲学史』のブックマークコメント

イスラーム哲学史

イスラーム哲学史

杉並区新宿区目黒区にあり。

[][][] モービルアンビエント・ファインダビリティ』 15:47  モービル『アンビエント・ファインダビリティ』を含むブックマーク  モービル『アンビエント・ファインダビリティ』のブックマークコメント

昼食。

6章&7章。読了(はぁ


結局、オントロジーは何故そう呼ばれるか──なにゆえにひとはそれがオントロジーだとわかるのか──ってのはわからなかったよ。

「存在スルトハ変項ノ値トナルノ謂イ也」とかこむつかしげな話が出てきたらどうしようと思ってドキドキしながら読んでたら、出てきたのはレイコisbn:4314005750だった。

まぁとにかく分類体系と推論規則のペアらしいよ。

[] お買いもの思案:神谷『女子とエロ18:16  お買いもの思案:神谷『女子とエロ』を含むブックマーク  お買いもの思案:神谷『女子とエロ』のブックマークコメント

リビドー・ガールズ―女子とエロ

リビドー・ガールズ―女子とエロ

都内の図書館のうち、杉並と目黒にだけおいてある件。(双方ともに予約されておる...

[] お買いもの:ハイデガー他『カッセル講演』 22:27  お買いもの:ハイデガー他『カッセル講演』を含むブックマーク  お買いもの:ハイデガー他『カッセル講演』のブックマークコメント

出てたのを知らなかった。

ハイデッガー カッセル講演 (平凡社ライブラリー)

ハイデッガー カッセル講演 (平凡社ライブラリー)

1925年におこなわれた「カッセル講演」は平易な語り口による簡約版『存在と時間』といえる。ディルタイおよびヨルクへの言及、フッサール現象学の批判的受容、相対性理論や非ユークリッド幾何学との対話など、『存在と時間』よりも立ち入った講論が注目される。ほかに『文学研究と精神史のためのドイツ季刊誌』の編者たちとの書簡集、ガーダマー『真理と方法』の草稿の一部を併録。ハイデッガー自身によるハイデッガー入門。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070328

2007-03-27

本日のたまうさ

[] FireFox の耐え切れない重さ 16:53  FireFox の耐え切れない重さを含むブックマーク  FireFox の耐え切れない重さのブックマークコメント

そろそろ使うのやめようかと思っている。

[][][] モービルアンビエント・ファインダビリティ』 16:59  モービル『アンビエント・ファインダビリティ』を含むブックマーク  モービル『アンビエント・ファインダビリティ』のブックマークコメント

昼食。

  • 1章 遺失物取扱所
  • 2章 経路探索小史
  • 3章 情報とのインタラクション
  • 4章 錯綜する世界
  • 5章 プッシュとプル
  • 6章 ソシオセマンティックウェブ
  • 7章 啓示による意思決定

3章まで。

いまのところずっとヨタ。いつになったら本論が始まるのかしら。

不要な(=論旨の展開に貢献しない)薀蓄が大杉で読む気そがれること甚だしい。


[][][] お買いもの思案:『ユーザ中心ウェブサイト戦略』 17:31  お買いもの思案:『ユーザ中心ウェブサイト戦略』を含むブックマーク  お買いもの思案:『ユーザ中心ウェブサイト戦略』のブックマークコメント

図書館リクエストしてみる。

入ってた。でも前に予約が2人... (びっくり

とおるとおる 2007/03/27 19:18 暗幕と、緑文字。 Firefoxを高速化、できない話(60bg)
http://hospitalward.blog7.fc2.com/blog-entry-378.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070327

2007-03-26

[] お買いもの:スピノザエチカ抄』 02:43  お買いもの:スピノザ『エチカ抄』を含むブックマーク  お買いもの:スピノザ『エチカ抄』のブックマークコメント

via intruder

新訳おめ。


新訳記念age。

個と無限―スピノザ雑考

個と無限―スピノザ雑考

[] 日仏社会学ウェブサイト 17:10  日仏社会学会ウェブサイトを含むブックマーク  日仏社会学会ウェブサイトのブックマークコメント

なんというか、漢を感じさせるしあがりになっております。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/sjfs/

via 中倉さん

[][][] 山崎ほか編『魁!エスノメソドロジー入門』 19:41  山崎ほか編『魁!エスノメソドロジー入門』を含むブックマーク  山崎ほか編『魁!エスノメソドロジー入門』のブックマークコメント

夕食前半。

実践エスノメソドロジー入門

実践エスノメソドロジー入門

[] 本日のID / Adwords 20:52  本日のID / Adwordsを含むブックマーク  本日のID / Adwordsのブックマークコメント

グーグル広告さまがすごい頻度で疑似科学本の広告を出しまくりやがります。

なんとかならないでしょうか。>誰か

ダーウィン進化論の終焉・科学の新パラダイムID

[][] ブルーナー『可能世界の心理』 21:05  ブルーナー『可能世界の心理』を含むブックマーク  ブルーナー『可能世界の心理』のブックマークコメント

可能世界の心理

可能世界の心理

七章にグッドマンへのコメントがあるらしい。やはり読んでおこうか。

図書館に蔵書あり。目黒図書館はウェブから予約できるだけでなく、「受け取り館」を指定できるのが偉い。しかも区民じゃなくても本を貸してくれる。相当偉い。

[][] デュルムケ 23:05  デュルムケを含むブックマーク  デュルムケのブックマークコメント

探索中...

またどっかいった。

コメント欄が下がりすぎて見に行くのがたいへんなのでこちらに。
『原初形態』はただいま探索中で、まだ確認できておりません。 講義録のほうは読みましたが、カントヒュームの名はほとんど出てきませんな。合理論と経験論に対する一般的な批判の中で言及されているくらい。その「一般的な批判」を主題化するのに便利だから固有名詞が使われている、というくらいのことでしょうかね。
いずれにしても、そこで行われているのは、確かに「認識論的」問題設定ではありますな。〈個/集団〉という区別を前提にしたうえで、「認識を規定するカテゴリーは──先験的ではなく──歴史-社会的なものだ。真理は拘束力と規範性をもつけど、それも歴史-社会的なものだ」(大意)くらいのことを言っているわけで。このくらいのはなしだと──むしろ社会学者の主張としては「多数派的」なものなわけなので*──、ここから 何_か_を_な_ぜ救わねばならんのか、というほうが逆に興味をひくところです。(私にしてみると、ここには「救うべきもの」が何も見当たらないので。)
* むしろ(社会学的というよりは)「常識的な見解」、のような気も。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070326

2007-03-25

[] お客さま 05:00  お客さまを含むブックマーク  お客さまのブックマークコメント

そんなことを書いた覚えはない。

[] 第11回書物復権企画新曜社):ウィンチ『社会科学の理念』 13:20  第11回書物復権企画(新曜社):ウィンチ『社会科学の理念』を含むブックマーク  第11回書物復権企画(新曜社):ウィンチ『社会科学の理念』のブックマークコメント

ついに来た。

「出来は6月末。7月より企画参加書店さんへ出荷する予定」とのこと。

  • 社会科学の理念
  • P.ウィンチ 著/森川眞規雄 訳
  • 978-4-7885-0057-0 1977年 四六判184頁 定価:2100円(本体2000円)

ヴィトゲンシュタインの思想に基づき、「実証・経験的な科学としての社会科学」という通念を根底から問い直した問題提起の書。

asin:4788500574asin:B000J8YBVM

[] お買いもの思案:ベネット&フェルドマン『法廷における〈現実〉の構築』 16:22  お買いもの思案:ベネット&フェルドマン『法廷における〈現実〉の構築』を含むブックマーク  お買いもの思案:ベネット&フェルドマン『法廷における〈現実〉の構築』のブックマークコメント

via econthoughtさん

法律素人専門家とともに刑事裁判に参加し、法的判断を行うことを可能にするものは何か。言説分析・法人類学社会心理学フィールドワークなどの学際的な方法を駆使し、物語論から裁判過程を検証する初の試み。

物語としての裁判」.....

内容は読んで見なけりゃ分かりませんが、とりあえず買う気を(中略)なサブタイトルですね。

てことで図書館リクエストの方向で。蔵書あり。

[] 黒丸/夏原『クロサギ17:02  黒丸/夏原『クロサギ』を含むブックマーク  黒丸/夏原『クロサギ』のブックマークコメント

漫画ですよ。

クロサギ 1 (ヤングサンデーコミックス)

クロサギ 1 (ヤングサンデーコミックス)

いつか使う。

おまえの背中が

おれには見える.... [p.118]

■身分査証詐欺

「楽をしたい」という気持ちを捨て去ることがこの詐欺から身を守る第一歩である。[p.210]

いかがなものか。これは「信用ならないものを信用してはいけない」と似たたぐいの正論、一種の「倫理的」な主張でありませぬか。

いつか使う

法律は社会秩序を維持するためのもの

断じてあんたやあんたの家族を守るためのものなんかじゃねえ……! [p.92]

[] 生物地理学シンポジウム進化と系譜:ツリー,ネットワーク,視覚言語リテラシー18:52  生物地理学会シンポジウム「進化と系譜:ツリー,ネットワーク,視覚言語リテラシー」を含むブックマーク  生物地理学会シンポジウム「進化と系譜:ツリー,ネットワーク,視覚言語リテラシー」のブックマークコメント

なんだかすごいメンツです。http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070408

 ※このシンポジウムは非学会員でも参加できます

[][][] 涜書:ブルデューヴァカン『リフレクソロジーへの招待』 22:43  涜書:ブルデュー&ヴァカン『リフレクソロジーへの招待』を含むブックマーク  涜書:ブルデュー&ヴァカン『リフレクソロジーへの招待』のブックマークコメント

夕食前半。再訪4周目。

  • I 社会的実践の理論(プラクシオロジー)に向けて [←ヴァンカンによるブルデュー社会学の解説文]
  • II リフレクシヴ・ソシオロジーの目的 [←インタビュー
  • III リフレクシヴ・ソシオロジーの実践 [←社会科学高等研究院におけるセミナーの記録]

第III部は──そして第III部だけは──読む価値あり。まぁ内容は「社会調査の心得」みたいなやつですが、ブルデューがいかによい教師であったか想像がつきます。

ただただ自己卓越化のために「他の社会学」に対してヘンなこと──であるだけでなく間違ったこと──を言っている箇所を除けば。

[][][][] リンチ「実践の論理」 23:44  リンチ「実践の論理」を含むブックマーク  リンチ「実践の論理」のブックマークコメント

夕食後半。

isbn:4915252558isbn:041522814X

解読するには原文がどうしても必要であると認識しました。

leeswijzerleeswijzer 2007/03/25 19:44 暴れたり噛みついたりしませんので,お時間がありましたら,どーぞ.

contractiocontractio 2007/03/25 20:01 どもども。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070325

2007-03-24

[][][] 涜書:ブルデューヴァカン『リフレクソロジーへの招待』 18:27  涜書:ブルデュー&ヴァカン『リフレクソロジーへの招待』を含むブックマーク  涜書:ブルデュー&ヴァカン『リフレクソロジーへの招待』のブックマークコメント

再訪3周目。

付録の「ブルデューお仕事一覧」は便利。原著刊行後の 1991-2002 までのものもついていて、こいつのためだけでも買う価値あり。

「中範囲の理論」に対するコメントは勉強になりました。[p.59-/130-]

ちょww。索引に載ってねーよwww

本日のご金言

…私がみなさんに教え込みたいと願っている姿勢のなかに、研究を合理的計画としてとらえる能力があります。研究を一種の神秘的探求として大げさに語るのは、自分を安心させるためなのでしょうが、逆に恐れや不安を大きくするだけです。研究を合理的な企てと見る現実主義の姿勢は…、投資の収益性を最大にし、使える時間をはじめとするもてる資源を最適配分することをめざしています。学問研究のこんなやり方はどこかしら人を幻滅させるもので、多くの研究者が抱きたがっている自己イメージを傷つける危険があることはわかっています。しかしながらこうした現実主義的姿勢こそ、はるかに深い失望を味わうことのないように身を守るための、おそらくは最良の方法であり唯一の方法なのです。研究者が淡々と自分の仕事をこなしていくよりも、自分の抱くイメージ、つまり研究者立つ自分自身について抱く、うわずったイメージに自分を合わせることに大きなエネルギーを費やしていると、自己欺瞞の長い年月の後で落胆を味わうことになります。/…誤りを取り除き、多くの場合誤りの源にある恐怖を取り除く一番の方法は、みんなでいっしょにその誤りを笑えるということです。 [p.271-272]

いいこという。


さて。だんだん何にイライラするのかわかってきましたよ。

収録されたインタビューで行われているのは、「いろんな社会学者からの批判に答える」というのと「ほかの社会学あれこれとブルデュー社会学の違いの開陳」というの。ふたつのこと。このうちの前者で紹介されている「(有名人とか偉い人とかによる)ブルデュー批判」の内容が、それを読んでるだけでもう疲れてしまうというくらいにすさまじいレベルの低さで、答えなければならないブルデューも切ないだろうよ というか怒って当たり前だよくらいのものなのであります。で、それに加えて、「ほかの社会学に対するブルデューの批判」というのが 同じようにひどい ので、読者としては さらに輪をかけて疲れてしまう、という事情になっているのでした。そんなこんなで神々の闘争と呼ぶにふさわしい理不尽さに満ちた なんだこりゃポカーン な書物になっているというわけです。

いくつかピックアップしてみるとこんな感じ。

[これはひどい] とタグつけられておかしくないものばかりであります。






■メモ


ブルデューがEM批判のたたき台に使ってるのはおもにこの本:

The Ethnomethodologists (Key Sociologists)

The Ethnomethodologists (Key Sociologists)



ところでブルデューものの邦訳では「object」に「客観」があてられることがおおい*けど、これは読者を惑わせるのに大いに役立つ工夫だとおもう。文例:

  • 客観化をおこなう主体を客観化する
  • 社会的世界を客観化するのを専門にしている人々が、めったに自分自身を客観化する能力を持っていない。

などなど。

「対象化をおこなう主体を対象化する」と訳せば難なく理解できるのに(またそれで語られている事柄の正確な理解のためになにか問題が生じる、というわけでもないのに)、あえてこのように↑訳すところが「学校的でよい」ということであろうかと推察されます。
* 現象学ものの翻訳でこの風習をみかけることがあるけれど、それがブルデュー翻訳事情に影響を与えているようにはちょっと思えない。なにかほかの事情があるのかな?

もちろん全部がこれで押せるわけではなく、たとえば次のような文章は「客観性」と訳さないとわけわからないでしょうけども。

  • 反省性という視点を採用することは客観性を放棄することではありません。……つまり、科学的主体によって構成された客観性という観点それ自体から経験的「主体」を説明しようとつとめることです。[p.266]

でもこれだって──「対象」って訳すとつながりが見えなくなってしまうというなら──「客体」と「客観」で訳し分ければ、特に説明抜きでも読者には通じると思うんだけど。

そういえば、『社会システム理論〈上〉』『社会システム理論〈下〉』で Reflextion がみんな「再帰」と訳されていて、「再帰哲学」といった素敵な表現でもって日本語の限界に挑戦というかその可能性を拡げるのに貢献していたのとちょっと似てますな。

[] 見逃せない、慶応義塾の大復活 20:01  見逃せない、慶応義塾の大復活を含むブックマーク  見逃せない、慶応義塾の大復活のブックマークコメント

via econthoughtさん

2007-03-23

[] faviconをつけてみた 10:20  faviconをつけてみたを含むブックマーク  faviconをつけてみたのブックマークコメント

http://emca.jp/

[][] ミルズ社会学プラグマティズム15:11  ミルズ『社会学とプラグマティズム』を含むブックマーク  ミルズ『社会学とプラグマティズム』のブックマークコメント

昼食。

これけっこうむつかしい。あと翻訳へん。

ジェームズデューイにとって「氏か育ちか」論争が重要だった件。

[] 魚津プラグマティズムの思想』 15:17  魚津『プラグマティズムの思想』を含むブックマーク  魚津『プラグマティズムの思想』のブックマークコメント

アマゾンが勧めるこれは、放送大学の教科書だったやつとおなじものであろうか。

プラグマティズムの思想 (ちくま学芸文庫)

プラグマティズムの思想 (ちくま学芸文庫)

berutakiberutaki 2007/03/24 11:24 『プラグマティズムの思想』は『現代アメリカ思想――プラグマティズムの展開』という放送大学テキストに「若干の手なおし」を加えたものだそうです(「文庫版あとがき」より)。まさに教科書といった感じだと思います。

contractiocontractio 2007/03/24 18:02 わお。あぶなかったw。ご教示ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070323

2007-03-22

[][] 涜書:デュルケームプラグマティズム社会学00:58  涜書:デュルケーム『プラグマティズムと社会学』を含むブックマーク  涜書:デュルケーム『プラグマティズムと社会学』のブックマークコメント

夜食。しかたないので再読。

前半はずっとデュルケーム先生によるプラグマティズム紹介。


□こういう「言い換え」ひとつで(へたすると)あとの話がすっかりわからなくなる件。

合理主義は、実在を表示するのが真理の役割であるのを認める。プラズマティズムは、

  • 実在が不変ではなく、          [非固定性]
  • またすべての人にとって同一でもない   [非パーソナル性]

ことを明らかにしようと努める。ここから真理が実在の模写ではありえないという結論が出てくる。しかしなにゆえ模写が原型と同様に進展してはいけないのだろうか。その点を確定するためには、思考は単位普遍的な実在のみならず、いかなる類の実在の模写でもありえないこと、別な言葉でいえば実在と思考のあいだには、ある本質的異質性が存するということの論証は、プラグマティストたちによってかつてなされたことがなかった。 [p.61-62]

「実在と思考の本質的異質性」とか無駄抽象化するな、と。

大事なことは、世界無限数の部分からできあがっているか、それとも有限数の部分からかを知ることであって、…… [p.67-68]

先生、ちっとも大事におもえまえせん...

■第8講 編者注記

ジェームズによると、概念とは一般的観念にほかならない。これは異論はさみうる公準である。なぜならばすべての一般観念が概念であるとしても、だからといって必ずしも概念のすべてが一般観念だということにほかならないからである。[p.101]

『原初形態』p.22-, p.617-

講義の要約(第15講義)

  • 真理はなんらかの道徳的義務と結ばれている。
  • 真理は事実の強制的な力と結ばれている。
  • プラグマティズムはそのどちらも説明できない。以上。

■17講からようやくデュルケム節

  • 実在を創造するものは思考である。そして、
  • 集合表象の顕著な役割は、このより優れた実在(=社会そのもの)を「作る」ことにある。
    • これは真理の、おそらくはおもいがけない役割である
が、それは真理が[プラグマティストが述べるように]実践的序列の事柄を指図するためにのみ作られている、というわけではないことを示している。

[p.184]

■第19講

コントによれば(?)] (略) さらに歴史の助けを借りてここに他のあらゆる科学以上に重要な役割を演ずるように招かれている一科学がある。それが社会学である。 [p.183]

こりゃたいへんだ。

[][][] 涜書:ブルデューヴァカン『リフレクシヴ・ソシオロジーへの招待』 09:32  涜書:ブルデュー&ヴァカン『リフレクシヴ・ソシオロジーへの招待』を含むブックマーク  涜書:ブルデュー&ヴァカン『リフレクシヴ・ソシオロジーへの招待』のブックマークコメント

朝食。しかたないので再訪。

第1部にてヴァカン氏曰く:


な、なんだってー(棒読み

こりゃたいへんだ...。

* 違いの詳細は不明。なんか書いてあるけど理解不能。

[] 昼食 15:16  昼食を含むブックマーク  昼食のブックマークコメント

溜池withコンサルogw。

佐藤郁哉の話とか。asin:4641161682asin:4788510308asin:4788507889

  • ソシオロゴスって本屋で買えるんですか?
  • いや。ぜんぜん。
  • ‥‥‥‥。

[] お客さま 15:55  お客さまを含むブックマーク  お客さまのブックマークコメント

なんかとはなんだ。

[] 社会学的告知>(2007-03-31)哲学/倫理学セミナー 17:48  社会学的告知>(2007-03-31)哲学/倫理学セミナーを含むブックマーク  社会学的告知>(2007-03-31)哲学/倫理学セミナーのブックマークコメント

http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070331

via あらや青年

2007-03-21

[][][] 涜書:ブルデューヴァカン『リフレクシヴ・ソシオロジーへの招待』 22:00  涜書:ブルデュー&ヴァカン『リフレクシヴ・ソシオロジーへの招待』を含むブックマーク  涜書:ブルデュー&ヴァカン『リフレクシヴ・ソシオロジーへの招待』のブックマークコメント

夕食前半。

結局、用があって再読してみているわけですが。放言っぷりに相当イライラさせられます。

読み終えることができますかどうか。 大先生遺言だと受け止めて、おおらかな心で愛をもって読みましょう(俺が)。

[][] 涜書:デュルケームプラグマティズム社会学22:05  涜書:デュルケーム『プラグマティズムと社会学』を含むブックマーク  涜書:デュルケーム『プラグマティズムと社会学』のブックマークコメント

夕食後半。

表紙をめくったらなんと磯村英一先生への謹呈文が。なくなった後に蔵書が区立図書館に寄贈されたということか。ありがたいことである。


デュルケーム1913年講義@ソルボンヌ。『原初形態』出版の翌年。最晩年ですな。

目次

  1. プラグマティズムの源流
  2. プラグマティズムの動き
  3. プラグマティズムの独断論批判
  4. プラグマティズムの独断論批判(つづき)
  5. プラグマティズムの大年的思考批判とその欠陥
  6. プラグマティズムの第二次面および積極的主張
  7. 思考と実在
  8. 行動の道具としての知識
  9. プラグマティズムの真理標識
  10. 実在の構成と真理の構成
  11. プラグマティズムの方法
  12. プラグマティズムと宗教
  13. プラグマティズムにかんする一般的批判
  14. 真理の変遷
  15. 真理の有用性
  16. 思弁と実践
  17. 真理の役割
  18. 二つの異なる真理の類型
  19. 科学的真理と集合的意識
  20. プラグマティズムとベルグソン哲学
  • 付録 I 確実性 II 概念

[][] ミルズ社会学プラグマティズム23:32  ミルズ『社会学とプラグマティズム』を含むブックマーク  ミルズ『社会学とプラグマティズム』のブックマークコメント

タイトルが似てるというだけで一緒に読んでみたただそれだけ。

  • C.ライト・ミルズ、『社会学とプラグマティズム──アメリカ思想研究』、本間康平訳、紀伊国屋書店、1969

ISBN がついていやがらねぇ... ASIN:B000J9ON0U

目次

  1. パース
  2. ジェームズ
  3. デューイ
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070321

2007-03-20

[] 増補改訂版(?) 08:43  増補改訂版(?)を含むブックマーク  増補改訂版(?)のブックマークコメント

via OKDさん

Studies in Ethnomethodology

Studies in Ethnomethodology

「6/30」?

10,080円?

with Anne Rawls???

[] 数理さん 19:03  数理さんを含むブックマーク  数理さんのブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jams/

『理論と方法』が電子ジャーナル化されます。

どーん!

[][][][] リンチ「実践の論理」 21:34  リンチ「実践の論理」を含むブックマーク  リンチ「実践の論理」のブックマークコメント

夕食前半。再々訪

isbn:4915252558isbn:041522814X

要約部。

シンプソン裁判からの実例が用いられたのは、

  • 1. 〈ある実践の決定的・論理的な説明その実践の 状況に埋め込まれた遂行〉の間の間隙が
  • 2. それ自体、法廷の証言にとって構成的・編成的な現象である

ことを例証するためである。[p.214]

実践の論理を抽象的に説明しようとすると、この問題を即座に繰り返すことになる

1 はシステムリファレンスの違いについて語っているように読めますが。 ‥‥要再考。


    • 1. 〈遂行b/b についての説明a〉
    • 2. 〈(諸)証言c〉

ここで、

  • a と c が同じシステムに、b は それとは別のシステムに属するよ。
  • a-c は b に「言及」してるよ。

なので問題は、区別〈a/b〉(が法廷の場面に構成的) の含意。


てことは、「〈a/b〉が法廷の場面にどのように登場してくるか」(をリンチがどのように描いているか)、を確認すればいいわけです。 ──てことで[あとで読む]。

[][][] イアン・ハッキング『何の社会的構築だって?』 21:36  イアン・ハッキング『何の社会的構築だって?』を含むブックマーク  イアン・ハッキング『何の社会的構築だって?』のブックマークコメント

夕食後半。

いやー。翻訳があるってほんとうにありがたいことですね。でも索引はつけてほしい...。

何が社会的に構成されるのか

何が社会的に構成されるのか

1章、2章、3章&5章。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070320

2007-03-19

contractio2007-03-19

[][][][] マイケルリンチエスノメソドロジーと実践の論理」 08:57  マイケル・リンチ「エスノメソドロジーと実践の論理」を含むブックマーク  マイケル・リンチ「エスノメソドロジーと実践の論理」のブックマークコメント

朝食。

社会学理論の“可能性”を読む

社会学理論の“可能性”を読む

  • ── (2001), "Ethnomethodology and the logic of practice".in T. R. Schatzki, K. K. Cetina & E. v. Savigny (Eds.), The practice turn in contemporary theory. London: Routledge:131-48, isbn:041522814X

(昨日問題となった)決め台詞は「実践的行為や実践的推論の実践的客観性や実践的観察可能性」でした。

が、なにをいっているのかはわかりません。

※ご参考:http://d.hatena.ne.jp/contractio/20060826/p3

[] What's old! 13:08  What's old!を含むブックマーク  What's old!のブックマークコメント

EMCA研活動の記録2005度の活動

EMCA研活動の記録2004度の活動

EMCA研活動の記録2003度の活動


こんなの更新情報とは呼べないのでこちらに書いてみたただそれだけのはなし。


でも「これはこれでコンテンツか」と思い直してブログも更新してみた:http://emca.sblo.jp/

[] 私は私の昼食を忘れた。 16:06  私は私の昼食を忘れた。を含むブックマーク  私は私の昼食を忘れた。のブックマークコメント

また忘れた。

[] 例のアレ 20:21  例のアレを含むブックマーク  例のアレのブックマークコメント

届いた。ぶ厚い。

いくつか山を越えたら始めましょう。

[][] お買いもの思案:武井『ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか』 22:41  お買いもの思案:武井『ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか』を含むブックマーク  お買いもの思案:武井『ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか』のブックマークコメント

ちょっと気になる。

ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか―感情労働の時代

ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか―感情労働の時代

[] きょうはもう寝ちゃうの。 22:44  きょうはもう寝ちゃうの。を含むブックマーク  きょうはもう寝ちゃうの。のブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070319

2007-03-18

[] I can't stop the... 15:06  I can't stop the...を含むブックマーク  I can't stop the...のブックマークコメント


はなみーずがーーー とーまーらーなーーいーーーーー。

[][][] 出版準備研究会 23:23  出版準備研究会を含むブックマーク  出版準備研究会のブックマークコメント

池袋

18:30 からの参加(泣。

[] フッ研終了 23:28  フッ研終了を含むブックマーク  フッ研終了のブックマークコメント

いくつかの pdf が読めるようになってます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070318

2007-03-17

contractio2007-03-17

[] ようやく emca.jp リニューアル 02:18  ようやく emca.jp リニューアルを含むブックマーク  ようやく emca.jp リニューアルのブックマークコメント

多くは語るまい。

エスノメソドロジー・会話分析研究会 公式ウェブサイト


なお、キャラクターの(非公式)名称は「エリックさん」です(命名はOKD氏による)(密かに)そう呼んでください。(よびたければ!)

微妙に透過したPNGつかってるのでIEFireFoxではちょっとだけ見え方が違います♪

[][][] イアン・ハッキング『何が社会的構築?』 22:31  イアン・ハッキング『何が社会的構築?』を含むブックマーク  イアン・ハッキング『何が社会的構築?』のブックマークコメント

夕食。

いやー。翻訳があるってほんとうにありがたいことですね。

何が社会的に構成されるのか

何が社会的に構成されるのか

1章、2章&3章。

・2章の論理実証主義の話がたいへん勉強になります。

・グッドマン、クワインそのほかの「哲学者」の仕事に対する論評重要社会学にとって)。[p.107]


本日カナディアン(?)ジョーク

この[『クォークを構成する』という]タイトルで、ピカリングは社会構成主義の立場を旗幟鮮明に打ち出している。でも、量子力学の標準理論によれば、クォークこそは全宇宙を構成する最も基礎的な物質。そこから宇宙が積み上げられる建築ブロック。[p.155]


参照文献。

どっちかは持ってたよな...

現代社会学大系〈8〉知識社会学 (1973年)

現代社会学大系〈8〉知識社会学 (1973年)


これは読んだ気がするが...。

ほほう。こんな訳もあった。

MinikMinik 2007/03/18 23:53 >むかしは「ループ効果」とか言ってたけど最近は「相互作用種」という言葉のほうがお気に入りだよ。

とのことですが、むしろ、「むかしは「人工種」...」ではなかったですか?(訳本読んでないんでどう訳されているかはわかりませんが)。

contractiocontractio 2007/03/19 00:22 うげ。確認しまっす!

contractiocontractio 2007/03/20 22:50 二箇所くらい関係するところがあったと思うのですが、1箇所しかみつけられてません。けども、そこをみると、ご指摘のとおり、「むかしは「人工種」...」のようでございます。訂正しておきまする。

at_akadaat_akada 2007/03/20 23:57 p135です。
「私はこの現象を「人間の種類に関するループ効果」と呼んだ(...)。今では相互作用する種類という名前の方が好きであるが」

contractiocontractio 2007/03/21 21:37 どもども。そこがひとつですね。もういっこどこかにあったような気がするんですが。みつかんないから気のせいかもしれませんw。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070317

2007-03-16

[] レジュメ入手希望 02:23  レジュメ入手希望を含むブックマーク  レジュメ入手希望のブックマークコメント

>誰か...

[] いま私は 18:19  いま私はを含むブックマーク  いま私はのブックマークコメント

無性にソース焼きそばが食べたい。

[] CSS 22:42  CSSを含むブックマーク  CSSのブックマークコメント

IEFireFoxではリストタグの解釈が違う。が、doctype宣言をちゃんとしておいてあげると、paddingmargin適当に指定してやれば だいたいは違いを吸収できる。 たとえば自分のダイアリーだと、これ↓が そんなに違っては見えないようにしてある(=できている)。

  • リストa
    • リスト1
    • リスト2
  • リストb

ということまでわかっているのに今日はそれに(ひさびさに)嵌っている。三時間くらい抜けられない。困った困った...。


こうしている間に明日の研究会に行ける可能性がどんどん減っていってるわけだが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070316

2007-03-14

[] 眠い。 19:04  眠い。を含むブックマーク  眠い。のブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070314

2007-03-13

contractio2007-03-13

[] 批判性 22:33  批判性を含むブックマーク  批判性のブックマークコメント

突然ですが、社会に対する批判的な関心を忘れてはいけないと思う。

日常性に埋没してついつい忘れそうになったらこのスレを見るのだ!


ところでいま玉兎がいいことを言った。

あまり遊んであげないからご機嫌をとってるのか?

トゥーゲントハットは相当かっこいいと思うがところで真理論とか翻訳出る予定はないのか。

[] タイトル買い! 01:51  タイトル買い!を含むブックマーク  タイトル買い!のブックマークコメント

買わないけど。via akada

日曜ピアジェ 赤ちゃん学のすすめ (岩波科学ライブラリー)

日曜ピアジェ 赤ちゃん学のすすめ (岩波科学ライブラリー)


こんなのもある、とアマゾンがいう。

まなざしの誕生―赤ちゃん学革命

まなざしの誕生―赤ちゃん学革命

[] お買いもの思案 18:43  お買いもの思案を含むブックマーク  お買いもの思案のブックマークコメント

via 増田。というか正確にいえば smasuda。not 増田。(不便だ

文化の社会学 (有斐閣アルマ)

文化の社会学 (有斐閣アルマ)

[] 現代社会系統なら 22:36  現代社会系統ならを含むブックマーク  現代社会系統ならのブックマークコメント

現代社会学を多方面に学び 社会調査士の資格取得をめざす

Ads by Goooooogle

というアドワード広告を出す仁愛大学ですが、

アクセスすると「検索結果:該当する記事は見つかりませんでした。」といわれます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070313

2007-03-12

[] 柏端『行為と出来事の存在論』 16:14  柏端『行為と出来事の存在論』を含むブックマーク  柏端『行為と出来事の存在論』のブックマークコメント

昼食。

新著刊行記念旧著age。

行為と出来事の存在論―デイヴィドソン的視点から

行為と出来事の存在論―デイヴィドソン的視点から

1、2、5、7章。

てことで10年ぶりに読んだけど、これ わかりやすくて親切で、いい本ですねぇ。

でも10年前はむつかしくてよくわかんなかったんだよな。ははは。
20回コースで読むべきであったと後悔。

[][] メモ 19:59  メモを含むブックマーク  メモのブックマークコメント

ぜったい見つからない予感。

google:プラグマティズム二十講 というのもあったはずですが...



おぉこれだ。

[] 育児もの2つ 23:03  育児もの2つを含むブックマーク  育児もの2つのブックマークコメント

夕食前半。ぱらぱらと。

小心者の僕らと違って大胆な名を贈る人もいる。友人の俊平太は、父親が著名な経済学者シュムペーターからとったそうだ。少年時代はからかわれたが、みんな一度で覚えてくれるし、海外でも通りがいいから気に入っているそうだ。彼の父はその後も、乾平太・林彪太といき勢いよく名付けたが、さて成功だったかどうかは、つけられた本人たちだけが知っている。[p.13-14]

ものすごくウルトラに特定性の高い記述。というか固定指示詞。

[][] おさらい 23:05  おさらいを含むブックマーク  おさらいのブックマークコメント

  • 意味論文 in
  • 様相化 in
Funktion der Religion

Funktion der Religion

  • システムと環境
社会システム理論〈上〉

社会システム理論〈上〉

  • 生活世界論文 in
社会学理論の“可能性”を読む

社会学理論の“可能性”を読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070312

2007-03-11

[] お客さま 06:14  お客さまを含むブックマーク  お客さまのブックマークコメント

ルーマン/社会の理論の革命


むかしは日本でも人気あったらしいんですけどねー。いまはねぇ...

[] いただきもの:河本『システム現象学06:15  いただきもの:河本『システム現象学』を含むブックマーク  いただきもの:河本『システム現象学』のブックマークコメント

ずいぶんまえにいただいたもの。

「投稿前にいちおうチェックはしておくか」と思い、ようやく手に取ってみる。

システム現象学―オートポイエーシスの第四領域

システム現象学―オートポイエーシスの第四領域

目次

I, II, 終章まで。

おもしろすぎる。

現代物理学のように、巨大なタンカーが小さな錨の一点だけで現実とつながっているようなのもある。[p.65]

だが[荘子の]混沌はたんに穴を開けたから死んだのではない。… 穴の開け方が問題だったのである。つまり、みずから自身でみずからに穴を開けるものは死なないはずである。[p.74]

闇の中の火は興奮性の反応を引き起こし、闇夜の火事は実際以上の騒ぎになる。人工的につくられた闇夜の火事が、花火である。[p.78]

次のようなことを考えてみよう。さまざまな匂いを幾何学模様に対応させると何になるのか。キャビンは三角錐マイルドセブンライトは平面的な楕円、ピースはコンペイトウのような立体に対応すると想定してみる。… 知識の境界において、それぞれの人が知識を形成するように経験を動かしてみればよいのである。[p.97]

ぷはーっ

堪能した(おなかいっぱい

考察が進んだせいか、〈認知的/行為的〉といったしょうもないベタな二分法を振り回すのは控え始めたようです。(前と比べれば
すごく共感的に読めば、「認識も含むさまざまな行為を、認識論的問題設定((c) ルーマン)を排して捉えるにはどうしたらよいか」という課題設定をしている、とかとも読めて、それならべつになんの異論もないわけですが。
主語のない文章を連発するのは相変わらず。

別のいみで(!)面白いところもいちおうある。

[p.32]

[p.37-39]

[p.136]

[] ブクオフにて待つ。 10:44  ブクオフにて待つ。を含むブックマーク  ブクオフにて待つ。のブックマークコメント

メモ。すごいタイトルだ...

ドラッカー入門―万人のための帝王学を求めて

ドラッカー入門―万人のための帝王学を求めて

[] いただきもの:河本『システム現象学15:55  いただきもの:河本『システム現象学』を含むブックマーク  いただきもの:河本『システム現象学』のブックマークコメント

システム現象学―オートポイエーシスの第四領域』続き。

III 身体システム。

なぜたいていのばあい身体論はおしなべて退屈なのかとかに関する啓発される論述もあり、ここは面白かった。この章だけのために★四つくらいつけてもいい。

あとでもういっかい読みます。

[] ホルブ『空白を読む』 23:38  ホルブ『空白を読む』を含むブックマーク  ホルブ『空白を読む』のブックマークコメント

夕食。瞬殺。

「空白」を読む―受容理論の現在

「空白」を読む―受容理論の現在

翻訳ヤバい。



20年前に訳された本なのに、今日と議論状況があんまりかわってない気がするのがもっとやばい。

きっと私が不勉強なだけですねそうですね。

──と手際よくまとまった教科書的な書物でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070311

2007-03-10

[] 何もする気が起きない日のハイデガー 00:49  何もする気が起きない日のハイデガーを含むブックマーク  何もする気が起きない日のハイデガーのブックマークコメント

というわけで。

本日ブックオフ

持ってる筈の本をうっかり購入してしまう恐怖。

[] デリダ『哲学の余白』 15:04  デリダ『哲学の余白』を含むブックマーク  デリダ『哲学の余白』のブックマークコメント

タンパン」「差延」。


ところで固有のものの問いは〈きわめて-ちかいもの〉という観念化の価値から切り離されえない。[p.14]

これはこれで、ひとつの偏見ではないのか。

すくなくとも、「固有のもの」なるもの を過剰に一般化した上でしか なし得ない主張ではある。


別のいい方をすると、この↑主張によっては、〈他なるものに曝されたもの〉としての固有のもの〈他なるものと構成的なしかたで成立する〉固有のもの について語ることは、なんら妨げられない。

たとえば〈システム/環境〉という区別はその一例であるが。

逆にいうと、「固有のもの」なるものがそもそもそういうものであるのなら、しかし、誰がデリダを恐れるのか。

[] トゥーゲントハット&ヴォルフ『論理哲学入門』 15:26  トゥーゲントハット&ヴォルフ『論理哲学入門』を含むブックマーク  トゥーゲントハット&ヴォルフ『論理哲学入門』のブックマークコメント

論理学を、道具としてマスターしなければならない切迫した事情があるのでもないなら、まずはこっちを読んでみるのが吉。>eculusたん

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070310

2007-03-09

[][] 宴 14:10  宴を含むブックマーク  宴のブックマークコメント

文献表が、地名表記と出版社表記でチャンポンになっていることにまさにたったいま気付いた件。

SEIN UND ZEIT

SEIN UND ZEIT

[][] 宴 00:27  宴を含むブックマーク  宴のブックマークコメント

渋谷


ほぼ糸冬了。

みなさまありがとうございました。

あともうちょっと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070309

2007-03-08

[][] 涜書:シュルテ『ルーマン理論──なにが問題なのか』 21:35  涜書:シュルテ『ルーマン理論──なにが問題なのか』を含むブックマーク  涜書:シュルテ『ルーマン理論──なにが問題なのか』のブックマークコメント

とどいた。

帰宅時間をつかって第1部を読了。あと2部と3部をぱらぱら。

  • 序言
第1部 盲目飛行
第2部 世界の毀損
第3章 悪しき視線
  • 第11章 大王ねずみ
  • 12章 沐浴するバテシバ
  • 第13章 オイディプス
  • 第14章 ゴルゴ
  • 第15章 悪魔(Teufel)

第1部は盲点という どうでもいい論点について、

第2部はルーマン理論におけるブラウン代数の意義という どうでもいい論点について、

第3部はルーマン理論の神学的含意(?)というこれまたどうでもいい論点について、

それぞれ論じています。


どうでもいい論点に無駄に分厚いスペキュレーションをひたすら積み上げていく著者の熱意と体力には ただただ圧倒されるばかりです。

そしてこんなときにいつも私はこう思わずにはいられません ──社会って複雑だな、と。(倒置法

そしてひとはみな、この複雑性と なんとか折り合って生きていかねばなりません。──と考えると、生きていくのがまたひとつ辛くなった気がいたします。

いずれにしても、好きな人はどうぞと言うしかないタグイの本ではあろうかと思います。

ただし、見方を変えれば。

要するにこれ、

  • ルーマンのダメなところ(自己言及だの盲点だのパラドクスだのに無駄にこだわって思弁を垂れ流すところとか)を一気にあつめて、首尾一貫した偏見のもとで解釈してみました

という本なので、そういういみでは、「ルーマンのこういうところがダメなんだな」ということがよくわかって、その意味で役に立つとはいえるかもしれません。しかし何の。

ねずみ王様ねずみ王様 2007/03/08 22:25 第12章は、「沐浴するねずみ」ならば、もっといい本になったはずナリ。

contractiocontractio 2007/03/08 22:52 あきらかにそういう問題ではありません!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070308

2007-03-06

[] シュルテ『何が問題なのか』 15:55  シュルテ『何が問題なのか』を含むブックマーク  シュルテ『何が問題なのか』のブックマークコメント

なによりまずはタイトルが。

邦題も原題も。

天然なのかおやじギャグなのか。それとも(ry

こんなのつくっちゃう方のようです。

[] フッサールフルッサー 23:00  フッサールとフルッサーを含むブックマーク  フッサールとフルッサーのブックマークコメント

ふっさーるとふるっさー

ふっさーるとふるっさー...

via mt110さま

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070306

2007-03-05

[] 宴:ソシオロゴス第2回査読会議 13:17  宴:ソシオロゴス第2回査読会議を含むブックマーク  宴:ソシオロゴス第2回査読会議のブックマークコメント

参加希望の方はこちらまでメールください

おりかえし、査読対象草稿をお渡しします。

(なお部屋狭いです。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070305

2007-03-04

[][] 出版草稿検討会  出版草稿検討会を含むブックマーク  出版草稿検討会のブックマークコメント

池袋

[][] ザハヴィ『フッサール現象学23:31  ザハヴィ『フッサールの現象学』を含むブックマーク  ザハヴィ『フッサールの現象学』のブックマークコメント

.....探索中。 発見

フッサールの現象学

フッサールの現象学

意識の自然―現象学の可能性を拓く

意識の自然―現象学の可能性を拓く

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070304

2007-03-03

[] お買いもの思案:ボルタンスキ&テヴノー 20:55  お買いもの思案:ボルタンスキ&テヴノーを含むブックマーク  お買いもの思案:ボルタンスキ&テヴノーのブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070303

2007-03-01

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20070301
★捨てハンドル名での書き込みはあっさりさっくりと削除させていただくことがあります。 中の人

最近のコメント

1. 07/24 contractio
2. 07/24 shinichiroinaba
3. 05/23 shinichiroinaba
4. 09/07 contractio
5. 09/07 なお
0000 | 01 |
1748 | 12 |
1910 | 01 |
1940 | 01 |
1946 | 01 |
1947 | 01 |
1950 | 01 |
1953 | 01 |
1954 | 01 |
1957 | 01 |
1960 | 01 |
1964 | 01 | 02 |
1965 | 01 |
1968 | 10 | 11 | 12 |
1969 | 12 |
1970 | 12 |
1971 | 01 |
1972 | 01 |
1974 | 01 |
1975 | 01 | 03 | 05 |
1977 | 01 |
1978 | 01 |
1979 | 01 |
1980 | 01 |
1984 | 01 |
1987 | 10 |
1988 | 02 |
1989 | 01 |
1990 | 01 |
1991 | 01 |
1992 | 01 | 02 | 03 |
1993 | 01 | 03 |
1995 | 01 |
1996 | 01 | 02 | 10 |
1997 | 01 |
1999 | 01 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2002 | 01 | 02 |
2003 | 03 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |